Search

検索したいワードを入力してください

はんだごての温度設定の方法・自作での温度調節・制御の仕方

初回公開日:2018年02月20日

更新日:2018年02月20日

記載されている内容は2018年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

この記事では、はんだごての温度についてご紹介してまいります。はんだごての温度ははんだ付けした箇所の仕上がりや電子部品などに影響し、適切な温度ではんだ付けしてしまうと、電子部品を壊してしまう原因になるので、適切な温度ではんだ付けをしましょう。

はんだごての温度設定の方法・自作での温度調節・制御の仕方

はんだごての温度設定はどうするの?

はんだごては電気工作をする時に使う重要なものですが、電気工作が複雑になると温度調節が必要になってきます。

はんだごての温度を調節するにはいくつかの方法があり、温度調節ができないはんだごての温度管理をする方法もあります。そこで今回は、はんだごての温度調節を管理する方法についてご紹介してまいります。

なぜはんだごての温度管理が必要か?

はんだごては温度調節ができるものとそうでない場合があります。はんだごての温度が調節できないものでもはんだ付けができますが、近年の電子部品は小型化していることと電子基板の形状が複雑になっていることから、温度調節ができるはんだごてが必要になります。

昔の基盤や電子部品などは端子が大きかったことや基盤の構造が単純であったことから温度調節ができないはんだごてでもはんだ付けができましたが、電子部品が小型化したことや基盤の構造が複雑になったために温度調節ができるはんだごてが必要になりました。

現在の基盤は電子回路がいくつかの層になっており、はんだごてを長時間当ててはんだ付けをする必要があります。この時に温度が調節できないはんだごてではんだ付けすると、電子部品をはんだごての熱で壊してしまう可能性があるので、きちんと温度管理をしてはんだ付けをする必要があります。

温度管理は強度にも関係している

はんだごての温度は部品の劣化に関わるだけでなく、はんだ付けした部分の強度にも関わります。

はんだごての温度が高すぎると、はんだの中に含まれているフラックスが蒸発してしまいます。フラックスは部品と基盤を付けるために必要なものなので、フラックスが蒸発してしまうとはんだ付けした部分が剥がれてしまいます。

また、はんだごて温度調節や当て方がきちんとしていれば、強度の高いはんだ付けをすることができます。はんだごての温度ははんだ付けした箇所の仕上がりにも関係するので、温度管理はとても重要になります。

はんだごての温度制御はどうするものなのか

通常のはんだごては温度が制御できませんが、温度制御ができるはんだごては電源のオンオフを調節することで温度調節をします。

電源のオンオフを短い時間で行うことで、実際に流れる電流が少なくなります。その結果はんだごての温度が下がり、こて先がはんだ付けに適した温度になります。構造さえ理解すれば普通のはんだごてを温度調節して使うこともできるので、現在使っているはんだごてでも温度調節ができるようになります。

はんだごての温度を調節する方法は?

はんだごての温度を調節するにはいくつかの方法があります。そのため、次の項目からはんだごての温度を調節する方法についてご紹介してまいります。

濡れた布などで温度調節をする

小さい電子部品などをはんだ付けする時は、こて先の温度を調節してはんだ付けする必要があります。温度調節ができないはんだごてで作業してしまうと、必要以上に温度が高くなってしまい、電子部品を壊してしまうことがあります。

はんだごての温度を調節する方法には、はんだごてのこて先を濡れた布などで冷やし、一時的に温度を下げてはんだ付けする方法があります。

この方法ではんだごての先を冷やすことができますが、こて先の温度が元に戻るまでは数秒しかありません。また、こて先を適温まで下げるには勘が必要になることや綺麗なはんだ付けができないことから、素人には難しいはんだ付けになってしまいます。

市販の温度調節器を使う

現在使っているはんだごてをそのまま使いたい方は、はんだごてに使うことができる温度調節器を購入すると良いでしょう。

市販の温度調節器は、はんだごてのコンセントを温度調節器に差し込むだけで使うことができるので、手軽に温度調節ができるはんだごてとして使うことができます。

現在使っているはんだごてをそのまま使いたい方は、市販の温度調節器を購入すると良いでしょう。

温度調節ができるはんだごてを使う

はんだごてには温度調節ができるものがあります。温度調節ができるはんだごては簡単に温度の設定ができるので、手軽に作業ができます。

温度調節のはんだごては手軽に温度設定ができますが、この方法は温度調節ができるはんだごてを購入する必要があり、はんだごてを新しいものに交換しなければなりません。しかし、温度調節は簡単にできるようになるので、はんだごての交換を検討している方ははんだごてを新しいものに交換しても良いでしょう。

自作の道具で温度調節する方法は?

はんだごての温度調節は、電源のオン時間を変化させることで温度の調節ができます。そのため、コンセントから来る電源のオン時間を変えることができる回路を組めば、普通のはんだごてを温度調節ができるはんだごてとして使うことができます。

この方法で温度調節をする場合は、使っているはんだごてによってオン時間の割合が変わりますが、電気に詳しい方であればオン時間を調節できる回路を作れるので、電気工作が得意な方は電源のオン時間を変えることができる回路を組んで、温度調節ができるはんだごてとして使ってみても良いでしょう。

電源を制御する回路を自作して温度調節ができるはんだごてにしている方は多く、回路図などを記載している方もいるので、すでに自作されている方がどんな回路を組んでいるか参考にしても良いでしょう。

ワット数とはんだごての温度はどんな関係がある?

はんだごては温度のほかに、消費電力の差があります。ワット数が違うはんだごてはワット数ごとに用途が異なるので、次の項目からはんだごての特徴をワット数別にご紹介してまいります。

20wなどのはんだごてはどんなもの?

20wや30wのはんだごては、主に電子部品などのはんだ付けに使います。20w程度のはんだごてはサイズが小さいものが多く、小さい電子部品などのはんだ付けに向いています。

電子部品のはんだ付けや細い配線などのはんだ付けに使うのであれば、20wや30wのはんだごてを使うと良いでしょう。

40wのはんだごてはどんな使い方?

40wのはんだごては20wのものと比較すると、サイズが大きくなる傾向にあります。

40wのはんだごては太い配線のはんだ付けやプリント基板に幅広くはんだ付けする場合などに使い、広い面積のはんだ付けに使用します。

20wなどの小さいはんだごては広い面積を温めることができず、はんだを溶かすことができなくなってしまいます。そのため、広い面積のものをはんだ付けする場合は40wのはんだごてを使う必要があります。

はんだごては用途に合わせて選ぶ必要がある

前の項目でははんだごてのワット数による違いについてご紹介しましたが、ワット数の小さいものや大きいものだけでは対応ができません。

電子部品のはんだ付けをすることもあれば面積の広いはんだ付けをすることもある場合は、20wのはんだごてと40wのはんだごての両方を用意しておく必要があります。

また、はんだごてのこて先にも多くの種類があります。そのため、はんだ付けする場所によってこて先を変える必要もあるので、その時はんだ付けする箇所によって適切なこて先を選びましょう。

はんだごての温度はどう管理すればいいか

はんだごての温度は、その時の状況によって温度を変えます。これははんだごてのこて先の形状やはんだ付けする箇所によって適切な温度が異なるからです。

はんだ付けはこて先の温度をきちんと管理することで綺麗なはんだ付けができるので、次の項目で設定温度について詳しく見ていきましょう。

はんだごては先端の温度が重要

はんだごては、こて先の温度が重要になります。そのため、こて先の温度が目標の温度になるように調整しなければなりません。

こて先の温度は250℃がはんだ付けに適しています。そのため、電子部品などをはんだ付けする時はこて先の温度が250℃になるように調整すると良いでしょう。また、こて先の温度は350℃を超えないように調整する必要があります。

こて先の温度が高すぎてしまうと、電子部品を壊してしまいます。電子部品は300℃を超えると壊れてしまう可能性があるので、電子部品が壊れるのを避けるのであればこて先の温度が350℃を超えないように調整しましょう。

はんだごての温度はどうやって測ればいいか

電子部品のはんだ付けをする時は、こて先の温度が重要になります。そのため、こて先の温度がどのぐらいの温度になっているか確認しながらはんだ付けをする必要があります。

はんだごての温度はこての根元とこて先で異なることがあり、こて先の温度を正確に知るには温度を測定しなければなりません。はんだごての温度を測定する方法はいくつかあるので、次の項目からはんだごての温度を測定する方法についてご紹介してまいります。

専用の温度計を購入する

はんだごてを販売しているメーカーから、はんだごて専用の温度計が販売されています。この温度計で測定すればはんだごての温度がどのぐらいなのか正確に測定できるので、温度管理が重要なはんだ付けにも使うことができます。

専用の温度計は値段が高い点がデメリットになりますが一番正確な温度を測定できるので、温度測定を正確に行う必要がある場合は、専用の温度計を購入すると良いでしょう。

レーザー式の温度計で測定する

はんだごては非常に熱くなるので、普通の温度計で測定してしまうと温度計を壊してしまう可能性があります。そのため、はんだごての温度を温度計で測定するときは、非接触型の温度計を使うと良いでしょう。

非接触型の温度計にはレーザー式の温度計があり、レーザ式の温度計ははんだごて以外のものにも使うこともできます。レーザー式であれば専用の温度計よりも安くで購入できるので、できるだけ安くで温度計を購入するのであれば非接触型の温度計を購入すると良いでしょう。

自作キットを購入する

はんだごての温度計には自作キットが販売されており、キットを組み立てることではんだごての温度計を作ることができます。温度計の自作キットには基盤と電子部品が入っており、電子部品を基盤にはんだ付けすることで温度計が完成します。

温度計を組み立てた後は温度の誤差が出ないように校正する必要がありますが、自作キットには校正の方法も記載されているので、安くで正確な温度計が欲しい場合は自作キットを購入してみると良いでしょう。

はんだごての温度管理で電子部品を守る

ここまではんだごての温度設定についてご紹介しましたが、はんだごての温度管理は電子部品にとって重要なものになります。

細かい電子部品をはんだ付けする場合や多層化した基盤にはんだ付けする場合は、こて先の温度を適切な温度に設定する必要があり、温度調節ができないはんだごてではんだ付けしてしまうと、電子部品を壊してしまう可能性があります。

電子部品を壊さないためにも、はんだごての温度がきちんと設定できる状態にしてから電気工作をしましょう。

Related