Search

検索したいワードを入力してください

家庭での布団の洗い方のコツ7つ|メリットとデメリット

初回公開日:2018年10月22日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年10月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

布団は毎日使用しているにも関わらず洗濯する頻度が少ない洗濯ものでもあります。そのような現象が起きてしまう原因は、布団の洗い方を把握していないからです。ここでは、布団の洗い方やコツを紹介しているため、布団の洗い方を気にしていなかった人は参考にしてください。

Noimg

布団はどのくらいの頻度で洗う?

家庭での布団の洗い方のコツ7つ|メリットとデメリット
※画像はイメージです

布団をどのくらいの頻度で洗えばよいのか分からない人も多くいるのではないでしょうか。布団を洗う期間は家庭によって違いがあるため、理想的な期間が把握しづらいです。布団を洗う頻度は、1週間程度ですが、天候のことも考慮する必要があります。

布団は毎日に使用する物であり、知らない間に大量の汗を吸っています。そのため、適度に洗濯しないとダニやカビの発生を促進してしまいます。

家庭で布団を洗うメリット

家庭で布団を洗うメリットは、毎晩清潔な環境で睡眠をとることができることです。睡眠をとることは明日への活力を補うために必要不可欠な行為であり、人生の多くの時間を睡眠に費やしています。清潔な布団で寝ることで快適に熟睡することができます。

また、ダニやカビなどが発生してしまうことを抑制することができるため、アレルギー反応を起こしてしまう可能性を下げることも可能です。

家庭で布団を洗うデメリット

家庭で布団を洗うことはメリットだけではなく、デメリットもあることも把握しておくことをします。家庭で布団を洗うことはかなりの労力と時間を費やす行為なため、疲れてしまう可能性が高いです。

特に、家族が多くいるほど半日洗濯で終わってしまう可能性もあります。

そのため、布団を洗うことを後回しにしてしまうことも珍しくありません。また、洗濯後に脱水してもかなりの重さになるため、重労働になります。

家庭での布団の洗い方のコツ7つ

家庭での布団の洗い方のコツ7つ|メリットとデメリット
※画像はイメージです

家庭で布団を洗う場合は、さまざまな注意点を把握しておくことをします。布団の洗い方のコツを掴むことで、大変な布団洗いを快適に行うことも可能です。また、せっかく苦労して洗っても汚れが落ちていなかったり、痛んでしまうことを予防することも可能です。

ここでは7つのコツを紹介していますが、どれも重要なことです。そのため、全てのコツを掴んで失敗なく布団を綺麗にするように心がけましょう。

1:取り扱い絵表示をチェック

布団の洗い方のコツは、取り扱い絵表示を確認することが大切です。取り扱い絵表示には、布団の素材はもちろんですが、正しい洗い方も表示されています。そのため、布団の洗い方が分からない場合は、取り扱い絵表示を見るように心がけましょう。

しかし、表示してある絵の意味を把握しておかないと意味がなくなるため、それぞれの絵にはどのような意味が込められているかを認識できるようにしておきましょう。

2:布団の大きさをチェック

布団の洗い方には布団の大きさを事前に確認しておくことをします。家庭の洗濯機なら布団を洗うことができますが、要領オーバーしてしまう可能性もあります。そのため、家庭にある洗濯機の洗濯容量を確認しておくことをします。

洗濯容量を超えてしまうような洗い方では、布団を綺麗に洗濯することができません。また、洗濯機自体が壊れてしまう可能性もあるため、洗濯容量を守る洗い方をしましょう。

洗濯機の洗濯容量が5キロ程度

洗濯容量が5キロと表示されていても、実際に5キロの布団を洗うことは難しいです。その原因は、5キロの布団になると毛布の場合は2枚程度になりますが、洗濯機の中に入らない場合もあります。そのため、2回に分けて洗う必要が出てしまいます。

しかし、夏用の掛け布団や敷布団の場合は、重量や面積が少ないため、一度に大量の布団を洗うことは可能です。メーカーによっても洗濯容量の認識に違いがある場合もあります。

洗濯機の洗濯容量が7~8キロ程度

洗濯容量が7~8キロの洗濯機は大型洗濯機に分類されるため、布団を2枚程度なら洗うことができます。そのため、家族が多い家庭に洗濯機でもあります。しかし、一日に数枚の布団を洗濯することができても、乾燥させることが間に合わない可能性もあります。

そのため、その日の天候や干すスペースがあるかをしっかり確認することをします。乾かないと寝ることができないため、無難に二日に分けましょう。

3:布団の種類別の洗い方をチェック

布団にはさまざまなタイプが存在しているため、種類に分けて洗い方も分ける必要があります。布団だから同じ洗い方をしてしまうと、本来の性能を発揮できなくなり、取り返しのつかない状況になる場合もあります。

そのため、洗おうとしている布団が何の素材で作られているかを確認しましょう。また、素材によってしてはいけない洗い方も把握しておきましょう。次に、素材別の洗い方を紹介するため、参考にしてください。

和布団

和布団は昔ながらの布団であり、中に綿が詰められています。和布団を家庭の洗濯機で洗うことはしません。家庭の洗濯機での洗うと、中の綿がよれてしまい均等に保温効果を期待できなくなるだけではなく、寝心地が悪くなります。

また、綿に含まれている油も洗い流してしまうと、綿がボロボロになってしまいます。そのため、和布団を洗いたい場合は、専門の業者に頼むことをします。

羽毛布団

羽毛布団を家庭で洗う場合は、はっ水措置を行っていいる布団なら家庭で洗っても問題ありません。しかし、しっかり乾かさないと臭いが出てしまうデメリットもあるため、天候を確認してから洗うことをします。

太陽の光だけでは乾かないからといって長時間乾燥機に入れることは控えるようにしましょう。長時間乾燥機に羽毛布団を入れてしまうと発火してしまう可能性があるため、洗い方が手間のかかる布団でもあります。

ポリエステル

ポリエステルの素材で作られている布団ならどのような洗濯機でも洗うことができます。吸水性が低く、乾きやすいため、比較的天候を気にしなくても乾かすことができるメリットがあります。また、難しい洗い方をする必要もないため、最低限のコツさえ把握していれば簡単に綺麗にすることが可能です。

布団を家庭では洗うことができないと認識している人もいますが、ポリエステルの布団なら問題なく洗濯することができます。

4:寝具用の大きい洗濯ネットを準備する

洗濯機に洗い物を入れる際に洗濯ネットを利用することがあり、周りの洗濯ものを傷つけてしまう可能性がある物を入れることがあります。布団を洗うため用の大きな洗濯ネットも販売されているため、布団を洗う前に購入しておくことをします。

洗濯ネットの中に布団を入れる洗い方をすることで、布団の型崩れすることを予防できます。また、布団の表面を傷つけることも回避することができです。

5:おしゃれ着用洗剤で丸洗い

洗濯する場合は、さまざまな洗剤を入れますが、おしゃれな着用潜在を使用することをします。着用洗剤の中に、香りが含まれている洗剤がです。リラックスすることができる香りを布団に付けることで、快適な睡眠をとることができます。

最近では、香りが香る期間が長い着用洗剤も販売されているため、次に洗濯するまで心地よい香りをかぐことが可能です。

6:天気予報を確認する

家庭での布団の洗い方のコツ7つ|メリットとデメリット
※画像はイメージです

布団は洗うだけでも苦労してしまいますが、乾かすのにも手間がかかる洗濯物です。布団は例え脱水しても他の洗濯ものより水分を多く含んでいるため、乾くまでに多くの時間を必要になります。洗い方を身につけるだけではなく、確実に乾くか天気予報確認しましょう。

一日で乾かすことができないと、嫌なにおいを発生させてしまう原因になってしまうため、一日で乾かすように心がけましょう。

7:干せるスペースを確認する

上記で紹介した天気予報を確認することも大切ですが、干すスペースがあるのかも確認する必要があります。いくら正しい洗い方や一日快晴の日でも干すスペースが確保できないと元も子もありません。布団は多くの面積を必要とするため、洗濯ものが少ない時に洗うことをします。

物干し竿に干すことも可能ですが、一枚で一本使用してしまうため、布団干し用のグッズを購入することもします。

布団干しアイテムは?

上記でも紹介したように布団を干すためにはある程度の面積が必要になってしまいます。そのため、布団を洗いたくても気軽に洗えない方も多くいるのではないでしょうか。しかし、ステンレス布団干しがあれば、狭いスペースでも多くの布団を干すことが可能です。

また、折りたたむことでコンパクトに収納することもできます。素材がステンレスなため、外に放置していても錆びることがなく軽い素材でもあるため、簡単に持ち運べます。

家庭で布団を洗濯できない場合

家庭での布団の洗い方のコツ7つ|メリットとデメリット
※画像はイメージです

家庭で布団を洗濯することができない人も多くいるのではないでしょうか。洗濯機がない場合や布団を洗うことができない洗濯機の場合が当てはまります。布団を家庭で洗うことができないといっても洗わないと不衛生になるため、違う方法で洗う事をします。

なかには浴槽での洗い方をする人もいますが、余計な水や労力を必要とするため、できません。次に、家庭で布団を洗うことができない場合の対処方法を紹介します。

コインランドリーを利用する

家庭で布団を洗うことができない場合は、コインランドリーを利用することをします。コインランドリーは各所に設置されているため、便利で家庭の洗濯機と同じように使用することができます。

コインランドリーを利用する場合は、要領が大きい洗濯機で布団を洗うようにしましょう。また、衣服の洗濯ものがあれば違う洗濯機を利用することができ、場合によっては家庭で洗うより短時間ですますことも可能です。

クリーニングを利用する

上記で説明したコインランドリーを利用するほかにクリーニングを依頼することでも布団を綺麗にすることができます。コインランドリーより綺麗に仕上げることが可能ですが、時間と費用がかかってしまうデメリットがあります。

クリーニングを利用する場合は、洗濯機で落ちないような汚れがある場合や衣替え前後に利用することが多いです。そのため、状況に合わせてコインランドリーかクリーニングを選ぶようにしましょう。

布団の洗い方を知って快適な睡眠をとろう!

布団の正しい洗い方を身につけるだけで快適な睡眠をとることができます。快適な睡眠がとれない日々が続いてしまうと、体調不良やストレスが溜まり、私生活に悪影響が出てしまうこともあります。

快適な睡眠がとれないことでさまざまな睡眠グッズを購入する場合もありますが、清潔な布団で寝ることを第一に考えるようにしましょう。正しい布団の洗い方を知ることで、今までの洗い方が間違っていることを知ることもできます。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

ここでは、布団の正しい洗い方を紹介しましたが、その他にクリーニング店の情報やシーツの洗い方を知りたい人もいるのではないでしょうか。そのような人は、下記で紹介しているサイトを参考にすることをします。

寝具全般の洗い方を身につけることで、より快適に睡眠をとることができ、快適な生活を送ることが可能です。睡眠時間をとっているにも関わらず疲れが取れない人に内容になっています。

Related