Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

子供の日焼け止め人気ランキング・子供の日焼け止めの落とし方

子供のうちに紫外線を浴びすぎると、成人してから肌トラブルを招いてしまいます。日焼け止めで子供の肌を守り、すこやかな成長をサポートしてあげましょう。子供用の日焼け止め選びのポイントや、落とし方、おすすめのランキングを紹介します。

子供の日焼け止め人気ランキング・子供の日焼け止めの落とし方

クリーニングついでに洋服を預けてクローゼットすっきり!

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)

シーズンが終わった服をしまおうとするとクローゼットがパンパンに・・・。
そんな方におすすめなのが「カジタク」

カジタクは保管付きの宅配クリーニングサービスです!
アパレル仕様の倉庫で最長9ヶ月洋服を保管してもらうことができます。

しかも、15点パックならコートもダウンも一律1,000円
預けたい洋服や数によって料金プランが選べます。

PC・スマホから簡単申し込み

子供に日焼け止めは必要?

子供の日焼け止め人気ランキング・子供の日焼け止めの落とし方

いつから使うのが良いか

紫外線を浴びすぎると、どんなトラブルが起こるのでしょうか。日本小児科皮膚学会によると、以下のトラブルがあることが分かっています。

① しわやしみなどの皮膚老化を早める
② 将来、皮膚ガンを起こしやすくなる
③ 目の病気(白内障、翼状片、網膜のメラノーマというガンなど)を起こしやすくなる

出典: http://jspd.umin.jp/qa/03_uv.html |

赤ちゃんのうちから日焼け止めを使用して、将来のトラブルを防ぎましょう。ただし、生後3ヶ月くらいまでは、肌が非常にデリケートなので使用しない方が良いでしょう。店頭に並んでいる商品説明にも、生後3ヶ月~6ヶ月くらいからの使用を推奨しているものが多いです。

日焼け止めは肌の負担になります。低月齢の赤ちゃんのうちから使う時は「いつでもしっかり紫外線を防がなくては」と思わずに、帽子や長袖、レッグウォーマーを併用して上手に紫外線対策をしましょう。紫外線が強い午前10時頃~午後3時くらいまでの外出を控えるのも一つの手です。

子供の日焼け止め選びのポイント

子供に使う日焼け止めは、安心・安全なものを選びましょう。具体的なポイントは3つです。

低刺激で紫外線吸収剤不使用

石油系界面活性剤、防腐剤、人工香料、人工着色料が含まれない(または少ない)、できるだけシンプルな成分の日焼け止めを選びましょう。ケミカルな成分は、子供の肌に強い刺激になりかねません。

特に、紫外線吸収剤は肌とって大きな負担になります。酸化チタンや酸化亜鉛といった紫外線散乱剤の日焼け止めを選びましょう。紫外線散乱剤は、汗で落ちやすいのでこまめな塗り直しも忘れないでください。

シーンにあわせてSPFを選ぶ

SPF値が高いと、子供の肌への負担が増えます。レジャーなど長時間紫外線が強い場所にいる時は、SPF30~50の日焼け止め、普段使いならSPF10~20といった具合に利用シーンにあわせて使い分けましょう。

落としやすさ

お湯または石鹸で落ちるアイテムがベストです。クレンジングが必要な商品は、子供の肌には刺激が強すぎるので避けましょう。

日焼け止めをきちんと落として肌トラブルを防ごう

日焼け止めは、ぬるま湯やたっぷりモコモコの泡で優しくオフしましょう。基本的には、商品説明に記載されている方法に従います。ベタつきが残るからといって、ゴシゴシこするのはNGです。子供の肌に刺激になってしまいます。

ベタつきが残っても、汚れや酸化チタン、酸化亜鉛などの成分は落ちており、基材の油分であることがほとんどです。また、多少日焼け止めの成分や汚れが残っても、毛穴は汚れを排泄する働きがあります。

子供におすすめの日焼け止めランキング

敏感な子供の肌だからこそ、安心できるアイテムでガードしてあげましょう。紫外線吸収剤不使用&石鹸でオフ可能な子供用日焼け止めランキングを紹介します。

第3位パックスベビー UVクリーム

合成界面活性剤、合成着色料不使用、無香料で肌に優しい日焼け止めです。さらっとして肌なじみが良いマカダミアナッツオイルを使用しているのでベタつきません。カミツレエキス配合で、乾燥しがちな肌を守ってくれます。【SPF17 PA+】

第2位ベビーセバメド UVミルク

ベビーセバミドは、皮膚科学研究に基づいて開発されました。のびが良いミルクタイプの日焼け止めです。スッと肌になじみベタつきません。白残りしにくいので、お出かけ前にパパッと塗ってあげられます。肌と同じ弱酸性で低刺激なのも安心なポイントです。【SPF16 PA++】

第1位アロベビー UV&アウトドアミスト

雑誌やママブログで注目度抜群のオーガニックスプレーです。芸能人にも愛用者が多く、人気を呼んでいます。紫外線対とアウトドアの虫対策に使えます。動きまわる子供にもシュッとスプレーで簡単です。100%天然由来成分でできていて、お湯でオフできます。【SPF15 PA++】

特徴別おすすめの子供用日焼け止め

虫除け効果があるもの、レジャー用や親子でなど特徴別にご紹介します。もちろん、紫外線吸収剤は不使用です。さまざまなタイプがあるので、好みや利用シーンに合わせて選びましょう。

虫よけ効果プラスの日焼け止め(クリームタイプ)

オーガニックマドンナ ピュアガードサンミルク

62%がオーガニック成分で柔らかいテクスチャのUVクリームです。アロエベラ葉水、シアバター、アルガンオイル配合で、乾燥を防いでくれます。虫が嫌いなユーカリ、レモングラスの香りが配合されていて、虫が多い場所へのお出かけも安心です。精油の良い香りがします。【SPF30、PA+++】

バジャー サンスクリーンモイスチャライザー【プロテクト】

アメリカ生まれのオーガニックブランドであるバジャーのUVクリームです。オーガニックUSDA(米国農務省)認定のオイルや精油で作られています。オリーブオイル、ミツロウが肌を柔らかくし、乾燥から子供の肌をガードします。しっとりした使い心地です。かわいいパッケージもGOODです。【SPF34】

虫よけ効果プラスの日焼け止め(スプレータイプ)

ママバター UVケアミストアロマイン

天然シアバターが肌に潤いを与えてくれるUVミストです。スプレーし、手早く肌になじませます。ミストタイプなので、頭からつま先まで全身使用OKな優れものです。独自にブレンドされた5つのエッセンシャルオイルが爽やかな香りをもたらします。【SPF20 PA++】

ストローラー サスナ アロマローション

月桃のさわやかな香りがするローションです。水のようなテクスチャで、粉っぽさやベタつきはゼロです。米ぬかから抽出したフェルラ酸が紫外線を防いでくれます。100%天然由来成分の商品です。SPF6と数値は低めなので、長時間の外出時はこまめに塗りなおしましょう。

オーガニックで安心

エルバビーバ チルドレンサンスクリーン

良質なオーガニック成分100%のナチュラルな日焼け止めです。やや硬めのテクスチャですが、肌にのせるとスッとなじみ白浮きしません。ラベンダーとカモミール配合で、子供が喜ぶフルーティーな甘さがある香りです。【SPF30 PA+】

ソレオオーガニックス オールナチュラルサンスクリーン

独自の酸化亜鉛技術で作られたUVクリームで、透明感のあるつけ心地です。14種類のオーガニック保湿成分が肌に潤いを与えてくれます。生分解される100%天然由来成分で作られており、肌だけでなく環境にも優しいアイテムです。ウォータープルーフなのでマリンスポーツに最適です。【SPF30 PA++】

ドラッグストアで買える日焼け止め

ミルふわベビーUVケア

母乳をお手本にした保湿成分が肌を守ってくれるUV商品です。デイリー用の【SPF21 PA++】とレジャー用の【SPF35 PA+++】があります。コンパクトな容器なので携帯にも便利です。

ニベアサン プロテクトウォータージェル

ノンアルコールのUVジェルタイプなので、スッと肌になじんで白浮きしません。量がたくさん入っているので、子供から大人まで家族みんなで使えます。コスパが良いのでお財布にもうれしいアイテムです。【SPF28 PA++】

SPF50でレジャーに最適

アトピタ 保湿UVクリーム

潤い補給成分や、保湿成分ヨモギエキスが敏感な子供の肌をいたわり、紫外線対策もバッチリできる日焼け止めです。ウォーターベースなのでのびが良く、肌摩擦によるトラブルが起こりにくいです。【SPF50 PA++++】

ピジョン UVベビーミルク

ウォータープルーフ処方なので、水遊びや海に最適な日焼け止めです。セラミドやヒアルロン酸といった成分が、紫外線ダメージを受けた子供の肌の潤いを守ってくれます。【SPF50 PA++++】

親子で一緒に

ヴェレダ エーデルワイスUVプロテクト

赤ちゃんから使えるオーガニック成分の日焼け止めクリームです。なめらかな使い心地と優しい香りです。白浮きしないので、ママの化粧下地としても使えます。【SPF33、PA++】

DHC ベビー&ママサンガード

天然成分配合で、子供とママの肌をしっかり守る日焼け止めです。敏感肌のママの化粧下地としてもおすすめです。柔らかなテクスチャで肌に伸ばしやすいので、塗りムラになることもありません。【SPF30 PA++】

すこやかな成長のために日焼け止めを

子供の日焼け止め人気ランキング・子供の日焼け止めの落とし方

紫外線対策に欠かせない日焼け止めは、紫外線から子供を守ってくれるので、思う存分外遊びを楽しませてあげましょう。日焼け止めの効果をきちんと発揮させるためにも、2〜3時間おきにこまめに塗り直すことも大切です。

親子で一緒に「塗る・落とす」をすれば、スキンシップタイムが増え、心の成長にもつながります。心と体のすこやかな成長のために、日焼け止めを活用していきましょう。

Related