Search

検索したいワードを入力してください

羽毛布団のコインランドリー・自宅での洗濯方法・頻度|洗剤

初回公開日:2017年11月30日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年11月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コインランドリーの洗濯機は比べ容量も大きく、乾燥機の設定温度も高いため、短い時間で簡単にお洗濯が可能です。羽毛布団はダニの温床になりやすいため、こまめなお洗濯を心掛けましょう。清潔なお布団は安眠の手助けにもなります。清潔なお布団で睡眠の質をアップさせましょう。

羽毛布団のコインランドリー・自宅での洗濯方法・頻度|洗剤

羽毛布団のコインランドリーでの洗濯方法

羽毛布団は軽く、保湿性に優れているため、特に寒い冬にはおすすすめのお布団です。睡眠中、人はおよそコップ1杯分から3杯分程度の汗をかくといわれています。冬場であっても夏場と同じく汗をかくので、なるべくこまめにお洗濯したほうがいいでしょう。

羽毛布団は、軽くデリケートなものですので、洗濯方法にはある程度注意が必要になります。コインランドリーで羽毛布団を洗うには、どういった洗濯洗剤を使い、どの程度の時間をかけたら良いか、またその費用についても併せてお話ししていきます。

お洗濯する前に

最近では、羽毛布団も素材や大きさに、いろいろなものがありますので、その中から生活に合ったものを選べるようになりました。以前の羽毛布団は、丸洗い不可のものがほとんどでしたが、最近は丸洗いOKの羽毛布団があ販売されるようになり、が集まっています。

羽毛布団を購入されたばかりの方の場合には、この洗えるタイプの羽毛布団ということになるでしょう。とはいえ、羽毛布団お洗濯する前には、洗濯可能なタイプのものなのかどうかを、事前にチェックしておきましょう。

コインランドリーでの洗濯のコツ

コインランドリーで羽毛布団をお洗濯する方法は、まず洗濯機の容量から注意が必要になります。洗濯機の容量は、だいたい7kgから8kg程度あれば洗えますが、羽毛布団をふんわりと仕上げたいのであれば、10㎏以上の洗濯機を利用すると、肌触りの良いものに仕上がります。

コインランドリーの店舗によって、7kg以下の洗濯機に羽毛布団を入れるのを禁止しているコインランドリーもあります。羽毛布団を入れる前には、洗濯機の予洗いをしておくと良いでしょう。

洗濯槽を予洗いする

コインランドリーの洗濯機の場合、直前に誰かが使っていたときには、前に使用された方の洗濯洗剤のにおいや、洗濯洗剤そのものが残っている場合があります。

洗濯槽は無料で洗えますので、においが混ざってしまうのは気になる方や、前の人が使用してからすぐ洗濯物を入れることに対して抵抗があるという方は、なるべく洗濯槽を洗ってから羽毛布団を入れると良いでしょう。

洗濯ネットを使おう

羽毛布団の生地の痛みを防ぐためにも、コインランドリーでお洗濯される時には、洗濯ネットにお布団を入れてから洗いましょう。

また、洗濯洗剤は粉末のものよりも、液状タイプのものを用います。粉末タイプの洗濯洗剤は、粉が残ってしまう場合がありますので、粉末洗剤をご利用になられる場合にはまず水で溶いて溶かしてから洗濯槽に入れましょう。

洗濯ネットへの入れ方と選び方

お布団専用の洗濯ネットは、100円均一でも売られていますが、週に一度は羽毛布団のお洗濯をしたいというのであれば、ホームセンターで1000円前後で売られていますので、そちらで購入された方が良いでしょう。

洗濯ネットは、筒状のタイプのものを選びになった方が、洗濯槽に引っ掛かることもなく、生地の痛みを防げます。羽毛布団を洗濯ネットに入れるときには、始めに三つ折りにたたんだあとに、洗濯ネットに入れやすくするために、丸めてから入れましょう。

羽毛布団の洗濯の洗剤・柔軟剤

コインランドリーで羽毛布団をお洗濯する場合、自動で洗濯洗剤や柔軟剤を入れてくれるところもありますが、コインランドリーに設置されている自動販売機で購入するか、ご自宅から持っていく必要があります。

羽毛布団を洗濯するには、中性洗剤を使いましょう。なるべくふんわりと仕上げるために、お洋服を洗濯する際に用いるおしゃれ着用の洗剤を使っても、ふんわりと柔らかくしあげられます。

ここで注意をしておきたいのは柔軟剤です。お洋服を洗濯するときのように、羽毛ことも柔軟剤を入れておけば弱ら各肌触りの良いものに仕上げられると勘違いされていらっしゃる方は多いでしょう。

ですが羽毛布団を洗濯するときに、柔軟剤を用いるのは厳禁です。柔軟剤を用いると、中の布団がべとべとになってしまうので、柔軟剤は使用しないでください。

羽毛布団の洗濯の頻度

お布団は毎日必ず使うものですので、なるべくこまめに洗濯をして、清潔さを保ちましょう。とはいえあまりしょっちゅう洗濯をするとかえって生地が傷みやすく、お布団の寿命を縮めてしまいかねません。

羽毛布団は高級品でもあり、放出性に優れていますので、「洗わない」という方も少なくありません。とはいえ汗はただの水とは違いますし、においも気になります。羽毛布団は決して安い買い物でもありませんので、長く使い続けるためにも、丁寧に洗濯をしましょう。

羽毛布団は、クリーニングに出すのが一番生地を傷めずにすむ洗濯方法ですが、クリーニングの難点はお蒲団のクリーニングは値段が高いということです。

羽毛布団をクリーンに乗り出すと、およそ5000円前後と高くつくので、洗い方にさえ気をつければ、コインランドリーで洗濯をした方が安価に洗濯可能です。

コインランドリーで洗濯するメリットは

クリーニングは、お店にお願いすると早くても1週間から2週間程度の時間がかかってしまいますが、コインランドリーを利用すれば、1時間から2時間程度で仕上げられます。

クリーニングにお出しするのであれば、金額的な面から言っても半年に一度、頑張っても2カ月から3カ月に一度が限度でしょう。コインランドリーに持ち込ものであれば、時間も早く済みますし、料金も洗濯機の容量にもよりますが1000円前後で済ませられます。

羽毛布団に限りませんがお布団は、ダニの住処に最適なものですので、1週間から2週間に一度、少なくとも1か月に一度は洗濯をしましょう。ご自宅で洗濯をする際は、1日では完全に乾かせませんので、午前10:00から午後3:00の時間帯に天日干し、2日から3日続けて行ってください。

羽毛布団の家での洗濯方法

ご自宅で羽毛布団を洗濯する場合には、洗濯機を使うよりも手洗いをした方が良いでしょう。羽毛布団を手洗いするときは浴槽を使います。

まず、水かぬるま湯を羽毛布団を入れた際に、お湯があふれ出さないよう半分程度入れておきます。羽毛布団は浴槽に入れる前にシャワーで表面の汚れを軽く落としておきましょう。

浴槽に入れたら足で揉み洗いをします。生地を傷めないように、やさしく洗うよう注意して下さい。羽毛布団を洗濯する際は、温度に注意しましょう。温度は40℃程度の低めのぬるま湯、または必ず水を使ってお洗濯して下さい。温度が高めのお湯でお洗濯してしまうと、羽毛同士がくっついて離れなくなってしまい、肌触りの良さが損なわれてしまいます。

洗濯機の容量に注意

ご自宅で羽毛布団を洗うのはなかなか大変です。ご自宅で羽毛布団を洗濯したいというのであれば、大きめの容量の洗濯機が必要になります。

洗濯機の容量が6kgあれば十分という方もいらっしゃいますが、無理に洗濯機に詰め込むと、洗濯機に羽毛布団の記事がひっかかってしまい、羽毛布団の生地を傷めてしまったり、洗濯機の故障や火災の原因にもなってしまいます。

お布団の空気を抜きましょう

ご自宅の洗濯機で羽毛布団を洗濯するには、まず洗濯槽に入れる前に羽毛布団の空気を抜いておきましょう。

前もって羽毛布団の空気を抜いておくことで、洗濯機に布団が入れやすくなり、引っ掛かりや生地の痛みを防げます。また、羽毛布団を洗濯機に入れる前には、羽毛布団を水またはぬるま湯で浸しておき、洗剤をぬるま湯でといて溶かしてから投入します。

脱水時の注意

容量が余っていても、羽毛布団と一緒に洋服や毛布を一緒にしてお洗濯されない方が無難です。毛布は毛布、羽毛は羽毛でお洗濯をしましょう。

また、ご自宅の洗濯機がドラム式の場合、ドラムの半分以上は洗濯物を入れないでください。あまりドラムの中いっぱいにに詰めてしまうと、ふんわりと仕上がりません。

またコインランドリーの店に行けば、注意書にもそういった注意書きがしてありますので、いっぺんにお布団をお洗濯しようとして、何枚も一度に洗濯槽に入れないでください。

ご自宅で洗濯する際のお布団の干し方

羽毛布団をご自宅で洗濯される場合には、生乾きに注意して下さい。生乾きのままにしておくと、カビの原因になってしまったり、湿気はダニの繁殖に拍車をかけてしまいます。

ご自宅に布団乾燥機があるお宅の場合には、乾燥機を利用して羽毛布団を乾かします。洗濯機には乾燥機付きのものが多いですが、洗濯機に備え付けられた乾燥機は、時間がかかるうえ、電気料金の心配もあります。

ダニは、60 ℃以上の温度で20分以上経過すると、死滅させられます。布団乾燥機は50 ℃以上の熱を加えてお蒲団を乾燥させられますので、ダニ対策の点からいえば、布団乾燥機が最方法です。

布団乾燥機も乾燥機付きの洗濯機がないという場合は、天日干しにして片面を1時間ずつ乾かします。天日干しをされる際には、なるべく湿度低い晴天の日を選びましょう。時間帯は湿度の高い早朝や夕方ではなく午前10:00から 午後3:00ころまでに取り込びましょう。

天日干しにするときの注意点には

天日干しにする際には、羽毛布団を直射日光に当てないよう十分注意をして下さい。長時間直射日光に当ててしまうと、羽毛布団の劣化が進みやすくなってしまいます。

直射日光を避けるちょうどよい場所がないというのであれば、天日干し専用の布団カバーをかけてから、陰干しにすると生地の傷みを防げます。天日干しをのカバーがない場合には、かけ布団カバーを用いても構いません。

羽毛布団を叩かないこと

また、羽毛布団の天日干しにする際には、布団を叩かないでください。これは羽毛布団の生地を傷めるだけではなく、羽毛が外に飛び出してしまう原因になります。

ダニは水洗いや天日干しだけでは死滅しませんので、完全に乾燥させた後に、掃除機でダニを吸い取ることをします。また、羽毛布団だけでなく布団カバーやまくらカバー、敷きパッドのお洗濯もこまめに行いましょう。

羽毛布団に掃除機をかける場合には、なるべくであれば、掃除機はお布団専用の掃除機を使用されると、効率的にダニを吸い取れます。

羽毛布団が洗えない洗濯機に注意

十分な容量があり、布団洗い可能な洗濯機であれば、ご自宅でも羽毛布団をお洗濯しても構いませんが、羽毛布団を乾燥機にかける際には容量や、布団洗い可能な洗濯機であるかどうかということが必要です。

ご自宅の洗濯機がドラム式の場合、羽毛布団が洗えない場合があります。確認しないままお洗濯をすると、故障や火事の原因にもなりますので、事前に取扱い説明書で確認しておき、お布団のお洗濯が可能なものかどうかをチェックして下さい。

羽毛布団の洗濯表示の見方

ご自宅の羽毛布団が洗えるものかどうかは、洗濯表示のタグを見ればわかります。洗濯表示に水洗いOKのマークが付いている場合には、ご自宅でも、コインランドリーでも洗えます。

水洗いOKのマークは、水を張った洗濯機に手を入れたマーク、または洗濯機に水を張ったマークになります。ご自宅の洗濯機でも洗えるという表示には、洗濯機のマークになります。それらのマークに×マークが付いている場合には、洗濯不可ということです。

水洗い不可のマークがあるものは、クリーニング店にお願いしましょう。

ドライクリーニングのみのマークに注意

ドライクリーニングの表示がある場合でも、ご自宅でお洗濯可能な場合があります。また、洗濯コースに「ドライクリーニング」が選べるタイプの洗濯機もあります。

ただし、ドライクリーニングが可能なものは、綿や麻、ポリエステルのものに限ります。そのため、ドライクリーニングのみのマークがある羽毛布団を、ご自宅でお洗濯は控えましょう。

ドライクリーニングのマークは、円の中に波型のマークが描かれてあり、その上に「ドライ」と表示のあるもの、または、円の中に「P」と表示のあるものになります。お洗濯の前には、必ず洗濯表示を確認しましょう。

脱水時に止まる?洗濯機の容量をチェックしよう

容量の小さい洗濯機で洗うと、脱水する際に止まって志まう可能性が高いです。またその時に洗濯機から取り出そうとしても水を吸っていて重く、なかなか取り出せなくなっています。羽毛布団をお洗濯するときは、必ずシングルのもので7kgから 8kg以上、なるべくであれば10 kg以上のものをご利用ください。

コインランドリーの洗濯機は、そのほとんどがドラム式のものになりますが、容量の小さいものから大きいものまであり、布団が洗える洗濯機も同意されています。

シングルサイズのお布団の場合は、7 kgから8kgのものでも大丈夫ですが、それ以上の大きさのある羽毛布団は無理に詰め込もうとせず、10kg以上の容量のある洗濯機を選んでください。

羽毛布団をふんわり仕上げるコツとは

容量が余っていても、羽毛布団と一緒に洋服や毛布を一緒にしてお洗濯されない方が無難です。毛布は毛布、羽毛は羽毛でお洗濯をしましょう。

またコインランドリーの店に行けば、注意書きがしてありますが、コインランドリーの洗濯機に羽毛布団を入れる際には、ドラムの半分以上は洗濯物を入れないでください。あまりドラムの中いっぱいにに詰めてしまうと、ふんわりと仕上がりません。

羽毛布団は洗濯後乾燥機にかけてもいいのか

コインランドリーの乾燥機で羽毛布団を乾かす場合には、羽毛布団以外のものを一緒に洗濯しない方が良いでしょう。

コインランドリーの乾燥機は、ご家庭用の洗濯機よりもかなり高い温度に設定されています。温度設定が可能であれば、中程度の温度にしておきましょう。温度設定が無理ならば、時間の設定を短くしたりと調整してみてください。

コインランドリーの乾燥機は温度設定が高めのため、布団の乾き方にむらが生じる場合があります。なるべくであれば初めは短い時間で設定し、異動させながら行うと無理なく完ぺきに仕上がります。

コインランドリーの乾燥機にかける場合には

羽毛布団を長持ちさせ、肌触りを良くするための工夫があります。コインランドリーの乾燥機は、ご家庭用の乾燥機に比べ高温のため、仕上がってすぐは熱がこもっています。

熱のこもったままにして置かず、ご自宅に持ち帰ったらまず、天日干しにして熱を拡散させましょう。そういったことでも羽毛布団の肌触りは良くなります。

コインランドリーや、ご自宅の乾燥機以内外でお布団を乾燥させる方法ご存じでしょうか。
乾燥機を使って羽毛布団を干すメリットには、お天気の悪いときにでも、お洗濯可能なことや、しっかりとお布団を乾かせるということです。

クリーニング店に比べ費用も安く抑えられ、時間も 1時間から2時間とそれほどかかりません。布団に巣食うダニは、60℃以上の高温で加熱することにより死滅させられますので、ご家庭での洗濯機に比べダニの退治に向いています。

コインランドリーの乾燥機で上手に乾かすコツは、始めに時間を短めに設定し、お布団をほぐしながら位置を変えつつ乾燥させることです。

少し手間ではありますが、これをしておくと羽毛布団をふんわりと仕上げられます。

羽毛布団の羽毛のほぐし方

羽毛布団をふんわり仕上げるためには、洗い方の他にも、その乾かし方にコツがあります。乾燥機を使用されない場合には、羽毛布団を天日干しにしますが、直射日光を避け上に何か布をかぶせるかかけ布団カバーをつけて天日干しにしましょう。

また羽毛布団をお洗濯をすると、中の羽毛が偏ってしまっている場合があります。その場合は、羽毛を指でつまみながら中の羽毛をほぐします。

これを乾かしながら1時間をおきに行うと良いでしょう。少し乾いてきたら、お布団をたたみお布団を大きく振って中の羽毛を散らします。

羽毛布団に限りませんが、布団は洗濯後に中わたや、羽毛が乾き切る前にほぐしておかないと、固まったまま乾いてしまい、元に戻すのが難しくなってしまいます。

羽毛布団を乾かす日数は

日差しの強い夏場には、羽毛布団のように大きなものでもすぐに乾きますので、直射日光に気をつけながら乾かしましょう。

夏場は日差しが強いので、午前9:00から 午後4:00の間に布団も取り込んでください。冬場は午前10:00から 午後2:00くらいまでには取り込み、3日から4日ほどかけて乾燥させた方が良いでしょう。

冬場は日差しが弱いので、なるべくであれば冬場の布団のお洗濯は控えましょう。

物干し竿を使う場合

物干し竿を使って乾燥させるときには、羽毛布団を折り畳んで乾かすと乾きにくくなるため、折り返した部分が重ならないよう、物干し竿を2本使って乾かします。横から見た時にⅯ字になるように布団を干しましょう。

寝具の質にこだわって質の良い睡眠を

最近では自宅でも洗えるものが多くなった羽毛布団ですが、肌触りにこだわりがある方は、コインランドリーを利用されることをお勧めします。

睡眠は体にも心にも大きく影響します。ストレスに強い体を作るために、睡眠はしっかりと取っておく必要があります。

お布団がふんわりとしていると、肌触りが良いためリラックスできるので、睡眠の質を上げられます。良く洗ってある寝具は気持ちが良いものですので、コインランドリーを利用してこまめに羽毛布団を洗濯して睡眠の質を上げましょう。

Related