Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月19日

カラーボックスで机をDIYするアレンジ法12選|おすすめ工具

安く手に入るカラーボックスですが、収納アイテムとして使うだけではなく、DIYし机として活用するのがおすすめです。簡易的に組み立てができるカラーボックスなので、初心者の方でも簡単にできます。アレンジ方法を参考に自分の生活スタイルに組み込んでみましょう。

カラーボックスで机をDIYするアレンジ法12選|おすすめ工具

カラーボックスとは

カラーボックスとは、簡単に組み立てることのできる簡易的な棚のことをいいます。木目調のカラーボックスが主流ですが、最近では色とりどりのカラーボックスや2段、3段など段数の異なるカラーボックスも販売されています。ちなみに、カラーボックスとは英語ではなく和製英語となります。

家の収納家具として重宝されるカラーボックスですが、シンプルな作りであるため自在にアレンジできるので、とても人気があります。

どこに売ってる?

数年前は、家具屋さんで販売されていることがほとんどでしたが、需要の高さからホームセンターなどでもカラーボックスを取り扱うようになりました。インターネット通販でも多く販売されており、手軽に購入することができます。

カラーボックスの付随品となる収納ボックスや取り付けカバー扉などは100円ショップでも販売されており、安く大量に購入することが可能です。

カラーボックスの種類は?

カラーボックスには色とりどり、段数の異なる種類があります。カラーボックスは簡易的に組み立てができる棚のことを言い、その範囲は広いのですが、横幅約42センチ、奥行き29センチ、高さ30センチのカラーボックスが主流であると言われています。

カラーボックスで机をDIYするアレンジ法12選

カラーボックスを収納棚としてだけ使用するのはもったいなく、家中で活躍する机として使用するのがおすすめです。

カラーボックスで机を組み立てるため、市販の机を購入するよりも安価で済ませることができ、収納スペースをたくさん確保することもできるというメリットがあります。カラーボックスで机をDIYするアレンジアイデアを12個ご紹介していきます。簡単に作れるものばかりなので、ぜひ自宅に取り入れてみてください。

勉強机

カラーボックスで机をDIYする勉強机アレンジを4つご紹介します。

勉強机は、小学校に上がったタイミングで購入する家庭が多いですが、高校生までの12年間使い通すことがほとんどでしょう。この12年間は子供が大きく成長する期間なので、購入したては机が大きく感じ、高校生になると小さくなることもあります。小学校低学年まではカラーボックスで作った勉強机を使い、大きくなってから勉強机を買うことをおすすめします。

1:成長に合わせて高さを調整

カラーボックスで勉強机をDIYするアレンジ1つ目は、棚に天板を渡して勉強机の高さを調整させることです。向かい合わせに並べたカラーボックスの1段目や2段目の棚に天板を置くことで、通常の勉強机よりも高さの低い勉強机を作ることが可能です。

カラーボックスは数センチ単位で棚の位置を調整することができるため、完成した高さで固定されるわけでなく、日々の成長に合わせて微調整することが可能です。

2:天板長さを調整して2人座れるようにする

カラーボックスで勉強机をDIYするアレンジ2つ目は、長めの天板を設置して横幅のある勉強机を作ることです。天板の支えとなるカラーボックスを距離を置いて設置することで、長めの天板を使った勉強机を作ることもできます。

幼少期は大人が隣に座って勉強やおえかきなどを見てあげる場面もあります。長めの天板を使って横幅のある勉強机にすることで、大人が隣に座ることができます。親子のふれあい時間も増えることでしょう。

3:さらにカラーボックスを重ねる

カラーボックスで勉強机をDIYするアレンジ3つ目は、天板の上にカラーボックスを重ねて収納スペースを増やすことです。天板の支えとして使うことの多いカラーボックスですが、天板の上に乗せることで勉強机の上に収納棚として活用することができます。

高さが出る場合は、転倒防止のために壁や天井、天板にしっかりと固定して倒れないように注意しましょう。

4:空いたスペースをクローゼットにする

カラーボックスで勉強机をDIYするアレンジ4つ目は、空いたスペースをクローゼットにすることです。カラーボックスを使って勉強机を作る1番のメリットは、十分な収納スペースを確保できるということです。

天板の支えとして使用するカラーボックスにファイルボックスなどを使用して、教科書やプリントを収納することができます。さらに、小学校低学年くらいまでなら突っ張り棒を設置すればクローゼットにもなります。

カウンターテーブル

続いて、カラーボックスで机をDIYするカウンターテーブルアレンジを4つご紹介します。カウンターキッチンは女性の憧れの1つです。ですが、賃貸でカウンターキッチン付きを探すと、条件がかなり絞られてしまい費用オーバーになってしまうこともあります。

カラーボックスを使えば、安価で憧れのカウンターキッチンを作ることができます。今住んでいる家もリフォームする必要がなく、賃貸でも設置が可能です。

5:空いたスペースにゴミ箱を

カラーボックスでカウンターテーブルをDIYするアレンジ1つ目は、空いたスペースにゴミ箱を設置することです。これは勉強机のDIYでも活用できます。

ゴミ箱はキッチン空間の中でも、広くスペースを取るアイテムです。地域によっては事細かに分別をする必要があり、ゴミ箱を複数用意することにもなります。カウンターテーブルの空いたスペースを有効活用してゴミ箱を設置するとキッチンがすっきりするのでおすすめです。

6:板を貼ってキッチンの雰囲気に合わせる

カラーボックスでカウンターテーブルをDIYするアレンジ2つ目は、カラーボックスに板を貼って部屋の雰囲気に合わせることです。インテリアが好きな女性は部屋全体の統一感を重視している傾向にあります。無機質なカラーボックスのままでは、部屋の雰囲気を壊してしまうので、カッティングシートを活用して統一感を出すと良いです。

7:突っ張り棒を活用

カラーボックスでカウンターテーブルをDIYするアレンジ3つ目は、突っ張り棒を活用してキッチンペーパー収納を作ることです。収納するアイテムが決まってくるとわずかなデッドスペースも生まれます。そのデッドスペースも突っ張り棒を活用することで、有効活用することができます。

勉強机や作業机にした場合、セロテープやマスキングテープ、毛糸やリボンを突っ張り棒に通すのも良いでしょう。

8:黒板シートでアレンジ

カラーボックスでカウンターテーブルをDIYするアレンジ4つ目は、黒板シートを貼ってらく書きスペースを確保することです。黒板シートを貼るだけでカフェ風のおしゃれなインテリアにすることができる、便利アイテムです。カフェ風イラストを描いたり、子供のらく書きスペースにして遊ぶこともできます。

パソコンデスク

最後にカラーボックスで机をDIYするパソコンデスクアレンジを4つご紹介します。男性は憧れる方の多い書斎ですが、スペースの確保が難しく実現するのは難題です。ですが、カラーボックスを使えばどこにもパソコンデスクを設置することができるため、簡易書斎を作ることができます。

パソコン以外に印刷機などのOA機器も収納できるよう、サイズを測定して設計すると良いでしょう。

9:扉を付けてお洒落に

カラーボックスでパソコンデスクをDIYするアレンジ1つ目は、扉を付けることです。カラーボックスで作るとどうしても重厚感が感じられず、チープな印象になりがちです。ですが、高級感のある扉を付けるだけでチープな印象を薄れさせることができます。

扉と一緒に全体も統一感のある色に染めると良いでしょう。清潔感のあるパソコンデスクなら白、重厚感のあるパソコンデスクなら濃いめの茶色がおすすめです。

10:椅子にも収納を

カラーボックスでパソコンデスクをDIYするアレンジ2つ目は、カラーボックスを椅子に使い、収納スペースを確保することです。カラーボックスを横に倒すとちょうど良い椅子の高さになります。底辺部にキャスターをつけることで稼動でき、利便性が高まります。

カラーボックスの種類によっては、ささくれなどがあり座るのが危ない場合もあるので、布を被せたりクッションを敷いて座ると良いでしょう。

11:スライド棚を使ったキーボード収納

カラーボックスでパソコンデスクをDIYするアレンジ3つ目は、スライド棚をつけ、キーボードの収納スペースを確保することです。カラーボックスを2つ並べ天板を乗せた後、キーボードが収納できる高さでもう1段棚をつけるとキーボードの収納スペースができます。

パソコンデスクはキーボードの収納に場所を取られてしまうという悩みが良くあります。1段多く棚を設置することでディスプレイの高さも少し上がり、見やすくなります。

12:カーテンで目隠しする

カラーボックスでパソコンデスクをDIYするアレンジ4つ目は、収納部分が見えないように布でカーテンをつけることです。綺麗に整頓しておいても多量の資料やCD、本、漫画、ゲームなど人の目線から避けたいものもあるでしょう。突っ張り棒をつけフックで布を通すだけなので、簡単に目隠しができます。

来客が来た時急いで片付けが必要な時も、一時的に収納し布で隠してしまえばその場を乗り切ることができ便利です。

家中の家具をカラーボックスでまかなえる

カラーボックスは縦置きと横置きができるため、組み合わせ次第で家中の家具をカラーボックスで作ることができます。重いTVを乗せるTV台はアイリスオーヤマのカラーボックスがおすすめです。

背面にコードを通す穴が2箇所空いているため、レコーダーなどを収納してもコードが絡まることがありません。DVDやブルーレイなどTV関連の小物を一緒に収納すると良いでしょう。

横向きのは、化粧台に。
縦向きのは、本棚となってます。
荷物が少ないせいか、余裕がありますよー。
色合いも私好みで、部屋にもマッチしてるので、よかったです!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1YO6XD56SZP... |

机をDIYする上でのおすすめ工具

カラーボックスで机をDIYする上でおすすめの工具についてご紹介していきます。

カラーボックスは簡易的に組み立てができる家具なので、基本的に家庭にあるもので組み立てることができます。使用用途に合わせて棚を追加する時などの参考にしてください。

ネジの選び方

ネジには、先端から頭までネジが切ってある全ネジと、先端から途中までネジが切ってある半ネジがあります。どちらも打ち込んだ時点での強度はあまり変わりませんが、野外で使う場合は全ネジがおすすめです。

野外に置くと雨水にさらされ、ネジが錆びます。半ネジでは錆びると材料を保持できませんが、全ネジであれば頭が錆びても材料を保持することができます。

カラーボックスを色々活用しよう!

安くて、アレンジが豊富なカラーボックスを使って、自分の生活に合わせた家具をDIYしてみることをおすすめします。

アレンジ次第で机はもちろん、椅子やTV台、ベッドまで作ることができます。子供の成長に合わせて家具を買い換えるのはお金がかかってしまうので、小学校に上がるまでなど短期間であればカラーボックスで済ませるのがおすすめです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

まずは、収納で悩んでいる人の多い食器棚と本棚にカラーボックスを活用するのがおすすめです。サイズがバラバラの食器も、多量の本もカラーボックスを使えばきれいに収納することができます。詳しくは下の記事を参考にしてください。

Related