Search

検索したいワードを入力してください

白い靴の汚れの落とし方・洗い方・靴下・コーデ

初回公開日:2018年03月26日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

輝くような白い靴は、履いておでかけするだけで気分の良いものです。ですが白い靴は汚れがつきやすく、一度汚れが付いてしまうと落としにくい場合もあります。そのため、白い靴を汚れから守る方法についてや、白い靴を清潔に保つためにもその洗い方について覚えておきましょう。

白い靴の汚れの落とし方・洗い方・靴下・コーデ

白い靴の汚れの落とし方

白い靴はスーツにもカジュアルなコーディネートにもよく似合う、ファッションには欠かせないアイテムです。ですが、白い靴は少しでも汚れが付いてしまうと目立ってしまうため、汚れてしまった時にはなるべく早く洗いおとす必要があります。また、白い靴は清潔感が魅力ですので、なるべく清潔感を演出するためにも白さをキープさせましょう。

白い靴の簡単なお手入れ方法

白い靴はなるべく毎日、こまめにお手入れをしておきましょう。外出した後は布やメラミンスポンジを使い磨いておくことで、白い靴の白さをキープすることが可能です。また、すでに汚れが付いてしまっている場合にも、メラミンスポンジを使えば白い靴の清潔感を取り戻すことができます。

メラミンスポンジを使い方は簡単です。まずメラミンスポンジには研磨材が配合されていますので、少し水を含ませた後汚れの気になる部分をやさしくこするだけで簡単に汚れを落とせます。

少しの汚れは消しゴムを使う

ほんの少しの汚れであれば消しゴムでも汚れが落とせる場合があります。白い皮靴の場合には、消しゴムを使えば簡単に汚れを落とすことができます。そのほか、文房具として販売されている消しゴムでは少し不安という方の場合には、革靴専用の消しゴムも販売されていますので利用すると良いでしょう。

歯磨き粉を使う

白い靴に汚れが付いてしまった場合には、歯ブラシと歯磨き粉を使って汚れを落とす方法もあります。その場合には、歯磨き粉をつけ過ぎないよう注意しましょう。また、歯磨き粉には研磨剤が含まれていますので、あまり強くこすらないよう注意が必要です。思いきり力を込めて磨いてしまうと、白い靴に傷が付いてしまいます。

白い靴の頑固な汚れには

メラミンスポンジを使っても汚れを落とせないという場合には、中性洗剤を用いて白い靴のお洗濯をしましょう。中性洗剤を使い白い靴をお洗濯する場合には、歯ブラシを使い、細かな部分の汚れも洗いおとします。白い靴のお洗濯にはひもをつけたまま洗濯するのではなく、まずはじめにひもを外してからお洗濯をしましょう。お洗濯の方法は次のものになります。

白い靴のお洗濯方法

白い靴をお洗濯する場合には、まず大きめの洗面器や盥にぬるま湯を入れ、初めに中性洗剤をその中に溶かし入れて下さい。洗剤が完全に溶け北野確認してからその中に白い靴を入れ、歯ブラシを使って汚れの付いている部分をやさしくこすり洗いをしましょう。

重曹も

白い靴を痛めたくないという場合には重曹もです。重曹はお掃除屋お洗濯にとさまざまなことに用いられる自然素材の洗剤です。重曹を使って白い靴をお洗濯する場合には、まず洗面器かたらいにぬるま湯を入れ、その中に重曹を入れておきましょう。

重曹が完全に溶け切ったのを確認してから、その中に白い靴を入れて下さい。重曹を使った白い靴の洗い方は、まず重曹を入れた洗面器の中にスニーカーを浸け置きにしておきます。浸け置きにする時間は大体10分程度を目安としてください。靴やスニーカーはにおいがこもりやすいものですが、重曹を使えば招集することも可能です。

白い靴が黄ばんだら

白い靴は汚ればかりではなく、黄ばんでしまう場合もあります。そうなった場合には、どう洗ったら良いのかについてご存じでしょうか。白い靴に黄ばみが付いてしまった場合には、お酢が効果的です。お酢は汚れを落とすだけでなく、白い靴に染み付いた黄ばみをとることも可能です。

また、お酢は食用としても用いられるものですので、お気に入りの白い靴を傷めてしまう心配もありません。お酢使った白い靴の洗い方は、洗面器かたらいに水を張り、その中にお酢を入れ、黄ばんでしまった白い靴を浸け置きにしておきます。浸け置きにする時間は半日程度を目安としてください。

それでも取れない汚れには

いろいろ試してもなかなか白い靴の元の白さを取り戻せないという場合には、仕方がありません。漂白剤を利用しましょう。ですが白い靴を洗う際に漂白剤を用いるには注意が必要です。

漂白剤を使うには白い靴の生地を傷めてしまったり、必要以上に色が褪せてしまう場合がありますので、白い靴の目立たない部分に漂白剤をつけ、生地に傷みがないか、変色しないかについて確認してから漂白剤を使いましょう。

コインランドリーを利用する

白い靴の汚れの落とし方・洗い方・靴下・コーデ
※画像はイメージです

コインランドリーには靴をお洗濯する専用の洗濯機があります。洗濯機は洗浄力が高いため、どうしても汚れが落ちない場合には白い靴を洗濯機に入れお洗濯をしましょう。この場合には白い靴をまずはじめに洗濯ネットに入れてから洗濯機の中に入れておきましょう。

また、コインランドリーに設置されている靴専用の洗濯機は靴を乾燥させることもできますのでです。

白い靴に合わせる靴下

おしゃれのポイントとして白い靴をはく場合には、靴下にも手を抜いてはいけません。白い靴下には文字の靴下が似合います。その日のコーディネートに合わせ靴下の色を変えてみてもよし、靴にポイントをおきたいのであれば、靴からはみ出さない靴下も販売されていますので、そちらを選ぶと良いでしょう。

白い靴に靴下を合わせるときのポイント

白い靴に靴下を合わせるときには、あまりボリューム感が出ないよう注意する必要があります。白は膨張色でもありますので、足元はスリムアップさせる必要があります。そのため、白い靴下に合わせるのであれば、モノトーンでまとめるなど色のバランスを取りましょう。

靴下の色によっては、服装とのバランスが取れなくなってしまう場合がありますので、白い靴に合わせた服装にも注意をしながら、全体のバランスを見て靴下の色をきめましょう。

黒い靴下

白い靴には黒い靴下との相性が良いのでです。白い靴下に黒い靴下を組み合わせれば、足元を引き締めることができます。靴下をはいてしまうと、全体のバランスがカジュアルダウンされてしまいますが、黒い靴下を組み合わせると大人っぽさを演出できます。

白の靴下

白い靴にはモノトーンのコーディネートがよく似合います。そのため、白い靴をコーディネートに取り入れる場合には、グレーや白い靴下がです。白い靴に白やクレーの靴下を合わせることで、清潔さとさわやかさを演出できます。

服装はグレーのワントーンでまとめた後、靴と靴下を白にしてポイントにすると良いでしょう。この組み合わせは、夏のほかにも秋や冬にもです。

メンズ・レディース別白い靴

白い靴は、どういったファッションにもスタイルにも合わせることができる便利なファッションアイテムです。また、白い靴はいろいろなメーカーやブランドからも販売されており、同じ白い靴とはいえ、形やデザインに特徴があります。それでは、各ブランドごとにメンズとレディースファッションに似合うスニーカーについて紹介しましょう。

メンズにナイキの白い靴

ナイキといえば、エアフォースワンが有名です。エアフォースワンは、ストリートファッションやカジュアルダウンしたいとき、スーツを着用するときにもスタイルアップさせられます。

スニーカーでありながら着用する服装によっては、ドレッシーにも履きこなすことができ、大人っぽさを演出することもできます。また、ジャケットに合わせて履きこなせば、スポーツミックスのおしゃれなコーディネートが完成します。

レディースにナイキ

女性の方が来期の白い靴をはく場合には、スリッポンタイプのものもです。ひもが付いていないため履きやすく、ロゴが入っているので足元にワンポイントおきたいという方にもです。

またちょっと変わった着こなしをしたいというのであれば、足袋のような形をしているエアリフトブリーズもでしょう。これは足が痛くなりにくく、スカートにもデニムにも合わせやすいスニーカーです。

メンズにニューバランスの白い靴

ニューバランスの白い靴の中でも特にの高いものが 996のシリーズです。白の上下のスーツスタイルにもよく似合いますし、デニムスタイルにも白い色が生えます。また、少しクラシックのスタイルを目指したいのであれば、247がでしょう。清潔感のある白い靴は、どんなパンツスタイルにもよく似合うため、1足もっていても損はありません。

レディースにニューバランス

ニューバランスの白い靴は音の女子にもです。ニューバランスではM1400が特にが高く、シンプルなデザインが魅力です。形がかわいらしく、スーツに合わせても良いですし、スカートに合わせてもかわいらしさや清潔感を演出できます。

また、このデザインははやりすたりがないため、流行にかかわらず長く履くことができるということもするポイントです。

メンズにミズノの白い靴

ランニングシューズや運動靴といったイメージの強い水のですが、以外にもクラシックな形がスーツやデニムにもよく似合います。

ミズノのシューズもまたいろいろなカラー化用意されていますが、ミズノから白い靴を選ぶのであればWAVEがです。シンプルって細めのスタイルがコーディネートに取り入れやすく、きれいめスタイルに特にスニーカーです。

レディースにミズノ

ミズノからはファッションブランドとコラボレーションしたモデルも多く生産されています。クラシックなスタイルとオフホワイトの組み合わせがコーディネートに絶妙な抜け感を使ってくれます。またミズノのスニーカーは履き心地も優れているため、長く歩く必要がある場合にもです。

白い靴にコーデ

白い靴はカジュアルダウンしてもスーツスタイルにもよく似合います。また1年を通してどういった服装にも合わせることができるので、どんな季節にも服装にもマッチします。これからスニーカーを購入するという方は白い靴を1足回転しておくと良いでしょう。

白い靴は切れ目スタイルにもカジュアルにも相性が良いです。コットン素材のジャケットスタイルにもよく似合い、服装が重くならずにすむため、暖かくなり始めた春先には、チノパンやスプリングコートと合わせてもさわやかを演出します。

白いシャツにグレーのスラックスを合わせ、肌寒いようであればモノトーンで合わせたジャケットを羽織ると良いでしょう。

足元を軽やかに見せられる白い靴ですが、夏に白い靴を着こなすのであれば、薄いグレーやネイビーといった色のパンツに合わせると、涼しげな音なスタイルの完成です。また薄いブルーのパンツやスーツと合わせても良いでしょう。

白い靴はベージュとの相性が良いため、ベージュのトレンチコートに合わせた定番スタイルがです。トレンチコートに合わせるのであれば、トレンチコートの色をネイビーにしても良いでしょう。

その場合は、インナーに白を着用するなど、上品な印象を与えてくれる服装がです。そのほかにも、黒のニットやセーターに、それと近い色のデニムや茶ニットを着用し、グラデーションになるよう少しずつ色を変えれば、カジュアルすぎない洗練された印象になります。

冬はあえてえんじのニットに合わせても良いでしょう。えんじのニットにネイビーのスーツといったスタイルもカジュアルな雰囲気を醸し出し鉄妙にマッチします。寒い時期には暗めの色を選びがちですがニットやセーターの色に黒を選び、デニムと合わせても独特な風合いとこなれ感が演出できます。

そのほか、ベージュの上下のスーツスタイルや、ライダースジャケットやデニムジャケットとも好相性です

白い靴を長持ちさせるために

お気に入りの靴はなるべく長く使いたいです。そのためには白い靴に防水スプレーをかける方法もです。防水スプレーは100円均一のお店でも販売されています。防水スプレーは20センチ程度靴から離し、スプレーを吹きかけたら少し時間をおいて、複数回かけることで効果が上がります。

また防水スプレーは、一度雨に濡れてしまうとすぐに落ちてしまいますので、悪天候の中、白い靴を履いておでかけした場合には、もう一度防水スプレーを吹き掛けておきましょう。

布製の白い靴の場合には

布製の白い靴の場合であればベビーパウダーを用いてもかまいません。これはベビーパウダーを白い靴になじませておくことで汚れを防ぐことが可能となります。ベビーパウダーを使う方法は、まず白い靴に少し多すぎるかなと感じる程度にベビーパウダーをはたき、そのあとで余分なパウダーをやさしくたたいて落としましょう。

これだけで、白い靴を汚れから防ぐことができます。また防水スプレーの効果は1週間程度でなくなってしまいますので、1週間以上経過したらもう一度白い靴に防水スプレーをかけておきましょう。

白い靴にろうそくを使う方法

白い靴には汚れを防ぐためにろうそくをかけておくという方法もあります。ポーチの中には一本ぐらい使っていないろうそくや使い終えたろうそくがあります。ろうそくは防水効果が高いため、チョークで書くように白い靴にろうそくをつけておくだけで、悪天候の場合にも白い靴に汚れが付きにくくなります。

白い靴はお手入れが肝心

白い靴は1年を通してどんなスタイルにも似合う靴です。ですが、白い靴は清潔感が重要なポイントとなりますので、お手入れはこまめに行いましょう。お気に入りの白い靴を選んだら、洗剤の選び方や洗い方について覚え、長く使ってあげましょう。

コーディネートに合わせて、いろいろな靴を何足買購入するのもです。季節に合わせてデザインを変えたり、靴下の色と組み合わせを楽しむのも良いでしょう。

Related