Search

検索したいワードを入力してください

【身長別】子供用エプロンの作り方|簡単/手作り/ゴム/130

初回公開日:2017年12月18日

更新日:2020年01月29日

記載されている内容は2017年12月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

保育園や幼稚園の行事や小学校用に、また自宅でのお手伝い用に子供のエプロンを手作りしませんか?一番簡単な子供用エプロンの作り方や、女の子が大好きなフリルの付け方と男の子が喜ぶワッペンの付け方、90から150センチの身長別のエプロンの作り方などをご紹介します。

【身長別】子供用エプロンの作り方|簡単/手作り/ゴム/130

男の子女の子別子供用エプロンの作り方

【身長別】子供用エプロンの作り方|簡単/手作り/ゴム/130
※画像はイメージです

一番簡単なエプロンの作り方

もっとも簡単な手作りエプロンは、小学校の家庭科でも採用されている作り方です。

長方形の布の2隅を斜めに断って袖回りを作り、周囲をぐるりと三つ折り処理した後、斜めの部分にカラーひもを通すだけ、というとてもシンプルな作り方で、カーブを縫うのは不安という方でも安心です。

シンプルなデザインなので、子供の好みの布を選んであげましょう。男の子ならばデニム調の生地、女の子ならばかわいいプリントのオックス生地がおすすめです。また、同じ作り方でもリネン生地をベースにし、ポケットの位置を変えるだけで、まったく違った雰囲気になります。

手作り

手作りのいいところは、小さなアレンジで子供を喜ばせることができることです。一緒にお好みの柄の布を探してもいいですが、ママのセンスを大事にしたいという場合は、ママ好みのシンプルなエプロンを子供と一緒にアレンジする作り方がおすすめです。

男の子の場合は、一緒に選んだハギレで大きなポケットをつけてあげたり、ワンポイントのワッペンをつけてあげると喜ばれます。ワッペンは手縫いならばブランケットステッチで縫い付けますが、ミシンがあればより簡単です。ミシンでのワッペンの縫い付け方はこちらの動画を参考にしてください。

女の子には胸元や裾にグログランテープかレースを縫い付けてあげると一気にフリフリエプロンになります。少しお値段がかかりますが、腰ひもを太いサテンリボンにしてあげるだけでも大喜びされるはずです。レースの縫い付け方はこちらのサイトを参考にしてください。

手縫い

「一番簡単なエプロンの作り方」で紹介したレシピは一枚の布から作る作り方ですが、ティ―タオルやIKEAのキッチンクロスなど、最初から四隅が処理されている大き目の布を使えば、斜めの部分を直線に縫うだけなので、手縫いでも文字通りあっという間に手作りエプロンが実現します。

マジックテープ

背中でひもを結ぶのは、小学校低学年になった子供でも難しいものです。保育園・幼稚園や小学校で、準備に時間がかかり遅れてしまうとかわいそうですなので、まだ小さいうちは肩ひもや腰ひもを面ファスナー(マジックテープ)で留めるタイプのエプロンがおすすめです。

こちらは首の後ろ、腰の後ろでマジックテープで留める作り方です。年少・年中さんであれば、左右紐の長さを変えて首の横、腰の横で留めるようにアレンジするとすぐに一人で着られるようになります。

身長別子供用エプロンの作り方

【身長別】子供用エプロンの作り方|簡単/手作り/ゴム/130
※画像はイメージです

90センチから150センチまで身長別におすすめのエプロンの作り方へのリンクをご紹介します。一般的に、90センチは2歳、150センチは小学5、6年生のサイズになります。

90cm

ウエストの切り替えとギャザーがかわいい子供用エプロンです。肩ひも、腰ひもともにゴム入りかつマジックテープ留めなので、小さな子供でも自分で脱ぎ着ができます。また直線裁ちのみで全く無駄のないパターンは、型紙づくりや縫う前の布のカッティングが苦手という方には感動的な作り方です。

100cm

Related