Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月14日

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ウォッカのコーラ割りのカクテルがあります。コーラの甘味とウォッカのアルコールがレモン果汁と一緒に上手にマッチしたおいしいカクテルです。作り方も簡単で、気軽にアレンジすることができます。今回は、ウォッカのコーラ割りについてご紹介していきます。

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ウォッカのコーラ割りのカクテルの作り方は?

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ウォッカのコーラ割はルシアン・コークと呼ばれています。作り方は簡単です。氷を入れたグラスにウォッカを入れ、コーラを足します。コーラの甘味が際立つカクテルです。炭酸を飛ばさないようにゆっくりとかき混ぜます。レモン果汁をプラスするのが定番です。グラスはコーラの強い炭酸を考慮して、タンブラーのようなロングタイプがおすすめです。ジョッキなどの大きめの容器に入れ、豪快に飲んでもよいでしょう。

割合などは?

ウォッカのコーラ割りはアルコール度数13パーセントほどになります。ウォッカの度数は40度なのでコーラで調整してください。レモンだけでなくライムやオレンジなどの柑橘類を絞るとさわやかな味がたのしめます。割合は、甘めのカクテルが好きな人はウォッカ45ミリリットルに対してコーラを90ミリリットルにします。甘くない味が好みであれば、ウォッカ45ミリリットルに対してコーラ60ミリリットルがおすすめです。

ウォッカのコーラ割りにおすすめのレシピは?

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ウォッカにコーラを足すだけの簡単カクテルには、柑橘系の絞り汁を足す飲み方がポピュラーでたいへん人気があります。コーラの甘味に酸味をプラスして、微妙なテイストをたのしみましょう。ウォッカのコーラ割りに果物や甘いシロップをプラスして風味を変えることもできます。桃やローズシロップなどがおすすめです。ウォッカのコーラ割りは、キンキンに冷やしたグラスで飲むとおいしくいただけます。

オレンジは?

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ウォッカとコーラのカクテルにオレンジの絞り汁を入れるとおいしくなります。割合は好みで自由に入れてください。例としては氷を入れたグラスにコーラ150ミリリットルと100パーセントのオレンジジュースを30ミリリットル、ウォッカも30ミリリットル入れます。オレンジかレモンのスライスを1枚入れると見栄えがよくなります。オレンジ果汁はジュースで代用してもいいですが、生のオレンジを絞っても香りよくできます。

ライムは?

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ウォッカとコーラのカクテルは、レモン汁の代わりにライム果汁を代用してもおいしく飲めます。ライムはレモンよりも酸味が少なく、独特の苦みと芳香を有しています。さわやかな香りはアルコールとの相性がよく、カクテルにピッタリの果実として有名です。

レモンは?

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

レモンとコーラの相性はとても良いです。飲食店でコーラを注文するとレモンが添えられてきます。黒いコーラと黄色の対比は見栄えもよく、ウォッカとコーラのカクテルに華を添えてくれます。レモンの持つ酸味と独特のよい香りが、ウォッカとコーラの飲み物をよりいっそうおいしく彩ってくれています。

ハリボーなどは?

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ハリボーとはドイツのグミの菓子のことです。グミは果汁などをゼラチンで固めた菓子で、ドイツ語でゴムという意味です。英語ではガムの形容詞でも呼ばれています。こどもの噛む力を養うために生まれた菓子です。日本で最初に発売されたグミはコーラ味の物です。クマの形が定番で、カラフルな一口サイズのグミは舌ざわりもよく、甘いフルーツの味が若者を中心にうけています。

ハリボーの食べ方のトレンドは炭酸漬けです。ハリボーを炭酸に漬けると膨らんで大きくなり、ゼリーのようにやわらかくぷるぷるとした食感になります。お酒に漬けてカクテルにして食べる方法もあります。色もきれいで甘い香りと味がカクテルにぴったりです。ハリボーを容器に入れ、ウォッカを入れて3日から5日寝かせます。コーラに漬けたハリボーをウォッカで割ってもおいしくいただけます。

ウォッカのコーラ割りの名前は?

ウォッカとコーラのカクテルはルシアン・コークと呼ばれています。ウォッカがロシアの飲み物なので、ロシアのという意味のカクテル名がついています。

ウォッカとは?

ウォッカにはいろいろな種類があります。寒い地方で作られている蒸留酒であるウォッカはアルコール度数も高く日本ではスピリッツに分類されています。大麦や小麦、ライ麦やジャガイモなどの穀物を原料として、蒸留後に白樺の炭でろ過して作るのが基本です。ウォッカは無味無臭無色です。フレーバーや香りづけがされているウォッカもあります。ウォッカの語源は水です。

現代のウォッカはほとんどが水で薄めて販売されています。ロシアではウォッカはストレートで飲むのが定番です。ロシア以外の地域ではアルコール度数が強いウォッカはカクテルの材料として存在しています。ポーランドではウォッカはミネラルウォーターや果汁で割って飲みます。ポーランドには少し癖のある昔ながらの製法のウォッカもあります。アルコール度数98パーセントのウォッカも存在しています。

ロシアのウォッカは?

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ウォッカはロシアの地酒に近い酒です。スミノフが代表的な銘柄です。スミノフはロシア皇帝も愛用したメーカーです。ロシア革命のときにアメリカに渡り、日本でも手軽に購入できるウォッカです。スミノフアイスというスミノフをベースとしたカクテル飲料も販売されています。アルコール度数は5パーセントほどです。

ウォッカのカクテルとは?

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ウォッカはストレートが本来の飲み方です。アルコール度数が高いウォッカは冷凍庫に入れてもカチカチなりません。瓶ごと冷凍庫で冷やして飲む方法もあります。ショットグラスに入れたウォッカを手の甲につけた塩や、レモンやライムをかじりながら飲む方法もあります。塩やビタミンCが喉を保護して悪酔いを防ぐといわれています。

ストレートのウォッカが苦手な方は水や炭酸割り、トニックウォーター割りで飲んでみてください。ウォッカにはソルティドック(グレープフルーツジュース、塩と割る)やスクリュードライバー(オレンジジュースと割る)など有名なカクテルがたくさんあります。

コーラとは?

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

コーラは有名なアメリカ生まれの炭酸飲料です。コーラの名はコーラの実からきています。コーラとはアフリカの熱帯雨林に生えているアオイ科の植物の総称です。高さ20メートルほどに育ちます。種子は赤く、コーラ・ナッツと呼ばれています。クリの実ほどの大きさをしています。実を少しずつ噛み砕いてたのしむ嗜好品です。アフリカでは客のもてなしに使われていました。

コーラ・ナッツは強い渋みがありますが空腹感を軽減させる効力があります。コーラ・ナッツは1から4パーセントのカフェインを含んでいます。イスラム文化圏においてコーラ・ナッツは唯一許可の下りた興奮剤だったため、交易に利用されました。コーラにはこのコーラ・ナッツのエキスが用いられています。

コーラの成り立ちとは?

コーラの実を使った炭酸飲料コーラは、ほろ苦い味コーラ・エキスを用いていました。現代ではコーラの実は使われていません。現代のコーラの主成分は砂糖やシトラス系の果実の皮のオイルやシナモン、バニラ、ナツメグ、ラベンダー、リン酸由来の酸味成分です。高濃度の果糖であるコーンシロップなどの甘味料も、コーラには添加されています。コカ・コーラはアメリカで1886年に発明されました。

コーラショックとは?

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ウォッカのコーラ割りの炭酸飲料が発売されています。それがコーラ・ショックです。独自の配合がされたコーラは、15種類以上の天然精油成分で作られています。炭酸も通常の1.5倍にすることで刺激的な味が実現しています。ウォッカのコーラ割りらしい飲みやすいテイストはしっかりほどこされ、のど越しの良い味が提供されています。

コーラとウォッカの相性は最高!

ウォッカのコーラ割りの作り方・おすすめのレシピ・名前|割合

ウォッカとコーラのカクテルは甘い炭酸で飲みやすく、お風呂あがりやスポーツあとに気軽に飲めると大人の味です。お好みでオレンジやライムの絞り汁を入れてさわやかに味わいましょう。ウォッカのコーラ割にいろいろなフルーツを入れてみるなど、さまざまなレシピに挑戦してみてください。

Related