Search

検索したいワードを入力してください

フライパンの寿命の目安|フライパンの寿命を延ばす5つの方法

初回公開日:2018年11月27日

更新日:2018年11月27日

記載されている内容は2018年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

食材がくっつきにくく手入れが楽なテフロン加工のフライパンですが、使っているうちにだんだん食材がくっついたり焦げたりしてイライラすることはありませんか。テフロンなどくっつきにくい加工がされたフライパンの寿命の目安や使い方のポイントをまとめました。

フライパンの寿命の目安|フライパンの寿命を延ばす5つの方法

フライパンの寿命を左右する条件

フライパンの寿命の目安|フライパンの寿命を延ばす5つの方法
※画像はイメージです

買ったばかりのフライパンは食材がくっつくことなく快適に料理ができていたのに、だんだん食材がくっつくようになってイライラした経験を持つ人は多いでしょう。

フライパンには数百円で買えるものから1万円以上するような高級品までいろいろありますが、フライパンの寿命を左右するのは金額だけではありません。

この記事ではフライパンの寿命の目安や、フライパンの寿命を延ばす使い方をまとめました。

条件1:素材

フライパンは、食材がくっつかないためのコーティングがしてあるものと、コーティングがないものに分けられます。

コーティングフライパンの種類はいろいろありますが、どんなコーティング材でも使っているうちに劣化し早いものなら数か月、長くて2年程度が寿命が来てしまいます。

コーティングがないフライパンは本体が割れる、穴が開くなどしない限り、何十年でも使うことができます。ただし使った後のお手入れが必須です。

条件2:使い方

コーティングされたフライパンの寿命を大きく左右するのは、使い方です。

コーティングされたフライパンは使いやすくお手入れも楽ですが、空焚きをしない、急冷をしない、金属ヘラを使わない、使う前に薄く油をひく、など守らなければいけない注意事項が意外と多くあります。

フライパンを買った時に付いてくる取扱説明書をすぐ捨ててしまう人が多いですが、よく読んで使い方の注意を守れば、寿命を最大限に伸ばすことができます。

フライパンの種類別寿命の目安

フライパンの寿命の目安|フライパンの寿命を延ばす5つの方法
※画像はイメージです

お店やネットショップには、いろいろな種類のフライパンが売られていて目移りしてしまいますが、フライパンの素材の特徴や寿命の目安を知ることで、フライパン選びの参考になります。

ここからは、フライパンのコーティング材の種類によって異なる寿命の目安を紹介していきます。フライパンの特徴や寿命を知ることで、ご自身のライフスタイルや価値観にマッチするフライパン選びに、きっと役立つでしょう。

種類1:テフロン

くっつかないフライパンのコーティング材で最も一般的と言えるのがテフロンです。

フライパン売り場に並べられたフライパンには、「耐摩耗性試験20万回クリア」といった文言や、「テフロン5層コート」などの文言が付いた製品があり、これらの数値が大きいほど、寿命も長いと言えます。

フライパンの寿命イコールテフロン加工の寿命と言えるので、各メーカーはテフロンを長持ちされるためにさまざまな技術を開発しています。

小見出し:フッ素樹脂で加工

「テフロン」はデュポン社の登録商標で、テフロン加工とは摩擦係数が非常に少なくくっつきにくいフッ素樹脂を使って加工したものを指します。

フッ素樹脂はくっつきにくくお手入れも簡単という利点がある反面、耐久性が低いのが欠点です。

取扱説明書の注意を守って丁寧に使えば、安価なもので1年程度、5000円以上の高品質なもので5年程度は支障なく使えますが、実際は1~2年で使えなくなったという口コミも多くあります。

種類2:マーブル加工

フライパンの寿命の目安|フライパンの寿命を延ばす5つの方法
※画像はイメージです

食材がくっつきにくくお手入れが簡単なテフロン加工の弱点である耐久性を高めるために開発されたのがマーブル加工です。

マーブル加工のフライパンは、テフロン加工のものよりはるかに耐久性が高く寿命が長くなっており、金属製のヘラも使えると謳われています。

とはいえ、コーティングフライパンの宿命である劣化は避けられず、長く使いたいなら取扱説明書の注意を守り丁寧に使うことは必須です。

フッ素樹脂に大理石の粉を混ぜて重ねた加工

マーブル加工のフライパンは、フッ素樹脂に大理石粒子を混ぜたものでフライパンをコーティングすることで、耐久性をアップしています。

身近なスーパーや量販店でも安く売られていることの多いマーブル加工のフライパンですが、テフロンと同様、耐摩耗性テストや複層コートされている製品の方が寿命は長いと言えます。

マーブル加工のフライパンは、使用上の注意を守り丁寧に使った場合で1年から5年程度は支障なく使えます。

種類3:ダイヤモンド加工

フライパンの寿命の目安|フライパンの寿命を延ばす5つの方法
※画像はイメージです

ダイヤモンド加工も、テフロンの弱点である耐久性の低さを克服するべく開発された技術です。地球上で一番硬い物質ダイヤモンドを使った加工で、テフロン加工よりはるかに耐久性が高いです。

ダイヤモンド加工フライパンも身近なお店で安く買えますが、耐摩耗性テストや複層コートされている製品の方が寿命は長いと言えます。

ダイヤモンド加工のフライパンもマーブル加工と同様、丁寧に使えば1年から5年程度は支障なく使えます。

フッ素樹脂に名のダイヤモンドを混ぜて加工

ダイヤモンド加工とは、フッ素樹脂にダイヤモンドの粒子を混ぜたものでフライパンをコーティングし、耐久性を高めています。

ベースはフッ素樹脂なので、耐久性が高いとはいえコーティングの劣化は避けられません。寿命を少しでの長くするには、使用上の注意を守り丁寧に使う必要があります。金属ヘラも使用可能ですが、樹脂製や木製のヘラを使った方が寿命を長くできます。

Related