Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月11日

【メーカー別】ウォーターサーバーの交換方法・交換が簡単なサーバー

ウォーターサーバーのボトルの交換方法やウォーターサーバー本体の交換方法についてまとめてみました。気になる各メーカーごとのボトルの交換と本体の交換費用など、ウォーターサーバーを導入する前にチェックしておきたい情報も満載です。

【メーカー別】ウォーターサーバーの交換方法・交換が簡単なサーバー

ウォーターサーバーの交換方法

最近では、サーバーレンタル料や初期費用、配送料が無料で利用しやすいことから家庭でもウォーターサーバーの関心が高まっています。

ウォーターサーバーの難点はボトルの交換方法やウォーターサーバー本体の交換方法です。特にウォーターサーバーのボトルの交換方法はウォーターサーバーを選ぶ際の決め手ともなるでしょう。

ウォーターサーバーのボトルの交換方法

ウォーターサーバーのボトルの交換方法は2種類あります。下部に取り付けるタイプの『足元で交換するタイプ』。上部に取り付けるタイプの『軽量ボトルタイプ』と、最近ではこの2種類の交換方法が主流です。

今まで上部に取り付けるタイプのボトル交換は男性でも女性でもヨイショと持ち上げなければならない物でボトルの交換が大変でした。しかし、最近のウォーターサーバーは、今までが12リットルが主流でしたが、6、8リットルとボトルの軽量化が進んでいるため、無駄な力は不要となってきています。

ウォーターサーバーの本体の交換方法

ウォーターサーバーが突然故障してしまったり、年数が経って異臭がする、メンテナンスが必要と判断された場合は、ウォーターサーバー本体を交換する方法もあります。ウォーターサーバーも機械なので、当然年数が経てば壊れてしまいます。ウォーターサーバーの本体を交換する場合は、各ウォーターサーバーメーカーに問い合わせてみるといいでしょう。

メーカー別のウォーターサーバーの交換方法

ウォーターサーバーのボトルの交換方法をメーカー別にまとめてみました。それぞれウォーターサーバーのボトルの場所が違うので、ウォーターサーバー選びの参考にしてくださると幸いです。

コスモウォーターのボトル・本体交換方法

【コスモウォーターの基本データ】
・初期費/レンタル/メンテナンス/配送:無料
・ボトルの種類:ワンウェイタイプ
・ボトルの交換位置:下部
・ウォーターサーバーの交換:通常使用範囲内であれば無料

コスモウォーターは『楽々サーバー』という種類のウォーターサーバーがあります。コスモウォーターのボトル交換位置は、足元タイプです。足元にあるタイプは年々増えてきてはいますが、コスモウォーターが人気なのは軽量化かつボトルの交換位置が足元にあることでしょう。女性や力の弱い高齢者でも扱いやすいと評判です。ウォーターサーバー本体の交換は、通常使用範囲で故障した時に無料で交換してくれます。しかし、利用者の通常使用範囲外で故障した場合は、実費を負担しなければなりません。

フレシャスのボトル・本体交換方法

【フレシャスの基本データ】
・初期費/レンタル/メンテナンス/配送:無料
・ボトルの種類:ワンウェイタイプ
・ボトルの交換位置:上部
・ウォーターサーバーの交換:交換手数料として5,400円が必要。

フレシャスはどのインテリアにも合うようなおしゃれでシンプルなデザインが人気のウォーターサーバーメーカーです。デザインだけでなく、天然水がおいしいと評判でもあります。フレシャスのボトルの交換方法は、7.2リットルの軽量化ボトルの為女性でも高齢者でも持ち運びやすいのが特徴です。

しかも、ボトルではなくパック形式なので使用した後は小さく折りたたんで捨てることができます。ウォーターサーバーの本体の交換には、交換手数料がかかってしまいますが、基本水代だけでの利用なので、さほどコスパは気になりません。

クリティアのボトル・本体交換方法

【クリティアの基本データ】
・初期費/レンタル/メンテナンス/配送:無料
・ボトルの種類:ワンウェイタイプ
・ボトルの交換位置:上部
・ウォーターサーバーの交換:利用年数によって手数料負担

クリティアは有名な産婦人科が認めたという実力のあるウォーターサーバーメーカーです。これから子育てをするというお母さんにも人気がでています。クリティアのボトル交換方法は、上部にあります。ただし、ボトル軽量化がされていないので、通常の12リットルボトルが送られてきます。

そのため、女性や高齢者には少々ボトルの交換は大変でしょう。ボトル自体はワンウェイ方式なので、使用後は小さくなって通常の資源ごみとして捨てることができます。ウォーターサーバー本体の交換は、利用年数によって手数料が異なるので、詳しいことはメーカーに聞いてみると良いでしょう。

サントリーウォーターサーバーのボトル・本体交換方法

【サントリーウォーターサーバーの基本データ】
・初期費/レンタル/メンテナンス/配送:無料
・ボトルの種類:ワンウェイタイプ
・ボトルの交換位置:上部(胸辺り)
・ウォーターサーバーの交換:欠陥がない時の交換費が6,000円~12,000円(税抜)

サントリーウォーターサーバーは、有名飲料会社であるサントリーが提供しているウォーターサービスです。CMでもおなじみの南アルプスの天然水をいつでもウォーターサーバーで楽しむことができます。使用する時の温度調整が4段階付いているので、状況に応じて適した温度で使用できます。

ボトル交換位置は、上部で胸辺りです。身長が低い人でも簡単に交換ができます。ボトル自体も7.8リットルと軽量化されているので、女性や高齢者への配慮もしっかりしています。ウォーターサーバー本体の交換方法は、欠陥があった場合には無償で交換してくれます。しかし、欠陥がない場合は交換費がかかるので、注意しておきましょう。

うるのんのボトル・本体交換方法

【うるのんの基本データ】
・初期費/レンタル/メンテナンス/配送:無料
・ボトルの種類:ワンウェイタイプ(静岡除く)
・ボトルの交換位置:上部
・ウォーターサーバーの交換:サーバーの種類を変更する際は5,400円必要

うるのんは13万人が利用しているウォーターサーバー界では知る人ぞ知るウォーターサーバーメーカーです。天然水は2種類から選べるのはもちろん、ウォーターサーバーのカラーもブラック・ブルー・ピンクの3種類から選べるのが嬉しいポイントです。ボトルの交換方法は、上部にあります。

通常の12リットルで重いので、女性や高齢者が交換するには向かないでしょう。ガロンボトルではないので、そのまま資源ごみとして捨てることができます。ただし、静岡県のみガロンボトルが使用されているので、注意しましょう。ウォーターサーバー本体の交換は、利用者都合でのサーバーの種類を交換したい時に5,400円かかります。

クリクラのボトル・本体交換方法

【クリクラの基本データ】
・初期費/レンタル/配送:無料
・メンテナンス:5,000円(年)
・ボトルの種類:ガロンボトルタイプ
・ボトルの交換位置:上部
・ウォーターサーバーの交換:5,000円(年に1度サーバー回収でメンテナンスを行う)

クリクラはCMでもおなじみのウォーターサーバー界では有名なウォーターサーバーメーカーです。水はクリクラオリジナルのクリクラボトルで天然水ではありませんが、おいしいと評判です。

ボトルの交換は12リットルと通常の大きさですが、軽量化のキュートボトルタイプもあるので女性でも簡単に交換できます。ただ、ガロンボトルタイプなので、自宅にボトルを保管するスペースを必要とします。

ウォーターサーバーの本体の交換は、年に一度のサーバーメンテナンスで5,000円と費用がかかりますが、必ず新品同様の状態で返ってくるので、コスパとしては悪くないでしょう。

富士の湧水のボトル・本体の交換方法

【富士の湧水の基本データ】
・初期費/配送:無料
・レンタル料:1,543円
・ボトルの種類:ワンウェイボトルタイプ
・ボトルの交換位置:上部
・ウォーターサーバーの交換:代理店でのサービス点検を行っている。

富士の湧水はCMでもおなじみのイワタニが提供しているウォーターサーバーサービスです。水の宅配を始めたのもイワタニなので、ウォーターサーバー界の先駆者ともいわれています。ボトルはワンウェイ方式なので、捨てるのは資源ごみでOKです。

従来の12リットルと女性でも持ちやすい8リットルタイプがあります。ウォーターサーバー本体の交換は自動洗浄機能が付いているので、心配ないと書かれていましたが、それでも不安な人は代理店のサービス点検を利用しましょう。

ウォーターサーバーの交換時期

ウォーターサーバーの本体はどのくらいの時期で交換したら良いのでしょうか。答えとしては、週に1回、年に1度でもいいので、定期的なメンテナンスを行うことです。万が一故障してしまった場合は、各メーカーとも無償で交換してもらえることもあります。しかし、多くは手数料や交換費がかかるので注意が必要です。また、利用者の都合で機種を変えるなどの手続きをした場合も、交換費用はかかります。

交換が簡単・楽なおすすめのウォーターサーバーは?

ボトルの交換が楽で女性でも扱いやすいのは、総合的に見て、『コスモウォーター』が良いでしょう。理由としては足元にウォーターボトルの交換部分が付いているからです。ウォーターサーバーの大半は交換部分が上部にあります。そのため、12リットルの重いボトルを持ち上げるのは女性でも、高齢者であっても大変です。

コスモウォーターはそんな女性でも高齢者でも扱いやすく、ボトル自体も軽量化なので数秒間頑張れば交換がしやすいところが着眼の良い点といえるでしょう。また、コスモウォーターの良い点は、天然水が選べるというところです。富士の天然水、古都京都の天然水、日田の天然水とラインナップも充実しています。口コミにも「料理や紅茶、コーヒーにも合うので、満足しています」との声が多かったです。

コスモウォーターはボトルの交換がとても楽ですが、フレシャス、サントリーウォーターサーバー、クリクラ、富士の湧水は12リットル以下の軽量化ボトルを採用しているので、水の交換位置が気にならないようでしたらこの5つがおすすめです。

ウォーターサーバーの交換は楽なほうが良い

ウォーターサーバーを利用している人から声として多いのがボトルの交換やボトルの交換位置です。いくらおいしいお水が飲めるといえど、ボトルの交換がいつも大変では続けられないでしょう。特に高齢者の方は力が出したくてもうまく出せずにケガをする恐れが考えられますので、上部のウォーターサーバーを利用するよりも、コスモウォーターのような下部の位置が良いのです。

ウォーターサーバーの多くは、大きな床置タイプのウォーターサーバーが一般的ではありますが、そんなに消費量がないという家庭なら、卓上タイプのウォーターサーバーもありますので、チェックしてみるといいでしょう。コスモウォーターだけでなく、女性でも持ちやすいような軽量化ボトルも登場しているので、ウォーターサーバーメーカーを色々と比較してみて選んではいかがでしょうか。

Related