Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしの洗濯は週何回?洗濯頻度3パターンと洗濯の注意点

初回公開日:2018年11月20日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年11月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一人暮らしだと、洗濯物の量がそれほど多くないため、洗濯をする回数や時間帯に悩むことはありませんか。この記事では、一人暮らしの人の中で多かった、週当たりの洗濯回数をピックアップし、回数ごとのメリットとデメリットや、洗濯をするときの注意点を紹介していきます。

一人暮らしの洗濯は週何回?洗濯頻度3パターンと洗濯の注意点

一人暮らしの洗濯はいつする?

一人暮らしの洗濯は週何回?洗濯頻度3パターンと洗濯の注意点
※画像はイメージです

一人暮らしだと、すべての家事を自分でこなさなくてはなりません。家事の中でも仕分けから片付けるまでに時間が掛かる洗濯は、限られた時間の中で効率よくしなくては、着る服がなくなってしまいます。

学校や仕事などで洗濯をする時間があまり持てない一人暮らしの人は、主に次のような3パターンの時間に洗濯をしているというアンケート結果が出ています。自分のライフスタイルに合わせて参考にしてみましょう。

休日にまとめ洗い

休日にまとめて洗濯をする人に理由を聞いてみると、平日は朝早くから夜遅くまで仕事やアルバイトがあったり、制服なので週末だけで充分、一人暮らしで洗濯の量が少ないから、という回答が多いです。

下着などの毎日こまめに替える衣類は、多めにストックしている人が多いです。

出勤前

出勤前に洗濯をする理由の多くは、帰宅するのが夜遅く、近所迷惑になってしまうから、ということからです。

フレックスタイム制を採用している会社や、出勤時間が遅めの会社に勤務している人の多くが、この時間帯に洗濯をすると回答しています。

帰宅後

帰宅したら、食事や入浴など、時間が掛かる生活行動がほかにもあるので、その間に洗濯もしてしまおう、と考える人もいます。

よほど遅い時間帯でない限り、ほとんどの世帯でまだ起きているので洗濯機の音で迷惑を掛ける心配もないという理由から、帰宅後に洗濯をする人が多いです。

一人暮らしの洗濯頻度3パターン

一人暮らしの洗濯は週何回?洗濯頻度3パターンと洗濯の注意点
※画像はイメージです

一人暮らしだと、1日に出る洗濯物の量がそれほどでもないのですが、衛生面や天候などの理由から、置いておくのも気になってしまうので、一般的な洗濯頻度が気になるところでしょう。

ある団体で一人暮らしの女性にアンケートを取った結果、以下の3パターンが上位を占めていました。この項目で、上位3パターンの頻度で洗濯をする場合のメリットとデメリットを紹介していきます。

パターン1:毎日

一人暮らしの洗濯は週何回?洗濯頻度3パターンと洗濯の注意点
※画像はイメージです

毎日洗濯をする一人暮らしの人に理由を聞いてみると、「不衛生な気がする」「気分転換になる」「子どものころから母親が毎日洗濯をしていたので週間になっている」という回答が多いです。

気分的な要素以外で、毎日洗濯をすることによるメリットとデメリットは、どういったものがあるでしょうか。

毎日洗濯することのメリット

アンケート回答に「不衛生だから」という理由があるように、清潔を保つことができ、夏場であれば汗染みを防ぐ可能性も格段に上がる、というのが最大のメリットと言えるでしょう。

見た目が汚れていないように見えても、人は常に代謝しているので、皮脂汚れなどが後になってから異臭や染みの原因になることもあります。体質にもよりますが、そういった点を重視する場合は、毎日洗濯をするほうがいいでしょう。

毎日洗濯することのデメリット

デメリットは、一人暮らしなので1日当たりの洗濯量が少ないため、水道代や電気代などのコストがかかってしまう点でしょう。

水道代や電気代のほかに、洗濯物が乾きにくい冬場や梅雨の時期などは、乾燥機などの電気代も加わります。一人暮らしで少ない洗濯物にここまでのコストを掛けるのが、上で紹介したメリットよりも負担が大きいと感じるようであれば、毎日しなくてもよいでしょう。

パターン2:2~3日に1回

一人暮らしの洗濯は週何回?洗濯頻度3パターンと洗濯の注意点
※画像はイメージです

2~3日に1回はアンケート結果で一番多く、理由は「毎日だと厳しいけれど、この頻度ならできる」「洗濯物を干すスペースを考えると、この頻度がちょうどいい」「一人暮らしだと、洗濯物の量とコストを考えてちょうどいい頻度なので」という回答が多いです。

2~3日に1回の人の回答を見ると、洗濯量とコストパフォーマンスを冷静に分析して、その頻度にしていることがわかります。

2~3日に1回洗濯することのメリット

一番のメリットは、コストパフォーマンスが毎日洗濯をするときより抑えられ、まとめ洗いをするよりは衣類に臭いや染みなどのリスクが軽くなる、という点でしょう。

一人暮らしで、1日に出る洗濯物の量は季節によって変わるものの、洗濯機一杯になるほどではないのが確実です。毎日洗うのはコストの面から見て負担だと感じるのであれば、湿気に注意して洗濯物を置いておけば、臭いがつくこともある程度防ぐことが可能です。

2~3日に1回洗濯することのデメリット

衣類の清潔を保つために洗濯をするのに、毎日洗濯をするよりも放置時間が長引くことによって清潔さが損なわれることがデメリットと言えるでしょう。

しかし、メリットの項目で紹介したように、湿気に注意しておけば雑菌の繁殖を多少は防ぐことができるので、一人暮らしだから、と洗濯機に洗濯物を直接入れて溜めている人は、通気性のよい洗濯かごを用意し、そこに洗濯物を溜めましょう。

パターン3:週に1回

一人暮らしの洗濯は週何回?洗濯頻度3パターンと洗濯の注意点
※画像はイメージです

週に1回と回答した人の多くは、先に挙げた頻度で洗濯をするだけの余裕がないと答えています。一人暮らしだと、自分ですべき家事は洗濯だけではありません。仕事や学校があると限られた時間の中で洗濯をするのが困難という人もいるでしょう。

そういった人は、少しでも衣類や自分への負担を軽くする参考として、以下に紹介するメリットやデメリットを読んでみてください。

週に1回洗濯することのメリット

最大のメリットは水道代や電気代が、毎日または数日おきに洗濯をするよりも掛からないということと、洗濯に割く時間を少なくできることでしょう。まとめて洗えば、1回当たりの量が多くなるとは言え、こまめに数回洗うよりはコストダウンできます。

また、洗濯機で洗う回数が少ない分、衣類がこすれ合って痛む度合いも減るので、服の素材によっては服への負担が軽くて済むというメリットもあります。

週に1回洗濯することのデメリット

デメリットとして一番に挙げられるのは、衣類の清潔が保ちにくいということが最大のデメリットと言えるでしょう。毎日や週に数回洗濯をすることのメリットは、週に1回しか洗濯をしない場合のデメリットとも言い換えられます。

染みや汗汚れなども落ちにくくなることに加え、量が増える分、まとめて1度に洗濯しようとして詰め込み過ぎると、洗い残しが出てしまうので、洗濯機に適した量の洗濯物を入れることにも注意が必要です。

洗濯頻度に関わらず知っておくと役立つ1冊

クリーニング技術研究会の監修によるこの本は、プロが伝授する洗濯のノウハウが書かれていて、読者に「役に立った」と言わしめるすごい内容になっています。

初めての一人暮らしで洗濯の基本を今さら人に聞けないと感じている人は第2章『洗濯の基本』がです。

また、クリーニングに出す衣類が多くて悩んでいる人はこの本を読むと家で洗える衣類を知ることができ、洗濯のコストや労力を軽くしてくれるでしょう。

一人暮らしの洗濯で注意すること

一人暮らしの洗濯は週何回?洗濯頻度3パターンと洗濯の注意点
※画像はイメージです

一人暮らしのひとが洗濯に関して注意すべき点は、衣類への負担や衛生面についてももちろんですが、防犯や近隣トラブルの面でも注意が必要であることを忘れてはいけません。特に女性の一人暮らしは、空き巣などの犯罪のターゲットにされやすいので気を付けましょう。

洗濯物を洗濯機に入れっぱなしにしない

洗濯物を洗濯機に入れっぱなしにしたままだと、洗濯機内で洗濯物についている雑菌が繁殖してしまいます。洗濯物は洗濯をする直前に洗濯機へ入れるようにし、洗濯物を溜めてまとめ洗いをする場合は、通気性のよい洗濯かごなどを用意して雑菌の繁殖をできるだけ防ぎましょう。

早朝・夜間は避ける

早朝や夜間の洗濯は、洗濯機の音が近隣への迷惑になってしまうことがあるので気を付けましょう。特にマンションやアパートなどの集合住宅だと、階下に振動も伝わり、近隣とトラブルを起こす原因になるので注意が必要です。

干しっぱなしにしない

風や朝晩の湿度によって衣類に負担を掛けるという理由からだけでなく、防犯のためにも洗濯物を外に干しっぱなしにするのはやめましょう。洗濯物を干している時間帯や曜日、頻度などを観察した犯罪者に、留守の時間帯や一人暮らしであることなどの情報を与えることになりかねません。

ライフスタイルに合わせて洗濯しよう

一人暮らしの洗濯は週何回?洗濯頻度3パターンと洗濯の注意点
※画像はイメージです

一人暮らしだと、何もかも自分でしなくてはならないので、洗濯機が洗ってくれるとしても、洗濯に掛かる時間や労力は決して軽いものではないでしょう。

しかし、一人暮らしだからこそ、学べることや楽しめることもたくさんあるのが、一人暮らしのよいところでもあります。自分のライフスタイルに合わせて負担に感じない程度に洗濯頻度を調整し、一人暮らしを楽しく有意義なものにしていきましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

一人暮らしで頭を悩ませるのは、洗濯の頻度だけではありません。一人暮らしに適した洗濯機のサイズやタイプにまず頭を悩ませるでしょう。ぜひ、下記に紹介する記事も参考にして一人暮らしの生活にお役立てください。

Related