Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月02日

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

「人を惹きつける」とはどういうことなのでしょうか。持って生まれたものだからと諦めている方もいらっしゃるでしょうが、実は人を惹きつける方法は努力次第で身につくものです。ちょっとしたコツを掴めば、大人から子供まで周りの人たちを惹きつけることができます。

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

「惹きつける」の意味と使い方

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

「惹きつける」の意味は「人の心を誘い寄せる、魅惑する」です。「人を惹きつける」「彼女は彼に惹きつけられた」といったように用いられます。

あなたの周りにも、きっと「惹きつける人」がいるでしょう。なぜか一緒にいて落ち着いたり、素敵だなと思ったり、いつも会話の中心にいるような人です。あなたも、いつの間にかそのような人たちに惹きつけられています。

子供を惹きつける方法

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

子供は自分の気持ちに素直に行動しています。そんな子供を惹きつけるのは、案外簡単です。

歌や手遊びで惹きつける

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

子供は興味があることに惹きつけられます。子供が大好きな歌と手遊びをマスターすれば、子供を一気に惹きつけることができます。

定番の「ぐーちょきぱー」や「こぶたタヌキきつねネコ」など、小さい頃によく歌っていた歌で子供を惹きつけましょう。

子供への話し方

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

子供を惹きつける話し方でも大切なのが「問いかけ」「間の取り方」「声の抑揚」です。

一方的に話すのではなく「問いかけ」クイズ形式にすることによって、子供たちが声を出して興味をもってくれるので、こちらに惹きつけることができます。

次に、「間の取り方」です。大切なことを伝えるとき間をあけることによって、考える時間ができ、子供を惹きつけることができます。

そして、最後は「声の抑揚」です。大人に対しても同じことが言えますが、抑揚もなく一定のトーンで話されると、お経のようで言っていることが頭に入ってきません。伝えたいことがはっきりと伝わるように大きな声で話して惹きつけたり、場面によっては逆に小さな声で話すのも子供を惹きつけるコツです。

子供に命令しない

子供が間違ったことをしたときに、ついつい命令口調で「○○しなさい」と言ってしまいがちですが、そんなことを言っても子供は聞きません。子供に「どうしたらいいかな?」「○○してもいいと思う?」と問いかけて答えを導いてあげましょう。

また、どちらを選んでも良いような提案を2つしてあげることで、自分が選んだ答えだからと納得し実行してくれます。例えば、「➀絵本を閉じてお話を聞く➁絵本を棚に戻してお話を聞く どっちがいい?」などです。

そうしていくうちに子供自身が考える力が付きますし、子供は惹きつけられていきます。

惹きつけるプレゼンをする方法

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

「プレゼン上手は仕事を制す」と言われるくらいプレゼンの能力は、ビジネスマンに欠かせない能力です。少し意識を変えるだけで聞き手を惹きつけることができます。

惹きつける話術

話術で人を惹きつけることができたら、普段の生活はもちろん交渉や営業にも役立ちます。ポイントを押さえれば、誰でも「惹きつける話術」を習得できます。

最初に興味を持たせる

聞いている人を惹きつける話術とは、最初にいかに聞き手の関心を集められるかにかかっています。ワクワクする話題や興味を持ってもらえそうな話題を選び、質問として投げかけたりすると、聞き手も考えたり返事をしようとするので、いつの間にか惹きつけられて話を聞く体制が整います。

声のトーン

場面によって声のトーンを変えるのも聞き手を惹きつける方法です。大人数の前で話すときは全員に聞こえやすいように、少し高めのトーンで話すと遠くまで聞こえやすいです。逆に一対一で話すときは、少し低めのトーンで話すように意識すると、相手に安心感を与えることができ説得力も増します。

また、相手の声のトーンに合わせるのも会話を弾ませるコツです。ただし、高いテンションで高い声で話す人に合わせすぎると、騒がしくなって周りに迷惑がかかったりもするので、やりすぎには注意です。低い声で暗い話をしている人に合わせすぎても、お互いに暗くなるだけなので、調節しながら声のトーンを使い分けてみてください。

惹きつけるスピーチ

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

具体的に人を惹きつけるにはどうしたら良いのかについてご紹介します。

ジェスチャーをつける

スピーチ中にジェスチャーを加えることによって、自然と話に強弱がついて伝えたいメッセージが伝わりやすく解かりやすくなります。聞き手は、話し手の動きや表情も見ながら話を聞いています。

ジェスチャーが大げさになりすぎると話に集中できなくなり、逆にややこしくなったりもするので、やりすぎには注意です。慣れていないうちは、まず数字(指で1,2,3本と立てる)、上がる下がる(手を斜めに上げるー下げる)、大きい狭い(両手を顔の前で狭めるー横に広げる)などのジェスチャーをつけてみてください。

理解できるように話す

みんながわかるように話すのも、人を惹きつける話し方のポイントです。

まずは、最初に「何を話すか」と「話の構成」を伝えると、聞いているほうも安心して聞くことができます。

例えば、「今日は幸せとは何かについて、3つのポイントをお話していきます。」と最初に伝えます。そうすることによって、無駄にだらだらと話す予防にもなりますし、聞き手は3つのポイントを聞く姿勢ができて、スムーズにスピーチの内容に惹かれていきます。

また、1,2,3と話していくことによって話の終わりも見えるので、聞き手は最後まで集中してスピーチを聞くことができます。

原稿を丸暗記するのはやめる

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

スピーチに慣れていない人は、原稿を丸暗記しようと躍起になる方が多いですが、その方法はおすすめしません。緊張からか、顔を上げずに原稿用紙をずっと見ながらスピーチしている方をよく見かけますが、それではとても話は伝わりません。

また、丸暗記をして挑んでもセリフが飛んでしまった場合はパニックになりますし、一言一句間違えないようにしないといけないなどと勝手に強迫観念を持ってしまいがちです。

箇条書きのすすめ

人を惹きつけるスピーチにするためには、あくまでも自分の言葉でスピーチをすることです。そのためには「話したいことを箇条書きにしておく」ことで十分です。

こうすることによってスピーチの大まかな流れがわかるので、しっかりと聞き手のほうを見ながらスピーチができます。丸暗記をしているわけではないので、セリフが飛んでパニックになることもなく、原稿をかぶりつきで見ることもなくなり、聞き手を見ながら余裕を持って「人を惹きつけるスピーチ」ができます。

女性を惹きつける方法

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

「女心と秋の空」と言いますが、コツさえつかめば女性を惹きつけるのも無理ではなくなります。そこで、いくつかのポイントをご紹介します。

ガツガツしない

最初からあまりにも好意丸出しでガツガツ追われると、怖くなって逃げたくなるのが人間です。最初、好意を伝えるのは60%くらいに抑えましょう。そこから徐々に70%~80%と上げていきます。最初から簡単に手に入るものは価値がないように映ってしまいます。女性心理でも追いかけたいという気持ちがあるので、そこを上手に利用して女心を惹きつけましょう。

女性が少し不安になるくらいの方がハラハラドキドキして追いたくなり、心を惹きつけます。

フェロモンをだす

とても原始的な方法に思えますが、人間も動物です。男性がテストステロンを出すことによって女性を惹きつけるのは当たり前のことです。

テストステロンを分泌させるには、亜鉛を含む食べ物が良いとされています。亜鉛を多く含む食材としては、赤肉や牡蛎、卵やチーズなどの乳製品があります。積極的に日々の食事に取り入れてみましょう。

また、上質な睡眠をとることによって成長ホルモンが分泌し、テストステロンが出やすくなります。そして、成長ホルモンにより魅力が高まった男性は「なんだかあの人って色っぽい」と、女性を知らず知らずのうちに惹きつけます。

ジェントルマンであれ

女性にとって「ジェントルマン・紳士である」というのは、とても好感度が高いといえます。普段からレディーファーストで何気ない心遣いをするだけで女性は惹かれていきます。妙になれなれしかったり、ボディータッチが多かったりすると、相手を嫌な気分にさせたり警戒されたりするので気を付けましょう。

惹きつける人のオーラの特徴

オーラは持って生まれたものだけではなく、努力によって身にまとうことができます。まずは、チャレンジしてもらいたいポイントをご紹介します。

笑顔が素敵

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

笑顔は最大の武器と言いますが、まさにそのとおりです。作り笑顔ではなく、心から笑っている笑顔は、見ている人を癒して元気づけることができます。いつもニコニコしている人は、それだけで素敵に見えて人を惹きつけるオーラが出ます。

普段から顔の表情筋を鍛えておくと、引きつらずに自然な笑顔がでてきます。表情筋は約40種類もあると言われています。日々のトレーニングで人を惹きつける笑顔を目指しましょう。

人当たりがいい

初対面でも「この人は話しやすい、もっと仲良くなりたい」と思われるのが、人を惹きつけるポイントです。また、多くの人に囲まれても好き嫌いや損得勘定なしで、分け隔てなく平等に周りの人たちと接することがでます。そうすると、さらに周りに人が惹きつけられてきます。

人当たりが良いとは、社交的でコミュニケーション能力が高いということです。まずは会話を弾ませるために、普段挨拶のみの場合は、小さな話題も加えると相手も話しやすくなります。

気配りができる

周りにたくさん人が集まってくると、ぞんざいに扱ったりしがちですが「惹きつける人」はそのようなことはしません。あくまでも、一人一人を大切にして丁寧に関わっているので、何気ない気配りが自然とできます。

例えば、一人だけ輪の中に入れずにずっとポツンと寂しそうにしている人に話を振ってみたり、感謝の気持ちを忘れずにちょっとしたお土産やお誕生日プレゼントを渡したり、自分がされて嬉しいことや気配りを自然に楽しんでできるのが、「惹きつけるオーラ」に変わります。

立ち振る舞い

惹きつけるオーラがある人は、歩き方やしぐさや所作も洗練されていて素敵です。そのような人だと、ついつい目で追って見ていたくなります。

がさつさを直したり、壁立ちをして姿勢を矯正したり、歩き方に気を付けたりと自分でできることがたくさんあります。

人を惹きつける話し方

惹きつける話し方とは何か、自分だったらどんな話を聞いていたいか、少し気を付けるだけで人を惹きつけるトーク力が身につきます。交渉やプレゼンテーションなどでも、トークで人を惹きつけて動かしていくことが必要になります。

間の取り方で惹きつける

話の中での「間」の取り方が上手な人は、聞いている側を「次は何を言うのだろう」と期待させて話に集中させます。一番伝えたいことの前で上手に「間」をとってみると、人を惹きつけられます。

話すスピードと強弱

大切な部分で話すスピードを遅くして注意を惹いたり、声の抑揚をつけることによって聞き手が最後まで飽きない話し方ができます。一定のスピードではなく、話の中で強弱をつけて聞き手を惹きつけましょう。

面白い話で惹きつける

「聞きたいと思える話=面白い話=惹きつける話し方」となります。では、面白い話とはどのようなものかというと、「共感できる」「フリとオチのギャップ」「想像を裏切る」ことが必須です。また、話すときの声のトーンも重要ポイントです。トーク力のある芸人さんなどをお手本に、話の構成の仕方を勉強するのも良い方法です。

努力で人を惹きつける人になれる!

子供を惹きつける方法・惹きつけるプレゼンをする方法|話術

持って生まれたものではなく、子供から大人まで、努力して話し方やちょっとしたコツ・気遣いをすることで「人を惹きつける」ことができます。そうなれたら「人に影響力を与えられる人」にも成り得ます。

周りにいる「人を惹きつける人」を観察して勉強するのも良い方法です。何事にも努力が必要ですが、「人を惹きつける人」になって、ぜひあなた自身が周りの人を笑顔にできる人になってください。

Related