Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月04日

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

子育てが落ち着いてき、働くことや復職を考える方も多くなると、考えるのは保育園入園のことです。無事に保育園は決まったけれど、一体何を準備すればいい?入園準備っていくらぐらいかかる?と保育園の入園準備についてわからないことだらけの方はぜひ読んでください。

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

https://uranaru.jp/topic/1011323
https://mayonez.jp/topic/1009316

【年齢別】保育園に入園するために必要な入園グッズとは?

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

保育園へのご入園、おめでとうございます。これから新しく始まる保育園生活にワクワク・ドキドキされているのではないでしょうか。

さて、お子さまの保育園への入園が決まったら、次に取り組む必要があるのが「入園準備」です。しかし、何から準備を始めるべきなのかわからない、という保護者の方も多いのではないでしょうか。実は、保育園に入園するまでに準備をしなければならないものは、想像以上にたくさんあり、入園する保育園によっては手作りグッズを指定されることもあります。

準備する保育グッズは、入園する保育園により内容が大きく異なります。入園する保育園の説明会や見学には可能な限り参加し、注意点や準備するものを事前に確認する事が重要です。

このように保育園の入園に向けて積極的に、そして早めに情報を収集をすることをお勧めした上で、何を準備していくのか、何に気を付けるべきかをご紹介します。

全年齢共通の保育園持ち物リスト

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

子どもを保育園に預けるために必要になる保育グッズは、お子さまを預ける年齢により内容は異なります。しかし、下記でご紹介している保育グッズは、基本的にどの保育園でも準備するように指示されることが多く、なおかつ全学年に共通して必要なものになります。

全学年共通の保育グッズ

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

■通園バック
保育園指定のバッグがない場合、リュックサックや斜めがけタイプのバッグを指定されることが多いです。
■着替え袋
指定の着替えを入れられる大きめの巾着(バック)を用意し、子どもの年齢や状況に合わせて着替えを入れます。
■着替え一式
肌着(シャツ、パンツ)、上下の服(Tシャツやズボンなど季節や年齢に合わせて準備)
■上履き
■ビニール袋
汚れたものや濡れたものを入れます。
■おむつセット
おむつ(必要な枚数または保育園から指定された枚数)、おしり拭き、ビニール袋(使用済みおむつを持ち帰るので、防臭・脱臭加工の袋がお勧め)
■掛・敷布団(不要な場合があります。季節に応じて毛布やタオルケットなども準備)
■掛・敷布団カバー
■手拭きタオル(フックにかけて使えるようループ付きのもの)
■ハンドタオル
■ランチョンマット
■コップ・コップ袋
■カラー帽子(保育園指定の場合がほとんど)

0歳児入園の場合

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

0歳児で入園するお子さまは、最も入園準備グッズが多いです。おしっこの間隔も短いので、必須アイテムでもある記名した紙おむつが大量に必要となります。普段から布おむつを使用している場合には、複数枚のおむつカバーも忘れずに準備しましょう。どちらのおむつを用いるにしても、おしり拭きを準備することを忘れないようにしてください。

卒乳や断乳をしていないお子さまには哺乳瓶も必要です。この哺乳瓶は入園準備のために新しいものを用意するのではなく、飲み慣れているものを持たせましょう。それと合わせえて授乳時のガーゼも必要になります。また、保育園ではこまめに変えてくれるので、よだれかけや上下別々の着替え、肌着は多めに用意しましょう。

離乳食が始まっている場合には食事用エプロン、コップ、スプーン、フォーク、おしぼりタオルも必要です。また、歩けるようになったら入園準備アイテムに靴も必要になります。

0歳児に必要な入園準備グッズ

0歳児で保育園に入園する場合に必要な保育園入園準備グッズをご紹介します。
■食事用エプロン
■手拭タオル(フックにかけられるようループ付きのもの)
■お絞りタオル(食事時に使用)
■着替え(上下セパレートタイプのものを必要な分だけ)
■靴(脱着が簡単なタイプ)
■肌着
■お尻拭き
■ビニール袋(使用済みおむつを入れるためもの)
■ビニール袋(着替えた服などを入れらる大きめの袋)

0歳児からお子さまの受け入れをしてくれる保育園がほとんどです。それに伴い、0歳児は自分でできることがほとんどないので、保育士さんに負担がかからないものを選ぶことが大切です。また、おむつや布団、通園バックは保育園ごとに入園準備として用意するものが違うので、直接保育園に確認してください。

1歳児入園の場合

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

1歳児の持ち物で入園する場合の入園準備グッズは、基本的に0歳児の持ち物と同じことがほとんどです。記名したおむつ(布おむつならカバーも必要です)、おしり拭き、上下別々の着替えと肌着。よだれが気になる場合には、よだれかけも準備しておきましょう。

1歳児の場合、ほとんどのお子さまが卒乳できていることが多いので、哺乳瓶やガーゼは持たせなくても構いません。その代わり、食事をしっかりと摂るようになり、おやつも食べ始めるので、食事用エプロンとおしぼりタオルは入園準備グッズに必要です。

歩けるようになったら外で遊ぶ機会が増えてくるので、サイズが合っていて脱着しやすい靴が入園準備グッズに必要となります。外履きだけでなく、上履きも履くようになってくるので、どちらもお子さまの足のサイズに合っているものを選びましょう。靴の後ろに紐の輪を付けてあげると、お子さまが自分で履きやすくなります。

1歳児に必要な入園準備グッズ

1歳児で保育園に入園する場合に必要な保育園入園準備グッズをご紹介します。
■食事用エプロン
■手拭タオル(フックにかけられるようループ付きのもの)
■お絞りタオル(食事時に使用)
■着替え(上下セパレートタイプのものを必要な分だけ)
■靴(脱着が簡単なタイプ)
■肌着
■お尻拭き
■ビニール袋(使用済みおむつを入れるためもの)
■ビニール袋(着替えた服などを入れらる大きめの袋)

保育園によっては、1歳児からおむつの脱着や着替えの練習を少しずつ進めていくので、着替えなどは「可愛いもの」ではなく「子どもが自分でできるもの」という視点で選ぶことが大切です。また、おむつや布団、通園バックは入園準備として用意するものが保育園ごとに違うので、直接保育園に確認してください。

2歳児入園の場合

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

2歳児の場合の入園準備グッズは、1歳児とほとんど変わりません。しかし、2歳児になるとトイレトレーニングが始まるお子さまもいますので、トレーニング用のパンツとおねしょをしても大丈夫なように、おねしょシーツも入園準備グッズとして揃えておくと安心です。

保育園によっては、2歳児から箸を使ってご飯を食べるトレーニングをする所もありますので、入園準備グッズにお箸も加えておくと良いでしょう。

歯が生え始めた頃から歯磨きをしているご家庭が多いのですが、保育園では自分で綺麗に磨けるようにトレーニングをするので、歯ブラシと歯ブラシキャップ、口をゆすぐためのコップも入園準備グッズとしてセットで揃えておきましょう。

2歳児に必要な入園準備グッズ

2歳児で保育園に入園する場合に必要な保育園入園準備グッズをご紹介します。
■食事用エプロン
■手拭タオル(フックにかけられるようループ付きのもの)
■お絞りタオル(食事時に使用)
■着替え(上下セパレートタイプのものを必要な分だけ)
■靴(脱着が簡単なタイプ)
■肌着
■お尻拭き
■ビニール袋(使用済みおむつを入れるためもの)
■ビニール袋(着替えた服などを入れらる大きめの袋)
■トレーニングパンツ(またはパンツ)
■歯ブラシ+歯ブラシキャップ

2歳児頃からお子さまの成長に合わせて「自分で持つことができるバック」を選ぶようにすると、自立心を育てることができるとされています。また、保育園によっては2歳頃を目安にトイレトレーニングが始まるので、トレーニングパンツなどの準備が必要になります。おむつや布団、通園バッグなどは保育園ごとに用意するものが違うので、直接保育園に確認してください。

3歳児以降入園の場合

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

3歳児以降の場合の入園準備グッズは、2歳児よりも若干少なくなる程度です。トイレトレーニングが完了していないお子さまは、トレーニング用パンツやおねしょをしても大丈夫なように、おねしょシーツも入園準備グッズとして揃えておくと安心です。

また、3歳児から本格的に箸でご飯を食べるトレーニングをする保育園が多いので、入園準備グッズにお箸も加えておきましょう。

保育園では自分で綺麗に歯を磨けるトレーニングをするので、歯ブラシと歯ブラシキャップ、口をゆすぐためのコップも入園準備グッズとしてセットで揃えてください。

3歳児以降に必要な入園準備グッズ

3歳児以降に保育園へ入園する場合に必要な保育園入園準備グッズをご紹介します。
■手拭タオル(フックにかけられるようループ付きのもの)
■お絞りタオル(食事時に使用)
■着替え(上下セパレートタイプのものを必要な分だけ)
■靴下
■靴(脱着が簡単なタイプ)
■肌着、下着
■ビニール袋(着替えた服などを入れらる大きめの袋)
■トレーニングパンツ(またはパンツ)
■歯ブラシ+歯ブラシキャップ
■ハンカチタオル、ティッシュ

3歳を目安に、工作などを行う際にスモックを使用する保育園もあるので、事前に確認をしておくと安心です。また、布団や通園バックは入園準備グッズとして用意するものが保育園ごとに異なるので、直接保育園に確認してください。

保育園の入園準備で手作りする物と買い揃えるもの

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

手作りで準備するものと購入するものとは保育園によって異なりますが、これからご紹介するものは手作りを指定されることも多いので、その場合には入園準備グッズを揃えるのに、ある程度の期間が必要になるといえます。

お昼寝布団

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

お昼寝布団を手作りすることは大変難しいので、基本的に購入することを勧められます。その際、お昼寝がスムーズにできるように保育園指定のお布団やサイズが細かく指定されている場合もありますので、事前の確認が必要です。

布団カバー

敷布団と掛け布団の2つの布団カバーを準備しなければならないので、結構な時間がかかります。入園準備グッズとして手作りを指定されている場合は、余裕を持って取り掛かりましょう。

洋服

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

0歳~1歳の子どもが着る機会の多いロンパースのように上下が繋がっているものは、着替えをさせるのに手間がかかってしまうので、入園準備グッズとして新たに用意する場合には、上下セパレートタイプの洋服を準備してください。

大きめのボタンや紐、フードが付いているタイプの洋服は、多くの保育園で禁止されている傾向があります。ボタンが取れてしまった場合は、0歳や1歳の子たちは口に入れて、誤飲してしまう可能性があるためです。紐やフードはお友達同士で引っ張り合って転倒する可能性があり、遊具に引っかかって首を絞めてしまう恐れがあるためです。

子どもが自分で着脱できるようにウエストがゴムのタイプ物や、サイズが合っている物を準備してあげましょう。小さい頃は少しの汚れでも着替えをさせてくれるので、毎日4~5枚は予備の洋服を用意しておくと安心です。

上記の点に留意しておけば、手作りでも購入しても構いません。

エプロン

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

保育園ではスモックまたは園児服と呼ばれる物も必要になります。これは保育園で指定の物を購入する場合と、各自で購入または手作りする場合があるので、保育園に直接確認をしてください。

また、体操服や体操ズボン、カラー帽子も必要になり、こちらはほとんどの保育園で指定のものを用意されているので、それを購入してください。

スモックも体操服も年少さんから年長さんまで使いますので、保育園在園期間にサイズアウトして買い替えるを避けたいという方は、子どもが大きくなるのを見越して大きめのサイズを購入し、年少さんの頃は丈を詰めて着させれば問題ありません。

かばん

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

入園準備グッズの手作りアイテムとして挙げられることが多いのが、この巾着類です。コップや歯ブラシセットを入れる巾着タイプの袋にはじまり、お着替え袋や上履き入れ、それらをまとめるかばんタイプの袋など、多くのサイズの袋類が必要になってきます。

これについては、保育園指定のサイズがあることが多いので、市販で売っているものでは対応できない場合もあります。これらの巾着袋は作り方も簡単なので、お時間のある方は手作りするのもお勧めです。

タオル

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

保育園では紐付きのタオルと普通のタオルとが必要になります。入園準備として揃える場合には、タオルの隅に紐を縫い付けるだけなので手作りするのもお勧めです。

保育園の入園準備でやっておくべき名前付け

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

保育園入園準備に欠かせないのが、入園準備グッズ全てクラスと名前を記入することです。保育園は多くの園児が生活を共にする場所なので、紛失防止のため全ての持ち物への記名が義務化されています。保育園によってはおむつ1枚、汚れた着替えを入れるビニール袋1枚に至るまで記名が必要となります。ここでは、入園準備に必要な記名についてご紹介します。

名前付け

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

基本的に多いのが手書きです。油性ペンさえあればいつでもどこでも名前付けができ、素材を選ぶことなく布やおむつなどさまざまな物に書けます。しかし、にじんだり上手く書けなかったりする場合もあります。洋服など洗濯頻度が多いものは薄くなりやすく、消えてしまうこともあります。

名前スタンプ

名前スタンプはインクを付けて押すだけなので、とても簡単に名前つけができます。細々したものを合わせると、名前付けが必要な入園準備グッズは100点近くになりますので、名前付けの時短を考えている方にはお勧めの便利アイテムです。

名前シール

アイロンで貼るタイプのものは、ネームテープなどを使用するので間違って名前付けをしても貼り直しもできます。また、簡単に必要な枚数をたくさん作っておきたいという方は、テプラを使うこともできます。しかし、シール台紙が少々高いのと、シールなので貼れる素材が限られるというのが難点です。

しかし、途方もない数の入園準備グッズに記名しなければならないので、用途に合わせてシールやスタンプを活用するのもお勧めです。

保育園の入園準備グッズにお勧めな記名場所とは?

入園準備グッズに記名するのにお勧めの場所をご紹介します。

■タグ部分

一般的でわかりやすく、洋服の色を問わずわかります。

■首の後ろ部分

衣服に直接記名することに抵抗がない場合は、上着類は首の後ろ部分への記名します。わざわざ名前を探す手間が省け、子どもが覚えやすいので1人で着替えるのを促します。

■下着などの表布

パンツの後ろやシャツの胸元など、場所を決めて表に記名すると分かりやすいです。

■バックなどの表面

誰の物かが一目瞭然なので、同じ持ち物を間違えたり迷うことがありません。

保育園の入園準備であると便利なグッズ

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

最近では保護者への負担を考慮し、入園準備グッズに手作りを推奨していない保育園も増えてきました。しかし、手作りの保育グッズを推奨する保育園も根強く、数多く存在していることも事実ですので、一概に手作りする入園準備グッズをご紹介することができません。手作りグッズの必要性については、入園予定の保育園に直接お問い合わせいただくのが確実です。

ここでは、手作りをする際にお勧めの便利グッズをご紹介します。

ミシン

衣服だけではなくバッグや体操服、たくさんの小物類、お昼寝布団などを手作りで準備を推奨している保育園もあります。このような場合、手縫いで完成させるのは困難なので、ミシンは必須アイテムとなります。

100円ショップ

近年は100円ショップでさまざまな入園準備のお助けアイテムを取り扱っています。例えば名前付けする時の必需品、ネームテープ、ネームラベル、ゼッケンなど。セリアではネームスタンプも扱っています。

シールワッペンや鞄テープなどもさまざまな種類が扱われているので、子どもが好きなものを選ぶと良いでしょう。また、上履きにオリジナリティを出したい方には専用のり、トップコート、筆などが一式揃ってるデコパージュもお勧めです。

保育園の入園準備にかかる費用

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

幼稚園に比べて、保育園はお金がかからないというイメージがあります。しかし、保育園も必要な費用が0円という訳ではありません。

新規で購入する場合やその時期に選ぶもの、自宅にあるものなどを活用する場合や手作りなど、条件や選択により金額は異なりますが、通園バックや制服などの指定がない場合の保育園入園準備費用は、10,000円~30,000円が一般的とされています。また、保育園指定の制服がある場合や体操着、通園バックなどがある場合の入園準備費用は各家庭や保育園により異なりますが、30,000円~50,000円ほどが相場だと考えられます。

保育園の場合、幼稚園のように制服がありませんので、高額な出費になることはありません。しかし、それでも毎日必要になる着替え用の洋服量を考えると、一時的な出費こそ少ないものの、日常的な出費はかさんでいくと考えられます。

保育園の入園準備はいつから始める?

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

保育園への入園は、年度始めの4月に入園することが一般的です。その場合、前年度の11月末頃を目安に各役所の保育課を通して保育園の入園申込みを行い、その後、2月中旬~3月初旬に保育園へ入園できるか否かの一次選考の結果が通知されるのが一般的です。

つまり、保育園への入園結果がわかってから入園するまでの約1ヶ月という短期間で、入園準備を進める必要があるので、事前調査がとても重要になります。事前調査が無駄になる可能性を否定することはできませんが、焦らずに入園準備を進め、楽しい保育園生活のスタートを切るためにも、下調べが大切です。

ただし、無認可(認可外)保育園は直接保育園へ申し込みをするので、基本的に園児の空きがあれば随時入園することができます。そのため、やはり入園準備はタイトスケジュールとなりがちなので、入園準備グッズについても事前調査が必要になると言えます。

毎日が楽しい保育園生活になり、保護者の愛情を感じるために

年齢別の保育園の入園準備リスト・手作りする物と買い揃えるもの

タイトスケジュールで整えなければならない保育園の入園準備は、負担が大きく大変です。サイズ指定や入園準備グッズへの名前付け、手作りや購入の指定など、保護者が慌ててしまうのも無理はありません。

しかし、保育園に落ちる人が多い中で、保育園へ入園できることが決まったのは大変喜ばしいことでもあり、お子さまが自立する大切な一歩となります。お子さまの毎日が楽しい保育園生活となり、保護者の愛情を感じるためにも、万全な入園準備を整えてください。

Latests