Search

検索したいワードを入力してください

掃除や片付けのやる気が出ないときのやる気になる方法・やる気スイッチ

初回公開日:2017年08月09日

更新日:2018年01月19日

記載されている内容は2017年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

何らかの原因で掃除や片付けに対してやる気が起きない方のために、やる気がでる方法などをご紹介していきます。そして、なぜやる気がでないのか、更には掃除や片付けをすることで得られる嬉しい効果も紹介します!内容を参考にしてやる気を出して活力を取り戻しましょう。

掃除や片付けのやる気が出ないときのやる気になる方法・やる気スイッチ

掃除や片付けのやる気の上げ方とは

基本的には、毎日行うであろう掃除。掃除に対しては、嫌いな人や嫌いではないけど苦手意識を持っている方もいるのではないでしょうか?そして、「ふっと掃除やろう!」とやる気がみなぎるときや、反対にやる気が出なくて掃除をサボってしまうなんてこともあるでしょう。

そんな掃除に対して日頃からやる気がでないときの、やる気の上げ方をご紹介します。今後、掃除しなくてはいけないけれど、やる気が出ないときに、ぜひ参考にしてください。

音楽でやる気を出す

動画サイトYouTubeには、掃除や片付けのときに聴くとやる気が出てくるような音楽がアップされています。そのような自分自身がやる気が出るような音楽をかけてみてはいかがでしょうか。好きな音楽でも良いと思いますので聴き流しながら掃除や片付けに取り掛かるとやる気が出てくるでしょう。

音楽は、自分自身が楽しさを感じられるのならどのような系統の音楽でも構わないでしょう。オススメなのは、テンポの良い曲です。テンポに合わせてノリノリの気分で掃除や片付けをすれば、サッサと終わらせることができるでしょう。

下記のリンクは、YouTubeにあった音楽です。試しに聴いてみてはいかがでしょうか?

掃除にやる気を出す名言

掃除や片付けなどについて、数々の名言が残されています。いつ誰が言ったかは分かりませんが、それだけ、昔からやる気が上がらない人がいたということです。名言を知って、それでやる気が上がるか上がらないかは自分次第ではありますが、少しでも、「やらなくちゃ!」と思っていただければ幸いです。

サイトから一部抜粋しています。他の名言などは、サイトをご覧ください。

掃除や片付けのやる気をアップさせてくれる名言を3つ紹介します。

・「部屋の乱れは心の乱れ、心の乱れは生活の乱れ、生活の乱れは家庭の乱れ、家庭の乱れは人生の乱れ」
誰がこのようなことを言ったのかは分かりません。しかし、イコールで繋げてみると、「部屋の乱れ=人生の乱れ」ということになります。重みのある言葉です。

・「金持ちは金を貯め、貧乏人は物を貯める」
確かにそうかもしれません。こちらもなかなか心に突き刺さるものがある言葉だと感じます。

・「掃除は借金の返済に似ている。遅らせると利息がついて額が膨らみ返済しづらくなる」
こちらもグッとくるものがあります。利息はいわば埃や汚れの事だと思います。それだけ掃除をサボり、遅らせていたら余計に汚くなって後々大変になってしまうということなのでしょう。

やる気を出すことで得られる効果がある

めんどくさがって掃除をやりたがらない人もいるとは思いますが、掃除をしないで部屋を汚くしていると、それだけで運気が下がってしまうと言われています。運気アップの他にも「掃除をすることで得られる効果」が実はあるんです。さて、どのような効果なのでしょうか?

効果1 モテる!

お部屋を掃除して綺麗になれば、モテるということはよく言われていることだと思います。部屋が汚ければ、それ相応に身なりなどにだらしなさや汚らわしさが表れてきます。そういう方は、普通に考えたらモテるわけありません。部屋が綺麗になれば、おのずと自分自身にも磨きがかかります。清潔感がある人の方が、相手には好印象になるはずです。また、部屋が綺麗だと、気になる人を家に招くこともできるので一気に距離を縮めるチャンスが狙えます。

これらが掃除をすれば、「モテる」と言われている理由です。モテたい方は意識して部屋を綺麗にしたり、自分自身を磨くなどすれば、その効果が出てくることでしょう。

効果2 時間を無駄にしないで過ごせる

部屋が汚い人は、いらないものでも捨てきれずに残している方が多いです。部屋に物があふれ、整理整頓されていなければ、使いたい物がどこにあるか分からないということが起きてしまいます。

日頃から整理整頓し、掃除や片付けをしておけば、何かを探すときにもどこに何があるかがすぐに分かります。逆に整理整頓の行き届いていない部屋では、必要なものを探す時間がかかってしまいます。一回一回は短い時間でも、積もり積もれば、膨大な時間をロスしてしまうことになるのです。

時間を無駄にしたくないという方は、まずは掃除や片付けをしてスッキリさせましょう。どこに何が置いてあるのかも分かりやすく表記しておけば、一目瞭然です。そして、今まで無駄にしていただろう時間分を有効的に活用してください。

効果3 お金が貯まる

まずは一度、部屋を一気に綺麗に一掃してみます。そうすると、綺麗な部屋をまた汚したくないから、おのずとあまり物を買わないようにしようという意識が出てくるでしょう。そうすれば、無駄なものを買わなくなるので必然的にお金を使うことが減ります。

実際、部屋が綺麗な人は無駄なものはできるだけ買わないようにしていると言います。お金が無いよりはあった方が良いはずですから、「お金が貯まる」と思うと掃除や片付けに対するやる気が出てくるのではないでしょうか?

掃除のやる気スイッチ ON・OFF

いざ、掃除や片付けを始めようと思っても、そう簡単には行動には移せない人もいらっしゃるのではないでしょうか。掃除のやる気スイッチをONにするには、どうすればよいのでしょうか。

掃除のやる気をアップさせるには、少しでもテンションが上がる道具を買いそろえるのがいいでしょう。例えば、可愛いものやオシャレなものが好きなら、お掃除道具を可愛いものやオシャレなものにしてみたりするといいかもしれません。機能的なものが好きならそのような道具を使うといいですね。掃除や片付けをするときに楽しい気分になるように工夫をしてみましょう。嫌々やるよりは、楽しい気分でやった方が良いはずです。

汚部屋の掃除のやる気が出ない要因と対策

掃除は「いつか始めよう」、「そのうちやろう」と思って、先へ先へと先延ばししてしまう人もいるかもしれません。そうなってしまう原因というのは、いくつか種類があるようです。

まず1つは「疲れ」が原因です。日頃仕事などで心身ともにお疲れモードの方は、プライベート空間を掃除しようという余裕が生まれません。特に掃除が苦手な人はなおさら掃除から遠のいてしまいます。また、「掃除よりやるべきことが多い」場合も掃除をするやる気を起こす余裕がなくなってしまいます。その他にも「目標や希望などを失っている」場合も掃除に対するやる気が起きないでしょう。

やる気を出す対策とは

お疲れモードの方は、まずは心や体の休息が必要です。まず冷静に客観的に自分自身の今を考えてみましょう。なぜ今自分が疲れているのか、自分を見つめ直してみましょう。やる気が起きず、無気力になっているのは、体が「休んでほしい」とサインを送っているのです。「休みたい」というのは、健康的な体を維持するために大切な欲求です。疲れた体に鞭を打って掃除をしても、更に疲れが溜まってしまいます。まず、休息をとり、気力が満ちてくるのを待つのも大切です。

やることが多すぎるという方は、まずはやるべきことを整理してみましょう。やるべきことをすべて書き出し、期限や優先順位をつけると良いでしょう。掃除もリストの中に入れておき、いつも目にするところに置いておけば、時期が来れば掃除に着手することもできるでしょう。

最後に、目標や希望を失っている方は、まずは行動パターンを変えることが大切です。とにかく何でも構わないので、いつもとは違うことをやってみましょう。視野を変化させることで、見えてくるものがまた違ってきます。

遠くを見つめ、冷静に考えてみるなりしてみて心を整理しましょう。それでもつらさを感じるならば、まだまだ休息が必要です。

気持を切り替えてリフレッシュしよう

掃除や片付けのやる気が出ないときのやる気になる方法・やる気スイッチ

掃除や片付けでやる気を出すための方法や、原因などを紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

やる気をだそうと思っても、そう簡単にはいかないと思いますが、ちょっとでもやる気を出して掃除を始めると、段々とやる気が出てくることでしょう。初めの一歩が一番大変です。小さな一歩でもいいので、始めやすいように工夫をしてみましょう。部屋が汚ければ汚いほど、運気も下がりますし、良くないものを引き寄せてしまいます。

今の現状で、心身ともにお疲れの方はまずはリフレッシュしましょう。掃除どころではない方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は、少しゆっくりしてから体力・気力の回復を待ちましょう。その後に掃除や片付けをすると、更にリフレッシュできることでしょう。綺麗な部屋で活力ややる気に満ち溢れた生活をしていってほしいと願います。

Related