Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月15日

おすすめの掃除のコツ10選|掃除の仕方を工夫して楽しよう!

皆さん、掃除は得意ですか。実は「ちょっと苦手」という人もコツをつかむだけで、簡単に部屋がキレイになります。そこで今回は、おすすめの掃除のコツややり方を紹介するので、掃除をする際の参考にしてみてください。掃除のコツを掴んで、今日から掃除上手さんの仲間入りです。

おすすめの掃除のコツ10選|掃除の仕方を工夫して楽しよう!

掃除とは

おすすめの掃除のコツ10選|掃除の仕方を工夫して楽しよう!

皆さん掃除は得意ですか。掃除とは、掃除機をかけたり雑巾がけをしたりして、ゴミやホコリを取り払うことです。部屋で特別何かをしていなくとも、衣服や布団の繊維や外から帰ってきた後の土などが舞い上がり、ホコリは毎日溜まっていきます。

少し掃除をサボると、あっという間にホコリだらけになって、健康に悪影響を及ぼすことさえあります。そこで今回は、おすすめの掃除のコツや、やり方を紹介するので参考にしてください。

掃除をするメリット

「俺は汚い部屋でも生活していけるんだ」なんて言っていてはいけません。部屋が汚いと体や心にまで影響を及ぼすことがあります。汚い部屋で生活可能と言っても、帰ってきて部屋が汚いよりは綺麗な方が良いに決まっています。

それに、きちんと掃除をすることでダニなどの害虫がいなくなり、身体の湿疹がなくなったり、くしゃみや鼻水が止まったりします。部屋を綺麗にしておけば、心もスッキリするので掃除はきちんとしましょう。

掃除に必要な用具

掃除に必要な道具はたくさんあります。リビングの掃除なら、掃除機はもちろん、棚などを拭くためのホコリふきや、クイックルワイパーなどの除菌作用のある濡れた布巾、ゴミ袋などが必要です。

しかし、お風呂やトイレなどの水回りの掃除となると必要な道具も変わってきます。まずは排水溝を素手で触るのは衛生上良くないので、ビニール手袋が必要です。カビを落とすカビキラーや、たわし、スポンジなども使う必要があるでしょう。

掃除の10のコツ

おすすめの掃除のコツ10選|掃除の仕方を工夫して楽しよう!

掃除をするメリットや、必要な道具は分かりました。掃除は、得意な人は定期的に、そして短時間でさっとできますが、苦手な人は汚くてもそのままにしてしまったり、掃除の仕方が分からなかったりします。

しかしそんな人も、コツさえつかめば掃除は簡単です。そこでまずは、掃除のコツを厳選して10個紹介するので、掃除が苦手だという人はこれを参考に部屋を綺麗にしてみてください。

1:基本は上から下

掃除をするときのコツ1つ目は、上から下の順で掃除をすることです。初めに床の掃除機をかけても、その後で上の方にある棚の埃拭きなどをすれば、埃が舞い落ちて再び掃除機をかけなければいけない羽目になります。

ですから、掃除は基本、上から下ということを心がけましょう。床の埃にばかり目が行きがちですが、そこは我慢して上の方の棚をふいて、それから小物類の埃拭きをし、最後に床の掃除機をかけてください。

2:奥から手前へ

掃除をするときのコツ2つ目は、奥から手前に向かって掃除機をかけることです。追い込み漁のようなもので、掃除をするときには埃を外側から内側に追い込んでいくのが大切です。奥から手前に掃除することで、新たな埃が舞いづらくなり、同じところに再び掃除機をかける手間を排除することができます。

手前から掃除機をかけてしまうと、せっかく埃取りをした棚などにも埃が付着しやすくなってしまうため、ぜひ意識してみてください。

3:掃除機で吸い取ることから開始

掃除をするときのコツ3つ目は、掃除は掃除機で吸い取ることから開始するということです。床の汚れを濡れ雑巾などでふき取ることも重要ですが、初めにこれをやってしまうと、汚れが水によって固まり、重みを持ち、掃除機で吸い取りづらくなってしまいます。

ですから、掃除はまず初めに掃除機で大方の汚れを吸い取りましょう。濡れ雑巾などでこびりついた汚れを取るのは、掃除機で埃を取ってからにしてください。

4:作業は軽い汚れから進める

掃除をするときのコツ4つ目は、作業は軽い汚れから進めるということです。まずは棚やテレビ、オーブンなど、小物や隙間の汚れを取ることから始めましょう。そうしているうちに、ほこりが舞い上がり、床がどんどん汚れていきますが、掃除機は後からかけるので問題ありません。

また、埃とりをしているときには、埃を吸い込んでしまうことが多いためマスクをすることをおすすめします。

5:掃除する場所に必要なものをおく

おすすめの掃除のコツ10選|掃除の仕方を工夫して楽しよう!

掃除をするときのコツ5つ目は、掃除をする場所に必要なものを置いておくということです。掃除に必要な道具があっちこっちにあると、バタバタ動き回って埃が舞い上がってしまいます。ですから、掃除をする前には、まず自分の近くに必要な道具を取り揃えておきましょう。

6:掃除と片づけは分ける

掃除をするときのコツ6つ目は、掃除と片付けは分けるということです。掃除と片付けは全くの別物です。物が散乱しているのに掃除機をかけても物の間に埃がたまっているため、仕方ありません。

ですからまずは、散乱したものを綺麗に並べたり、処分したりすることから始めましょう。

7:掃除機かけのルートを工夫する

掃除をするときのコツ7つ目は、掃除機かけのルートを工夫することです。掃除をしている最中は、自分の足の裏にも汚れが付着します。ですから、あちこち動き回って掃除機をかけていても新たな汚れがパラパラ落ちてくるためきりがありません。掃除機かけのルートは工夫しましょう。

8:床に物をおかない

掃除をするときのコツ8つ目は、床に物を置かないということです。床に落ちている物をよけて掃除機をかけたり雑巾がけをしたりしても、物の下に埃やゴミが溜まっている可能性があるため、二度手間になってしまいます。ですから、掃除を始める前にまずは床に散らばった物を片付けましょう。

9:洗面台は朝顔を洗うついでに拭く

掃除をするときのコツ9つ目は、洗面台を朝、洗顔するついでに拭くということです。

これは水回りの清潔を保つ上で非常に大切なことです。カビの繁殖の原因は水なので、水をきちんと拭き取っておくことで発生を抑えることができます。

洗顔など、習慣化された行動のついでに掃除をすることで、わざわざ掃除をしているという意識を和らげることができます。

10:汚れたらすぐ拭く

掃除をするときのコツ10個目は、汚れたらすぐ拭くということです。数ヶ月に1回、部屋が汚れたと気付いたときに一気に掃除をするという人もいますが、汚れたらすぐに拭くということを意識するだけでその大掛かりな掃除の手間をなくすことができます。

掃除アイテムを探している人におすすめの商品

掃除アイテムを探している人に、Amazonなどで購入できる、おすすめの商品を紹介します。ダスキン エレクトロン・エル-Eは、従来の静電気でホコリをとるタイプのものとは異なり、安定した固定電荷の力でホコリをとります。

静電気の発生を抑える働きのある導電性繊維を混入しているため、静電気を嫌うOA機器や電子機器にも安心して使うことができます。手の届かない埃は、このアイテムでさっと綺麗にしましょう。

今まではブラシ部分を替えるブラシを使ってましたが、替えブラシを買うの面倒だしコストも馬鹿にならんなぁと思いこれを買いました。
ホコリはばっちし取ってくれますし、外で軽くパタパタ叩けば綺麗な状態でキープできるのでいい感じです。
大満足!

出典: http://amzn.asia/d/gHuZ8PK |

場所別!掃除のコツ5選

おすすめの掃除のコツ10選|掃除の仕方を工夫して楽しよう!

掃除をするときの10のコツは分かりましたか。コツさえつかめば、掃除に苦手意識を持っている人でも、簡単に部屋を綺麗にすることができます。

とはいえ、場所によって掃除の仕方が異なってくるのも事実、リビングにカビキラーを使うのは良くないですし、お風呂掃除のカビ取りに埃拭きを使用しても仕方ありません。そこで最後に、場所別の掃除のコツを5つ紹介するので、参考にしてみてください。

1:キッチン掃除のコツ

キッチン掃除をするときのコツは、使用するアイテムを工夫することにあります。油などを使用するキッチンは、頑固な汚れが染み付いています。クイックルワイパーや、ふわふわのスポンジでは取り除けないことも多いので、タワシなどの固い掃除道具を使用しましょう。

こすっても取れない油汚れは、重曹を振りかけて少し時間を置いてからこすると汚れが浮いて綺麗になります。細かい汚れは使い終えた歯ブラシでこすりましょう。

2:玄関掃除のコツ

玄関掃除をするときのコツは、掃除機を使用しないことにあります。玄関は、靴についてきた汚れ、泥や砂などがたくさん散らばっているため、掃除機をかけるとゴミが詰まってしまい、故障の原因になります。

ですから、玄関はほうきとちりとりで掃除しましょう。まず靴などは外に全てだし、それからほうきで汚れを掃き出せばあっという間です。取れない泥などの汚れは、最後に濡れ布巾などでこすって落とすと良いでしょう。

3:床掃除のコツ

リビングなどの床掃除をするときのコツは、初めに掃除機をかけることにあります。範囲が広いので、埃拭きでふいていてはきりがありません。かといって初めに雑巾掛けしても、かえって汚れが取れにくくなってしまいます。

ですから、初めに全体をさっと掃除機でかけ、届かない部分や溝を埃拭きで掃除してください。濡れ雑巾は最後です。食べ物などが溢れてこびりついた汚れは、濡らして落としましょう。

4:お風呂場掃除のコツ

おすすめの掃除のコツ10選|掃除の仕方を工夫して楽しよう!

お風呂場を掃除するときのコツは、カビキラーやマジックリンを使用することです。床掃除などとは異なり、ただ水で濡らした雑巾で拭いていてもカビは落とせません。ですから、まずはカビキラーなどを汚れの木になる場所に吹きかけ、少し待ちましょう。

それからスポンジなどでさっとこすれば、驚くほど綺麗になります。また、リンスなどがこびりついたぬるぬるの汚れは、タワシなどの固い掃除道具でこすると簡単に落とせます。

5:トイレ掃除のコツ

トイレを掃除するときのコツはドメストを使用することです。

ドメストの効果を侮ってはいけません。ドメストとはプロの掃除業者も使っている製品で、汚れやニオイ、見えないバイ菌を徹底除菌してくれます。少々の汚れならブラシでこすらずともドメストをかけて数風待つだけでピカピカになります。それでも落ちない汚れは固いブラシでゴシゴシこすりましょう。

また、便器の外側は除菌効果のあるウエットシートなどで拭いてください。

掃除を楽しくしよう!

おすすめの掃除のコツ10選|掃除の仕方を工夫して楽しよう!

おすすめの掃除のコツややり方はいかがでしたか。「トイレには、それはそれは綺麗な女神様が〜」なんていう歌が流行ったように、掃除をすることで身体や心さえ綺麗にしてくれることがあります。また、汚かった部屋が自分の手によってピカピカになっていくことには、気持ち良さを感じることでしょう。

掃除が苦手な皆さんも、今回紹介した記事を参考に、楽しく家の掃除をしてみてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回の記事では、おすすめの掃除のコツややり方について取り上げました。掃除はいったん始めると意外と楽しいです。何より汚い部屋よりキレイな部屋で生活している方が気持ちが良いです。

最後に、一人暮らしの掃除のコツやそろえておくべき掃除道具、キレイを保つコツなどを解説した記事を紹介しておくので、皆さんも自分のタイプに合った記事を読み、自分の家をキレイに保ちましょう。

Related