Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

子供の集中力トレーニング方法・おすすめグッズ|おもちゃ

子供によって、集中力に違いがあります。しかし、集中力は勉強や仕事を行うにあたって必要な能力ですので、集中力のある子に育てたいと思うお母さんは多いです。集中力は、育て方や訓練で身に付く能力です。子供の集中力トレーニング方法についてご紹介します。

子供の集中力トレーニング方法・おすすめグッズ|おもちゃ

子供の集中力トレーニング方法

子供の中には、遊びや勉強についてすぐ飽きてしまう子供もいれば、長い時間集中力が続く子供もいます。子供の集中力の違いは、それぞれです。集中力は勉強や仕事を行うにあたって必要な能力ですので、なるべく集中力のある子に育てたいと思うお母さんは多いです。

集中力は、生まれつきのものではなく、育て方や訓練で身に付く能力です。子供の集中力トレーニング方法についてご紹介します。

集中力の土台作りである幼児期に心掛けること

幼児期は、集中力の土台が作られる時期です。この時期にお母さんやお父さんが、子供の集中力が伸びるように、子供への関わり方を気をつけてあげると良いでしょう。

子供の質問に丁寧に答える

幼児期の子供は、色々なことに対して疑問を持ちます。少しのことであっても、「なぜ?どうして?」と親に疑問を投げかけます。子供が親に質問をした時は、逃げたり適当に答えるのではなく、丁寧に優しく答えてあげましょう。親でもわからないことであれば、子供と一緒に調べて説明してあげるようにしましょう。

また、親子で外出をしたり、本を読んだりする中で興味を持ったり、疑問を持つことがあれば、その気持ちを汲んであげるようにしましょう。子供の興味や疑問を支持して、応援してあげることで子供の探究心を育てることができます。

子供に決断させる

子供の行動を親が全て決めてしまうのではなく、子供に考えて決めさせるようにしましょう。どうするべきか考えることで思考する能力や集中力を養います。子供がどうしようかと決めかねている時には、いくつか候補をあげて選ばせるようにしてあげましょう。

規則正しい生活習慣を身に付ける

心も体も不健康であれば、集中力を伸ばすことはできません。早寝早起きという規則正しい生活リズムを身に付けて、心身ともに健康な状態を保つようにしましょう。習い事が多すぎると、生活リズムが崩れるだけでなく、どの習い事に集中すれば良いのかわからなくなり、注意散漫になりやすいので注意しましょう。

3歳まで

3歳までの子供の集中力が続く時間は、ほんの3~4分程度です。1つのおもちゃで1時間~2時間と長い時間集中して遊ぶことは難しく、5分集中力が続けばラッキーという程度であることが多いです。

特に2歳や3歳の子供は、1人では思うように遊べない子供も多いです。ブロックやおままごとで遊べるようになる時期ですが、大人が一緒に遊んであげることで集中して遊びを継続することができるようになります。

2歳や3歳の子供の集中力を養うためには、大人が一緒になって子供と関わり、さまざまな遊び方を教えてあげましょう。おままごとであれば、お人形に色々な役割を持たせてあげたり、ブロックであれば、かっこいい車の作り方を教えてあげるといった遊びのレパートリーが増えると、少しずつ長い時間遊べるようになってきます。

4歳以降

4歳以降になると、多くの子供が幼稚園に通うようになります。幼稚園の中で集団行動をするようになれば、集中力も養われる子供も多いです。子供の集中力を試したい場合には、塗り絵やパズルといった遊びをさせてみましょう。

子供が興味を持つようなキャラクターのものであれば、集中して遊んでくれる子供もいるためおすすめです。集中力がつけば、塗り絵の細部まで塗れるようになったり、パズルを完成させた後また挑戦してくれるといった様子がみられます。

また、集中して遊んで欲しい時には、子供が集中しやすい環境作りを行うことも大切です。おもちゃを綺麗に片付けて、テレビなどの雑音がない場所で集中力を使うような遊びを提供することが好ましいです。

子供の集中力を高めるおすすめのグッズ

集中力を高める際には、子供の興味のある物や、楽しいと思えるものをトレーニングに使用することをおすすめします。子供の興味は1人1人異なるものですので、同じおもちゃなどを使用しても集中力の付き方は異なります。子供に合ったものを選んであげましょう。子供の集中力を高めるおすすめのグッズをご紹介します。

おもちゃ

子供が大きくなると、細かい作業に集中して取り組むようになります。ブロックやビーズなど想像力を働かせて物を組み合わせるようなおもちゃを与えると、達成感や満足感が得られやすくなり、集中力を育むことができます。

おままごとが好きな子供であれば、お人形やドールハウスで遊ぶことによって、集中力を育むだけでなく、自らを客観視できるようになったり、お友達の気持ちがわかるようになったりと思いやりのある子供に育ちます。子供の性格や好き嫌いによって、集中しやすいおもちゃを選んであげましょう。

レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス スペシャル

レゴブロックは、直方体のブロック以外にも窓やドア、車輪など色々なパーツがあり、子供の想像力を育んでくれます。アイデア次第では、1つだけのものを作るのではなく、お城や車などのさまざまなものを作り上げることができます。

ディズニープリンセスやスターウォーズなどの種類もあり、性別問わずに遊べるおもちゃです。お母さんやお父さんも夢中になって一緒に遊んでしまうといった口コミも見られます。贈り物などにもおすすめです。

子供が楽しくレゴで遊んでいました。
いろんな物を作って見せてくれます。
買って良かったって思います!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AC%E3%82%B4-LEGO-%E3%82%A... |

シルバニアファミリー お家 赤い屋根の大きなお家

シルバニアファミリーの赤い屋根の大きなお家は、明るい色合いが可愛らしい開閉式のお家です。家は90度や180度に開いたり閉じたりできます。付属品の階段や、窓枠など色々なレイアウトにすることができるので、子供の想像力を養います。

お部屋の明かりを付けたり消したりもできるので、見た目も綺麗ですし、ライトの仕掛けに子供が夢中になります。別売りの人形や家具のセットを置くとさらに豪華で楽しいごっこ遊びをすることができます。お誕生日やクリスマスのプレゼントとしても最適です。

子供(6歳)のクリスマスに購入しました。十分間に合いました。本人もとても喜んでいます。ライトが燈るところが、なんとも綺麗でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%9D%E3%83%83%E3%8... |

ゲーム

子供がゲームばかりして、勉強をしないので困っているというお母さんも多いです。しかし、ゲームをすることによって、子供の集中力を上げることができます。

とりあえずゲームをさせるのではなく、ゲームをする前に宿題や行うべき勉強を終わらせておくことや、1時間や30分といった制限時間を設けるといったゲームに関するルールを作っておきましょう。

ゲームをすることによって、勉強する時間とゲームをする時間の切り替えができるので、恩とオフの切り替えが上手な子供になります。ゲームをするという目標のために、短い時間でしっかり集中できる子供になるので、ゲームを無理矢理辞めさせるのではなく、ゲーム好きであることを利用して、子供の集中力を高めましょう。

1-2-Switch

任天堂の1-2-Switchは、画面ではなく、相手と見つめあいながら遊ぶことができる新感覚のゲームです。操作が非常に簡単なので、小さい子供やゲームが苦手なお母さんでも楽しむことができます。子供と一緒にゲームをしたいけれど、ゲームをするのが苦手といったお母さんにもおすすめです。

小学校学年の息子は、結構ツボにはまってようで、何度も何度もやりたがります。最近の、スマホに代表されるような、ゲームに齧り付くスタイルから、新しいスタイルの香りを感じられて新鮮な感じがします。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%BB%BB%E5%A4%A9%E5%A0%82-1-2-... |

アロマ

香りは脳に刺激を与え、集中力や記憶力を高めるといった効果があります。アロマセラピーとは、香りの効果を生活の中に取り入れて、リラックス効果などのさまざまな効果を得ることをいい、女性に人気の高い趣味です。

特に集中力を高めたい場合には、ローズマリーやペパーミント、ユーカリ、レモンといった香りのアロマがおすすめです。集中力を高める香りの中から好きな香りを選ぶようにしましょう。嫌いな香りであれば、ストレスがたまる場合もあります。

ease エッセンシャルオイル

Easeのエッセンシャルオイルは、ペパーミント・ローズマリー・レモンの香りがセットになったエッセンシャルオイルです。アロマ専用の器具を使用したり、ティッシュやハンカチにアロマを垂らして香りを楽しむことができます。3種類あるので、気分に合わせて使い分けましょう。

集中力を高めたい(ローズマリー、ペパーミント、レモン)
記憶力強化(ローズマリー)
気分をリフレッシュ(ローズマリー、ペパーミント)
心を落ち着かせたい(ペパーミント)
という効果があるようなので、ストーン(アロマディフューザーは目が痛くなるから苦手)にアロマをかけて勉強しました。
合格したので、効果はそれなりにあったかも?
だけど毎日アロマのやり過ぎはよくないらしいので、しない日もちゃんとつくりました。
それぞれ単独で使ったり、ローズマリーとレモンなど組み合わ自由にしたり、その日の気分で調整して楽しめます。
ローズマリーは、値段の高い他メーカーのと比べて、違いを感じなかったです。
ペパーミントは、女性によっては苦手とする人もいるかも。男性のほうが好む香だと思います。
レモンは、長期に置いておくより、少し早めに使い切るほうが良いと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/ease-%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%BB... |

子供の集中力が持続する時間子供の集中力を高めるのにおすすめのスポーツ

スポーツは、子供が楽しみながら集中力を育むことができる方法です。特に、活発な男の子であれば、お家の中で遊ぶよりは、スポーツを通して集中力をつける方法のほうが向いています。

スポーツの種類は、子供が興味を持つスポーツを選ばせてあげると、集中力が発揮されやすくなります。興味を持つスポーツがない場合には、親がいくつか提示してあげるのも良いでしょう。

格闘技などの個人競技であれば、競争心を高めることができ、試合に勝とうという強い志を持つことができます。サッカーなどの団体競技であれば、集中力だけでなく、礼儀作法や団体行動も身に付きます。また、皆でやっているという意識が集中力を途切れさせることを防ぎます。集中力が続かなさそうであれば、団体競技をすすめてみましょう。

子供が宿題をやるときに集中力が続かない時の対処法

子供が小学校に通うようになると、宿題をする必要がでてきます。しかし、はじめから集中して宿題を行うことのできる子供は少ないです。中学校や高校になれば、先生だけでなく勉強も厳しくなります。

なるべく、小学校の間に宿題を行うという習慣を身に付け、自信を付けさせてあげるようにしましょう。子供が宿題をやるときに集中力が続かない時の対処法についてご紹介します。

必要以上に期待をしない

子供に求めるレベルが高すぎると、なぜこのレベルのことがこなせないのかと親が叱ることが増えてきます。親に叱られてしまうと子供も宿題自体を嫌いになり、宿題に集中して取り組むことができません。

子供に求める要求を下げて、少し宿題に取り組む姿勢を見せるだけであっても褒めてあげるようにしましょう。子供を褒めてあげると、子供は嬉しくなり、さらに集中して宿題に取り組むことができるようになります。

叱るのではなく声かけを行う

子供に宿題をしているのかと声をかけること自体は悪いことではありません。決して怒っている口調で声をかけるのではなく、優しく声をかけてあげましょう。今から宿題をやろうとしていた所に「宿題をしなさい」と叱られると子供もやる気をなくしてしまいます。

また、子供が宿題をしている時には、宿題をして偉いと褒めてあげたり、計算問題をすらすら解いている場合には、計算が早いことを褒めて、子供の行っていることを認めてあげましょう。

子供の集中力に関するおすすめの本

子供に本の読み聞かせを行うことで、語彙力や読解力がつくだけでなく、集中力も身に付きます。本の内容を頭に入れることは簡単なように思えて、かなりの集中力を必要とします。毎日少しずつ本を読む習慣を身に付けることで、集中力が持続するようになります。

静かな場所でゆっくり本を読むことで、子供の集中力が向上します。小さい頃から絵本を通して集中力を身に付けることで、小学校からの学習もスムーズに進めやすくなります。子供が集中できるように、月齢に合った絵本を選ぶようにしましょう。

また、物語だけでなく、仕掛けのある絵本は子供の興味を惹きやすくなります。子供が集中できるおすすめの本をご紹介します。

ミッフィーの いないいない だあれ

ミッフィーのいないいないだあれは、赤ちゃんのためのコンパクトなしかけ絵本です。ページの穴あきでいないいないばあ遊びができるようになっています。はっきりとした色が使われており、イラストもシンプルなので、月齢の低い赤ちゃんでも興味をもちやすい絵本です。小さくてコンパクトなので、外出先にも持っていけて非常に便利な絵本です。

5ヶ月の孫ベビーのために購入しました。叩いても、舐めても...ベビーの愛情です。大目に見てあげたいと思います。きれいでとても丈夫そうでしっかり作られていますね。長く楽しめそうです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%8... |

子供の集中力アップにおすすめの食事

集中力の低下は、疲労や生活リズムの崩れからくるものだけでなく、脳の栄養不足も原因の1つとしてあげられます。朝は早く起きて、朝食をしっかり食べることで、脳が活性化します。脳に栄養を届けるためには、糖だけでなくビタミンが欠かせません。ビタミンは糖をエネルギーに変えたり、疲労を改善します。

朝は面倒だからと菓子パンだけの子供も多いのではないでしょうか。豚肉や大豆、昆布、海苔にはビタミンが多く含まれています。菓子パンよりも、ハムの入ったサンドイッチなどがおすすめです。

パンよりもお米を食べる家庭なのであれば、野菜や海苔といった副菜を添えると良いでしょう。大豆や昆布といったものは、煮汁にビタミンが溶け出すため、煮汁も味噌汁などに利用してビタミンを効率良く取れるようにしましょう。

親子で楽しくトレーニングを行おう

子供が大きくなる前に、集中力を高めてあげたいと思うお母さんやお父さんは多いです。集中力を高めることのできる、おもちゃや香り、食事などはありますが、お母さんやお父さんの関わり方が非常に大事になってきます。

お母さんやお父さんが、子供を叱ってしまうと、やる気が削がれてしまい、集中力が損なわれます。お母さんやお父さんが、子供をたくさん褒めてあげて一緒に遊びを楽しんであげることで、少しずつ集中力も養われていきます。

早く集中力を付けたいからと、お母さんが張り切りすぎてしまうと、子供に負担がかかってしまうこともあります。子供がしんどくならないように注意をしながら親子で楽しく集中力を高めるトレーニングに取り組んでいきましょう。

Related