Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月11日

ウォーターサーバーで作る白湯がおすすめの理由|白湯の作り方

ウォーターサーバーのメリット・デメリット、流行の白湯をダイエットや赤ちゃん用にウォーターサーバーで作る方法、水の特徴から選ぶ白湯作りに便利なウォーターサーバーのおすすめなどをまとめます。種類が多く迷いがちなウォーターサーバー選びの参考にしてください。

ウォーターサーバーで作る白湯がおすすめの理由|白湯の作り方

ウォーターサーバーとは

世界の中でもレベルの高い水道水の質を誇る日本では、家庭にウォーターサーバーを置くのは一般的ではありませんでした。しかし、最近では健康や安全への志向が高まりで、より質の高い水を手軽に利用できるウォーターサーバーを導入するご家庭も増えてきています。

大きなボトルやタンクの水をセットすれば、いつでもボタンやレバーひとつで冷水・温水が使用できる便利な給水・給湯機器で、水は天然水から浄水までさまざまなチョイスがあります。ウォーターサーバーについてメリット・デメリット、どういう人が使っているのか、流行の白湯ダイエットをウォーターサーバーで成功させる方法、おすすめのウォーターサーバーランキングなどをご紹介しますいまいちよくわからず、迷ってしまうウォーターサーバー選びの参考にしてください。

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバーには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか? まずは簡単にまとめます。

メリット①:安全でおいしい水

ウォーターサーバーの水は、各メーカーがこだわっています。特定の水源から採水した天然水、またはRO水と呼ばれる0.0001ミクロンの超微細孔のフィルター:RO(Reverse Osmosis)膜を通し人工的に作られた浄水から選べます。また、水はろ過・加熱など処理、厳しい衛生管理のもと、ペットボトルやプラスティックタンクにボトリングされるので、新鮮で衛生的と言えます。

さらに、各社、水の味にもこだわりを持っているので、天然水の場合には好みの美味しい水に出会える確率が高いです。徹底的に不純物をとりのぞいた水がRO水で、衛生的ながらも天然のミネラルが含まれるので、味にこだわりたい人は天然水のほうがおすすめです。

メリット②:使いやすさ

ウォーターサーバーは据え置きの給水湯機器で、水を冷たくする機能と水をお湯にする機能がついています。サーバーにセットしたボトルから、ボタンやレバーひとつで水またはお湯をいつでも使えます。いちいち冷蔵庫を開けなくても、冷水をすぐに飲めるし、その水はペットボトルで買う水と同じです。また、少量のお湯を使いたい時、例えばお茶を飲みたい時なども、ボタンやレバーですぐにお湯が出るので、やかんか電気ケトルでわざわざ沸かす必要がありません。

メリット③:手間がかからず、お得

ウォーターサーバーは高価だとか贅沢なイメージがあるかも知れませんが、一度に大量の水を買うので、ペットボトルで買う水よりも安くなる可能性が高いのです。ペットボトル500mlは、スーパー・コンビニでは100円前後で、ウォーターサーバーに使う水は12L入りのボトルで1500円~1800円くらいです。ウォーターサーバーの水の方が、3割ほどお得になると言えます。

また、いちいち水を買いに行ったり、まとめ買いして家まで運んだりするよりも、ウォーターサーバーに使う水を宅配してもらう方が、重い物を持って運ぶ手間がかかりません。忙しい人にとっては、買い物の時間の節約にもなる場合もあります。

デメリット①:場所が必要

ウォーターサーバーは以前に比べコンパクトにはなりましたが、据え置きのための場所の確保が必要です。床置きタイプが一般的ですが、メーカーによっては卓上置きタイプもあります。幅30cm、奥行40cmくらいが平均的で、高さは床置きタイプで100~130cm、卓上置きタイプで50~60cmくらいが主流です。それぞれのご家庭のスペースにあったタイプを選びましょう。

デメリット②:電気代がかかる

ウォーターサーバーは冷水とお湯が出るので、冷却・加熱機能がついています。そのため、電気が必要になります。電気代は、電気ポットの1~1.5台分と言われていますが、最近ではさらに節電タイプも出てきています。ただ、電気ポットはお湯しか出せませんが、ウォーターサーバーは冷水もお湯も出ます。電気代がかかっても上記のメリットをとるかどうか、それぞれのご家庭の優先順位で考えてみてください。

ウォーターサーバーは美容やダイエットにもいい

実は、ウォーターサーバーは水の美味しさや便利さなど上記のメリットに着目した人だけでなく、美容健康に興味がある人に人気です。その理由を探ってみましょう。

スキンケア化粧水として

市販のスキンケア化粧水の中には、純水=添加物の入っていない水や温泉水などミネラル成分が多い天然水を主成分にした製品が数多くあります。また、徹底的に不純物を取り除いたRO水は、他の水よりも浸透力が早いので、肌へうるおいを与えるのにもいいのです。

ウォーターサーバーを利用する人の中には、スキンケア化粧水の代用にウォーターサーバーの水を使う人もいます。100円ショップなどで売っている小さな霧吹きボトルにウォーターサーバーの水を入れて、持ち運びも可能なスキンケア化粧水として使うそうです。スキンケア化粧水を買うよりもお得です。また、ペットボトルの水を買う手間がなくなるので、より頻繁に水分補給が可能です。また、毎日ウォーターサーバーから水の補充を気軽にできるので、安全で新鮮な水を使えることもお肌にいいです。

より気軽で安全なセルフセラピー(ハーブティー・フラワーレメディ)

セルフセラピーのひとつとして、自宅でハーブティーやフラワーレメディを活用している人も増えています。ハーブティーは専門店も増えて、様々な種類が手に入りやすくなりました。また、フラワーレメディは花から採取したオイルをお湯に入れて飲むセルフセラピーのひとつですが、このオイルも今ではドラッグストアなどでも簡単に手に入るようになりました。それぞれ美肌やリラックス効果など目的に合わせたものを、自分でセレクトできます。

このようなセラピーに熱心に取り組む女性にとっても、ウォーターサーバーは気軽に取り組むためのひとつのアイテムになっています。安全な水を毎日好きなだけ使えるだけでなく、ボタンひとつでお湯も出るので、思いついた時に気軽に飲めるのがいいところです。

継続できる水ダイエット

水を飲むことは、健康や美容にいいとはわかっていても、なかなか継続してできないものです。それは、水の用意が面倒なことが一番のネックになっているのではないでしょうか。飲み水はペットボトルの水を利用するのが一般的になっていますが、買い物の時間や持ち運びの手間を考えると、ついつい“頻繁に飲む”、“習慣的に飲む”ことを無意識のうちに避けてしまうこともあります。ウォーターサーバーの水は安心であるのはもちろん、宅配が基本なので、大幅に手間が省けます。すると、意識的に水を飲むことを習慣にしやすくなります。

たとえば、「食事前にコップ一杯の水を飲む習慣」によって、ダイエットに成功した人はたくさんいます。また、「1日に2リットルの水を飲む」ことで体重減少を実現できた人もたくさんいます。しかし、水をたくさん飲むダイエットでは、気をつけなければいけないポイントもいくつかあります。

・水ばかり飲んで痩せようとすると栄養不足に陥る
・一気に大量の水を飲むのは胃腸に負担がかかる
・よく冷えた冷水ばかり飲むと、冷えやむくみの原因になる

このような問題点を解決するために、ウォーターサーバーを効果的に使うことと流行の白湯ダイエットを組み合わせるで、さらに効果的な水ダイエットができるのをご存知ですか?ここからは、その最新ダイエットとウォーターサーバーの有効利用についてご紹介します。

流行の白湯ダイエットを成功させるウォーターサーバー

白湯(さゆ)ダイエットとは?

白湯(さゆ)とは、50~60℃のお湯のことを言います。継続的に白湯を飲むことで無理なくダイエットしていく方法です。白湯ダイエットのポイントは、「継続的に」白湯を飲むことで、最低でも1か月継続しなければ、効果が見えにくいと言われています。

白湯ダイエットの効果

冷水を飲む水ダイエットの問題点を解決できる「白湯ダイエット」の効果は、以下のようになります。

・胃腸が温まり活発に活動するようになり血行が良くなるので、新陳代謝が活発になる
→冷えやむくみの原因を解消
→白湯(さゆ)は一気に飲みにくいので、少しずつ頻繁に飲む習慣に繋がる
→水の選び方で、ミネラルの補給も可能

また、新陳代謝が活発になることは、脂肪を燃焼しやすくなることを意味しているので、基本的な体質も痩せやすい、太りにくい体質につなげられます。

ウォーターサーバーの白湯がおすすめの理由

基本のやかんでの白湯の作り方

白湯ダイエットを成功させるポイントは「継続」ですが、そのダイエットに欠かせない白湯を作る基本的な方法は、とても時間がかかるのです。やかんに水を入れ火にかけて、沸騰したら弱火にして10分くらい沸騰させ続けます。充分に沸騰させたら、火を止めてそのまま冷まし、50~60度ぐらいまで温度が下がるのを待たなければいけません。

やかんのお湯を冷ますのにかかる時間ですが、一般的には室温が25℃の場合で100℃のお湯を放置すると、60℃までお湯が冷めるには約20分、50℃まで冷めるには約40分かかると言われています。基本のやかんでの白湯の作り方で普通の水の煮沸と違うところは、10分間沸騰させる点です。やかんで白湯を作るのには、水そのものは限定されていないので、この10分間の煮沸は水の不純物を取り除くためと殺菌のためと考えられます。

継続できるウォーターサーバーを使った白湯の作り方

基本の白湯の作り方では、手間と時間がかかることがわかりました。これは継続的な白湯ダイエットで心が折れてしまう原因にもなりがちです。しかし、ウォーターサーバーでつくる白湯ならば、もともとの水が安全で衛生的なので煮沸での殺菌などの手間が省けるし、冷水とお湯がボタンひとつで出るので簡単に作れます。

ウォーターサーバーでの白湯の作り方

ウォーターサーバーでの白湯の作り方は、2通りあります。ミネラルウォーターかRO水を使っているので、煮沸での殺菌の必要はありません。

① ウォーターサーバーでは、だいたい80~90℃くらいのお水がボタンやレバーひとつで出てきます。このお湯をカップに入れて、そのまま自然に50~60℃くらいに冷まして白湯をつくります。15分ほど置いておけば大丈夫です。
※煮沸にこだわりたいのであれば、一部のメーカーのウォーターサーバーには、再加熱機能があるもののあるので検討してみてください。

② 急いでいる時には、カップに注いだお湯に冷水を加えて、簡単に温度調整をすれば、すぐにダイエットにも向く白湯ができます。

ウォーターサーバーのミネラルウォーターの特徴

ダイエットのための白湯が、ウォーターサーバーで簡単に作ることができるのがわかりました。これは白湯ダイエットを継続するためのポイントです。さらに、ウォーターサーバーでは水の質にこだわった選択もできるので、ダイエットに有効に活用できるでしょう。大きく分けてウォーターサーバーにセットできる水は、ミネラルウォーターとRO水に分けられます。

ミネラルウォーターはミネラル補給

ウォーターサーバーの水には、採取地にこだわった天然水のミネラルウォーターがいろいろあります。ミネラルウォーターには、さまざまなミネラルが豊富に含まれているので、それを上手くダイエットにも活用したい人も多いでしょう。ここではウォーターサーバーに使えるミネラルウォーターの代表的な成分とその特徴をまとめます。自分の目的にあったミネラルが含まれている水をウォーターサーバーにセットすれば、相乗効果があります。ダイエットだけでなく、美容や健康にもいいので、幅広い人におすすめです。

・バナジウム
ダイエット中の人に一番おすすめしたいミネラル成分は、バナジウムです。血糖値、コレステロール、中性脂肪を低下させる効果が期待できます。継続して摂取することで、体の中から太りにくい体質に改善していくことが可能です。

・亜鉛
亜鉛は、タンパク質や炭水化物の代謝に必要なミネラルです。亜鉛の摂取により、活性酸素の活発化が期待できるます。動脈硬化の防止や抜け毛防止など、アンチエイジング効果が高いミネラル成分です。

・シリカ
シリカは、シワを軽減する効果があると言われています。体内でコラーゲンを作るのに必要なミネラル成分がシリカなので、シワとの関係があるのです。また、綺麗な爪や髪の毛の維持にもコラーゲンが必要なので、ダイエット中に悩みがちな美容に関連する効果が高いのです。ダイエット中に悩みがちな肌や髪の毛に効果があるのは、嬉しいです。

・有機ゲルマニウム
体内に老廃物が蓄積されるのはと、美容にも健康にもよくないこと良く知られています。老廃物を体内から排出するには、活性酸素の活発な働きが重要です。ミネラルウォーターに含まれる有機ゲルマニウムは、活性酸素と結びついて排出作用を活発にするミネラルなので、積極的な有機ゲルマニウムの摂取は美容・健康効果が高いと言えます。

ミネラルが多い水=硬水

ミネラルが多く含まれた水は、一般的に「硬水」と言われます。ヨーロッパに多い天然水のタイプで、基本的には日本の水は「軟水」と言われています。それゆえに、日本人のばあには、体が硬水に慣れていなく、一度に大量に硬水を飲むと下痢などの症状が一時的に出る人もいます。その場合には、飲む水の量を調節しながら、少しずつ硬水に慣れていきましょう。

また、一般的に赤ちゃんに与える水(ミルクに使う水を含み)は、ミネラルが未発達の赤ちゃんの消化器への負担になってしまう可能性が高いのです。日本の天然水であれば、ミネラル含有量が少ない軟水なので問題ないとはいわれていますが、せっかく選択の幅が広いウォーターサーバーなので、少しでも安心な水を選びたいところです。赤ちゃんに必要なミネラルは、粉ミルクに入っている分で十分です。

ウォーターサーバーのRO水の特徴

RO水は浸透性が高い

RO水とは、RO膜といわれる、わずか0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターを通して、徹底的に不純物を取り除いた水です。RO膜は、環境ホルモン(ダイオキシンなど)、重金属類、塩素、細菌やウイルスなども取り除いてしまうほどのろ過力で、ろ過された水は「純水」とも言われます。また、その膜の目の細かさから、水に入っているミネラルさえも除去してしまいます。不純物・ミネラル成分の少ない水は、その清潔さから透析に使われることもあります。また、ミネラルもほぼないので、水が柔らかく、体への吸収率は高いのも特徴です。

ミネラルが少ない=軟水

RO水のようにミネラルが含まれていない、または含有量が少ない水を「軟水」といいます。ご家庭で使う際には、料理に利用すると味が際立つと言われています。ミネラルも除去された医療にも使われるほどの衛生的な水は、もちろん赤ちゃんのミルク用の水にも適しています。RO水は、全くの無味になってしまうので、一部のメーカーではRO水に味の安定のために、少量のミネラルをあとから人工的に添加したROミネラルウォーターを販売しているところもあります。

美容にいい白湯が作れる安心のウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーの利便性と使う水の特徴から、美容にいい白湯を作れる、ミネラルウォーターのウォーターサーバーをご紹介します。

フレシャス

グッドデザイン賞を受賞しているスタイリッシュなウォーターサーバーは、見た目だけでなく、そのミネラルウォーター自体の女性人気も高いです。選べる水の中でも、「FRECIOUS朝霧高原」は、日本のミネラルウォーターの中では高いミネラル含有量を誇り、ダイエット中の白湯にぴったりです。また、味のある白湯の方が好みの人にもおすすめです。また、女性に優しい配慮があり、水の入れ替えがサーバーの下の方でできるのは嬉しいポイントです。

コスモウォーター

初期費用・ボトル配送料・サーバーレンタル料が「0円」になるプランもあるコスモウォーターは、まず初めのお試しウォーターサーバーとしてもおすすめです。選べる水の「日田の誉」はミネラル量が多いので、白湯ダイエットを成分からサポートしてくれます。モンドセレクション金賞を受賞した水の味にも定評があり、白湯ダイエットも続けられそうです。

サントリー南アルプスの天然水

国内有数の酒類・清涼飲料水メーカーの天然水は、やはり圧倒的な安心・信頼感があります。比較的安価に設定された価格だけでなく、初期費用・サーバーレンタル料・メンテナンス料を「0円」で利用できるプランや期間限定のキャンペーンも豊富に展開しています。是非一度チェックして、白湯ダイエットに利用しましょう。

赤ちゃんの白湯にも安心のウォーターサーバーランキング

赤ちゃんにも安心の白湯を作れるウォーターサーバーは、ミネラル分の少ないRO水をおすすめします。
また、ミルクを作る時、お湯はあまりにも高温だとミルクの成分を破壊してしまいます。そういう意味でも、ウォーターサーバーのお湯70~80℃はちょうどいい温度で、しっかり粉を溶かす上に、栄養分も壊しません。おなかのすいた赤ちゃんにタイムリーに、白湯から栄養価の高い美味しいミルクをつくれます。

クリクラ

あまり見かけない、ウォーターサーバーの無料の試用期間が用意されているので、初めての人でも気軽に試すことが可能です。宅配水のパイオニアともいえる会社で、全国各地に工場を持ち、水の新鮮さには定評があり、赤ちゃんのミルクの白湯にも安心して使えます。清潔にウォーターサーバーを使うために、年に1回綺麗なサーバーに交換してくれるサービスも注目です。

アルピナウォーター

日本アルプスの天然水をRO膜に通した衛生的な水です。他メーカーよりも大きめのボトルでの販売もしているので、大家族や赤ちゃんがいて白湯に料理にと水の使用量が多いご家庭にもおすすめできます。購入ノルマがないので、欲しいときに欲しい分だけオーダーできるのもいいところです。お得なキャンペーンも頻繁にしているので、チェックしてみてください。

アクアクララ

宅配水マーケットですでに10年を超える実績を持つアクアクララは、安定した品質と安全性を優先した「RO水」を使っています。赤ちゃんがいるご家庭向きの「べビアクアプラン」もあるので、簡単に白湯を作ってお得に便利に活用しましょう。ダイエットにアクアクララの白湯を活用したいけど、水の味が薄いと感じる人は、少量のはちみつや生姜入りの白湯にしてみるのもいいのはないでしょうか。

ウォーターサーバーの白湯は様々な用途で活用できる!

あれば便利なウォーターサーバーですが、いろいろなメーカーから様々なタイプのサーバーが選べるうえに、水の特徴も考えると、なかなか決められません。ダイエットにも赤ちゃんにも、健康にも美容にも…欲張りたくなる気持ちを抑えて、一番に優先したいウォーターサーバー導入の理由から、どれにするのかを決めるのがいいのではないでしょうか? 使い始めると、ウォーターサーバーの利便性、白湯の作りやすさに驚きます。是非、ウォーターサーバー選びの参考にしてください。

Related