Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月09日

【男女別】駄々をこねる子供の心理・対応の仕方・いつから

子供の育児を行う中で多い悩みが、イヤイヤ期です。我が芽生えるようになる2歳前後になれば、子供は駄々をこねることが多いです。子供が駄々をこねる時には、親はどのように対応したら良いのでしょうか。今回は、駄々をこねる子供の心理と対処方法についてご紹介します。

【男女別】駄々をこねる子供の心理・対応の仕方・いつから

男女別駄々をこねる子供の心理

子供の育児で、お母さんが悩む原因の1つがイヤイヤ期です。世界共通の悩みで、2歳頃になり、自我が芽生え出すと子供はイヤイヤと駄々をこねることが多いです。

子供は、大人のように自分の要求や感情を伝えることができません。我慢をする方法もわからないので、大人にストレートな感情をぶつけることになります。これが駄々をこねることに繋がります。また、大人に甘えたくて愛情を確かめたいと感じた時に駄々をこねるという行動にでることもあります。

男の子

男の子でよくある駄々をこねる方法として、物に当たったり暴れることが多いです。子供といえども男の子なので、体力や力があるので、抑えるのが大変になります。お母さんが注意をしても、「うるさい」や「ばか」など汚い言葉を使って大人をからかうことが多いのも男の子の特徴です。

このように駄々をこねる心理としては、汚い言葉や暴力などを使ってお母さんに振り向いて欲しいという心理が働いています。お母さんが同じように汚い言葉を使ってしまうと、子供はいつまでも汚い言葉や暴力を使って相手を従わせようという悪い癖がついてしまうので注意しましょう。

汚い言葉を言われたら、お母さんはどのような気持ちになるのかを子供に説明しましょう。暴力の場合には、スキンシップを取って面白おかしく遊んであげたり、スイミングやサッカーなどの体力を使う習い事をさせるのもおすすめです。

女の子

女の子でよくある駄々をこねる方法としては、片付けなどをするように言っても、いつまでも行わないということが多いです。片付けはしないのか話しかけても、今からするつもりだったと怒って駄々をこねるという特徴があります。

このように駄々をこねる心理としては、お片付けなどが楽しくないからお母さんに甘えたいといった心理が働いています。この場合は、お母さんとどっちが早く片付けることができるのかなどゲーム形式にして、楽しくお片付けなどをするようにしましょう。

女の子は、言語発達が早い場合が多いです。駄々をこねる女の子には、なぜ駄々をこねるのかを聞いてみるようにしましょう。子供の訴えを聞いてあげることで、子供はわかってくれようとしていると判断してくれます。

駄々をこねる子供への対応の仕方

子供は、お母さんやお父さんへの愛情を確認したいので駄々をこねるという方法をとります。駄々をこねる子供に、強く叱ってしまうお母さんやお父さんは多いです。しかし、駄々をこねる子供を強く叱ってしまうと、愛されているのか、好きじゃないのかと不安になります。

駄々をこねる子供へはどのように対処をすれば良いのでしょうか。駄々をこねる子供への対応の仕方をご紹介します。

駄々をこねる子供にお母さんが何を言っても効果がない場合もあります。お母さんの言うことを聞かない場合であっても、お父さんの言うことは聞く場合もあります。お母さんが何を言っても聞かない場合には、お父さんの力を借りてみましょう。

しつけ

子供が駄々をこねるようになり、何もかもイヤイヤと言われると、こちらもイライラしてしまいます。しかし、ここで手を出すのは子供にとって良い影響を及ぼしません。駄々をこねる子供には、してはいけないと強く叱るのではなく、一度子供の言うことを受け入れることが大切です。

ご飯いらないと言われてしまった場合には、ご飯はいらないのねと一旦子供の話を聞いてあげましょう。その後、子供がお腹すいたと言い出したときがチャンスです。「さっき食べてなかったからお腹すいたのね、どのおかずを食べる?」と優しく聞いてあげるようにしましょう。

片付けをしない場合には、お母さんがおもちゃを踏んだふりをして痛いとアピールしてみるようにしましょう。もし、片付けをしないからおもちゃがなくなったとしたら、一緒に片付けをして、片付けをする意味を教えてあげましょう。

子供が駄々をこねるのはいつからか

赤ちゃんだった子供が、駄々をこねるようになるのはいつからなのでしょうか。子供は1歳半ごろになると自己主張が強くなってきます。記憶力もついてくるので、こだわりが強くなり、駄々をこねるようになってきます。

何をするにも嫌と反抗されるので、お母さんもお父さんも辛い時期ですが、駄々をこねる時期には終わりが来ます。色々な友達と遊ぶようになる3歳から4歳になれば、駄々をこねることはおさまってくることが多いです。

しかし、個人差はあるので、周りの子と比べてしまうのではなく、子供の個性に合わせてイヤイヤ期に付き合ってあげるようにしましょう。

場所別駄々をこねる子供への対処法

子供は駄々をこねるような時期になれば、どのような場所でも駄々をこねるようになります。自宅で駄々をこねるのも困りますが、外出先で駄々をこねられた時には周囲の人の目も気になりますし、どのように対処すれば良いのか悩むことも多いです。場所別駄々をこねる子供への対処法についてご紹介します。

自宅

自宅で駄々をこねられた場合の対処法は、一緒に遊ぶことです。子供は、家事を行いたいときに限って駄々をこねることが多いですが、後回しにできる家事であれば、子供と遊ぶことを優先してあげましょう。

100%子供の要求を呑む必要はありません。洗濯物をしているのであれば、干したり畳むのを少し手伝ってもらうようにしましょう。

どうしても要求にこたえられない場合には、これが終われば必ず遊ぶということを約束するようにするとお母さんの言うことを聞いてくれる場合もあります。

スーパー

スーパーやおもちゃ売り場で、泣き叫んでいる子供を見ることは多いです。実際にスーパーやおもちゃ売り場で駄々をこねられた時には、どのように対処すれば良いのでしょうか。

スーパーやおもちゃ売り場で、泣き叫ぶからそのまま子供の要求をとおしてあげると、泣き叫べばお母さんもお父さんも言うことを聞いてくれると間違ってたことを学んでしまいます。

断固としておもちゃやお菓子買わない姿勢を見せるのも良いですが、なぜ買わないのか、どのようにすれば良いのかを説明するのがおすすめです。忍耐が必要なことですが、子供を良い方向に導きたいのであれば必要な道のりです。

放っておいても良い?

子供がスーパーなどで駄々をこねた際に、放っておく方法を取る人もいます。親がおどおどしてしまうというのも良くありませんが、スーパーなどさまざまな人がとおる道で駄々をこねている子供を放置するのはおすすめしません。

子供は見捨てられたと感じて余計に強く泣き叫びますし、なにより他の人に迷惑をかけてしまいます。冷静に毅然とした態度でいけないことだと注意するようにしましょう。

年代別駄々をこねる子供への対処法

子供がまだ小さい時の場合には、スキンシップをとってあげたり、気をそらせたりするのが効果的です。なんでも自らで行いたいという要求があれば、できる限り子供に選ばせたり、子供に決めさせてあげるようにすると良いでしょう。子供が小さいのであれば、好きなぬいぐるみやキャラクターの力を借りるという方法も有効です。

駄々をこねるといういわゆる反抗期は、小さい年代の時だけではありません。中学生の子も反抗期がありますが、もちろん2歳や3歳の子と同じような対処方法をとっていては、余計に反抗を助長させてしまいます。

中学生などの反抗期はどのように対処すれば良いのでしょうか。年代別駄々をこねる子供への対処法をご紹介します。

中学生

中学生に反抗期が来るというのは、よく聞く話です。中学生が反抗期になった際に、注意するべきことは、子供がカッとなっている時にはそっとしておくことが大切です。反抗している時には、何を言っても無駄です。

イライラしている気持ちがおさまったときに、改めて話をするようにしましょう。話をする時には、他の家族がいる場所ではなく、子供の自室など落ち着いて話せる場所で話すのが望ましいです。

反抗期だからといって、全て反抗するわけではありません。中学生になれば、本当に正しいことが理解できます。本当に正しい部分に関しては、素直に認めてあげるようにしましょう。

高校生

高校生になると、他人の目が気になるようになってきます。周囲の人間から評価されると認識するようになります。また、年齢を重ね、大人に近づくことで、親と同じ立場に立っているという意識を持ちます。

同じ立場にいる親に、過剰に干渉されることで、反発心を強く持つようになります。特に物事を言いやすいお母さんに反抗することが多いです。この場合は、無理に干渉しようとはせずに、相手は大人であると認めて、距離をとるようにしましょう。

また、子供に自慢話をさせてあげることも、対処法の1つです。反抗期ではなくても、自慢話をするのは気分の良いことです。学校で少しでも自慢できるようなことがあると感じたら、その話を聞き出すようにしましょう。

子供が駄々をこねた場合のストレス解消方法

【男女別】駄々をこねる子供の心理・対応の仕方・いつから

子供が駄々をこねる時期は、どうしてもストレスがたまりやすくなります。ストレスがたまりすぎてしまうと、子供やお父さんに八つ当たりをしてしまう可能性もあります。ストレスがたまる前に、ストレスを解消するようにしましょう。

スーパーやおもちゃ屋さんなど子供がいつも同じ場所で駄々をこねるのであれば、その場所へ行く前に約束事をするようにすると少し駄々をこねる頻度が軽減されます。また、その場所へ行く時間が決まっているなどがあれば、少し余裕を持って行動するようにしましょう。時間にせまられると余計にイライラしてしまいがちです。

どうしても気持ちのコントロールかきかないのであれば、子供と一緒に駄々をこねてみるのも良いでしょう。子供の行っていることを客観的に見せることで、子供の羞恥心を煽ることができます。

駄々をこねる子供にも理由がある

【男女別】駄々をこねる子供の心理・対応の仕方・いつから

子供はお母さんやお父さんが嫌いで駄々をこねるわけではありません。お母さんやお父さんに愛されているのか心配になって駄々をこねるようになります。普段からスキンシップをとったり、子供とたくさん遊んであげることで、駄々をこねるといった方法を使わなくても子供は安心できるようになります。

いくら愛情をかけていても駄々をこねることは子供の成長過程なので、どのような親でもとおる道になります。駄々をこねる子供にも理由があると考えて、強く叱るのではなく、優しく受け止めてあげましょう。

Related