Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月14日

ジュニアシートへの切り替え時期|おすすめ5選

チャイルドシートやジュニアシートの対象期間を知りたい方はいらっしゃいますか?わざわざ、販売店に調べに行くのは大変です。そこで今回は、チャイルドシートの購入時期やジュニアシートへの切り替え時期、おすすめのアイテムについてご紹介します。

ジュニアシートへの切り替え時期|おすすめ5選

チャイルドシートとジュニアシートを使う理由

チャイルドシートは、身体の小さいお子さまの命を守るために使う乗員保護装置です。ご家族が運転中でも、安全に過ごせられるように座席ベルトを固定するように作られています。チャイルドシート以外にも、年齢に応じてジュニアシートも使われることがあります。では、実際にチャイルドシートとジュニアシートを使う理由をご説明します。

罰則

先程お伝えしたとおり、チャイルドシートとジュニアシートを使う理由は、お子さまの安全を確保するためです。小さなお子さまを自分で危ないのか、安全なのか認識することができません。

そのため、チャイルドシートとジュニアシートは、平成12年4月1日から使用義務が設けられました。また、運転者が故意にお子さまの安全を確保せずに同乗させた場合は、幼児用補助装置使用義務違反になります。罰則として点数1点が引かれます。

チャイルドシートとジュニアシートの使用目安

罰則を受けたくない方は、正しい知識を持った使い方が大切になります。それでは、もっと詳しくチャイルドシートとジュニアシートの使用目安、安心な運転をしたい方におすすめのアイテムなどをご紹介していきます。

チャイルドシートはいつまで

チャイルドシートは、6歳未満の幼児に対して使い、大人用シートベルトは使いません。特に、小さな子供は走行中に身体を動かして胸を圧迫させる危険性があるため、チャイルドシートは年齢に適したものを選びましょう。

例えば、生後約10か月までのお子さまにはベビーシート、生後約10か月から4歳までよお子さまには幼児用のチャイルドシートがおすすめです。約4歳から10歳までのお子さまは、ジュニアシートになります。

ジュニアシートはいつから

ジュニアシートは約4歳から10歳まで使われ、背もたれが付くタイプや、ブースターモードのジュニアシートがあります。チャイルドシートよりも固定する場所が少なくなり、3点式のシートベルトを着用しています。また、お子さまの体型によっては、使用できない場合もあるため事前の確認が必要になります。

年齢ではなく身体の成長に合わせる

お子さまの年齢だけでなく身体の成長に合わせて、チャイルドシートやジュニアシートを検討する人が多いです。チャイルドシートとジュニアシートの使用目安は、以下のとおりです。

身長100cm未満

身長100cm未満の方は、幼児用のチャイルドシートがおすすめです。幼児用のチャイルドシートは、身長100cm以下で体重は18kgと推奨されています。そのため、年齢が4歳までのお子さまに適していると言えます。

身長が140cm以下

身長が100cm以上140cm以下の方は、ジュニアシートがおすすめです。ジュニアシートでは、身長135cm以下で体重は15kgと推奨され、チャイルドシートよりも座高が高い作りになっています。そのため、体格が大きくなってきた10歳までのお子さまに適していると言えます。

安心運転思考のあなたにおすすめのアイテムはこちら

安心な運転をしたい方には、日本育児のチャイルドシート「トラベルベスト」がおすすめのアイテムです。国の基準に適合しているチャイルドシートで、衝突時に子供を守れるチャイルドシートです。

トラベルベストは、1歳頃から7歳頃までのお子さまに使えるチャイルドシートで、成長に合わせて色々なタイプに変更できるタイプです。例えば、ヘッドレストやハーネス、バックルの位置を高くして、大きくなった体型にも合わせることができます。もちろん、3点で固定しますので、安心安全思考の方におすすめでしょう。

ジュニアシートおすすめ5選

それでは、現在ネットで売られているジュニアシートの中で、最も売れているおすすめ商品や最新のおすすめ商品を合計5つご紹介します。ぜひ、ジュニアシートの購入時の参考にしてみてください。

おすすめ1:「GRACO コンパクトジュニア」

おすすめ1位は、グレコのコンパクトジュニアです。このジュニアシートは、 サイドに収納式カップホルダー付いており、成長に合わせてベルトの高さを調節できるタイプになっています。

また、このジュニアシートは、可愛らしい赤と黒のデザインになっており、しっかりと身体にフィットします。もちろん、3歳頃から11歳まで使え胸を圧迫したり、不快感はありません。

この安さでこのしっかり感はありがたいです。
肘おき?の高さも調節できます。
シートベルトに付ける、位置調節の部品もついてます!(首が擦らないように、位置を変えられる物です。)

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/B005CF4OWI/R2ITRMXI... |

おすすめ2:「Aprica エアグルーヴ AG」

おすすめ2位は、Apricaのエアグルーヴです。このジュニアシートベルトは、 1歳から11歳までのお子さまに使え、軽量素材でできています。また、先程のおすすめ商品とは異なり、5点式のベルトになっています。

5点式ベルトでしっかりと支えたり、背もたれが付くジュニアシート、背もたれを外してシートベルトを着用できるブースターモードまで使えるおすすめのアイテムです。

孫(4歳)の帰省に合わせて購入しました。
一見すると複雑な作りでしたが、マニュアル通りに行って、適切なセッティングが出来ました。
お陰様で、窮屈さも無く、孫は大喜びでした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/B0157W5JN8/R2FXT1XV... |

おすすめ3:「タカタ チャイルドガードジュニア」

おすすめ3位は、タカタのチャイルドガードジュニアです。この商品は、ISOFIX技術を搭載しており、安全性は高いおすすめの商品です。3歳から12歳までの幅広い年齢に対応しており、ロックや取り外しも簡単になっています。安全思考の運転をしたい方には、タカタのジュニアシートもおすすめでしょう。

3歳7ヶ月の娘はまだ100cm弱なので座ると「よっ!社長」みたいな
大きくどっしりした感じですが、ホールド感と座り心地が良い様で
気に入っていました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/B06XY4DMY1/R1EKPJWS... |

おすすめ4:「レカロ ジェイスリー ジェット」

おすすめ4位は、レカロのジェイスリージェットです。こちらのジュニアシートは、3歳頃から12歳頃までのお子さまに使えて、 背もたれの高さを5段階まで調節できるおすすめ商品です。また、ジュニアシートのサイドにカップホルダとコンビニBOXを取り付けることもできます。これにより、お子さまの飲み物や絵本を置いて、車を運転することが可能です。

1歳児以降や3歳児以降のいろいろな製品を見て、1番しっかり感(守ってくれそう感)があったので決めました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/B0776SYP32/R26F2TLW... |

おすすめ5:「コンビ ジョイトリップ」

おすすめ5位は、コンビのジョイトリップです。こちらの商品は、チャイルドシートとジュニアシートの両方のタイプに変更でき、お得になっています。お子さまの成長に合わせて使い分けられ、安全性も抜群です。さらに、本体とマルチフィットシートを押し当てることで、「1秒タオル」にもなります。

予想を裏切って軽くて使い易いチャイルドシートでした!
新生児には使用できないが、1歳から長く使えるので使用期間を考えればコストパフォーマンスは良いと思える。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/B07DDG3LMQ/R2YC4ICW... |

的確な判断で子どもの安全を守ろう

的確な判断で子どもの命を守るためには、チャイルドシートやジュニアシートの役割りを知りましょう。また、二つを装着していない時に、どのような事故が起きるのか知ることも大切です。

例えば、4点時期シートベルトを装着していないと、衝突時に体が飛び出して、首を骨折する恐れがあります。たとえ大人が快適な環境でも、子供にとっては車の中が快適だとは限りません。

車で快適に過ごすには

子供が車で快適に過ごすには、対象年齢、適正体重、適正身長を確かめて3カ所や4カ所をしっかりと固定させましょう。ひざの上て抱っこしてもいけませんので、正しくチャイルドシートやジュニアシートを活用してください。

Related