Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月24日

栓抜きがないときの代用品・栓抜きの代用品で開ける方法

栓抜きを使おうと思ったら手元にないという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。ここでは、栓抜きがない場合の栓抜きの代用品となるものをいくつかご紹介いたします。身近なもので栓抜きの代用ができるので、覚えておけばいつか役に立つ内容ですので、ご参照ください。

栓抜きがないときの代用品・栓抜きの代用品で開ける方法

栓抜きがないときの代用品

「飲むぞ」と思って瓶を持ったのに栓抜きがない、そんな経験ありませんか。こんなとき、栓抜きの代用品になるものが実はたくさんあります。ここでは、身の回りにあるもので、栓抜きの代わりになるものをご紹介します。

栓抜きがない場合の代用品-ナイフ

栓抜きがない場合にナイフも瓶を開ける栓抜きの代用品となります。ここでいうナイフはバターナイフになります。やり方は以下のようになります。

<ナイフで栓を抜く方法>
1.瓶の蓋にナイフが差し込めるようにナイフの先っぽを淵で広げる。
2.ある程度淵が広がったら、ナイフを差込み、ナイフの手元部分をキッチンカウンターなどの硬いところに打ち付けて、テコの原理で瓶の蓋を開ける。

このとき、打ち付け方によっては瓶の蓋が翔ぶため、気をつけてください。パーティーなどで披露すればすごいと沸かせることができるかもしれませんが、くれぐれも周りの人にぶつけないようにだけ気をつけましょう。

栓抜きがない場合の代用品-10円・コイン

栓抜きがない場合にコインでも瓶を開けることができます。

<コインで栓を抜く方法>
1.まず、瓶の首を栓とギリギリのところで持ちます。
2.握った親指と栓の隙間にコインを引っ掛けます。
3.指でテコの支柱となるように押さえつけて、コインを下に押してテコの原理で蓋を開けます。

このとき、しっかりと瓶を持たないとうまく開けることができませんので注意してください。コインは他の代用品に比べて小さいので、テコの原理で開けることが難しいです。何度か挑戦してコツを掴んでみると良いでしょう。

栓抜きがない場合の代用品-はさみ

栓抜きがない場合にはさみも栓抜きの代用品となります。はさみの場合は指を通す穴があるので力を入れやすいです。

<はさみで栓を抜く方法>
1.利き手ではさみに指を入れて、はさみの刃の部分を閉めた状態で瓶の蓋の下に入れる。
2.テコの原理で持ち手を下にするようにして蓋を開ける。

はさみは閉じていれば力を入れても曲がったり折れたりしにくいので、瓶の蓋を開けやすいです。

栓抜きがない場合の代用品-スプーン

栓抜きがない場合に、スプーンは知る人ぞ知る栓抜きの代用品です。具体的なやり方は以下になります。

<スプーンで栓を抜く方法>
1.利き手と反対の手で瓶の蓋の下を包むようにしっかりと握ります。
2.利き手でスプーンの曲面を親指と人差し指で挟むようにして持ちます。
3.スプーンの先端を瓶の蓋の下に入れて、瓶の首を握っている指をテコの支点として、利き手をゆっくりと下に下ろして栓を開けます。

うまく開けられない場合は、スプーンの先端を入れる位置をちょっとずつズラしてみてください。スプーンで瓶の蓋を開けるときのポイントは、蓋の下の握る部分をしっかりと固定することです。力ずくでやると蓋を飛ばしてしまう危険があるため、力ずくではなくしっかり先端を引っ掛けてゆっくりやってみましょう。

スプーンで瓶を開けるのは、何度かやっていくうちに慣れて、簡単にビール瓶の蓋を開けることができるようになるので練習してみると、いざという時に本当に役立ちますのでオススメです。

栓抜きがない場合の代用品-ベルト

栓抜きがない場合、ベルトも栓抜きの代用品となります。「一体どこを使って?」と疑問に思うかもしれません。ベルトは、バックル部分を使用して栓を抜きます。

<ベルトで栓を抜く方法>
1.バックルのカチャカチャと動く部分を瓶の蓋の下に引っ掛けます。
2.そのまま、栓抜きと同様に固定させて、瓶をグイっと動かします。

但し、ベルトのバックルを栓抜きとして使用するには条件があります。瓶の蓋よりも、ベルトのバックル部分が大きくなければならないのです。しかし、代用品としては栓抜きと同様に開けることができるので最も簡単でしょう。

栓抜きがない場合の代用品-ライター

栓抜きがない場合にライターも栓抜きの代用となります。上手くテコの原理を使って栓を抜いていきます。

<ラーターで栓を抜く方法>
1.瓶の口の周りを利き手と反対の手で掴む。
2.ライターを利き手で持つ。
3.ライターを瓶のふちに引っ掛ける。
4.テコの原理で下に下げることで瓶の蓋を開ける。

栓抜きがない場合の代用品-割り箸

食卓で瓶ビールを開けたいのに栓抜きが見当たらない、そんなときは割り箸でも栓抜きの代用が可能です。用意するものは、未使用の割り箸1本です。

<割り箸で栓を抜く方法>
1.利き手の反対の手で瓶をしっかりと持つ。
2.割り箸の頭の部分を瓶の蓋に当てる。
3.テコの原理で下に押して蓋を開ける。

割り箸で開けるのは難しいと思われがちですが、意外にパコっとした快音とともに軽い力で開けることができます。

栓抜きがない場合の代用品-紙

栓抜きがない場合、紙でも栓抜きの代用が可能です。「硬い栓を紙切れ一枚で?」と驚かれる方もいらっしゃるでしょうが、実際にできる動画もあります。まずは、紙で栓を開けるやり方について説明します。

<紙一枚で栓を抜く方法>
1.A4の紙を半分に折り、またそれを半分にと計5回折っていく。
2.瓶の口を押さえる 
3.折った紙の頭を栓にあてて押し開ける。

動画を見てわかるようにとても単純な方法になります。ペラペラの紙も折っていくと栓を抜けるほどに硬い強度になることに驚きます。

栓抜きがない場合の代用品-鍵

栓抜きがない場合に、鍵も身近な道具なので栓抜きの代用品として使いやすいです。やり方は、スプーンと同様ですが、栓にひっかける部分は細いところという点が違います。

<鍵で栓を抜く方法>
1.利き手を反対側の手で栓の近いところを握ります。
2.利き手で鍵の細い側を瓶の栓に引っ掛けます。
3.テコの原理で鍵を下に押して、瓶の蓋を開けます。

鍵の場合は、一度で開けることが難しいため、何度か方向を変えて挑戦してみてください。但し、鍵が壊れてしまったら家に入れなくなるリスクがあることをお忘れなく。壊れそうだと思ったらやめて、他の道具を探しましょう。

栓抜きの代用品で開ける方法

ワインの栓抜きがない場合も、様々な代用品で開けることができます。以下にいくつかの代用品をご紹介します。

栓抜きの代用品での開け方-ワイン

ワインを開けるときに「コルク抜きがない」となったことありませんか。せっかく盛り上がってきて、最大の見せ場で出したワインなのに飲めないとなったらがっかりです。そんなときに、コルク抜き以外で栓を抜くことができます。

<コルク抜き以外でワインを開ける方法>
1.釘 
釘やネジなどの工具で開ける方法です。釘をコルク部分の適度な場所までねじ込んで、その後一気に引き抜きます。引き抜く場合にはペンチなどを使用しなければなりませんが、フォークなどでも代用可能です。この方法だとテコの原理を使うので女性でも比較的簡単にコルクを抜くことができます。

2.ナイフ
これはワインオープナーで開ける方法に近い開け方です。やり方としては、ナイフをコルクに刺してクルクルと回しながらコルクを抜くだけになります。途中、コルクがボロボロにならないように慎重に行いましょう。ナイフを刺したらゆっくりと回すことが重要です。ナイフは、ソムリエナイフやバターナイフなど鋭くないものを使ったほうが安全です。

栓抜きの代用品での開け方-コロナ

コロナを開ける場合は、通常の瓶を開ける方法と同じになります。前述のように、紙やはさみ、スプーンなどでテコの原理で簡単に開けることができます。ほかにも、テコの原理を使えば、瓶どうしの蓋部分を入れて開けたり、トンカチなどの工具を使うことも可能です。

栓抜きの代用品での開け方-瓶

瓶そのものを靴に入れて壁などにドンドンと叩きつけてコルクを抜く方法もあります。その場合、瓶側をタオルでくるみましょう。

キャンプなどで外でワインを開けるときに使えます。ワインを靴のかかと部分にあてて、木や壁などでどんどんと叩きます。コルクが抜けるときの空洞現象(水中で物体が高速移動したときに気泡が発生する原理)を利用して開ける方法です。

また、ワインボトルを揺らしたときにおこる「慣性の法則」により、ワインがコルクを押し出すとも言えます。但し、この方法だと叩いたときの衝撃でボトルがわれる危険がありますので、取り扱いに注意して行うようにしてください。タオルなどでボトルを包むと良いでしょう。

栓抜きの代用品での開け方-シャンパン

シャンパンは、もともと栓を抜くときに道具は必要ありません。コルクに布をかぶせて、利き手で被せた布ごとコルクをおさえつつ利き手と反対の手でシャンパンの瓶を回します。無理に回さず、抑えた右手は動かさないようにしてゆっくりと利き手と反対の手をまわしていくと瓶の方がコルクから抜けていくため、パコっと開けることができます。

いろいろな栓抜きの代用品は役に立つので覚えましょう

栓抜きがないときの代用品・栓抜きの代用品で開ける方法

いかがでしたか。栓抜きの代用品は思った以上に多くあることがわかっていただけたでしょう。食卓に常にあるスプーンや割り箸、いつも持っているライターや鍵、コインなどで上手に開けることができれば、もし栓抜きがないとなっても役立つこと間違いなしです。ちょっと練習しないと上手くできないものもありますが、一度できれば簡単な代用品も多数あります。 

ここで紹介した内容は、栓抜きやコルク抜きの代用品の一部ですので、テコの原理を使って他にも使用可能なものはたくさんあります。興味のある方は、いろいろと試してみるのも面白いのではないでしょうか。

Related