Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月01日

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

ホームパーティーなどを開くときの、リキュールの選び方、おすすめの飲み方などを種類別にご紹介。知っているといないでは、楽しみ方が大きく違います。カルーアミルク、カシスオレンジ、レゲエパンチなどの人気のカクテルを作るときにおすすめのリキュールも紹介します。

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

お酒の飲み方、スタイルは人それぞれ

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

みなさんはご自宅でお酒を飲みますか。飲まれる方は、どういった種類のお酒を飲むのでしょうか。

大体はコンビニや量販店で買ってきたビールや酎ハイを、冷蔵庫にストックしておいて冷えたものを飲むといった方が多いのではないでしょうか。自分の家の冷蔵庫に入れておかなくても、コンビニを自分の冷蔵庫代わりにしている人もいるかもしれません。それが一番楽だからというのは分かりますが、今日ご紹介するのは、少し手を加えて自分の好きな飲み方をしてもらうためのご提案です。

リキュールってどんなお酒?

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

お酒は、大きく分けて3つの種類に分類されます。醸造酒、蒸留酒、混成酒とあるうちの、リキュールは混成酒にあたります。リキュールとは、蒸留酒に果実やハーブ、薬草などのエキスを足したものを言います。リキュールは飲み方として、カクテルの材料はもちろんですが料理やお菓子作りにも幅広く使われているお酒です。その種類もたくさんあり、味も風味もボトルのデザインまで様々なものがあって、家で並べて飾っておいても楽しめるものです。

カクテルを作るのは簡単?

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

缶ビールや缶チューハイなどは、買ってきたら冷蔵庫で冷やしておけばそれで準備は完了します。あとは、それを飲んだらゴミに出して終了です。しかし誰かを家に呼んで”宅飲み”をするときに、少し洒落たお酒を用意しておいて簡単なカクテルのようなものが出せたら、きっと楽しい時間を過ごすことが出来るでしょう。

カクテルというと難しそうに聞こえますが、リキュールなどのお酒をジュースや炭酸水などと混ぜ合わせるだけで、立派なカクテルになるのです。そういう広い意味では、ウイスキーを炭酸で割ったハイボールや焼酎のウーロン茶割りなどもカクテルの仲間に入るのでしょう。

今日は広く色々なお酒がある中で、リキュールの飲み方について考えていくことにします。

リキュールの飲み方を種類別に紹介

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

コーヒーリキュール

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

コーヒーリキュールの代表と言えば、カルーアです。おしゃれなバーでも居酒屋のチェーン店でも、大体のお店でカルーアミルクは注文できます。

カルーアミルクはコーヒーリキュールを牛乳で割っただけなので、甘いコーヒー牛乳のような味がします。そのためお酒をあまり飲めない人や、あまり酔いたくない時などに注文する代表的なカクテルというイメージです。雰囲気を出したいときは、お店で出されるようにカルーアを下に沈めて二つの層になるようにするといいでしょう。マドラーにポッキーなどを使えば、一気にグレードアップです。このカルーアミルクのおかげで、リキュールを牛乳で割る飲み方が広まったともいえます。あとから出てくるたくさんのリキュールでも、この飲み方が人気があるようです。

その他の飲み方としては、レモンスカッシュで割ってフィズにしてみるのもいいですし、ウーロン茶で割ってアイスコーヒーのようにして飲むのもおすすめです。

クリーム系リキュール

クリームリキュールと言えば、一番ファンが多いのはやはりベイリーズでしょう。ベイリーズというリキュールは、アイリッシュウイスキーとクリームを合わせて作った飲みやすいお酒です。ウイスキーが元になっているといっても非常に飲みやすく、カルーアと並んで女性にも人気があります。

飲み方としてはそのままロックで飲むのがおすすめですが、一般的には牛乳で割る飲み方が人気です。ベイリーズはクリーム系のリキュールなので、コーヒーや紅茶で割ると相性がいいです。氷を入れてアイスでも、熱い飲み物で割ってホットでも美味しくいただけます。

変わった使い方としては、バニラやチョコなどのアイスクリームに直接かけるといいう方法もあります。お酒を飲んでいてだんだんマンネリ化してきたら、ちょっとお口直しのデザートとしてベイリーズアイスクリームなどいかがでしょうか。

チョコレートリキュール

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

チョコレートリキュールとはカカオリキュールの一種で、クレーム・ド・カカオというリキュールにクリームを合わせたお酒のことです。そのためにアルコール度数は低めで、お酒の苦手な人でも比較的飲みやすいリキュールです。

有名な銘柄としては、やはりチョコレートの名門である「ゴディバ」ではないでしょうか。ゴディバといえば、ベルギーのブリュッセルから生まれた、高級チョコレートの代名詞とも言えるほど有名なブランドです。ボトルの外観からも高級感が伝わってきますが、amazonで探せば750mlの一般的なサイズで2700円から3000円くらいと、びっくりするほど高いわけでもないのです。

飲み方は、チョコレートリキュールもクリーム系のリキュールと同じように、牛乳で割ったりアイスクリームにかけていただいたりするのがいいでしょう。

ヨーグルトリキュール

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

ヨーグルトリキュールの特徴は、何といってもフルーツ系のジュースととても相性が良いことです。飲み方は、オレンジジュースやグレープフルーツジュースなど果汁100%ジュースと合わせれば、お酒の初心者でもほとんど違和感なく飲むことが出来るでしょう。

ヨーグルトリキュールはその名のとおりヨーグルトから作られているので、ヨーグルトに合いそうなフルーツは大体何でも美味しくなります。フルーツジュースのまったりした感じに飽きたら、炭酸水で割ってもさっぱりして飲みやすいです。

おすすめする銘柄は、ベレンツェン のトロピカルヨーグルトがいいでしょう。このお酒は、ヨーグルトリキュールの中でも飲みやすさはトップクラスになります。このリキュールをオレンジジュースで割ると、ヤクルトのジョアオレンジ味にそっくりになります。

紅茶リキュール

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

コーヒーリキュールがあれば、やはり紅茶のリキュールもあるわけですが、こちらも割る材料や飲み方によってとても飲みやすく美味しいお酒が出来上がります。飲み方は牛乳で割ったりホットにしたりと、紅茶のような飲み方がおすすめです。紅茶そのままの味で飲みたいという人は、ウーロン茶で割ってみてはいかがでしょうか。

紅茶のリキュールで一番人気は、ドイツのティフィンティーリキュールではないでしょうか。ティフィンは、ダージリンの茶葉を使っていて香りがとてもよくアルコール度数は24%ですがとても飲みやすいリキュールです。

ホワイトキュラソー

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

ここからフルーツ系のリキュールを紹介していきますが、まずこれだけは外せないというものがあります。それはこのホワイトキュラソーというお酒で、オレンジの果皮を使って作られた風味のいいリキュールです。

様々なカクテルやお菓子作りなどに風味付けとして利用されており、フルーツ系のカクテルを作りたいときにはぜひ揃えておきたい一本です。飲み方としては、フルーツ系のリキュールをジュースで割ってホワイトキュラソーを少し垂らしておけば、それだけで大体のものは美味しく仕上がります。

代表的なホワイトキュラソーには、コアントローという銘柄があります。

ピーチリキュール

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

モモのお酒は香りがいいのとさわやかな甘さが飲みやすいので、特に女性に人気があります。モモのお酒で昔から人気なのは、ピーチツリーではないでしょうか。このお酒は家でカクテルを作って飲むということがまだ一般的ではなかった頃に、カジュアルなイメージで売り出されたお酒です。

飲み方は、炭酸で割ってピーチツリーフィズ、オレンジジュースで割ってファジーネーブルと、ピーチツリーを使って簡単な即興カクテルがいいでしょう。ちなみに、ウーロン茶で割ればレゲエパンチとなり、緑茶で割ればゲイシャパンチというカクテルになります。

カシスリキュール

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

フルーツ系リキュールの中でも、特に人気が高いのがカシスリキュールです。家にカシスリキュールが一本あるだけで、簡単にカシスソーダやカシスオレンジを飲むことが出来るのです。カシスは他のフルーツジュースや炭酸飲料とも相性がいいので、色々試してみて自分だけのオリジナルカクテルを考えてみるのもおもしろいでしょう。

一番人気があるカシスリキュールは、やはりルジェのクレーム・ド・カシスではないでしょうか。おそらく、多くのバーや飲食店でこのカシスを使っているはずです。他のメーカーのものに比べてエキス分が多く甘みも強いので、カシスソーダにして飲むとより違いが分かるでしょう。

飲み方としてはカシスソーダやカシスオレンジのほかにも、ウーロン茶で割ってカシスウーロン、牛乳で割ってカシスミルクなども甘くておいしく飲めます。また冷えた白ワインがあれば、キールも簡単に作れます。

ライチリキュール

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

ライチのお酒の中で、一番のおすすめはディタです。ディタは他のメーカーに比べて少し値段は高めですが、その分ライチの風味や味がとても整っているのが特徴です。飲み方としては、ライチという果物は、風味がよくてさっぱりしているのでフルーツジュースなどで割れば飲みやすくなります。ライチのお酒は、少し苦みの感じられるグレープフルーツジュースやトニックウォーターととても相性がいいです。

メロンリキュール

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

メロンリキュールで有名なものは、日本語で名前がついているミドリというリキュールがおすすめです。メロンリキュールの飲み方は、その風味を生かすためにフルーツジュースで割れば飲みやすく、炭酸で割ってもさっぱりとして美味しいカクテルが出来上がります。家にウォッカとオレンジジュースがあれば、メロンボールというカクテルができます。

個性的なリキュール

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

リキュールには、見た目が勝負の一風変わったボトルに入っているものがあります。シンデレラというリキュールは、童話で出てくるガラスの靴をイメージしたボトルデザインになっています。ボトルの種類は新作の2種類を合わせて全部で10種類もあり、それぞれに違った味のリキュールが入っています。

このリキュールはシンデレラの靴がデザインされているので、飲み方というよりは見たり飾ったりして楽しむのがいいでしょう。シンデレラはボトル自体に直接メッセージを彫刻して添えるというサービスもあるので、贈り物やプレゼントにすると喜ばれることでしょう。たくさんの色の中から選んで特別なメッセージを書き込んだら、世界に一つだけのオリジナルリキュールが出来上がるというわけです。

リキュールの飲み方と利用法は?

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

ここまで色々なリキュールを紹介してきましたが、気に入ったものはありましたか。リキュールというお酒は、飲み物の味を決めてしまうほどの強烈な個性を持っていることが多いです。

カクテルなどのレシピを見ても、元になるスピリッツが出汁にあたるとすると、リキュールは味付けの部分になります。味付けをうまく出来れば、その材料の魅力を引き出して美味しいお酒を飲むことが出来るのです。

料理にしても、出来合いのものより手作りのほうがおいしく感じるものです。お店で売っている缶のチューハイやカクテルが出来合いのお惣菜だとすると、家で作るカクテルは自分で味付けができる手料理みたいなものです。

リキュールをつかって楽しもう

【種類別】リキュールの飲み方|チョコレート/ヨーグルト/ゴディバ/カシス

飲み方も様々ありますが、ご自分でも色々な材料を使って試してみるといいでしょう。みんなが知っているような有名なカクテルも、最初はそうやって試しながら生まれてきたのです。

ご自宅に、恋人や友人などを招待して楽しいカクテルパーティを開いてみてはいかがでしょうか。自分たちで考えた新しいカクテルが生まれたら、きっと将来いい思い出になることでしょう。

Related