Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月16日

【男女別】子供におすすめの髪型・アレンジ方法・結び方

子供におすすめの髪型はどのような髪型があるでしょうか。女の子、男の子、それぞれ子供におすすめの髪型はあるでしょうが、自分の子供にはおすすめの髪型で可愛くいて欲しい所です。そんな子供におすすめの髪型について今回は紹介していきましょう。

【男女別】子供におすすめの髪型・アレンジ方法・結び方

クリーニングついでに洋服を預けてクローゼットすっきり!

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)

シーズンが終わった服をしまおうとするとクローゼットがパンパンに・・・。
そんな方におすすめなのが「カジタク」

カジタクは保管付きの宅配クリーニングサービスです!
アパレル仕様の倉庫で最長9ヶ月洋服を保管してもらうことができます。

しかも、15点パックならコートもダウンも一律1,000円
預けたい洋服や数によって料金プランが選べます。

PC・スマホから簡単申し込み

男の子・女の子・タイプ別のおすすめの髪型紹介

あなたは子供がいますか。小さい子供がいるのなら、自分の子供には可愛い髪型でいて欲しいと思う所でしょう。

男の子と女の子では髪型はもちろん違いますから、今回は男女別に子供のおすすめの髪型を見ていきましょう。

男の子の子供のおすすめの髪型チェック!

男の子の子供のおすすめの髪型は今、どのような髪型がブームなのでしょうか。男の子でも髪の毛を若干伸ばしている子供もいれば、ベリーショートにしている子供もいます。

今ブームになっている男の子の髪型は、やはりベリーショートです。ベリーショートをアレンジした髪型が人気を帯びています。

サイドに切り込みで模様を入れたり、ベリーショートでアシンメトリーに前髪を流す髪型が、綺麗なヘアスタイルを保っています。

女の子の子供でおすすめの髪型チェック!

子供でも女の子であれば髪型にも気を使います。特にママなどは幼稚園や保育園に通わせるのに、髪型を朝結ってあげるのに色々と工夫しています。

子供でも女の子に今人気なのは、ぱっつんが可愛いボブスタイルです。前髪をまゆ毛の上でぱっつんとカットし、ボブヘアにする髪型が人気です。

くせ毛の子供はボブヘアもゆるやかになり、より可愛らしく見えます。

またロングヘアの子供は、王道のポニーテールやツインテールもおすすめです。

短髪の子供におすすめの髪型のアレンジ方法を知っておこう!

短髪と言えば男の子がぱっと浮かびますが、男の子の子供でおしゃれな髪型は何があるでしょうか。実は大人でも人気の髪型を、子供がしていることもあります。

これから紹介する髪型は、大人にも人気の髪型です。

ツーブロックはシンプルながらも印象を変えることができる

男の子と言えば短髪ですが、その中でも人気がある髪型はツーブロックという髪型です。大人でも人気のある髪型で、子供でも両親が子供に美容室で頼んでいる姿をよく見かけます。

ツーブロックとは頭頂部から耳の下あたりまでは髪の毛を長めにカットし、それより下は短くカットする、もしくは刈り上げる髪型です。子供でもツーブロックにすると大人っぽく見えます。

カットする長さ、かぶせる髪の毛のアレンジ方法により、印象を変えることができるため、男の子には人気がある髪型です。

子供に人気!おすすめの髪型の結い方をママも知ろう!

女の子は髪型で遊ぶのが大好きです。子供の髪の毛が伸びてきたら、ママも髪型の結い方を覚えておく必要があります。

自分は今までショートヘアだったから、結い方は全く分からない、ということもあるでしょう。しかし我が子の髪の毛が伸びてきたら、色々アレンジしたくなります。

そこで子供に人気のアレンジした髪型を紹介します。

子供に負担にならないおだんご

幼稚園や保育園に通っている子供に最も負担にならない髪型がおだんごです。ばらばらと髪の毛が落ちてくることもありませんし、給食やお弁当を食べる際にフォークやお弁当箱の中に髪の毛が入ってしまうことはありません。

おだんごは頭頂部で髪の毛を丸く結った髪型です。作り方は非常に簡単で、まず頭頂部で子供の髪の毛をポニーテールに結び、結んだ髪の毛をそのままゴムにぐるぐると巻くだけです。最後にピンで留めればできあがりです。

もしゴムに上手く巻き付けられないというママがいるなら、ポニーテールにした髪の毛をねじってからゴムに巻き付けましょう。巻き付けやすくなります。もしくは編み込みにしてからゴムに巻き付けるとさらに巻き付けやすくなります。

そして作ったまるみを帯びたお団子部分にもピンをさして、おだんごを固定するとなお良いです。

大人が見て可愛い子どものツインテール

大人が見て可愛いと思える子供の髪型の1つにツインテールがあります。ポニーテールとどこが違うのかと言えば、サイドに結んであるという点です。

ツインテールの位置を高くすればするほど、髪の毛が揺れて愛らしく映ります。

作り方も簡単で、子供の髪の毛を2つにブロッキングし、ポニーテールを作る要領で高い位置にゴムで留めます。同じように片方の髪の毛も同じ高さで留めます。

ツインテールは大人から見ると、とても可愛い子どもの髪型です。女の子の特権とでも言えるでしょう。

シーン別におすすめしたい子供の髪型を学ぼう!

子供でも運動会や発表会、お披露目会などさまざまな行事があります。

両親としては、そのシーンごとに合わせた髪型にしてあげたいと思うでしょう。もしくは先生からこのように髪型を結ってくださいと言われるロングヘアの子供もいるでしょう。

そんなシーン別に子供の髪型を上手くアレンジできるように今から覚えておきましょう。

発表会ではどんな髪型が子供にはおすすめ?

発表会と言ってもどのような習い事の発表会かによって髪型は異なります。幼稚園や保育園の発表会で、ロングヘアの子供なら、お面をつけることもあるでしょうから、結ってくださいと言われることもあるでしょう。

おかっぱの子供なら、そのままで良いと言うこともあります。発表会と言っても、どのような発表会かによって子供の髪型は変わります。

バレエの発表会での髪型でおすすめなのは?

子供がバレエを小さい頃から習っているのなら、髪型は1つです。それはお団子です。バレエの髪型はおだんごが主ですから、子供の髪型も必然的におだんごになります。

おだんごを作るのにいつも悪戦苦闘しているというママは、バレエを子供に習わせる前にお団子の練習を自分でもしておいたほうが良いでしょう。

お団子はマルチなシーンで活躍する髪型ですから、覚えておいて損はしません。

ピアノの発表会ではドレスに似合う髪型を!

子供がピアノを習っているのなら、発表会にドレスを着させる親も多いでしょう。そんな場合はドレスに似合った髪型をさせるのがやはり良いでしょう。

ショートヘアの子供でも大きな髪飾りを着ければ立派に可憐な姿になります。ロングヘアの子供の場合は、髪型はピアノを弾くのに邪魔しない、かつ華麗な髪型に結ってあげるのが良いでしょう。

三つ編みを細く何本か作り、髪の毛の後ろで束ねるのも素敵です。

また、ピンなどで髪の毛が前にこないようにして、ヘアアイロンで大人のように髪の毛を巻いてあげるのも、ピアノの発表会では映えるでしょうから、日頃コテを使っているママは、子供にも使ってあげると良いでしょう。

幼稚園・保育園でのお遊戯での髪型はお遊戯に見合った髪型を

幼稚園や保育園では1年に1回は発表会があるでしょうから、それに見合った髪型をするのが良いでしょう。

また小さい子供なら、髪の毛もそれほど長い子はいないでしょうから、先生に指示されることもないでしょうが、月齢があがってくると髪の毛も伸びてきますから、お遊戯に見合った髪の毛をするようにしましょう。

先生からも指示されることがあるでしょう。結ったほうが良いのか、そのままでも良いのか、大抵は結ってくださいと言われることが多いです。

子供の髪の毛の長さ別のおすすめの髪型をチェック!

【男女別】子供におすすめの髪型・アレンジ方法・結び方

子供でも髪の毛が長い子、短い子、それぞれいます。そんな髪の毛の長さに応じて可愛いアレンジした髪型はあるのでしょうか。

毎日同じ髪型は飽きたと子供に言われたら、ママはネットなどで調べて、子供の髪型アレンジを考えてみましょう。

ショートヘアの髪型の場合はヘアピンなどでアクセントを

ショートヘアで最も簡単な髪型アレンジ方法としては、ヘアピンでアクセントをつけることです。

今ではヘアピンもさまざまな種類が販売されており、ビジューが乗ったヘアピンや、金色に光ったヘアピンを三角に留めるのは流行しています。

このヘアピン方法は髪の毛の長さ問わず人気があるため、ショートヘアの子供でも、くせ毛の子供でもアレンジ自在な方法です。

またショートヘアの子供でも、サイドヘアは編み込みができますから、サイド編み込みを楽しむのも自由です。ショートだとポニーテールまでできませんが、サイド編み込みにして、結ってしまうとそれだけでも立派な髪型になります。

ボブヘアでおすすめの髪型を覚えておこう

ボブヘアの女の子はよく見かけるスタイルです。そんな子供に可愛くヘアアレンジをしてあげようと思うなら、最も簡単な猫耳アレンジという方法があります。

ゴムがあれば誰でも簡単にできる髪型のアレンジ方法なので、1度自分の子供にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

両サイドの耳の上で髪の毛をゴムで結い、1度毛先をゴムの中にとおします。あとは猫の耳になるようにふんわり整えるだけで完成です。ふんわりボリュームを持たせるのがコツです。

ヘアピンは危険だから、という理由である程度大きくなるまでピンを使用できない幼稚園や保育園、もしくは髪飾りは禁止されている子供におすすめの髪型です。

前下がりのボブヘア

また、ボブヘアならまた肩までつかないのでそれほど子供の邪魔にならない髪型ですから、ある程度の自由は効きます。

そこでおしゃれなのが前下がりのボブヘアです。前髪はまゆ毛あたりでカットし、サイドの髪の毛を、前下がりにカットします。

少しお姉さんっぽく見えるのが特徴です。大人でもよく見かけるボブヘアなので、大人っぽい印象を与えたい子供にはおすすめの髪型です。

ロングヘアの子供のヘアアレンジも覚えておこう!

ロングヘアの子供は、幼稚園や保育園に通っている場合は、結ってきてくださいと言われることがほとんどです。

給食やお弁当に髪の毛が入る、フォークにつくなど、衛生的ではないからです。そのため、ロングヘアの子供の髪の毛は結ってあげるのが基本です。

ロングヘアの子供の髪型の定番と言えばポニーテールです。頭頂部でゴムで髪の毛を結ぶだけという簡単なヘアスタイルですが、あまり高い位置でポニーテールにすると、これもまた髪の毛が揺れて始末に困るので、あまりに長いロングヘアの子供は頭の中間地点でポニーテールにすると良いでしょう。

最も無難な三つ編み

ロングヘアの子供で、かなり長い髪の毛の場合、最も無難なのが三つ編みです。

髪の毛を2ブロックに分け、編み込んでいくヘアスタイルです。三つ編みを今までしたことがないというママは、最初はどうすれば良いのか分からないでしょうが、方法を覚えてしまえばこれほど簡単なアレンジはありません。

三つ編みを覚えると、さまざまなヘアアレンジを楽しむことができますから、まだ三つ編みを覚えていないというママは、ぜひこの機会に三つ編みを覚えておきましょう。

いつまでも笑顔の子供のために可愛い髪型アレンジを覚えよう!

【男女別】子供におすすめの髪型・アレンジ方法・結び方

子供はいくつになっても可愛いです。月齢が小さい頃から、大きくなるまでもずっと可愛いと思うでしょう。髪の毛も月齢が高くなるにつれ、伸びてきますから、子供に負担にならないように定期的にカットする、もしくは結ってあげることを覚えましょう。

もしロングヘアを維持させたいのなら、おしゃれな結い方も覚えておきましょう。ボブヘアでもショートヘアでも可愛いアレンジはたくさんあります。

ママがいつまでもおしゃれでいたいと思うのと同じく、子供もいつまでもおしゃれさせてあげましょう。そのためにもまずはヘアアレンジから覚えていきましょう。

Related