Search

検索したいワードを入力してください

調味料の収納アイデア|シンク下/引き出し/ラック/100均/diy

初回公開日:2017年09月12日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2017年09月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「みんなは、どんな風に調味料を収納しているんだろう」「どうやったら使いやすくなるかな」なかなか、人のお家でも見ることができないキッチン部分ですが、調味料の収納のあれこれを、詳しくまとめてみました。便利なアイテムやDIY情報有。あなた好みの収納に変えましょう。

調味料の収納アイデア|シンク下/引き出し/ラック/100均/diy

調味料のシンク下の収納方法

シンク下の収納でお困りの方は多いのではないでしょうか。棚がなかったり、奥が深かったり、何かと不便で、物を詰め込んでしまいがちです。ですが、少しのアイテムできれいで使いやすく大変身します。また、自分の使いやすいようにアレンジできるのもメリットです。では、どのようなアイテムを使えばいいのかご紹介します。

棚のないシンク下の場合

まず、棚がないシンク下の場合は、伸縮性の棚を入れるのがおすすめです。伸縮ができるので、自分のお家にあったサイズの収納棚に早変わりです。棚の高さも変えられるので、下の段には、お鍋や、醤油、酒、みりんなど重く、背の高い調味料などを収納できます。上の段には、かごを置き、塩コショウや、コンソメ、粉末お出汁など、細かい調味料を収納することができます。

こちらのタイプは、もともと引き出し付きで、こまごました調味料の小瓶の収納にもぴったりです。レールもついているので、奥に入れた調味料も取り出しやすく便利です。奥のものが取り出しやすいという事は、すなわち片付けもしやすいという事です。

収納の基本、使ったら元に戻すという作業がしやすいので、片付けが苦手なずぼらさんにもおすすめです。手前には、よく使う調味料、奥にはあまり使わないものや、ストック調味料を収納するようにしましょう。

引き出しに収納

サイズが合えば、引き出し式の収納をそのまま、シンクの下に入れてしまうのもおすすめです。無印良品のものは、サイズも豊富で、重ねて使うこともできるので、必要な分だけ買い足せるので人気です。

写真の商品のような、横幅の広い商品だけでなく、化粧品収納などに適していそうな、横幅の狭い商品もあります。それなら、細かい調味料の収納にもぴったりです。また、お箸やフォーク、スプーンなどのカラトリー収納にも便利でしょう。

無駄なくスペースを有効活用するには、横幅よりも、奥行きぴったり合うものを選ぶのがいいでしょう。横幅が広く、物がごちゃごちゃしやすい場合には、100円均一などで売っている仕切り板で仕切ると使いやすくなります。

文房具用品で調味料収納

「なんとか、シンク下をきれいに使いやすく収納したいけど、棚を買うほど予算がない」という方におすすめなのが、文房具用品のファイルボックスです。これなら、100円均一でも手に入るのでお手軽です。手前に引き出せば、何が入ってるか一目瞭然なので、買い忘れにも便利です。

ボックスごとに、調味料、洗剤類、ストック用品など、ラベリングし、分けることによって、一層使いやすくなります。また、ファイルボックスは、お皿の収納にも適しています。お皿を縦に並べることによって、倒れることもなく取り出しやすくなります。

ファイルボックスの上に突っ張り棒を渡せば、キッチンペーパーや、ラップ、アルミホイルなどが収納できます。

調味料の引き出しでの収納方法

「引き出しがあると、収納しやすそう」と思いませんか。ですが、「意外と引き出しが多くてどこに何をしまえばいいかわからない」「引き出しのサイズに調味料が収まらない」など、困った悩みも出てきます。そんな時に便利なアイテムをご紹介します。

引き出し収納をする上でおすすめしたいのは、ずばり調味料の容器を入れ替える事です。入れ替えると言っても、いろいろな空き瓶に入れ替えるなどはNGです。統一性のある同じ容器に調味料を入れ替えることによって、サイズが均一になり、引き出しにキレイに収納できるようになります。

また、密閉容器なら乾燥も防げるので一石二鳥です。上にラベルを貼れば、引き出しを開けただけで、どこに何があるか一目瞭然です。透明の容器なら、残量も確認でき良いこと尽くしです。

上のような調味料ラベルも販売されてるので、引き出しの中でも、おしゃれに収納できます。また、ExcelやWordで手作りするのも流行っています。お家にあった調味料のラベルが作れるのももちろんですが、世界に一つだけのラベルで愛着がわきます。

引き出しにもファイルボックス

「仕切りがなく雑然とした引き出し」これでは、取り出してもどこに戻せばいいか迷ってしまいます。「片付けの基本、使ったものは元の位置に戻す」が、なかなか実行できそうにない引き出しです。そんな引き出しも、ファイルボックスできれいに収納できます。before↑/after↓

乾物やつめかえて入りきらない調味料の袋物も、ファイルボックスで立てて収納することにより、倒れず見やすくなります。また、ファイルごとに、液体調味料、粉もの、缶詰など分けれて見やすく使いやすい収納になります。

調味料のラックへの収納方法

日ごろ料理をしていて、調味料類をシンク下や引き出しに収納していると、「すぐ使いたいときに使えなくて不便」と感じることも多いのではないでしょうか。特に、毎日3食料理をされる方や逆に料理が苦手な方は、すぐに手が届くラック収納がおすすめです。

棚で収納

このような収納ラックなら、目の前に調味料があるので、料理下手さんでも慌てずお料理が作れます。2段になっているので、下にはお砂糖や、お塩などよく使う調味料は大きい容器で置いておけます。

木製の収納ラックなら、温かみのある、ぬくもり溢れるキッチンに早変わりです。何気ないマグカップを、ただ置いておくだけでも、おしゃれなインテリアアイテムにまります。

突っ張りラックで収納

突っ張り式のラック収納なら、高を変えられるので油や水はねの心配も減ります。また、コンロやシンク周りのお掃除の時に、いちいちどかさなくていいので、お掃除がしやすいのもポイントです。また、フックを取り付ければ、調味料だけでなく、お玉や、フライヤーのどをひっかけて収納できる商品が多いのも魅力です。

キッチンワゴン

「引き出しは開け閉めで使いづらいし、棚は汚れが気になる」という方にお勧めなのは、キッチンワゴンです。ちょっとした隙間に収納できる薄型タイプもあり、シンクの高さと合わせれば、料理の作業スペース確保にもなります。

また、ローラー付きで使いたい場所に移動できるのも便利なポイントです。調味料だけでなく、2Lのペットボトルが下段に収納できるタイプが多く販売されているので、災害時の非常飲食のストックにもおすすめです。

100均の商品でできるキッチンの調味料の収納方法

ホームセンターやインエリアショップより、身近で手ごろに便利な収納グッズがそろう100円均一です。「100円なら失敗してもまあ良いか」とついつい、いらないものまで買ってしまいがちです。

調味料を入れるかえる容器や、こまごました調味料にピッタリなかごなど、様々なものが売られています。そこで、どんな商品を使えば、可愛く、キレイで、使いやすいキッチンになるのか見ていきましょう。

粉もの調味料の、入れ替え容器

一昔前の100円均一は、カラフルなアイテムが目を引いていました。ですが、今ではモノトーンのアイテムも多く、目に見える場所に置いてあっても、インテリアになじむアイテムが多く販売されています。上の写真のように、かわいい形の瓶に粉もの調味料を詰め替え、自分でラベルを作るのもおすすめです。

シンプルなアイテムを選び、統一することによって、100円以上の高級感が出ます。マグネットでくっつく小物ケースに、調味料を入れて、壁に貼り付ける収納もあります。

こちらは、四角いので、引き出し収納に隙間なく入れられると人気のセリアの調味料入れです。モノトーンなのもポイントが高いです。

かごに収納

こちらのかごは、無印用品風で大人気のダイソー商品です。シンク下の棚に並べても使えます。半透明なので、透明よりもさっぱり片付いたイメージを保てます。わざわざ、調味料を入れ替えなくても、透けて見えないので初心者の方にお勧めです。

液体調味料も入れ替え

油や醤油など、液体調味料は開けたては特に重くて、料理をするときに使うのも一苦労ではないですか。ワンタッチキャップつきのオイルボトルに、液体調味料を入れ替えることによって、手軽に使えるようになります。

ワイヤーネット

両面テープ式のフックに、ワイヤーネットを引っ掛けて収納する方法です。ワイヤーネット用のかごや、フックも別で販売されているので、それを引っ掛け、調味料や、キッチン用品を収納できます。

色やサイズもいろいろあり、自分のお部屋にあった物を選べるのもポイントです。フック、ワイヤーネット、かごすべて100円均一でそろえられるので、簡単に始められます。また、木などと違いほこりや油汚れが気になったら、丸洗いできるのも魅力的です。

調味料のdiy収納アイデア

今流行りのDIYで、調味料収納の作り方を簡単にご紹介します。ホームセンターや100均で買ったアイテムを組み合わせ、思い思いの調味料収納棚を作っています。DIYすることによって、自分の使い勝手のいい高さや、持っている調味料の量にピッタリなサイズにリフォームできます。

色を塗り替え、お部屋の雰囲気に合った棚にできるのでおすすめです。電動工具が必要ない、簡単なDIYもご紹介します。

ディアウォール

普通の板材を組み合わせて作ると、壁に固定しなければいけないので賃貸には不向きです。ですが、ホームセンターなどで手に入るディアウォールを使えば、2×4材(板)をはめ込めば、たちまち柱に早変わりです。

上の写真の右側の棚の柱の上下についているのが、ディアウォールです。中には、バネが入っているので、突っ張り棒のような原理で止まってくれます。これを左右に立てて、あとは好きな高さに板を取り付ければ棚の完成です。

棒状のものを取り付ければ、タオル掛けや、ペーパータオル掛けも好きな高さに設置できます。また、色を塗ればお好みの雰囲気のキッチンにできるのもポイントです。

すのこ

すのこを使えば、棚が水平になっているか気にする必要なしです。左右に同じサイズのすのこを足が内側になるように並べ、足の木材の部分に棚となるすのこを乗せるだけで完成です。軽いものを乗せるだけなら、木工用ボンドでくっつけるだけでOKです。

「調味料を乗せるだけの、キッチンの幅に合うような、細いすのこなんて売ってるのか」と思うかもしれませんが、2枚のすのこを買ってきて、一枚目は柱用に、2枚目は棚用として切って、お好みでサイズにカットし調整して使用することができます。

棚を2段以上にすることで、強度もあがります。また、壁にそのまますのこを取り付けて、S字フックや、かごなどを引っ掛け、その中に調味料を収納する方法もあります。一緒にグリーンを引っ掛けている方も多く、緑と木の風合いでカントリー調のキッチンになります。

こちらも、好きな色でカントリー調にも男前インテリアにもなるので、こだわりのキッチンにしたい方におすすめです。

扉をつけるには

扉をつけるには、フォトフレームが役立ちます。ここでは、フォトフレームの後ろ側は使用しません。外枠を使用します。好きな取っ手をつけ、フォトフレームに元からついている透明の板に、ガラスシートなどを貼れば出来上がりです。

小さいフォトフレームの側面をボンドで止め、何枚か張り合わせて一つの扉にするのも人気です。DIY女子に人気の100円均一セリアには、中がアルミ板のフレームや、ネットのフレームなどもあるので、おすすめです。扉をつけることによって、買ってきたままの統一性のないパッケージの調味料なども隠せるので便利です。

棚だけでなく、こだわりたくなったら

DIYで自分好みの棚を作って、可愛い容器に入れかえてラベルを作ってなどしていると、気になってくるのが壁や棚や引き出しの色です。そこでおすすめなのが、インテリアシートです。100円均一でも売っています。レンガ調や木目調、コンクリート調、タイル調などなど色々あります。

今では、いろんな種類のインテリアシートが売られています。作った収納棚に合わせて、自分好みのインテリアシートを張ってみましょう。壁紙や引き出しが変わるだけで、がらりと雰囲気が変わります。剥がせるので賃貸でも安心です。

調味料のストックの収納方法

「調味料を使いやすく、詰め替えたはいいけど入りきらない」「もう少しでなくなるから買い足したけど、定位置はいっぱい」そのようなストック調味料はどこにしまっていますか。パントリーがあればそこに収納できますが、そんなお家ばかりじゃないのが現実です。良い収納方法がないか探ってみましょう。

シンク上の棚の活用

取り出しにくく、使わなくなってしまうものが多くなりがちなシンク上の棚です。そんな所にこそ、普段使わないストック調味料を保存しておきましょう。一緒に、疲れているときに便利なレトルト食品やカップ麺などもしまっておいても良いでしょう。

上の写真のような、取っ手付きの収納ボックスなら、取り出しやすくて便利です。このようなボックスも、粉もの調味料類、チューブ系調味料、レトルトなど分けてくと更に取り出しやすいです。ただし、頭上でのストックなので、重い調味料や缶詰には少々不向きなのが難点です。

すきま収納

冷蔵庫横のちょっとした隙間にぴったりな収納棚です。キャスターがついているので、出し入れが自由です。安いからと買っておいた調味料ですが、なくなると思って買い足したら、ダブってしまったなんて事も多くないですか。これなら、引き出しや扉もないので、ストックのある調味料と、ない調味料が一目瞭然です。

お買い物前にチェックすれば、買うものがすぐ把握できます。また、これだけ高さの収納量があれば、箱買いしたペットボトルや、収納場所に困るミキサーなども置いておけてるなど、使い方の幅が広がります。

かごで収納

「ワンルームで、シンク上の収納もないし、新たに収納家具を買うのもちょっと」という方には、かごでの調味料ストックがおすすめです。ここで重要なのは、決められたかごに入るだけの調味料ストックしか持たないことです。

かごに入らないからと、違う所にしまったり置き始めると、どこに何があるか把握しづらくなります。また、お部屋の散らかる原因にもなるので注意しましょう。今は、便利な世の中なので、コンビニや24時間スーパーに買いに行けると割り切りましょう。

かごの中身が見えてしまう場合には、上の写真のように布などをかけて目隠しするとお部屋ともなじみます。

調味料の冷蔵庫への収納方法

キッチン周りだけでなく、ドレッシングや、マヨネーズなど意外と要冷蔵の調味料は多いものです。最近では、小麦粉や片栗粉など、粉もの調味料も冷蔵庫に収納した方がいいと言われています。何かとかさばる調味料たちを、使いやすく、取り出しやすい収納にするためのアイディアをご紹介します。

やっぱり便利、詰め替え収納

こちらのように、すべて詰め替えて収納することにより、無駄なスペースがなくキレイ収まっています。また、ラベルを付けることで、何がどこにあるかすぐ分かり、取り出しやすくなっています。すべて統一することで、見た目もスッキリ、来客時にあけても恥ずかしくない冷蔵庫に仕上がります。

チューブ収納

無印用品の便利グッズ、フック式クリップです。100円均一のセリアでも、同様の商品が売っています。無印用品と似ているとあって、品薄なところも多いので、見つけたら即買い間違いなしです。

ドアポケットにそのまま入れてしまうと、倒れて邪魔になるわさびなどの小チューブ調味料ですが、写真のようにつるして収納することで、倒れて邪魔になる心配がなくなります。また、フック式なので、左右に移動できるのはもちろん、好きな段に引っ掛けておけるのもポイントです。

こちらの商品は、クリップじゃないので、更に出し入れがしやすく便利です。こちらも、ドアポケットに引っ掛けて収納するタイプです。5本まで収納できるので、一般的によく使うわさび、生姜、からしその他に2本入るので、どのご家庭でも重宝されるでしょう。

こちらも、100円均一で似たような商品が多数販売されています。お好みの色や形のものを探してみてはいかがでしょうか。

かごを使って

写真のように、かごを使うことによって瓶の調味料なども使いやすくなります。引き出して使えるので、「詰め込みすぎて忘れてた」という事も少なくなります。また、パン食用かご、ご飯食用かごと分けて収納するのも人気です。

パン食用には、バターやジャム、ハムやチーズを収納します。ご飯用には、お漬物、鮭フレークなど、瓶詰めのご飯のお供を収納しておきます。忙しい朝ごはん時も、カゴごと取り出しテーブルに用意すれば、一気に必要なものが揃うのでおすすめです。

また、こちらの写真では、一番上の棚の幅を調整して、背の高い調味料を収納しています。だし汁や、タレ、ドレッシング各種など、家族の好みに合わせて買っているとどんどん増えていきます。「ドアポケットに入りきらない」という方にお勧めです。

マヨネーズ収納

「マヨネーズやケチャップなど、ふたを上にして収納すれば安定はいいけど、少なくなると中身が出てこない」かといって、ふたを下にして収納すると、「倒れて邪魔」そのようなお悩みを解消するのがこのグッズです。ふたを下にしたまま立てて収納できます。100円均一でも、似たような商品が販売されています。

吊り収納

この商品のように、上の棚に引っ掛けて収納するアイテムもありました。これなら、棚の高さ調整で無駄が出たスペースにも活用できます。引き出しタイプなので、奥のものも取り出しやすいので便利です。

収納を見直してみよう

調味料収納を見直してみることで、使いやすいキッチンに早変わりします。今まで、適当に収納していた人も、置き方、入れ方一つ変えるだけで、料理がぐっと楽になるでしょう。また、お気に入りの容器に入れたりラベルを変えることで、楽しく調理でき、お料理の味もワンランクアップするでしょう。

私たちの生活に、切っても切り離せない「食」です。少しでも使いやすく、少しでも楽しく毎日お料理出来たら幸せです。その第一歩として、ぜひご自分の収納を見直してみましょう。

Related