Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月20日

一人暮らしのインテリアを考えるコツ8つとテイストの種類6つ

一人暮らしをしている部屋のインテリアは充実していますか。一人暮らしの部屋は空間などが窮屈なため、そこから問題がいろいろと出てきます。その問題を解決し住みやすい空間を作りましょう。この記事では一人暮らしのインテリアに関するコツやテイストなどをご紹介します。

一人暮らしのインテリアを考えるコツ8つとテイストの種類6つ

一人暮らしはインテリア次第で良くも悪くもなる

一人暮らしのインテリアを考えるコツ8つとテイストの種類6つ

一人暮らしのインテリアには特段こだわる必要があります。インテリアは好きな家具を好きな位置に配置するだけでいいと思われますが、一人暮らしこそインテリアの配置次第で部屋の雰囲気が変わり使いやすさも違ってきます。

何気なく使いやすい位置に並べるのも1つのインテリア方法ですが、部屋の間取りやカラーなどこだわりを見せるのも1つのインテリア方法です。

使いやすいだけじゃないインテリアをしてみてはいかがでしょうか。

一人暮らしのインテリアのコーディネートのコツ8つ

一人暮らしのインテリアを考えるコツ8つとテイストの種類6つ

ひとり暮らしをするときに意外と悩まされるのがインテリア方法です。

一人暮らしをするとなると狭い部屋をいかなる方法で活かすか、収納問題をいかにして解決するか、などいろいろあります。そこで一人暮らしをするという方におすすめのインテリアのコツを8つおすすめします。

コツ1「コンパクトな家具で生活動線を確保する」

一人暮らしをするためのインテリアのコツは、コンパクトな家具による生活動線の確保です。

一人暮らしをするときに借りる住まいは狭い、または部屋数が少ないのが一般的です。面積が狭い、または部屋数が少ない場合、部屋を広くそして使いやすさを重視してコンパクトな家具でインテリアをしましょう。

インテリアはおしゃれだけを重視するのではなく実用性も重視しましょう。狭い部屋だからこそ実用性のある部屋作りが大切です。

コツ2「低い家具で部屋を広く見せる」

一人暮らしの部屋を広く見せるコツは「低い家具で部屋を広く見せる」ことが重要です。一人暮らしの方の住まいがすべて狭くはないでしょうが、狭い部屋の方におすすめのインテリアのコツです。

狭い部屋に背の高い家具を置くことで部屋を圧迫し、さらに狭く感じさせます。また狭く感じさせるだけでなく、部屋を有意義に使うことができなくなります。

狭い部屋は低めの家具を利用して広く感じる空間を作りましょう。

コツ3「収納力のある家具を取れ入れる」

狭い部屋に住んでいると困るのが衣類や小物類の収納です。どうしても狭い部屋だと置く家具の大きさや家具自体の数が限られて、上手に収納できなくなるということが多くなります。特に女性の場合は男性に比べて持ち物が多いので、狭い部屋に住んでいると必ず直面する問題です。

そこで問題を解決できる方法は収納力のある家具を取り入れることです。収納力の家具を取り入れることで収納に関する問題は解決できます。

コツ4「高低差で奥行感を生み出す」

狭い一人暮らしの部屋を広く見せるにはインテリアによって作り出すことができます。

低い家具を置いて広い空間を作ると前述しましたが、低い家具だけだと広さは感じますが、奥行きのない寂しい部屋となってしまいます。その問題のおすすめ解決策が高低差を作ることです。

高低差は狭い一人暮らしの部屋にとって必要なインテリアです。高低差だけで広い空間作りと奥行きのある空間作りができます。

コツ5「アソートカラーを統一させる」

一人暮らしのインテリアを楽しむためのコツはアソートカラーが重要となってきます。

アソートカラーは部屋を綺麗に見せるだけでなく、おしゃれに見せる効果もあります。ただシンプルなベースカラーをメインとした部屋作りよりも、部屋そのものにこだわるならおすすめです。

家具などだけでインテリアを楽しむだけでなく、カラーを駆使して住みやすく楽しい部屋作りをしましょう。

コツ6「アクセントカラーで楽しむ」

一人暮らしのインテリアでカラーを楽しむらなアクセントカラーも忘れてはいけません。アソートカラーをインテリアとして取り入れるならばアクセントカラー重要となっております。

アクセントカラーを上手く使いこなし一人暮らしの楽しい日々を送りましょう。

コツ7「組み換えや拡張が出来る家具を選ぶ」

一人暮らしにおすすめの家具選びは、組み換えや拡張のできる家具を取り入れることです。

一人暮らしをしているとインテリアにこだわりすぎて実用的でなかったり、サイズが小さかった、などの問題が起こります。そこで将来のことを考え、サイズ変更が可能な家具を購入しましょう。   

家具にはいろいろ拡張できたり、サイズ変更のできるものがあります。ただしステンレスラックはあまりサイズ変更がしにくいのでおすすめしません。

コツ8「メンテナンスが出来る家具を選ぶ」

家具は壊れたら買い替えると言うイメージのありますが、一人暮らしだからこそメンテンスができるものが必要となります。

一人暮らしにおいて、インテリアにこだわるのが楽しみの一つですが、壊れてしまうとインテリアに少し違和感ができ、買い替え費用も掛かります。ですが、メンテンスができる家具ならばそういった心配事やお金のかかる問題になりません。

家具を買うならばメンテナンスできる家具を選びましょう。

一人暮らしをするなら読んでおくべき1冊

ご紹介する1冊は「一人暮らしの教科書」です。

「一人暮らしの教科書」は一人暮らしのインテリアの基本から一人暮らしに必要なインテリアだけじゃない情報も載っていて、一人暮らしを始める方は絶対に読んでおきたいおすすめの1冊です。

この本を読んでおくとインテリアだけじゃなく一人暮らしで困ったときに対応できるようになります。

一人暮らしをしようと考えている方は、一人暮らしを始める前に読んでおきましょう。

インテリアにおけるテイストの種類6つ

一人暮らしのインテリアを考えるコツ8つとテイストの種類6つ

一人暮らしのいい所はインテリアが自分のしたいようにこだわることができることです。

こだわりは人によっていろいろあり、そのこだわりが実現しないと正直ストレスを感じますが、そんなストレスのない自分の好みに作り上げましょう。

インテリアは家具のデザインでなく、家具やデザインでテイストを重視することで自分らしいインテリアを楽しめます。

そこで、おすすめの6つの種類のテイストをご紹介します。

種類1「北欧」

一人暮らしにおすすめのテイストは今流行りの「北欧」です。

北欧テイストとは主にマリメッコといわれるデザインを使ったもので、マリメッコは大きく描かれた花や動物などかわいらしいデザインのものとなっています。

北欧デザインの家具は基本ベッドカバーやカーテン、チェアークッションカバーなどが多く扱われています。

北欧デザインは個性的で魅力的なテイストなのであなたらしい北欧テイストでインテリアを楽しみましょう。

種類2「ナチュラル」

「一人暮らしをするなら自然な落ち着いた空間作りをしたい」という方にはナチュラルなテイストのインテリアをおすすめします。

ナチュラルテイストのインテリアは他のテイストのように縛られることがなく自由にテイストに選ぶことのできるので、幅広い種類の家具から選ぶことができます。

ナチュラルテイストは自然や部屋の雰囲気を活かし、あまりこだわりたくないという方におすすめのテイストです。

種類3「シンプル」

自然な雰囲気ではなく限られたもので生活したいという方はシンプルなテイストでいきましょう。シンプルというのはモノトーンに近いテイストで限られた少ないカラーやデザインでインテリアを楽しみます。

シンプルなテイストはナチュラルテイストと同様に、家具を選ぶ範囲が広くなって、より自分だけの部屋作りができます。

部屋のカラーやデザインにこだわりがない方にはシンプルなテイストがおすすめです。

種類4「モノトーン」

簡単にオシャレを楽しみたいという方はモノトーンなテイストがおすすめです。モノトーンテイストは黒と白の家具を選び、自分らしく黒と白の配色を行うことで簡単に完成します。

ただし、モノトーンは黒と白しか使わないので暗い部屋になってしまったり魅力のない部屋となる可能性がありますので、黒と白の配色には注意が必要です。

モノトーンテイストのおすすめは家具が黒と白の配色に多く縛られないので、自由にできる点です。

種類5「ガーリー」

一人暮らしのインテリアを考えるコツ8つとテイストの種類6つ

おすすめのテイストは女の子らしい雰囲気を楽しめるガーリーテイストです。

女性なら1度はお姫様のようなインテリアにしてみたくなること間違いなしです。そこで一人暮らしを満喫するためにしてみたかったガーリーテイストを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ガーリーテイスト系の家具は多くあるので家具選びも悩むことなく選ぶことができます。

種類6「ヴィンテージ」

一人暮らしにおすすめのテイストはヴィンテージです。ヴィンテージはひそかに人気のあるテイストで一人暮らしを初めて始めるような若者も好んでテイストに取り入れています。

ヴィンテージテイストの家具などはあまり売られていませんが、雑貨屋さんやヴィンテージ家具など扱うお店に行くと、ヴィンテージアイテムを多く取りそろえることができます。

少し渋めのヴィンテージを試してみてはいかがでしょうか。

一人暮らしのインテリアをうまくまとめましょう

一人暮らしのインテリアを考えるコツ8つとテイストの種類6つ

一人暮らしをすテイストだけを意識するのではなく、空間の上手な使い方や使いやすい家具を配置するなど上手くまとめて、住みやすい環境作りをしましょう。

部屋はあなた自身であり、あなたを映し出すものです。自分が気に入る外見だけではなく、使いやすいインテリアを目指しましょう。

その他のインテリアに関する内容も見てみよう

一人暮らしを始めるのなら、インテリアに関するその他の内容を見ることをおすすめします。

インテリアには答えや正解がありません。あなたが正解だと感じるものが正解となりますので、いろいろな知識を吸収してあなた自身の正解を見つけ出しましょう。

Related