Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月26日

ギャルママならではの特徴5つ・ギャルママとは

みなさんはギャルママを見てどのような印象を持ちますか。良い印象を持たれる方はあまりいないのではないでしょうか。今回はギャルママの特徴について紹介していきます。怖いという印象を持たれてしまいがちなギャルママですが、実際のところどうなのでしょうか。

ギャルママならではの特徴5つ・ギャルママとは

ギャルママとは

ギャルママ=若いママというイメージがありますが実はそうではありません。若くして子供を出産していてもギャルママでないママはいますし、一方で30代になってもギャルママなママはいます。ではどういった点でギャルママ、ギャルママでないママと判断されるのでしょうか。

ギャルママかどうかは見た目で判断されることが多いです。ここではどのような見た目の特徴からギャルママと言われれいるのかどうか紹介していきます。

派手な髪色

ギャルママかどうか判断される判断材料として最も多いのは、派手な髪色です。ギャルママ=派手な髪色とイメージしている人は少なくありません。

ギャルママに髪の色が黒い人は少なく、明るい髪色で、金色に近い髪色のママが多い傾向にあります。ギャルママの中にも髪色が暗い人が居ますが、その場合でも真っ黒の髪色ではなく暗めの茶色と茶色が入っているケースが多いです。

化粧が濃ゆい

化粧が濃ゆいかどうかもギャルママかどうかの判断材料となります。ギャルはナチュラルメイクとは無縁であるため、年齢が若いママでもナチュラルメイクであればギャルママとは判断されません。

ギャルママはアイラインにつけまつげなどアイメイクに気合いを入れている人が多く、カラコンを入れている人も多いです。すっぴんになると幼くなる、誰か分からないとなるのがギャルママの特徴であると言えるでしょう。

露出の多いファッション

ギャルママかどうかの判断材料としてファッションもあります。ギャルママは露出を好む傾向にあり、キャミソールやタンクトップの上にカーディガンなどを羽織らずとも外に出ることができ、またショートパンツやミニスカートを好み足を露出していることが多いです。

露出の多いファッションを好むギャルママは体形が独身前と変わらず細い人が多いです。そのため露出の多いファッションを着ることができるのでしょう。

ギャルママならではの特徴5つ

ギャルママと聞いてあなたはどのような印象を持ちますか?ギャルママと聞いて良い印象を持っている人は少ないのではないでしょうか。ここではギャルママの内面的な特徴について紹介していきます。

ギャルママと聞いて悪い印象を持っている人は、ギャルママの特徴についてぜひチェックして下さい。私たちは外見で人を判断してしまいがちですが、外見で人を判断するべきでないということを知ることができるでしょう。

特徴1:しっかりとした考えを持っている

ギャルママはしっかりとした考えを持っています。常にこうありたいというイメージを持っており、またこうありたいイメージに近づくにはどうすればいいのか道が見えている人が多いです。結婚して子供が生まれてもギャルを続けているギャルママは誰よりもしっかりとした考えをもち、努力を怠ることはありません。

特徴2:自分の信念を曲げない

ギャルママは自分の信念を強く持っており、信念を曲げません。10代の頃ギャルだった人は少なくなく、また結婚し子供を産むまでギャルだったという人も少なくありません。しかし多くのギャルだった女性は、結婚し子供が生まれたことで周りの目を気にしてギャルを卒業してしまいます。

卒業していくギャルが多い中ギャルママとしてギャルを続けることができるのは、自分の信念を曲げない強い気持ちを持っているからでしょう。

特徴3:人の意見に左右されない

結婚するまでギャルだったという人も、結婚して子供が生まれたら落ち着く人が多いです。しかし結婚して子供が生まれてもギャルを続けるという人は、周りに流されない強い意思を持っています。

結婚して子供が生まれてもギャルを続けることに対し、周りから否定的な意見もあったでしょう。否定的な意見があっても人の意見に左右されない強い意思を持った女性、それこそがギャルママでの特徴ではないでしょうか。

特徴4:子供にしっかりと向き合っている

ギャルママだから子供を放置しているということは絶対にありません。それどころか、子供にしっかりと向き合っているママが多いです。ギャルママには自分の知らないことを知ろうとする勉強家な一面があります。子供と一緒に成長していこうというギャルママは多いです。

「ギャルママの子だから」と周りに言われ子供が嫌な気持ちにならないようしっかりとしつけを行い、子育てを行っているギャルママが多いです。

特徴5:将来の計画を立てている

ギャルママは将来の計画を立てている人が多いです。将来の目標を立て、目標を達成するためには今なにをしたらいいのか分かっている人が多いという特徴があります。

家を建てたり、新車を買ったりしているギャルママが多いのは、しっかり将来の計画を立て、実現できるように努力しているからです。

子供としっかり向き合いたいあなたにおすすめ!

子供としっかり向き合いたいというギャルママにおすすめしたいのは、尾木ママこと尾木直樹さんが書いた本「尾木ママの子どもの気持ちが「わかる」すごいコツ」です。

尾木ママとっておきの親子のコミニケーション術が書かれています。子供としっかり向き合いたいという方は、親子でどのようなコミニケーションを取っていけばいいのかこちらの本で学んでいきましょう。

ギャルママのデメリット

一般的にギャルママはメリットよりもデメリットの方が多いです。ギャルママと聞くと、良い印象を持たれる人よりも悪い印象を持たれる人の方が多いからでしょう。実際にギャルママにはどのようなデメリットがあるのか紹介していきます。

見た目で判断されがち

ギャルママ最大のデメリットは見た目で判断されがちということです。髪色が明るくメイクも濃ゆい、露出の多いファッションを好むギャルママは子育てをきちんとしていないのではないかと思われがちです。

子供の世話はそっちのけで、自分のことばかりではないかと見た目で判断されてしまうということがギャルママのデメリットになります。

怖いという印象を持たれる

ギャルママは第一印象で怖いという印象を持たれてしまいがちです。怖いという印象を持たれてしまうと、なかなか近付いてもらえません。近付いてもらえないと内面を知ってもらうこともできません。内面が素敵で怖くない人であっても、外見で怖いという印象を持たれてしまうことがギャルママのデメリットです。

世間体が悪い

ギャルママは世間体がよくありません。世間体が悪いため世間からの風当たりが強く、なにもしていないにも関わらず影口をたたかれてしまうということがデメリットになります。ギャルママの世間体が悪いことで子供への風当たりも強くなってしまうケースも少なくありません。

ギャルママでも中身がしっかりしている人が多い

ギャルママだからと人を外見だけで判断することはよくありません。ギャルママでもしっかりとしている人はたくさんいます。一方しっかりしている見た目であるにも関わらず、しっかりしていないだとか子供を放置しているママも少なくありません。見た目で判断せずその人の内面を見ることができるような人になりましょう。

いろんな世代の人気ファッションについて知ろう

世代によって人気のファッションは異なります。自分の世代の人気のファッションを知り、人気のファッション流行りをうまく取り入れていきましょう。ママだからとおしゃれを我慢したり、周りの目を気にしてばかりというのはもったいないです。

Related