Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

活動計おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

活動計を普段の生活やスポーツシーンに取り入れることで、自分の活動量を把握することが可能になります。普段運動しない人にも、スポーツに打ち込んでいる人にもおすすめの活動計を特徴別に紹介していきます。あなたのライフスタイルにあった活動計を検討してはいかがでしょうか。

活動計おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

活動計の選び方

活動計(または活動量計)をご存じでしょうか。活動計とは、体に身に着けて歩数などを計ることであなたの歩行時や安静時の消費カロリーを測定してくれる計測器です。歩行活動をベースに家事や仕事中いかにカロリーを消費しているかを教えてくれます。

飲食などでの摂取カロリーが運動や活動での消費カロリーを上回ると体重増加につながり、健康面に影響を及ぼしますが、このような活動計で普段の自分の消費カロリーを把握することでダイエットなどの体調管理に活かせます。

活動計にはさまざまなタイプがあり、販売メーカーも多々存在します。今回は人気の活動計およびあなたのライフスタイルに合わせて使えるおすすめの活動計を紹介していきます。

活動計のおすすめ人気ランキングTOP10

活動計おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

それでは人気の活動計をランキング形式で追っていきましょう。ランキングを参考にあなたのライフスタイルに合った活動計を見つけてみましょう。

10位:GARMIN アクティブトラッカー

こちらのタイプの活動計は、15種類以上のスポーツアプリを搭載し、GPSでランニングコースなど運動の記録を維持できます。メールやSNSの受信通知機能でスマートフォンから離れていても、着信の状態を把握できます。

心拍数をモニタリングすることで、あなたに合ったレベルの運動やペースを教えてくれます。防水加工なので、運動後のシャワーや水泳など、着用したまま行えます。

筋力トレーニング、ランニング、水泳がとても楽しくなりました。装着感もとてもGoodです。ベルトがフリーサイズなのでしょうか、ちょっと長めです。邪魔になることはありません。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1OUW3R03I6N... |

9位:Fitbit フィットネスリストバンド

心拍数とスマホに登録するユーザー情報をもとに、体内に取り込まれる酸素の最大量(Vo2max)を計算してくれます。自分の持久力や運動効率を数値で把握することが可能になり、運動中の自分のペースを保ちやすくなります。

Fitbit活動計独自の「自動運動記録機能」により、現在進行中のエクササイズを自動で認識するため、途中で違う運動に切り替えてもそのまま自動で切り替えて記録してくれます。よりアクティブに運動したい人におすすめの活動計です。

健康管理にとても良い商品だと思います。
心拍数がわかり。深夜心拍数が異常に上がっているのがわかり、無呼吸ということがわかりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1QUUHNF3NP7... |

8位:Arbily スマートウォッチ

アクティブトラッカー機能で、手軽に1日の消費カロリーや歩数などを測定してくれるので健康管理に役立ちます。スマートフォンとのペアリングによりリアルタイムで運動量を把握することができます。

睡眠モニター機能を搭載しており、つけたまま就寝すると睡眠の深い浅いを測定してくれます。これにより、あなたが自分で睡眠の質を把握することが可能になります。

ダンスの練習時によく使用しますが、手元に携帯がなくても着信通知をしてくれるので安心なのと、消費カロリーがわかるので、ダイエットの目安になります。遠隔カメラ撮影の機能も結構便利でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RJVEFYHV2D3O... |

7位:M-Teco スマートブレスレット

光学式心拍計を搭載し、手首に装着するだけで24時間心拍を測定してくれます。血中酸素濃度を測定することで、質の良い呼吸を自分で把握することができ、日常の運動をコントロールすることが容易になります。

着信通知機能により、スマートフォンからの通知にすぐ対応することが可能です。手洗い、水仕事など日常生活程度の防水機能が施されています。

思っていたより軽く、デザインも良くて満足です。コスパが高く、血中酸素濃度などが1時間毎に自動で計測してくれるのがよかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R354TG0BBRYR... |

6位:タニタ 活動量計 カロリズムBASIC

ウォーキングなど日常生活での運動量を測定することに絞った、安価な活動計です。服のすそやシャツのポケットに入れて持ち歩くタイプで、1時間ごとに活動量を測定し、消費カロリーや脂肪燃焼量を算出してくれます。

スマートフォンには連動しておらず、シンプルに歩数と消費カロリーを把握することができるため、年配の方や「特にスポーツはしていないが普段の運動量は気になる」という人におすすめの活動計です。

毎日Yシャツのポケットに入れて通勤しているが、棒グラフで一日の運動量の推移がよく分かる(机上業務なので出勤・退社じが運動量が多い)。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1DWYQQJCTZ8... |

5位:WOBEECO 多機能スマートブレスレット

ダイナミック心拍数測定機能により正確な心拍数を算出してくれます。流動的なデザインで運動中も邪魔にならず、ランニングなど身軽に行いたい運動のお供に最適な活動計です。表示画面が大きく、各数字が色分けされているため、運動中でも見たい情報がひと目で把握できます。

走行中にポシェットから取り出して画面を点けて操作してまた戻して…という動作を大変煩わしく感じていました。
しかしこのスマートウォッチがあれば全部解決です!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2334A9RS1SJ... |

4位:JACAGG 腕時計型 スマートウォッチ

腕に装着するタイプの活動計ですが、腕時計風のデザインで普段使いでも腕時計のように扱うことができます。表示画面は大きく、運動中も確認しやすい作りになっています。光学式センサーで常に心拍数をモニタリングしてくれるので、適切な心拍数でランニングなどの運動を行うことができます。装着したまま寝ることで、睡眠管理も可能な活動計です。

特に気に入っているのは電話の着信とライン通知がきたときに振動がきて画面が点灯しお知らせしてくれます!
ジョギング時にも効果を発揮してくれます!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1QQN3Z4YUY2... |

3位:Cutar 最新版スマートウォッチ

大き目の液晶ディスプレイで運動中も数値が見やすい設計の活動計です。ランニングモードでランニング中の心拍や歩数、消費カロリーを管理でき、スマートフォンと連動することでランニングコースの記録も可能です。

また、手動で設定することで仕事や生活に関するイベントなどのスケジュール管理も可能です。投薬リマインダーや女性の生理周期記録(英語版のみ)などにも対応しているため、運動記録と合わせてより自己管理に役立てることができる活動計です。

意外に、ランニングモードでは、リアルタイムの心拍率、カロリー消費、距離など測ってくれて、この数値を参考し、運動量を把握しています。
コスパに優れていると思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R11BGB59L5V1... |

2位:Cutar スマートウォッチ

心拍数と血圧をモニタリングすることで、毎日の運動や生活のリズムにあなたのデータを役立てることができます。スマートフォンとペアリングすることで心拍や血圧、歩数をグラフ化してくれるので、毎日の活動量を把握することができます。

消費カロリーや脂肪燃焼量も表示されるため、ランニングなどの運動管理にも適しています。つけたまま寝ると睡眠時もモニタリングしてくれるため、自分で睡眠の質を把握することが可能な活動計です。

ずっと前から欲しかったものなのですごく気に入ってます。
軽くていい感じ。振動もよく伝わり分かりやすい。活動量計だけでなく、メッセージの通知などスマートウォッチの機能としても十分です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RPTVE4UMF5UB... |

1位:GanRiver スマートブレスレット

通常時の心拍や歩数の管理ができる他、多運動モードを活用することで、登山やダンスなどあなたのアクティビティに合わせた運動量を記録することができます。普段の活動の他に運動を取り入れてる人におすすめの活動計です。

スマートフォンとペアリングすることで、心拍や運動量などのデータをグラフで可視化できるので自己管理に最適です。また、つけたまま寝ることで睡眠の質も把握することが可能な活動計です。

専用アプリを使うと自分の状態が色々知れるのでとても面白い
何より睡眠の状態を知れるのが嬉しい

薄く小さく重さも殆どないので、邪魔にならずに腕につけられるのも嬉しい点です

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R5CX9IPN802O... |

特徴別活動計のおすすめ10選

それでは、活動計の特徴別におすすめを紹介していきます。活動計をお探しの際の参考にしてください。

心拍数

正確に心拍数を管理したい人におすすめなのが、POLAR(ポラール)の「高性能手首型心拍計・GPSランニングウォッチ M430」です。トレーニング用心拍計メーカーのPOLARから、厳密に心拍数を管理してスポーツをしたい人のために、開発された活動計です。

主にランニングなど持久力系のトレーニングをする人向けの製品で、計測された心拍数に基づきその人に合わせた最適なトレーニング負荷や回復時間の算出を実現しており、より専門的に運動したい人におすすめの活動計です。

ロードバイクで外を走っているとチェストバンドだと電波干渉で飛んでしまうことが多々あるのですが、光学式だとそのようなことは皆無です。そして何よりもバンドの素材が秀逸です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R27YYEMW50PN... |

リストバンド・交換アクセサリー

「活動計を普段からつけていたいが、カジュアル過ぎる」という人のために、Fitbitの活動計Flex2専用の交換バンドをおすすめします。もともと、表示がなくスマートなタイプの活動計ですが、バンドを交換することで色々なシーンで装着が可能となります。

ステンレスタイプの交換バンドは、ブレスレットにも見えるため、普段の腕時計と一緒に装着したり、オフィスでのスーツ姿にも合わせられるおすすめの専用アクセサリーです。

Fitbit Flex2を愛用していますが、仕事中につけるには少しカジュアルすぎることがあり、購入しました。少し安っぽさはありますが、きれいめな服にも合うのでおすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2RQ9V10C5JM... |

時計

「腕につけるタイプの活動計はビジネスシーンに不向き」と、敬遠する人も多いですが、Garminの「デザインスマートウォッチ VIVOMOVE SPORTS」シリーズは、一見アナログ表示の腕時計です。

スマートフォンとペアリングすることで、歩数や心拍数などさまざまな活動ログを参照することができます。大き目の腕時計タイプになり、GPS機能はついていないので、ランニングなどには不向きな活動計です。

年配の方や普段の活動量を把握したい方におすすめの活動計です。

デザインもシンプルで、心配していた大きさもビックリする程大きい訳ではなく丁度良いです。健康管理も出来るし、他人と被らないので大満足!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/REI4WNFK4MDZ... |

睡眠

つけたまま寝ることで、睡眠時の様子をモニターしてくれるのも活動計の特色です。入眠時の邪魔にならない、スクエア型のリストバンドタイプで液晶が小さい活動計が好まれています。

ANEKENのスマートウォッチは、自動睡眠モニター機能搭載で、入眠してから起床まで睡眠の浅い深いを自動で計測し、睡眠の質を判定し、記録します。

かなり便利で心拍数や歩数がでたり睡眠モニターがあるのでデータを見るのがたのしいそうです。着信もわかるしUSBで気軽に充電できるしと大喜びでした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1TV2P1WGXBA... |

足首

「腕時計は別に持っている」「運動していると負担に感じる」など、リストバンドタイプの活動計を敬遠する人もいます。そのような人におすすめなのが、腕以外に付けるタイプの活動計です。中でもニーズが高まっているのが足首につけるタイプの活動計ですが、正式な製品は販売されておらず、シンプルなリストバンドタイプの活動計を代替して使う人が多いです。

ただし、リストバンドタイプの活動計を足首に装着する場合、心拍数を計ることはできなくなりますので純粋に歩数や消費カロリーのみの管理となります。リストバンドタイプの活動計を足首につけて使用したい場合は、凹凸が少ないタイプのものを選びましょう。

MISFITの「フィットネストラッカー RAY」は、シンプルなデザインで、専用アプリで装着場所を選択できるので、足首に近い部位を選択して使用するのがおすすめです。

UP3から乗り替えでした。
これはデザインと睡眠判定は良かった。
UP3は睡眠判定が厳しく嫌になったけれど心拍数があった。
でも腕にしか付けられなく切れて壊れました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RO3LL56LZSJO... |

腕時計タイプ

活動計はデジタル表示で、シリコンのリストバンドタイプのものが多く、普段使う腕時計とは別に用意する人がほとんどです。GARMINの「マルチ スポーツウォッチ fenix5s」は、活動計としての機能が充実しているだけでなく、腕時計としても申し分のないデザインです。

耐傷性サファイアレンズを採用していて傷に強く、GPS搭載で登山やトレッキングなどにおすすめの高性能活動計です。

マルチスポーツウォッチとして、極めて多機能で、GPSの補足速度、精度、心拍計の精度等、性能面は大満足です。スーツの時も、日常の腕時計としても使い勝手が良いです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R22YSPM4BAWG... |

水泳

水泳時の運動量も測定可能なのが、Fitbitの活動計「フィットネスリストバンド Flex2」です。独自の運動探知機能「SmartTrack」により、水泳中の動きを自動で検知し、ラップ数をカウントしてくれます。ディスプレイがないタイプなので、ブレスレットとして楽しめます。自分のデータはスマートフォンにペアリングさせて、専用アプリで確認できます。

思っていたより操作が簡単で、すぐに始めることができました。
自分の活動が勝手に反映されていくので非常に楽しく、日々のモチベーションも上がります。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R198TGU30P83... |

血圧

年配の方には、血圧を測定できるタイプの活動計が人気です。Sympaの活動計は、心拍と血圧を同時にモニタリングが可能で、運動量と合わせて自己管理をするのに便利な活動計です。睡眠管理機能もついているため、「特別な運動はしていないが、自分の運動量を把握したい」人におすすめの活動計です。

60歳の主人にプレゼントしました。
歩数計、血圧もわかって重宝しています。ダイエットに向けて毎日、歩いているので歩数がわかって楽しいようです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2FLAUSZ12SA... |

リマインダー機能

Cutarの最新版スマートウォッチは、心拍数や消費カロリーの他、手動でリマインダーを設定できる活動計です。サプリメントなどの投薬時間の管理や女性向けに生理周期の記録が可能になります。運動量管理の他、スケジュールや体調管理にもおすすめの活動計です。

24時間、1時間に自動血圧も測って歩数も睡眠の質まで記録してくれて楽しいです!
軽いので着けていても肩が凝りません!
時計の感度がよく、腕をまわしても、はんのうやすい。
買って正解でした!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R27X1D7O11TW... |

歩数

歩数と歩数に伴う運動量にしぼって把握したい人におすすめなのが、タニタの活動計「カロリズム BASIC」です。歩数と消費カロリー、それに伴う脂肪燃焼量のみの表示となっており、普段の運動量を把握したい人におすすめの活動計です。

今頃運動不足で何かやらなければと、思ってました。最初は歩く事からと思いこの万歩計を買いました。いつも離さず持っています。1日の歩数が一目瞭然です。とても性能はいいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3HZGVSEDR61... |

おすすめの活動計のメーカーの紹介

活動計おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

スマートフォンの普及に伴い、活動計も色々なメーカーから発売されるようになりました。その中でもよく耳にするおすすめの活動計メーカーをいくつか紹介していきましょう。活動計の購入に迷ったら、まずはこちらのメーカーの製品から検討されてはいかがでしょうか。

Fitbit

Fitbit(フィットビット)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある、2007年創業のフィットネス向けの持ち運び可能機器専門のメーカーです。人気製品は、社名と同様の「Fitbit」シリーズの活動計です。日本へは2014年から展開している、比較的新しい会社です。

Fitbit社では、ワイヤレス技術が一人一人の健康管理に活用され、個人の健康やフィットネスの目標が達成しやすい日常生活を設計していくのをターゲットと考えて活動しています。

Garmin

Garmin(ガーミン)はスイスのGPS機器メーカーで、アメリカ合衆国で1989年に創業されました。現在もアメリカや台湾を拠点に展開しています。主力製品は、自動車用GBSナビゲーションおよび、ドライブレコーダー、航空機用レーダーなどです。

長年培ってきたGPS機器のノウハウをスポーツ用に反映させたのが、腕時計型活動計シリーズになります。

TANITA

TANITA(タニタ)は日本で初めて家庭用体重計を製造、販売した大手計測機器メーカーです。体組成計や体脂肪計を世界で初めて製造したメーカーであり、常に最先端の健康機器を提供しています。

スマートフォンにペアリングしてデータを管理するのが活動計の主流ですが、タニタの活動計は歩数計(万歩計)に消費カロリーを計れる程度の、機能をしぼった製品が人気で、「特別にスポーツはしていないが毎日の運動量は気になる」など、普段使いが目的の人やデジタルにあまり馴染みがない年配の人に親しまれるラインナップで展開されています。

活動計を上手に使って快適なライフスタイルを

活動計おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

日頃からスポーツを楽しむ人も、普段は意識して運動をする機会が少ない人も、なんとなく動いているだけでは自分にとって運動が良い効果をもたらしているのか実感がわかないことでしょう。

活動計を用いることで、普段自分がどれくらい動いているか、エネルギーを消費しているかを可視化してとらえることが可能になり、無理のない範囲で新たな運動目標を設定したり、よりステップアップした活動を行うための方針を決めることが可能になります。

生活に運動を取り入れるだけでも一定の効果はありますが、自分が基本的にどのくらいの活動量があるかを把握しておくことで、運動における効果をより大きく得ることができるでしょう。

あなたのライフスタイルに合った活動計を上手に活用して、適度な運動を取り入れた、健康的な生活を心掛けていきましょう。

Related