Search

検索したいワードを入力してください

シーリングライトの取り付けの工事の費用・取り付け方法

初回公開日:2018年01月13日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

シーリングライトを取り付けるためには、取り付けるための器具が必要になります。また取り付けるための天井の強度についても考えておく必要がありますので、それらを考慮したうえでシーリングライトのデザインや機能がご自分の求めているものと最も近いものを選びましょう。

シーリングライトの取り付けの工事の費用・取り付け方法

シーリングないのも取り付け工事の費用には

お部屋のインテリアをおしゃれに演出してくれるシーリングファンですが、取り付け工事にはいったいどのくらいの費用や価格がかかるのかといったことが気になるところでしょう。

シーリングファンやシーリングライトを取り付けるための工事費用は、およそ3000円10000円前後から程度が相場となっています。

ただし、吹き抜けになっているお部屋といった、天井に高さがある場合や天井の高さが3m以上と高さがある場合には、追加料金がかかる場合があります。また、現在取り付けられている証明の撤去費用のほか、天井に強度が足りない場合には、補強工事といった費用が必要になる場合もあります。

業者の方に依頼する前に、天井の高さや天井の強度について、あらかじめご自分で調べておけば、おおよその費用がかかります。

いろいろな業者に見積もりをしていただいて、最も手ごろな価格で信頼のおける業者の方にお願いしましょう。

シーリングライトがのわけ

シーリングライトは、取り換えるだけででお部屋のインテリアの雰囲気をがらりと変えることが可能になりますので、DIYがとなっている現在では大変が高いです。

また、シーリングファンは取り付けただけでお部屋の外国風に変えられるため、シーリングライトと同じくがあります。それでは、シーリングライトやシーリングファンは取り付け工事にどの程度の費用が必要になり、購入される場合にはどの程度の価格になるのでしょうか。

また、自分で取り付ける方法にはどういった手順によって行えばよいかについてお話ししましょう。

シーリングライトの価格

シーリングライトの価格は、シンプルなものでおよそ5000円前後と購入しやすい価格となっています。デコレーションや凝ったデザインでないタイプのシーリングライトでも、調光機能や調色機能が付いているタイプのものだと、8000円から10000円、ブランドのものだと20000円程度が相場となります。

アンティークのものといった、デザイン性の高いシーリングライトの場合には、20000円から80000円前後と高額な商品もあります。

シーリングライトには、価格帯やデザインによってもいろいろなタイプから選べますので、ご自分の好みやお部屋のインテリアに合ったデザインや価格のものを選んでみてください。

シーリングライトを購入する前に、メーカーやサイズを調べておき、なるべくであればお店へ行って実際の大きさや取り付けた感じを確認してから購入しましょう。

シーリングファンの価格

シーリングファンの相場は、シーリングファンとほぼ同じと考えて良いでしょう。シーリングファンのデザインがシンプルなものであれば、価格はおよそ10000円前後が相場となっています。

デザインやブランドにこだわるのであれば、20000円から80000円前後が相場となっています。シーリングファンのデザインや回転を切り替えられるものなのかどうか、風量は調節できるのかどうかといった機能についてもよく調べておき、納得のいくシーリングファンを選びましょう。

シーリングライトにLEDをする理由

シーリングライトの寿命は長く10年以上返還の必要はないということです。蛍光灯が 13000時間程度であるのに対し、LEDシーリングライトは40000時間程度も寿命が長い、という理由が挙げられます。

またシーリングライトは、以前は高価なものでありましたが最近は購入がしやすく、電気代は蛍光灯の 1/2と省エネにもなるということでがあります。LEDライトは蛍光灯に比べると 3倍ほど寿命が長く、長期間ランプの交換が不要です。

蛍光灯は、一回の点灯につき1時間ずつ寿命が短くなりますが、LEDのライトは点灯の回数で寿命が短くなるということはありません。また蛍光灯と違い発熱して火傷してしまうという心配もなく、明るさや色を変えられるというのも魅力の一つです。

LEDシーリングライトの価格帯は

LEDシーリングライトの寿命は、蛍光灯の3倍以上で 1日8時間以上点灯したとしても 13年以上と長期間交換の必要がありません。

以前のLEDのシーリングライトは価格が高いものがほとんどでしたが、現在ではだいぶ購入しやすい価格となり、安価なもので6000円台から購入可能です。高いものでも 20000円から 30000円程度で購入可能で、電気代が安上がりなため、省エネの意味でも LEDシーリングライトに買い替える方が増えています。

LEDシーリングライトは蛍光灯に比べその寿命は 10年以上と長く、交換が不要なうえに電気代も蛍光灯の約半分と、大変お安くなっています。

電球の色について

電球には、電球色、昼白色、昼光色にわかれています。電球色は、白熱電球の場合光の色が赤みがかっており、昼白色は電球に比べ明るく、太陽の光に近い自然な色合いをしています。昼光色は光の色が青みがかっているのが特徴です。

シーリングライトを取り付ける前に

シーリングライトを取り付けたい場合には、いくつかの確認事項があります。まずシーリングライトを取り付けたい天井に、配管器具が付いているかどうかを確認しておきましょう。

配管器具が付いていないという場合には、新たに電気工事をする必要があります。またシーリングライトには、延長パイプと呼ばれる天井とをつなげるパイプがありますので、その長さについても考えておかなければいけません。

シーリングライトを設置する場所は、ベッドの真上といった、もしも落ちてきてしまった場合に危険がない場所を選んでください。

そのほか気をつけなければならないのは、天井に傾斜が付いている場合にはシーリングライトを取り付けられない場合があります。どうしてもシーリングライトを取り付けたいというのであれば、販売店で相談をしてみましょう。

シーリングライトとその他の照明器具と組みあわせることのメリット

シーリングライトを取り付けるためには、シーリングライト本体と配線工事費、シーリングライトの取り付け費用、また電気料金がかかります。

配線工事には、照明器具のほかにも家電全体に対して発生します。そのため、ライトの配線にはなるべく多くスイッチをつくった方が消費電力を抑えられるでしょう。

リビングルームの場合には、ほかの照明器具も利用して、スイッチを 3個から4個作っておくことによって、ライトを使ったムード作りも可能になり、スイッチを切り替えることによって消費電力の節約も可能となります。

シーリングライトとは

Related