Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月26日

シングルマザーが就く仕事10選|子供の預け先はどうするか

近年いろいろな理由でシングルマザーは増えてきています。一昔前はシングルマザーが仕事に就くことはとても大変でしたが、現在では多くの企業がシングルマザーを採用しています。シングルマザーが働きやすい仕事を、オススメの理由と一緒にまとめました。

シングルマザーが就く仕事10選|子供の預け先はどうするか

シングルマザーは仕事に就けるのか

近年いろいろな理由でシングルマザーが増えています。昔はシングルマザーのための制度が多くなかったのですが、現在では仕事に関するものや生活に関するものなど、シングルマザーのための制度が増えきています。

現在シングルマザーの人や、近々シングルマザーになる予定の人にとって、仕事に就くことができるかどうかは非常に大きな問題です。また、どのような種類の仕事に就くことができるのかも重要です。

シングルマザーを採用する企業が増えている

現在ではシングルマザーを採用する企業が増えてきています。昔ほどシングルマザーに対しての偏見がなくなってきたことはもちろん、時間の使い方などの観点からシングルマザーを求める企業も多いです。

シングルマザーが働きやすい企業は、他のシングルマザー以外の人たちにとっても働きやすい企業であると言えるでしょう。シングルマザーに限らず従業員にとって働きやすさは企業を選びの際に非常に重要です。

シングルマザーの仕事に資格取得は武器になる

シングルマザーは子供を出産育児している間、休暇を取っていたという人が多いです。そのためどうしてもずっと働いていた人に比べ、時間的なブランクが発生してしまうことは事実です。

時間的なブランクを埋めるために資格を取得することは、シングルマザーが仕事をする上でとても大きな武器になります。資格は誰しもに共通の判断材料になりますし、自分の仕事能力をアピールする上でとても有効です。

シングルマザーがおすすめの仕事10選

シングルマザーが就く仕事には大きく分けて2種類の仕事があります。ひとつはシングルマザーに関わらず他と同等の働き方ができる仕事で、もうひとつはシングルマザーであることをむしろ生かすことができる仕事です。

近年では仕事について男女の垣根や年齢の垣根が少なくなっているので、シングルマザーであっても就きたい仕事につける可能性は高くなっています。賃金や業務時間も考慮して仕事を探すようにしましょう。

1:作業療法士

作業療法士とは、患者に対して体と心のリハビリテーションを行う専門家です。入浴の手伝いなどの日常生活の動作から、手芸やものづくりなどのレクリエーションまでいろいろな活動を行います。

作業療法士は、コミュニケーション能力を持っているシングルマザーにおすすめの仕事です。時間外労働や出張などがないため、まだ子供が小さいシングルマザーでも働きやすい環境と言えるでしょう。

2:看護師

看護師は病院や診療所で患者のケアをする仕事です。現在、日本にある病院の多くで看護師不足が問題になっています。そのためシングルマザーの人であっても仕事を見つけやすいというメリットがあります。

看護師の仕事は激務と言われることが多いですが、患者に感謝されることも多くやりがいはとても大きいです。子供を育てること以外にやりがいを持ちたいと考えているシングルマザーの人に特にオススメです。

3:准看護師

看護師と似た仕事で准看護師という仕事があります。准看護師は医師や看護師の指示を受けて業務を行う人のことを指します。准看護師は看護師に比べ資格を取得がしやすいですが、その分、賃金がやすいことが多いです。

准看護師は看護師に比べて役割が制限されていますが、その分、労働時間が短く自分の時間を作りやすいというメリットがあります。「人の役に立ちたい」という考えを持っているシングルマザーにオススメの仕事です。

4:介護職

看護職の仕事はシングルマザーにオススメの仕事の中で最もポピュラーなもののひとつです。仕事の需要が多いというのは看護師と同様の理由ですが、自宅の近くで働きやすいという点もオススメの理由です。

介護職は町の介護センターなどに勤めることが多いため、通勤がしやすくシングルマザーに選ばれやすいです。大変な仕事ではありますが、多くの働き口があるという点では魅力的です。

5:歯科衛生士

歯科衛生士の資格を持っているシングルマザーの人であれば、産休や育休を終えた後に歯科衛生士の仕事に復帰するという人は多いでしょう。歯科衛生士の試験は難関のため、資格を持っていれば就職しやすいです。

歯科衛生士の仕事は一般に給料も良いので、子供をひとりで育てるシングルマザーに人気の仕事の一つです。病院や歯科医はスケジュール管理がしっかりしており、予定が立てやすいのも人気の理由です。

6:保険外交員

保険外交員は会社に勤めている人であれば一度は聞いたことがある仕事でしょう。オフィスに訪問し保険の説明や契約などをする仕事です。保険会社に所属しており、ノルマなどがあることもありますが契約数によって報酬制度が取られていることもあります。

保険外交員は契約を重ねると給料が優遇されることが多いので、お金がかかることが多いシングルマザーに選ばれることが多いです。

7:コールセンター

コールセンターは特別な資格も必要なく、ノウハウさえつかめば誰でもスムーズに仕事をすることができるので、シングルマザーを始め多くの人に人気の仕事です。コールセンターの需要も多く、自宅から近い場所でも働き口を探すのに苦労はしないでしょう。

コールセンターがシングルマザーに人気の理由は、シフト制になっており自分の時間を確保することが容易なためです。体力も使わないので、家で体力を使う人には特にオススメです。

8:事務職

事務職はどんな企業であっても欠かすことのできない仕事です。一言に事務職といってもその仕事は総務や労務、経理や人事などに分けられ、どれも企業を運営する上で重要な役割を果たしています。事務職のシングルマザーは産休や育休明けでも事務所に復帰することが多いです。

事務職は一度得たスキルを、その後の人生で半永久的に使うことができます。事務職として働いているシングルマザーは多くいます。

9:販売職

八百屋さんや魚屋さんなどの販売職の仕事もシングルマザーにはオススメです。特に個人商店であれば働き方や時間などにも融通が利き、子供にとっても働いている親の姿を見ることができるので良い影響を与えるでしょう。

物を売るという仕事は資格ではなくノウハウやコミュニケーション能力が優遇されるため、資格がなくとも就職には問題ありません。販売数が増えれば出世にもつながるでしょう。

10:接客業

接客業を選ぶシングルマザーは多いです。特に人と接することが好きであったり、コミュニケーション能力を生かしたいと考えている人には、接客業はオススメです。お金を稼ぐ手段としてだけでなく、仕事を楽しみたいというシングルマザーにピッタリです。

接客業は働いている人の回転が早く、どのお店でも人手を募集している状態です。「カフェが好きだからカフェで働きたい」という理由でも、仕事が見つかりやすいのが魅力です。

母子家庭支援制度を活用

シングルマザーが受けることができる、手当や支援制度にはいろいろなものがあります。それらを利用することで生活が楽になったり、仕事を見つけやすくすることができます。

母子家庭支援制度で最も知られているのが児童手当です。0歳から15歳の国内に住所がある子供がいる母子家庭に支給される手当で、毎年6月、10月、2月に振り込まれます。支援制度の多くは、現住所の市区町村役所に現況届を提出する必要があります。

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

母子家庭についての福祉制度は難しく、わかりにくいのも事実です。そのため申請をしなかったり間違った申請をしてしまうシングルマザーも多くいます。

「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」には、シングルマザーが受けることができる支援や制度がわかりやすくまとめられています。知らないままでいると村をしてしまう可能性もあるので、ぜひ目を通してみましょう。

子供の預け先はどうするか

シングルマザーが働くときには、働いている間の子供を預ける、預け先を探す必要があります。費用や場所、環境などによりいろいろな預け先がありますが、良い預け先を見つけることで安心して仕事に専念することができるでしょう。

子供の預け先を考えるときには、まず費用の面から考えるようにしましょう。環境の良い預け先であっても、家計を苦しめてしまっては元も子もありません。

1:認可外保育施設

現在シングルマザーや共働きの家庭が増えて、子供を預けられる場所が足りなくなってきています。特に郊外の保育所は入所のキャンセル待ちをしている状態が長く続いています。

認可外保育施設とは、児童福祉法上の保育所とは異なる保育施設の総称です。設置に届け出は必要なものの保育所よりも間口が広いため、多くのシングルマザーが子供を預けています。

2:保育園や認定こども園

「安全に子供を預けたい」「周りの子供の仲良くしてコミュニケーション力を養ってほしい」という考えがあるのであれば、保育園や認定こども園にこどもを預けるのがオススメです。

保育園に勤める保育士は保育のプロであり、ただこどもを預かるだけでなく、こどものいろいろな能力を伸ばす手助けをしてくれます。

3:ファミリーサポートセンター

ファミリーサポートとは、こどもを預けたい人とこどもを預かりたい人とを相互援助する働きのことを言います。例えば日中に働くためこどもを預けたいシングルマザーと、日中の時間を有効的に使いたい老夫婦を相互に援助することができます。

ファミリーサポートは、市区町村により取り組みがいろいろなので、まずは今住んでいる市区町村のサポート内容を調べてみることをオススメします。

4:子供ショートステイ

シングルマザーの中には、夜勤や1日仕事の職業についている人もいるでしょう。そういった人には、こどもを長い期間預けることができる子供ショートステイがオススメです。

子供ショートステイは、突発的に子供を預けなければならない状況になったときにとても有効です。数は多くないので、家から近いショートステイ先を前もって調べておくと良いでしょう。

安定とやりがいを大切に仕事をしよう

シングルマザーはお金の面で問題を抱えることが多いのは事実です。しかし、お金が必要だからといって、危険が伴ったり不安定な仕事に就くことはオススメできません。

子供を大切に育てることを第一の目的とし、安定とやりがいを得ることができる仕事を見つけるようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

シングルマザーにとっては、炊事や洗濯、掃除などの家事もかなりの負担です。簡単に作れるオススメレシピや、場所別の掃除の方法などを知っておくことで、余裕を持って生活を送ることができるでしょう。

Related