Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月25日

人気のコーヒー焙煎機TOP12|口コミ・選び方|熱源3タイプ

おいしいコーヒーを飲むことが好きな方には、ぜひ自分でコーヒーを焙煎して飲むことをおすすめします。家庭でも使えるコーヒー焙煎機が販売されているのはご存知でしょうか。自分で焙煎したことがない人も、焙煎してみたい人も、両方使えるコーヒー焙煎機についてご紹介します。

人気のコーヒー焙煎機TOP12|口コミ・選び方|熱源3タイプ

食事の栄養バランスが気になる方へ朗報です!

毎回の食事で栄養バランスや糖質量を気にすることはなかなか困難・・・。
しかし糖質や塩分カットの食事は少し味気ない・・・。

そんな方におすすめなのがヘルシーな宅食サービス「nash-ナッシュ」!
nash-ナッシュの料理は全て糖質90%オフ!
料理は手作り後すぐに冷凍されているので、新鮮な状態で楽しめます!

1週目は送料無料

コーヒー焙煎機の種類

焙煎(ロースト)とは、生のコーヒー豆を煎る加熱作業のことです。そのための機械、焙煎機にはさまざまな種類があり、焙煎の方法や一度にできる量、サイズなど、目的に合った品を選ぶことが重要です。

煎るための熱源も、ガス製、電気製と異なっており、メリットデメリットを理解して購入するようにしましょう。ここでは、ガス製、電気製、ガス電気製の三種類の焙煎機についてご説明します。

熱源がガスの物

熱源がガスの焙煎機には、火力の調節がしやすいというというメリットがあります。自分の好みの煎り加減にできるので、こだわりのある方におすすめです。

一方、火力調節が難しく、慣れるまで試行錯誤が必要となるので、初心者の方は注意が必要です。

熱源が電気の物

熱源が電気の焙煎機のメリットは、安定したローストができるという点です。自動的に焙煎してくれるので、一定した味を楽しめます。

デメリットとしては、そのお手軽さで、焙煎の醍醐味を感じにくいことが挙げられます。また、焙煎機には海外製のものも多いので、電圧に注意する必要があります。住んでいる地域と電圧が異なる場合は、併せて変圧器も必要になります。

熱源が電気とガス

電気とガスどちらも熱源として使うものもあります。どちらの長所も持っており、ガスで火力の調節を行いながら、電気で豆を回して煎ります。自由な火力調節と安定した焙煎のどちらも実現できます。

海外製のものが中心で、使用がやや難しいというデメリットがあります。また電気を使うので変圧器が必要になります。

焙煎機おすすめ人気ランキングTOP12

自分好みの豆を作るために、焙煎機選びはじっくりと取り組みましょう。熱源、海外製品、価格、一度に煎れる容量、煙が出るか、チャフ(豆の皮)は飛び散るかなど、こだわりたい点はたくさんあります。

理想の煎り加減を実現できる一台を見つけるためには、自分が譲れない条件を把握しておくことが重要です。最適な一台が見つかるよう、ここではコーヒー焙煎機の特徴やレビューを挙げて、おすすめのランキングをご紹介します。

ランキング12:「発明工房 焙煎器・煎り上手」

「発明工房 コーヒー豆焙煎器・煎り上手」は、焙煎初心者や、大掛かりな器具を準備するのはためらうという方におすすめの焙煎機です。

アルミ製の焙煎機本体の口から豆を入れ、ガスコンロに当てて振りながら手動で焙煎します。火力調整もしやすいのが特徴で、直火で焙煎するよりも焦げ付きなどの失敗がありません。少量の豆を気軽に煎りたいという場合に最適です。また、網ではないためコーヒーのカスが飛び散りにくいのもおすすめのポイントです。

口コミ

こちらの焙煎機には、今までフライパンで焙煎していたというような、焙煎初心者からの口コミが多く寄せらています。

焙煎時に振るのがやや重いという点もありますが、焙煎の香りが部屋に充満して、購入して良かったという意見が多いです。

最初は恐々でしたが、3回目からはガンガン焙煎できまた。
完全に手動なので手加減一つで結構変わってきます、この変化も楽しいです。
同じ豆で入り加減を変えてプレンドしたり、楽しみ方は色々ありそうです。
チャフを取ったり、換気に気を使いますが、もう生豆から後戻り出来ない体になりました。

出典: http://amzn.asia/5QDwGPy |

ランキング11:「Behmor焙煎機」

「Behmor1600plusコーヒー焙煎機」は1回の焙煎量が最大で450gと、多くの豆を一度に焙煎したいときにおすすめの焙煎機です。オーブンのような本体の中に網ドラムがあり、電気により焙煎します。

豆に応じて焙煎時間や回転数など、自動で調節してくれ、直火式の香ばしい豆が簡単にできあがります。海外製品ですが日本仕様になっており、電圧のことを気にせず使えます。マニュアルやサポートも日本語です。

口コミ

レビューを見ると、こちらの焙煎機は2台目として選ばれることが多い焙煎機だと分かります。1台目の焙煎機を使って不満だった、安定して焙煎できない、煙が多いという点をクリアできる焙煎機として、やや上級者向けとして使われています。

レビューをするほど使いこなしていないのですが・・・
アウベルクラフト・遠赤コーヒー焙煎キットをイワタニの「風まる」に乗せて使っていたのですが、屋外ではちょっとした風にも影響を受け安定した焙煎が難しかったです。そこで屋内で使っても煙がすくなく、チャフが飛び散らかないと思われるこちらを購入しました。この辺りはほぼ狙い通りで満足しています。自動焙煎ではないですが、プログラムに従って操作すれば結構上手に焙煎できると思いますし、多少自分の意図を反映させながら焙煎することも出来るので使っていて面白いです。これを使いこなせるようになったら、もっと本格的な焙煎機が欲しくなるのかな。

出典: http://amzn.asia/hy9y8qE |

ランキング10:「珈琲焙煎機ジェネカフェ」

「珈琲焙煎機 Gene Cafe CBR-101A」は家庭で本格的に焙煎したい方におすすめの焙煎機です。焙煎ドラムが透明な強化ガラスになっていて、肉眼でロースト具合が判断しやすいのが特徴です。また、ドラムは取り外しができるので、焙煎後の掃除や手入れがしやすいのも人気の一つです。

他商品にない3D回転方式により、豆がうまく混ぜ合わさります。温度と時間を別々に設定できるので、こだわりの煎り加減を実現できます。

口コミ

こちらの焙煎機の口コミには、自分好みの煎り加減が実現できるという声が寄せられています。使用した後の手入れがしやすく、リペアパーツも充実していることから、長期にわたって愛用しているという口コミもあります。

6年目に成りましたが2年くらいで使い方を間違えつつ使用した板ので有る時 モーターは回るが加熱しなくなった。焙煎機はヒーター部分がどうしても壊れる。この焙煎機はリペアパーツが充実している。 内部アクセスも簡単 ガラス容器を外して ステンレスの湾曲した板についているビス2本をとると中身が見える 順番に外していくとヒーターだけアッセンブリー交換できるようになっている 追加で購入する物は耐熱パテ ヒーターとのつなぎ目をシールします。もう一つ 熱センサーも壊れるが。アマゾンを探すと熱電帯で出てくる中国製のパーツを最初つけたら温度が違ってきたので純正パーツに付け替えました。 星一つ少ないのは チャフ受けの受け口に残るチャフが落ちやすい 小さな刷毛でこまめに掃除することをお勧めします。家庭用焙煎機としては豆の投入量も多く 均一な焙煎が出来る機種です。 
豆によって焙煎機を熱風タイプ 他に上にヒーターのついているシーズヒーター 上下の物ももっていますが一番 使います。

出典: http://amzn.asia/fb8ERW8 |

ランキング9:「KALDI ロースター」

「カルディコーヒー ロースターHopper Probe Rod Chaff Holder フルセット ホームロスティング」は家庭で本格的に焙煎を楽しみたい方におすすめの焙煎機です。

シンプルでスタイリッシュな見た目ながら、頑丈なしっかりとした造りです。ガスコンロの上に載せ、手回しでローストを行うタイプの焙煎機で、ムラなく均一に焙煎できます。コストパフォーマンスに優れた品です。

口コミ

こちらの焙煎機は、値段の割に機能が充実しているという口コミが寄せられています。同価格帯の中ではしっかりとした作りで、家庭用の焙煎機として無駄がないという評価が多いです。

商品を頼んでから出荷まで、一週間程かかったが、出荷後4日ほどで到着。厳重に梱包されていて、開けるのが大変でした。
開けてから三回焙煎しましたが、何れも問題なく思った通りに焙煎でき、感激です。
今まで、フライパンで焙煎していてかなり体力的にはキツくなってきていたので、物凄く楽で気が抜けてしまいそうです。
フライパンで行っていたのも楽しかったので、少しはフライパンで焙煎するかもしれませんが、メインはこの焙煎機に成るでしょう。
これから、少しずつレシピを調節して行って美味しさを追求していこうと思います。

出典: http://amzn.asia/htADrvs |

ランキング8:「ロースターフレッシュロースト社」

「SR500 自動 コーヒー豆 ロースター Fresh Roast社」は、縦型の焙煎機でキッチンでも場所を取らずに使えます。電気タイプで焙煎でき、温度をLOWからHIGHの範囲で選択でき、直感的に操作できる焙煎機です。ファンのスピードや焙煎時間も設定できます。

アメリカの焙煎機なので、電圧が日本と異なり、変圧器などを準備して使用することをおすすめします。

口コミ

この焙煎機の口コミには、使用時の電圧に関するものが多くあります。日本の100Vで焙煎した場合、しっかり焙煎されないので、120Vに昇圧する変圧器を用意して使用する必要があります。

ただ昇圧して使用すれば、コクのある美味しい豆に仕上がるので、少量の豆を美味しく煎りたいという方におすすめの一台です。

アメリカ仕様120Vのままですと、100Vの仕上がりは弱いブラウン程度まで。コーヒーの焙煎には至りません。しかし電圧その他を工夫すれば、プロも絶句する柔らかな苦味と深いコク、恐らくこれこそが本来のコーヒーだろう、そう叫びたい風味を生み出す事が出来ます。繰り返しますが、このまま日本の100V環境で使っても、全く焙煎には至りませんので、変圧器や特別な工夫をご自分で対応出来方に限って、ご愛用下さいますように。

出典: http://amzn.asia/i2x1rXr |

ランキング7:「KALDI ロースターミニ」

「KALDI(カルディ)Coffee Roaster(コーヒー ロースター )ミニサイズ(200~250g)ホームロスティング」は、ミニタイプのコーヒー焙煎機で、スタイリッシュなためインテリアとしても映えます。

モーターで回すタイプで、コーヒー豆の様子を確認しながら細かい調整ができます。コーヒーカスの飛び散りに注意が必要です。海外製品ですが、日本語のマニュアルもついているので安心して使えます。

口コミ

こちらの焙煎機は、作りがしっかりしていてムラなく焙煎できると満足する口コミが多くあります。韓国から配送されるので、配送日数に関しての口コミも多い様子ですが、一週間程度で手元に届き、日本語マニュアルもあるので、安心して使える商品です。

使用感は、まだ3回ほどしか使用していませんが

200グラム出来るので満足しています

ムラなく出来ます

温度管理がまだ出来ていないので味が軽めに感じます

温度計は、はっきり言って邪魔ですが必要です

チャフは、下部にしっかり落ちますその分上方向にはとびちりません

全体的にはコスパは良いと思います

作りがしっかりしていて焙煎している感じを楽しめます

説明書はハングルですがグーグル翻訳アプリで十分理解できます

出典: http://amzn.asia/374Ooiq |

ランキング6:「ハリオ ロースター・レトロ 」

「ハリオ コーヒーロースター・レトロ RCR-50」は直火タイプの焙煎機で、アルコールランプなどの熱源で焙煎できます。キャンプなどのアウトドアでもおすすめです。ハンドルが付いていて手で回すタイプなので、焙煎の様子をじっくり見ながら楽しめます。

見た目もアンティークのようなデザインなので、焙煎の雰囲気をゆったりと楽しみたい方におすすめの焙煎機です。

口コミ

はこちらの焙煎機は形状的に分解清掃が必要になりますが、口コミではその点を注意するようにとのアドバイスがあります。特に持ち手が真鍮なので柔らかく、慎重に扱うことが大切です。

手入れに時間をかけて、焙煎を楽しめる人におすすめです。

去年の10月に購入し、週に1回くらいのペースで使っていますが、しっかり動いています。
手間はかかりますが、焙煎中に漂うコーヒーの甘い香りがとても気に入っています。

出典: http://amzn.asia/alwTQm7 |

ランキング5:「コーヒーロースターNesco社」

特許取得★CR-1010-PRR コーヒー豆ロースター(800w) Nesco社」は電気による自動ローストのできる焙煎機です。焙煎温度は固定ですが、焙煎時間はボタン操作で決められ、好みのロースト加減を選べます。

豆を焙煎している様子は透明の容器から見ることができます。アメリカの製品のため、電圧は異なり、120Vの昇圧トランスを準備する必要があります。電力は電熱焙煎器にしては800Wと低電力です。

口コミ

この焙煎機の口コミは、焙煎時間について詳しい内容が寄せられています。温度が変更できないため、煎り加減は焙煎時間で決めることになりますが、焙煎時間を長くしすぎると味と香りが飛ぶため、20分程度が適当だという詳しいレビューもあります。

アメリカの製品であることから、昇圧器が必要で、説明書や商品のハウツー動画、サポートも英語のため注意して購入すべきというアドバイスもあります。

アメリカから配達ということで注文から約半月かかりましたが、待った甲斐がありました。120Vのトランスにつないで、簡単に焙煎できました。チャフも多少散りますがずいぶん楽に操作できました。日本語の取扱説明書がなく英語の説明書ですが、絵を見て現物を見て何となくわかりました。これからいろんな豆を試してみたいと思います。

出典: http://amzn.asia/6lV4vk9 |

ランキング4:「オッティモ コーヒーロースター」

「煙の出ない家庭用電動焙煎機 OTTIMO(オッティモ)コーヒービーンロースター J-150CR」は木目調がおしゃれな、コンパクトな焙煎機です。

この焙煎機は、焙煎温度、焙煎時間が細かく設定でき、投入から取り出しまで簡単に行うことができます。煙をほぼカットする設計で、部屋が煙くならず家庭向きの製品です。とりわけ焙煎中にチャフ(コーヒー豆の薄皮)が自動的に集まるので、後片付けも簡単で使うのが苦になりません。

ランキング3:「有田焼コーヒー焙煎器 香烙」

「有田焼コーヒー焙煎器 香烙」は珍しい陶器製の焙煎機です。豆は50gから焙煎でき、慣れてくれば100gくらいまでの焙煎ができます。焙煎中はずっと振り続ける必要がありますが、振りやすいので疲れにくいです。

本体も安価で維持費もかからないので、初心者におすすめです。味わいのある有田焼の陶器製は頑丈で、豆を入れすぎなければ散らからず、チャフも焙煎機の中にとどまるだけなので、気軽に焙煎をすることができます。

口コミ

珍しい陶器製ということで、焙煎時間や陶器ならではの注意点に関する口コミがあります。直火タイプで豆を振って煎るということもあり、ムラができやすいという心配もありますが、豆を焙煎機の内側の壁にぶつけるように振ることで、ムラなく仕上がるよう設計されています。

また、持ち手が熱くなりやすい造りですが、軍手やミトンを重ねてはめることで対処できます。初期投資も本体のみなので、焙煎に興味がある方におすすめです。

(*'▽')この香炉の長所
①生豆が入れやすい
②チャフが散らない(豆入れすぎたらダメですがw)
③焙煎後の豆をスピーディーに取り出せる
④熱効率が良い
⑤見た目も良い (何故か知らない人に大ウケ)

('・ω・`)この香炉の短所
①持ち手が熱い。排煙する箇所が上部と取っ手にあるので
熱い煙が直接襲ってくる。 ミトンなどでガードされたし
②陶器なので割れないか心配。 何回も使いましたが結構丈夫。
でもやっぱり怖いw

私は焙煎が終わったら速攻で金属ザルに移し
野外に置いたサーキュレーターを上向きにしてザルごと設置
軽くかき混ぜるだけで残ったチャフは風に舞って庭に着地、
そして豆もすぐ冷める。

本体は完全に冷めてから水で軽く流すと大量の炭とチャフが出てきます。
お前・・・受け止めててくれたんだな・・・

出典: http://amzn.asia/elHuRrd |

ランキング2:「手網焙煎器」

「手網焙煎器」はコーヒー焙煎を簡単に始めるのに最適な商品です。20センチ大の蓋付きの網の中に豆を入れて、コンロの火で煎るという手軽な焙煎機です。一度に200グラム煎れます。安価で、機材も本体以外特別なものはいりません。

外国製の焙煎機の使用法を調べたり、変圧器を準備する必要もないので、初心者が使いやすい品です。キャンプやバーベキューなどのアウトドアでも、コンロや火があれば煎れるので気軽に楽しめます。

口コミ

こちらの口コミには、長年同じ型を使っていたという人の口コミもあり、焙煎の定番アイテムであるということが伺えます。

網の合わせ目の部分から豆がこぼれやすいという声があり、しっかり握って振る、クリップを留めて使うという対処方法も寄せられています。

なお、シンプルな形状のため、コーヒー豆を煎ることだけでなく、銀杏やあられを煎るときに使うという声もあります。一台あればさまざまな用途に使える、ユニークな焙煎機です。

焙煎機が高額な事を知らず、コーヒー生豆が安かったため安易に購入しました。
安価な品を求めこの商品を購入いたしました。
初めて焙煎したのですが、思ったより美味しいコーヒーになりました。
火力が安定している調理用ガスコンロが良いと思いますが、豆の表皮が相当出ます。
コンロ周辺を汚してしまうので、屋外、小屋などの掃除が楽な場所でキャンプ用の卓上ガスコンロを使用し焙煎しています。
一回の焙煎で100〜130g出来ました。
時間は卓上ガスコンロ使用で20〜30分かかりました。
卓上ガスコンロは使用中に火力が弱くなるので、ガスボンベを3本程度用意して、火力が弱まったら交換し使用しています。
直火なのでどうしてもローストになってしまいますが、スーパーで売っているコーヒーより美味しく出来ると思います。
注意、要望として。
網と網を針金で合わせていますが、合わせに隙間が生じて焙煎中に豆が飛び散ることがありました。
自分が針金の角度を調整する必要がありました。
当初から精度良く合わさっていればと思います。

出典: http://amzn.asia/cj1J5jf |

ランキング1:「カルディフォーティスロースター」

「KALDI(カルディ)フォーティス コーヒーロースター/焙煎機(容量最大600g) (半熱風式+基本形デュアル温度計(Center301)」は半熱風式で焙煎する焙煎機です。

半熱風式とは、伝導熱と対流熱を自由に配分して焙煎する仕組みです。これによりさまざまなパターンの煎り加減を実現できます。デジタル温度計や豆を見るための小窓もついており、ちょうど良い煎り加減を見つけることのできる上級者向けの一台です。

口コミ

こちらの焙煎機は価格的にハイエンドと言えますが、それに見合った充実した機能が備わった満足できる一台として評価されています。

機能のわりに翻訳されたマニュアルが簡素でわかりにくいという点もありますが、サポートが充実しており、機能面の相談にも乗ってくれます。英文の説明書を読むのもおすすめです。

機能を把握し、試行錯誤を繰り返しこだわりの豆を煎るという口コミが多く、かなり熟練した上級者向けの焙煎機です。

165000円と少々いい値段しましたが、実際使って試ていい物でした。最大600gまで可能ということで試してみました。
ガス圧計をまだ準備できてないのでデジタル温度計で管理、200℃~280℃の間で30分ミディアム目指していざ!
今回はじっくりと熱風のみでロースト、30分ほどかかったでしょうか、いい具合に仕上りました、ただ600gは
ちょっと多いかも。500gまでがいいとこでしょう。あくまでも温度は目安でしかないので豆の色と、はぜる音
を重点に焼いてみました。見た目軽そうに見えますがこう見えて、重厚感たっぷり、腰痛持ちの人は腰に
コルセットをして持つことをお勧めします。けっこう重いですよ。ガラスの小窓も付いているので豆の色を
確認できます。温度計は海外製。ソフトウェアーを使い管理できるようですが安全性を考えパソコンは
使っていません。もしどうしても気になるという人でしたらネットの繋いでいないパソコンでの管理をお勧めします。

出典: http://amzn.asia/bYQfzAK |

コーヒー焙煎機の選び方

焙煎機は海外製品が多く、購入するとなるとネットショップからの個人輸入となります。国内のショッピングとは配送日数や保障内容も異なり、さらに一台あたりが高額なため、適当に選ぶのはおすすめしません。

機能面やデザイン、サイズ、容量など、自分のライフスタイルに合わせて楽しめるような焙煎機を選びましょう。

焙煎方法で選ぶ

焙煎方法は大別すると、熱源が火か電気か、手動焙煎か自動焙煎かで異なります。自動であれば、スイッチを押すと後の焙煎は自動で行ってくれますが、温度や時間が設定できるかどうか焙煎機によって異なるので、購入の前に検討する必要があります。

手動の場合、細かい調節は自分で行えますが、焙煎中ずっとハンドルを回し続けたり、手振焙煎機であれば、振り続ける必要があるので、メリット・デメリットを理解して購入しましょう。

焙煎できる量で選ぶ

焙煎機によって、一度に焙煎できる量は50グラムから600グラムまで幅があります。小型のものは50グラムから200グラム、業務用にも使われるような大型の焙煎機は600グラムまで焙煎できます。

どの焙煎機でも、焙煎機の容量より少量の焙煎では火力が小さく、焙煎時間が短いため、豆が熱くなりません。焙煎機の容量一杯の方が熱が高くなり、美味しい豆に仕上がります。消費ペースを考えて容量を選ぶのをおすすめします。

サイズと重さで選ぶ

焙煎機は小型のもので茶器くらいのサイズ、中型でオーブンほどのサイズ、大きいものだとタンス程になります。重量もそれに比例しますが、家庭で使う場合は、キッチンの一角に収まるくらいのサイズのものを選びましょう。

腕振り焙煎の小型のものを選ぶ際にも、焙煎中ずっと振り続けることを考えて、軽量化された振りやすいものを選びましょう。

デザインで選ぶ

焙煎機のデザインも選ぶ上で重要なポイントになります。一度購入すれば長く使うことになるので、インテリアに馴染みやすいものがおすすめです。

デザインに特化した焙煎機も多く、アンティーク調のものや、プロダクト感を全面に押し出したスタイリッシュなデザインのものもあります。質と見た目の釣り合いがとれた焙煎機を選びましょう。

コーヒー焙煎機でおいしいコーヒーを

おいしいコーヒーを飲むことが好きな方には、自分でコーヒー豆を焙煎することをおすすめします。既に焙煎された豆を買って飲むのと、生豆を煎って飲むのとでは風味に大きな違いがあります。

今まで見てきたように、家庭で使えるコーヒー焙煎機が多数販売されており、インターネットで購入できます。中には低価格で手頃なものもあるので、焙煎したことがない人も初めの一歩を踏み出してみましょう。

コーヒーを飲んでリフレッシュ

コーヒーを飲むとやる気がみなぎり、気持ちもすっきりとリフレッシュできます。コーヒーを飲むシーンはさまざまですが、朝起きた時、仕事の一息に、カフェでのおしゃべりにと、コーヒーはいつも元気をくれます。

そんなコーヒーを、ひと手間かけて飲んでみてはいかがでしょうか。多種多様の焙煎機が販売されています。自分に合ったコーヒー焙煎機を探して、楽しいコーヒータイムを過ごしてみてください。

Related