Search

検索したいワードを入力してください

コインランドリーでの洗剤の持ち込み方法・おすすめの洗剤

初回公開日:2018年01月14日

更新日:2020年02月11日

記載されている内容は2018年01月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コインランドリーの洗剤事情が凄いです。勝手に洗剤が投入されるコインランドリーもあります。しかし、洗剤を持参しなくてはいけない場所もあるので、事前に調べておく必要があります。そして洗剤を持ち込む場合のこぼれず簡単に持参する方法をご紹介します。

コインランドリーでの洗剤の持ち込み方法・おすすめの洗剤

コインランドリーでの洗剤

コインランドリーをお使いになったことはありますか?日本では一家に一台の割合で洗濯機や乾燥機を持っていることが多くコインランドリーを使う機会があまり多くはないでしょう。しかし、ひとり暮らしの方は1週間分の洗濯物をためておいて、一気にコインランドリーで洗ってしまうということもよく耳にします。

また、布団や家で洗うには大きすぎるものの場合もコインランドリーを利用されることがあります。では、コインランドリーを利用される際の洗剤事情はどうしているのでしょうか。

自宅の洗濯機のようにコインランドリーには洗剤が設置されていません。そうなると洗剤を持参しているのでしょうか。コインランドリーでの洗剤についてご紹介します。

羽毛布団

羽毛布団の場合、とても大きいので自宅に洗濯機があってもコインランドリーを利用される方もいます。羽毛布団を洗濯する際にも洗剤は利用されており、さらに柔軟剤を入れる方がとても多いです。あのふわふわの感触がなくならないように、柔軟剤でおぎなうということです。

そして、羽毛布団のふわふわを保つための大きなポイントは乾燥です。乾燥をしっかりしないとあのふわふわ感は失われてしまいます。コインランドリーに設置されている乾燥機はとても強力なものが多いので、しっかりと乾かしてくれふわふわを保つことができます。

コインランドリーの洗剤の持込方法

コインランドリーでは洗剤は持ち込まなくてはなりません。自宅では大きなボトルや箱で購入してお使いになられる方が多いですが、コインランドリーに毎回あれらのサイズの洗剤を持ち込むことはとても大変です。ましてや洗濯物も持っているので引越しをするぐらいの大荷物になります。

では、コインランドリーで洗剤を持ち込む際の、簡単な方法をご紹介します。単純にコインランドリーのために小さな洗剤を購入して持ち込むことも可能ですが、やはり小さいタイプのものはコスパがよくありません。

少しでも安く購入しようと考えると大きなものの方がお得です。洗剤は腐らないのでたくさん購入しても保存しとけば使えます。

粉洗剤

コインランドリーでは洗剤が販売されている場合もありますが、ない場合もあります。洗濯用の洗剤はリキッドとパウダータイプがありますが、パウダータイプの粉洗剤は持ち運びが簡単です。例えば小さめの袋に入れ替えて袋の口を閉めれば持ち運んだとしてもこぼれる心配もありません。

袋でしたらスーパーでゲットすることもできますし、コンビニでもらうこともできるので、お金をかけずに入手が簡単です。コインランドリーで全部使ってしまったら、袋はそのまま捨ててしまえばよいだけなので処理も簡単です。

液体洗剤

リキッドタイプである液体洗剤の場合、空になったペットボトルなどにうつして持ち運ぶことができます。液体の場合、しっかりとフタがしまるタイプでないと持ち運びの際にこぼれてしまう恐れがあります。

ペットボトルでなくてもフタのある小瓶タイプであれば何でもよいのですが、できるかぎり小さめのタイプである必要があります。ペットボトルであれば、一般的には500mlのものが主流ですが、250mlのサイズのものもありますので、このサイズがちょうどよいです。ペットボトルはホットタイプのものの方が材質も固く丈夫です。

コインランドリーの洗剤は必要なのか

近頃のコインランドリーでは洗剤を持ち込まなくとも勝手に投入されることがあります。それは洗濯機が勝手に洗剤を入れてくれるということです。

しかし、そうでないコインランドリーもあるのでまずはお近くのコインランドリーをチェックする必要があります。洗剤が投入されないタイプで洗剤の販売機すらないところであれば、前述で述べたような形で洗剤を持ち込む必要があります。

必要

洗剤がないコインランドリーでは洗剤を持ち込む必要がありますが、さいあく洗剤がなくそのまま洗濯したとしてもそれなりにきれいにはなります。

やはり洗剤があることにより洗い上がりの香りなどや触感がよくなることはありますが、汚れを落とすだけであれば洗剤なしでも問題ありません。しかし汚れの状態が激しいのであれば洗剤があった方がよりきれいになるのでやはり洗剤はあった方がよいです。

不要

洗剤の持込が不要であるコインランドリーには洗剤の販売機が設置されているか、洗濯機が勝手に洗剤を投入してくれるタイプです。これらのどちらかがあれば洗濯物とコインだけを持っていけば洗濯ができます。

昔のコインランドリーであれば、洗剤を持ち込むことは必須でしたが、近頃のコインランランドリーは利用者がより快適に楽に利用できるように改良されています。

コインランドリーの洗剤の入れ方

コインランドリーでの洗剤の持ち込み方法・おすすめの洗剤
※画像はイメージです

自宅での洗濯機に洗剤を入れる場合、洗濯機にそのまま洗剤を入れることが多いです。自宅の洗濯機であっても洗剤の投入口が指定されている場合もあり、その場合にはそこに洗剤を入れます。コインランドリーであってもこれらのやり方とほとんどかわりません。いつものように洗濯することができます。

専用部分に入れる

専用部分に入れる場合は投入口がついています。少しわかりにくい洗濯機もあるのでご注意ください。もし、洗剤の投入口に気付かずに洗剤をそのまま入れてしまっても特に問題はありません。やり方を間違えて洗濯機を壊してしまったらどうしようなんていう心配をする必要はありません。

そのまま入れる

そのまま洗剤を入れるタイプの洗濯機であれば、まずは洗い物を洗濯機に入れます。次にそのまま洗濯物に洗剤をかけます。そして、洗濯機をスタートさせます。とても簡単なので初めてコインランドリーを利用される方であったとしても大丈夫です。

洗濯洗剤は贈り物に

コインランドリーでの洗剤の持ち込み方法・おすすめの洗剤
※画像はイメージです

洗濯の洗剤は贈り物にとても適しています。理由としては価格もお手頃であるということ、絶対に日常生活で欠かせないものということが上げれます。洗濯の洗剤は家庭によって、好みはありますが食べ物と違って食べられないものを無理に食べるとは違い、いつも使っている洗剤でなくとももらえれば使用されます。

洗濯の洗剤をギフトにするときは、特に王道のブランドやメーカーにすれば喜んで受け取ってもらえること間違いなしです。

お中元

お中元は日本の文化の1つで、普段からお世話になっている人に贈り物をします。お中元には高級ハムやタオルやビールなどが送られることが多いですが、お菓子などの子供でも食べられるものなども多く送られます。そのなかでもお中元には、洗濯の洗剤を使われることも多くとても人気であります。

お中元を送る時期は、夏のシーズンということもあり、1年の中でも洗濯の回数が多くなるころです。そのため洗剤の減りも早くなるので、洗剤を送るととても喜ばれます。

お歳暮

お歳暮は年末になるとその1年のお礼をかねて送るものです。お歳暮と同様で贈り物はそれぞれで、お歳暮とお中元は別のものを送ることが多いです。年末であると冬のシーズンなのでお鍋がおいしくなります。

そのためカニなどシーズンの食材を送られることもあります。でも、贈り物に困っているのであれば、洗濯用洗剤にすれば無難です。お中元で洗濯の洗剤を送っていても別の種類の洗剤を送ってみることも悪くはありません。

お返し

日本では出産祝い、結婚祝いなど何かおめでたいことがあると、お祝いを贈ります。お祝いはキャッシュを贈ることもあれば、ものの場合もありますがお祝いをもらうとお返しをする文化があります。

お祝いをキャッシュでもらったとするとお返しにキャッシュで返すことはとても失礼なことです。その場合、商品券などをお返しする場合もありますが、特に相手が家庭のある場合や家族が多いときであれば洗濯の洗剤をお返しに送るとよいです。

コインランドリーで必要な時間

コインランドリーでの洗剤の持ち込み方法・おすすめの洗剤
※画像はイメージです

自宅で洗濯機を使って洗濯する場合は洗濯物の量により水の量や洗濯の時間を選ぶことができます。では、コインランドリーでの事情はいかがでしょうか。コインランドリーで時間の調節ができるのであれば、金額も変動するのでしょうか。コインランドリーでの所要時間をご紹介します。

洗濯機

コインランドリーでは一般的に洗濯の時間を調節することはできません。1回につきいくらと決まっており、時間も決まっております。コリンランドリーに設置されている洗濯機にサイズなどによって洗っている時間は異なります。一般的に洗濯機にかかる時間は30分-45分であります。自宅で洗濯する場合とあまりかわりません。

乾燥機

洗濯機で洗ったあとは乾かす必要があります。家庭用の乾燥機に比べるとコインランドリーの乾燥機は乾くのが早いという印象があります。こちらもコインランドリーの事情によりますが、乾燥機の所要時間は約1時間となります。

あまり詰め込んで洗濯をしている場合には、乾燥機が停止してもまだ乾ききっていない場合もあります。その場合、再度コインを投入してもう一度乾燥させる必要があります。

コインランドリーでの待機時間

コインランドリーでは、洗濯機に約30分と乾燥機に約1時間かかります。そうなりますと、コインランドリーで待機しておかなくてはならないということになります。

この時間を利用してコインランドリーを離れるにしても洗濯機が終了して、乾燥機に入れ替える作業があるので、コインランドリーから少なくとも30分は離れることができません。これらの待機時間のためにコインランドリーには漫画やテレビなどを設置されている場合があります。

また、自信で週刊誌や本などを持参して読書をされている方もいます。何もせずに1時間半も待機することはしんどいので、コインランドリーに行く際は、待機時間の使い方も考えることをおすすめします。

アメリカではコインランドリーが主流

コインランドリーでの洗剤の持ち込み方法・おすすめの洗剤
※画像はイメージです

アメリカでは日本と住居の事情が異なり、ルームシェアがとても多いです。日本のように一軒に対し4人で住んでいるとすると1つの洗濯機で4人分を一緒に洗濯することもありますが、アメリカの場合ルームシェアで4人であると4人とも他人という可能性もあります。

そうなると洗濯も別々に行いますので、自分が使いたいタイミングで洗濯機が使われている場合があります。そういったときは、コインランドリーを利用します。また、アパートメントであれば、個人で洗濯機を所有していることは少なく、アパートメント内に設置された住人専用のコインランドリーを利用します。

ロサンゼルスの洗濯事情

アメリカのカリフォルニアに位置するロサンゼルスでは洗濯物を外に干してはいけません。そのため全家庭が洗濯の際には乾燥機を利用します。ロサンゼルスは全米の中でもとても家賃が高いエリアなので、家庭同士のルームシェアも多いです。これは日本でいう他人同士の二世帯住宅です。

この場合、家にある洗濯機だけではたらず、コインランドリーを利用することが多いです。こうした事情からコインランドリーの数もとても多いです。また、日本と違ってコインラインドリーは洗剤を持っていかなくてはなりません。そのためかアメリカの洗濯の洗剤は手のひらサイズのボール型の洗剤があります。

これは1回分の洗剤を持ち運びやすくするためです。

ホテルにもコインランドリーが

アメリカのホテルでは、館内にコインランドリーが設置されていることもあります。連泊した際には洗濯をすることができます。そのときにも洗濯の洗剤は持っていく必要があります。

コインランドリーで洗剤は必須

コインランドリーの洗濯、洗剤事情はいかがでしたか。最後までお読みいただきありがとうございます。洗濯の際に洗剤は必須なので、コインランドリーを利用する際にはまずはそのコインランドリーでは洗剤があるかどうかを事前に確認しておく必要があります。

もし、コインランドリーに洗剤を持っていくことが面倒であれば、洗剤が投入されるタイプのものか、洗剤が販売されているコインランドリーを選ぶようにしましょう。

Related