Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月19日

Eテレのゆるキャラ「サボさん」とは?人気の秘密4つ

NHKのEテレ番組、みいつけたのキャラクター「サボさん」についてご紹介しましまた。子供向け番組でありながら、キャラクターの設定が大人というのは、とても珍しいものです。なぜ、大人のキャラクターのサボさんが、大人から子供まで愛されているのか、説明しています。

Eテレのゆるキャラ「サボさん」とは?人気の秘密4つ

Eテレのゆるキャラ「サボさん」が人気

Eテレのゆるキャラ「サボさん」とは?人気の秘密4つ

NHKの教育番組(Eテレ)の「みいつけた」という番組の中に、サボテンの「サボさん」という謎のキャラクターが登場します。

実は、Eテレは子供番組のため、ほとんどの番組のキャラクターは子供になっていますが、サボさんは大人です。これはとても珍しいことです。

そこで今回は、謎のサボさんについて、ご紹介しましょう。

出演番組と放送時間

サボさんが出演している番組は、NHKのEテレ「みいつけた」です。

4歳から6歳の子供を対象とした教育エンターティメント番組で、放送時間は平日朝の7時45分から8時までの15分間です。再放送は、平日夕方4時45分から5時までの15分間です。

日曜日にも番組はありますが、こちらに登場するサボさんは3DのCGに変身しています。放送時間は日曜朝7時10分から7時40分の30分間です。

中の人も話題に

サボさんの中の人は、ドラマやさまざまなCM俳優さんであることがとても大きな話題になっています。

サボさんはとてもダンディな美声の持ち主です。となれば、サボさんを演じている人は、一体だれなのかとても気になります。

美声であるサボさんの声を担当しているのは、声優メインの方だと勘違いをする方が多いのですが、実は、声優歴がありません。サボさんが声優としてのデビューとのことです。

数々のCMやドラマにも出演されている俳優さんでした。

操演と声

サボさんの操演と声を担当しているのは、佐藤貴史さんという役者さんです。

Eテレの番組では、着ぐるみを使ったキャラクターは他の番組にありますが、実はそのキャラクターの中に入っている人と、声優さんは別々のパターンが多いです。

しかし、サボさんは、「いないばあ」のキャラクター、ワンワンと同様、中に入っている人が声優も担当する、珍しいパターンです。

サボさんの7つの特徴

子供から大人まで好かれるサボさんには、7つの特徴があります。大人でも見ていると、爆笑してしまうほどの、「みいつけた」の番組は、他のキャラクターはもちろんですが、サボさんの功績はとても大きいです。

では、どういった特徴があるのでしょうか。

1: 自然について詳しい

サボテンであるため、自然にとても詳しいです。基本、どこかいい加減なところがあるサボさんですが、自然についてはだけは、とても詳しいです。そのため、番組内でコーナーを持っています。

2: 一人称は「サボさん」

自分のことを、「サボさん」と呼びます。僕や私と呼んだことはありません。番組内でも、電話でレコード会社の人と話す時も、「サボさん」と呼びます。

しかし、焦らされたりすると、お姉キャラになってしまうため、「ワタシ」になります。

3: 花が咲くと一人称が変わる

花が咲くと、「サボさん」から「ワタシ」に変わります。

番組内のキャラクター、スイちゃんやコッシーに、せかされてしまったり質問攻めにあってしまうと、サボさんの右側のサボテンから花が咲き、お姉キャラになってしまいます。

4: 家事ができる

掃除も食事も洗濯もテキパキとこなします。

いわゆる家事全般をこなします。すいちゃんやコッシーの兄貴分の存在ですが、やっていることはまるでお母さんです。

しかし、時々ごはんのスイッチを入れ忘れてごはんが炊けていなかったりと、おっちょこちょいの面もあります。

5: ときどき形態変化する

サボさんは、番組内では一人しかいませんが、サボさんを元に色々なキャラクターに形態変化します。

数多くありますが、有名なところでは、宮本さん、団扇サボテンのウッチー、棘仲間の薔薇山さん、英語で喋るサボテンのサボスチャン、サボノミズ博士、サボ子というサボさんのファンなどがいます。

もちろん全てのキャラクターの声は、サボさん同様、佐藤貴史さんです。

6: サボさんのモチーフ

Eテレのゆるキャラ「サボさん」とは?人気の秘密4つ

サボテンをモチーフにしたキャラです。頭についているつぼみが開花すると、お姉キャラになります。

砂漠出身のためか、お水を与えると、サラサラのロングヘアーに変身します。

すいちゃんとコッシーと同居していますが、家族ではありません。仕事は歌手をしており、何回もコンサートを開くほどです。目標はNHK紅白歌合戦と、番組内で言っていました。

7: 他の主な出演作品

NHKの教育番組のため、基本は民法の番組に出演することはありません。Eテレの複数の番組たちが集まって行われるコンサートに出演することはあります。これは不定期で行われます。

サボさんぬいぐるみM

サボさんのぬいぐるみは、NHKショップで購入できる定番の商品です。


みいつけたは、2010年より放送されているため、現在は販売していないグッズだったり、限定商品などがあります。オークションなどで探してみると、他にもさまざまなグッズを発見することができます。

サボさん人気の秘密4つ

Eテレのゆるキャラ「サボさん」とは?人気の秘密4つ

NHKのEテレ番組では珍しい大人のキャラクターのサボさんには、実は秘密があります。

対象年齢が4歳から6歳の子供であるにも関わらず、一緒になってみている大人もはまってしまうには、きっとサボさんというキャラクターの存在が大きいことでしょう。

そこで、ここではサボさんの人気の秘密についてご紹介しましょう。

1: いわゆる「キモカワ」キャラ

サボさんは見た目気持ち悪いけど、可愛らしいキャラクターです。大きなサボテンが歩くんのは怖いし気持ち悪いです。

しかし、せかされたりテンパったりしてしまうと、頭のつぼみに花が咲いて、お姉キャラになります。これもまた気持ち悪いのですが、常に自分のことをカッコいいミュージシャンだと自信満々なサボさんは、憎めない存在です。

2: 言葉遣いが印象的

サボさんの大きな特徴は、言葉遣いが印象的だということです。キャラクターの設定は大人だからなのですが、子供と同じ目線で話をします。クイズで答えを間違えても、「あちゃー」とか「サボさんはわかるぞ。うんうん」など、とても親しみを感じます。

とはいえ、スイちゃんやコッシーの保護者的存在でもあるため、大人目線で2人をなだめたりもします。しかし、時に江戸っ子の口調にもなったりするため、目が離せません。

3: 軽妙なトーク

サボさんのトークはとても軽妙です。番組内には、サボさん・スイちゃん・コッシーの3人で行うゲームやショート劇などのコーナーがさまざまあります。

そのコーナー内で、3人が動揺して笑ってしまったり、これはアドリブなんじゃないかと思うほど、軽妙なトークで場面を盛り上げてくれます。

コッシーの声を担当しているのは、お笑い芸人であるサバンナの高橋さんですから、一緒にいるスイちゃんは、楽しくてしかたないでしょう。

4: バイオリンと美声とダンス

Eテレのゆるキャラ「サボさん」とは?人気の秘密4つ

サボさんは、バイオリンが得意である上にミュージシャンであるため、素晴らしい美声とダンスを披露してくれます。

実はサボさんの中に入っている佐藤貴史さんもバイオリンが得意です。番組内でサボさんがバイオリンを弾く場面がありますが、恐らくご自分で弾いているのでしょう。

ダンスも、上手です。コンサートを盛り上げるための練習を、スイちゃんやコッシーに見てらもらうため、ダンスを披露します。かなりキレキレの踊りです。

大人から子供までハートを鷲掴みのサボさん

大人から子供まで、見ている人のハートを鷲掴みにするサボさんの魅力は、やはり人柄です。

サボさんは何をするにも全て自然体で、カッコつけません。相手を叱るときも、相手のことを思いやって傷つけないようにしたり、どんなことでも他人を尊重するサボテンです。

子供が好きになるのは、もちろんのこと、大人が好きになるのは、サボさんのような温かみを持った気持ちを持ちたいと心のどこかで感じているからではないでしょうか。

この記事に関連する情報もチェックしよう

現代の生活において、テレビは必要不可欠です。一人暮らしでも、必ずテレビは必需品というくらいです。では、どのサイズが一人暮らしに、ちょうどいいサイズなのでしょうか。

また、赤ちゃんの笑顔はとても癒されますが、赤ちゃんは生まれてすぐに笑うわけではありません。いつ頃から笑うようになるのか、赤ちゃんが笑う歌やアプリについて、紹介している記事もあります。

ぜひ、下記の記事も参考にしてください。

Related