Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月26日

育児に疲れた時の対処法14選|育児疲れになりやすい人はリフレッシュしよう

育児は年中無休の、とてもハードな仕事です。育児に疲れたけれど、その辛さや悩みを誰かに打ち明けることができずにお悩みの方も多いことでしょう。この記事では、育児に疲れた時の対処法などについてご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

育児に疲れた時の対処法14選|育児疲れになりやすい人はリフレッシュしよう

育児に疲れた時に出る症状

残念ながら先進国の中でもずば抜けてジェンダー・ギャップが大きく、育児は母親の仕事であり父親は「手伝う」存在であるという認識がいまだまかり通っている日本では、女性に育児の負担が大きくのしかかる傾向にあります。

いわゆるワンオペ育児によって、へとへとに疲れ切っている女性も多いことでしょう。ここからは、育児に疲れた時に出る症状をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

症状1:イライラする

育児に疲れた時に出る症状としてまず挙げられるのが、無性にイライラするということです。特に何か嫌なことがあったわけではないのに、ずっとイライラ感が消えない場合には、育児疲れの可能性があります。

育児は一年中一日も休みがないとてもハードな仕事ですので、気が休まる時がなかなかありません。そのため、無自覚のうちに大きなストレスをためこみ、それを発散できない結果、常にイライラしてしまいがちです。

症状2:何もする気が起きない

育児に疲れた時に出る症状の一つとして、何もする気が起きないということも挙げられるでしょう。子供の出産前は家事や掃除をテキパキとこなしたり、趣味を楽しむことができていたのに、育児に疲れたことが原因で何に対しても関心や喜びを見いだせなくなる人も少なくありません。

このような場合には、育児に疲れたことによって相当なストレスをため込んでいる状態にあると言えるでしょう。

症状3:常に眠気を感じる

常に眠気を感じるということも、育児に疲れた時によく出る症状の一つとして挙げられます。育児中はなかなか睡眠時間が取れず、またかろうじて睡眠時間を確保できたとしても、子供に途中で起こされてしまう親御さんも多いことでしょう。

育児が原因で慢性的に寝不足が続くことが多いため、どうしても心身ともにひどく疲れた状態に陥ってしまい、常に眠気を感じてしまいがちです。

症状4:体調不良

育児に疲れた時に出る症状の一つとして、体調不良も挙げられるでしょう。たとえば、「頭が痛い」「肩や首筋が重くて凝っている」「便秘が治らない」といった症状が出がちです。

育児中は睡眠不足になりやすく、またストレスがたまりやすいので、このようにさまざまな身体の部位に体調不良が出やすいと言えるでしょう。また、スキンケアに時間を十分に取ることができないため、肌荒れも起こしやすくなります。

育児に疲れた時の対処法14こ

以上では、育児に疲れた時に出る主な症状についてご紹介してきました。育児は、想像以上に大変でハードな仕事です。会社の仕事のように休みがあるわけでもなく、子供に付きっ切りでお世話をしなければならないため、心身共に大きな負担がかかると言えるでしょう。

ここからは、育児に疲れた時におすすめの対処法を14個ピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

対処法1:子どもを預けて一人の時間を作る

育児に疲れた時におすすめの対処法としてまず挙げられるのが、子どもを預けて一人の時間を作るということです。夫が仕事が休みの日には、夫に子どもを任せて自由な時間を持つようにしましょう。

例えばカフェに行ったり、美容院に行くのもおすすめです。子どもを預けて一人で過ごすことに罪悪感を抱く親御さんもいますが、いい親でいるためには、たまには育児を休み自分の時間を持つことが必要です。罪悪感を抱く必要はありません。

対処法2:頑張った自分へのご褒美

頑張った自分へのご褒美をあげるということも、育児に疲れた時におすすめしたい対処法の一つとして挙げられるでしょう。育児は非常に大変な作業なのに、会社の仕事ように誰かに認められたりお給料をもらえるわけではありません。

だからこそ、育児で疲れた時には頑張った自分にご褒美をあげましょう。ちょっとお高めの美味しいスイーツでもいいですし、欲しかった服やバッグ、マンガなどを買うのもおすすめです。

対処法3:子どもと一緒に寝る

育児に疲れた時におすすめしたい対処法の一つとして、子どもと一緒に寝るということも挙げられます。睡眠不足は心と体のあらゆる不調の原因になってしまいますので、子どもと一緒に寝ることで、少しでも睡眠時間を確保することが大切です。

一日の中で決まった時間帯に子どもと一緒に寝るようにパターンを作ることで、心と体の疲れや負担を少し軽減することができるでしょう。ぜひ試してみてください。

対処法4:スキマ時間に楽しみを作る

スキマ時間に楽しみを作るということも、育児に疲れた時におすすめしたい対処法の一つとして挙げられるでしょう。ちょっとした時間で楽しめる、とっておきの楽しみを作るだけで、辛く大変な育児中でもポジティブな気持ちを取り戻すことができます。

たとえばお気に入りの番組やドラマを録画して置いて、それを子供が寝た隙に観るのもよいでしょう。また、美味しいお茶とスイーツを楽しむのもおすすめです。

対処法5:家事も育児も手抜きをする

育児に疲れた時の対処法の一つとして、家事も育児も手抜きをするということが挙げられます。育児も家事も常に完璧にこなす必要は、全くありません。

むしろ、完璧にこなそうとして心身疲れ切ってしまう可能性が高く、その結果育児も家事もできない状態に陥ってしまう可能性さえあります。手抜きは決して悪いことではありませんので、お惣菜や冷凍食品を活用したりするなどして、いい具合に手抜きをしましょう。

対処法6:「~であるべき」の常識に囚われない

「親ならば~であるべき」「~しなければいけない」という常識に囚われないようにするということも、育児に疲れた時のおすすめの対処法として挙げられるでしょう。

そもそも、育児方法は子供によって全く異なるものであり、有名な教育者が提唱している育児方法が我が子にとってベストであるわけでもありません。「自分はダメな親だ」と悲観してしまいかねないので、「~べきだ」という常識に囚われないようにしましょう。

対処法7:思うままに気持ちを書きなぐる

育児に疲れた時におすすめしたい対処法の一つとして、思うままに気持ちをノートに書きなぐるということも挙げられます。今の気持ちを思うままに紙に書きなぐることによって、積もり積もったストレスやネガティブな感情を解放してあげることができるでしょう。

また、紙に気持ちを書きだすことによって、自分がどういう精神状態にあるのかを客観的に理解することができるため、ストレスと上手く付き合えるきっかけも得られます。

対処法8:思いっきり泣く

思いっきり泣くということも、育児に疲れた時におすすめしたい対処法の一つとして挙げられるでしょう。「涙活(るいかつ)」という言葉があるほど、泣くことはストレス発散や心をリラックスさせるために効果的な行為です。

恥ずかしがらず、思いっきり声を出して泣いてみてはいかがでしょうか。感情を露わにすることで、内側にため込んでいたストレスを解放し、育児で疲れた気持ちを楽にすることができます。

対処法9:嬉しかった出来事を思い返す

育児で疲れた時におすすめしたい対処法の一つとして、嬉しかった出来事を思い返すということも挙げられます。

たとえば子供がはじめてハイハイをしたこと、はじめて笑顔を見せてくれたことなどの嬉しい思い出を思い返すことで、育児で疲れた心を癒し、幸せな気持ちを取り戻すことができるでしょう。

また、家族や友人と共有できる嬉しかった出来事について会話の中で一緒にふり返ってみれば、より効果的です。

対処法10:太陽の光を浴びる

育児で疲れたときにぜひ試してもらいたいおすすめの対処法の一つとして、太陽の光を浴びるということをご紹介します。人は太陽の光を浴びることで、体だけでなく心も健康になることができるからです。

逆に言えば、家の中に閉じこもっていれば太陽の光を十分に浴びることができないため、気分が落ち込みやすくなってしまうでしょう。育児で疲れた時にこそ、積極的に公園などに外出をして日光浴をすることが大切だと言えます。

対処法11:何もしない日を作る

たまに何もしない日を作るということも、育児に疲れた時におすすめしたい対処法の一つです。確かに育児は年中無休の仕事ではありますが、だからといって全く休みがないと心も体もエンストを起こしてしまうでしょう。

そのため、パートナーや両家の家族に協力してもらったり、あるいは市町村の託児サービスなどを利用して、丸一日何もしない日を作りましょう。そうすれば、育児で疲れた心と体を癒すことができます。

対処法12:好きな音楽を聴く

育児で疲れた時におすすめしたい対処法の一つとして、好きな音楽を聴くということも挙げられます。好きな音楽を聴くことで、精神的なリラックス効果を得ることができるからです。

元気を出したい時にはアップテンポでノリノリの曲を、心を落ち着けたい時にはクラシックやヒーリングミュージックなどの癒し系の曲をチョイスするとよいでしょう。

いずれにせよ、自分にとって一番心地よく感じる音楽を聴きましょう。

対処法13:好きなものを食べる

好きなものを食べるということも、育児に疲れた時におすすめしたい対処法の一つとして挙げられるでしょう。好きなものを食べることで幸福感を得ることができるため、育児疲れを緩和させることができます。

美味しいお茶やコーヒーと一緒にケーキやクッキーなどのスイーツを食べるのもいいですし、たまに無性にたべたくなるファストフードのこってりとしたものを食べるのもいいでしょう。

対処法14:気の許せる友人と話す

育児に疲れ切ってしまった時には、気のおけない友達と話してみてはいかがでしょうか。ママ友などではなく、学生時代からの気のおけない友人に電話をかけて何気ない会話をするだけで、疲れ切った心を楽にすることができます。

子どもや育児の話はせずに、学生時代に楽しかったことなどについて話してみてはいかがでしょうか。そうすることで育児に支配された頭の中を切り替え、気分転換することができるでしょう。

育児に疲れた時におすすめの占いサービス

育児に疲れた時や悩みを抱えている時におすすめしたい占いサービスとして、人気の電話占い「ヴェルニ」をご紹介します。ヴェルニは、電話一本で全国各地の人気有名占い師に占ってもらえるとても便利なサービスです。

対面だと話しづらいことであっても、電話を通してならば気兼ねなく何でも話すことができるでしょう。ぜひヴェルニの占いを利用してみてはいかがでしょうか。

育児疲れになりやすい人の特徴

以上では、育児に疲れた時の対処法についてご紹介してきました。育児疲れを防ぐためには、心と体が疲れ切ってしまう前に自分にあったストレス発散法を見つけること、適度な休息をとることが肝心です。

また、自分が育児疲れしやすいかどうかも知っておくとよりよいでしょう。ここからは、育児疲れしやすい人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

特徴1:真面目な人

育児疲れしやすい人の特徴としてまず挙げられるのが、真面目な性格をしているということです。真面目な人は「育児本に書いてあるとおりに育児をしなければならない」「育児に手を抜いてはならない」と、育児に全力で取り組む傾向にあります。

そのため、育児に上手くいかないと「こんなこともできないなんて自分は親失格だ」と自分を責めやすくなり、育児疲れしやすいと言えるでしょう。

特徴2:完璧にこなしたい人

完璧に何でもこなそうとするということも、育児疲れしやすい人の特徴として挙げられるでしょう。完璧主義者は、育児においても完璧を追求します。しかし、育児というものにはなかなか正解や完璧がないため、挫折感や自責の念を抱き、育児疲れしやすくなると言えるでしょう。

特徴3:神経質な人

育児疲れしやすい人の特徴の一つとして、神経質な性格をしているということも挙げられます。

神経質な性格をしていると、我が子のちょっとした行動に不安になったり、ママ友との関係や周囲の人の目線を過剰に気にしてしまいがちです。その結果、神経をすり減らしてしまって一時も気が休まる時がなく、育児疲れしてしまいやすくなるでしょう。

特徴4:悩みを表に出せない人

悩みをなかなか表に出すことができないということも、育児疲れしやすい人によく見られる特徴の一つとして挙げられるでしょう。育児による悩みや辛さを自分一人で抱え込み、パートナーや家族、ママ友などに相談することができないと、どうしても精神が擦り切れてしまいます。

育児に疲れた時は一人で悩まないで

今回は育児に疲れた時の対処法や、育児疲れの症状、育児疲れしやすい人の特徴などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

育児には絶対的な正解というものはありません。どんなに完璧そうに見える親御さんであっても、時につまづきながら育児をしています。育児に完璧さを求めず、時には手抜きをしながら、疲れた時には一人で悩まないようにしましょう。

ストレスを解消しよう

育児に疲れ切ってしまわないためにも、自分に合った方法でストレスを解消できるようになりましょう。以下の関連記事では、悩みを解消するための方法やストレスに負けない方法などについてご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

Related