Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月04日

【おすすめ】白ワインに合うおつまみ|市販/簡単レシピ/条件別

あえて選ぶ白ワインと白ワインによく合うおつまみと題して、白ワインによく合うおつまみをセレクトしてみました。白ワインに合うオススメ市販のおつまみ、白ワインに合うおつまみ簡単レシピ、白ワインに合う条件別オススメおつまみの3項目に分けて紹介します。是非ご覧ください。

【おすすめ】白ワインに合うおつまみ|市販/簡単レシピ/条件別

ワインの違いって?

ワインを飲み始めてみると、赤ワインと白ワインの違いってなんだろうと考える人が多いのではないでしょうか。まずは、誰でもわかるワインの色を考えてみましょう。ワインの色の違いは見てすぐにわかるので、分かりやすい違いです。

そして、このワインの色の違いは「使用されているブドウの違いとワインの造り方が違うから」という違いの理由があります。 今回は、ワインの違いについてと、「白ワインによく合うおつまみ」をご紹介いたします。

赤ワイン

ワインを製造するにあたって、絶対に欠かすことのできないものに果物の葡萄が挙げられます。その中に「黒葡萄」と呼ばれる、その名の通り皮が黒っぽい葡萄と、「白葡萄」という皮が緑っぽい二種類の葡萄があります。例えば黒葡萄を使用して作られるワインであれば、葡萄の皮と種を一緒にしたうえで、果汁を絞って漬け込んでいきます。時間をかけて漬け込むことで黒葡萄の皮の色素が果汁に染み出し、綺麗な赤いワインが出来上がるという訳です。

この赤ワインは、熟成させる期間によってワインが持つ風味や口当たりに複雑な深みが生まれていきます。全てがそうとは言い切れませんが、ワインとは、そのワインが最も美味しい熟成される時期となとなる「飲み頃」があるので、飲み頃に合わせて口にすることでワイン本来の味を存分に楽しむことができます。

白ワイン

葡萄の皮や種を除いて、絞り取った果汁だけで造っているのが白ワインです。発酵を皮と種を抜いた状態で行うので、皮の色が液体に移ることがないため、白いままのワインができ上がります。飲み頃の温度も低めのモノが多くて、コレは代表的な白ワインの特徴でもあります。味はフルーツに例えると、桃やリンゴに似た味わいが多く見受けられます。

ワインの渋み成分であるタンニンが、白ワインには微量しか含まれていないので、赤ワインよりも口当たりが滑らかです。また、アルコール度数も低いものが多いこともあって、ワインが少し苦手という人や、ワイン初心者の方には、白ワインの方が飲みやすいです。

それぞれの楽しみ方がある

赤ワインと白ワインには、さまざまな違いがあります。その色の違いだけはなく、製造方法まで違うということは、意外と知られていなかったりしています。当然、製造方法が違うので、その味わいも全く違います。赤ワイン、白ワインの違いの比較から、さらには生産国での違いの比較まで、さまざまな国のワインを飲み比べてみると、新しい楽しみ方と発見が待っています。

白ワインとよく合うおつまみを知る

【おすすめ】白ワインに合うおつまみ|市販/簡単レシピ/条件別

ワインを飲むにあたって欠かすことのできないおつまみですが、ワインの風味などを合わせて考えると、ワイン自体にハーブの香りや木樽の香りといった「香り」がついているのであれば、その香りに合わせて「香草を使ったおつまみ」を用いたり、「バターたっぷりの料理やおつまみ」という風にジャンルを合わせてみましょう。味の方向性を統一することで、より一層ワインを楽しむことができます。

白ワインの色と合わせる

上記では香りや方向性の統一をお伝えしましたが、おつまみとワインの【色】とを合わせて考えてみましょう。白ワインであれば、白、赤ワインであれば赤、というようにワインが持つ本来の色味に近い色をした料理や食材は相性が良いと言われています。

白ワインであれば、キノコや鶏肉、淡泊な味わいの魚介類、白いソースを使った料理など挙げられます。これらの料理は白ワインとの相性が非常に良く、肉類であれば赤ワインとの相性が抜群です。

白ワインの軽さもおつまみ選定の材料に

では次におつまみと白ワインの【かるさ】とを合わせて考えてみましょう。白ワインにはその色味でおつまみを選んだ場合と同じく、口当たりの軽さからも魚貝系の食材を使った料理や、淡泊な味わい、見た目の料理であったり、野菜を使ったおつまみなど、口当たりのかるさや、かるい後味のものを選ぶと、白ワインにピッタリ合うでしょう。

白ワインに合うオススメ市販のおつまみ

【おすすめ】白ワインに合うおつまみ|市販/簡単レシピ/条件別

美味しい白ワインを飲んでると、美味しいおつまみも欲しくなります。そこでここでは「コンビニで買える白ワインによく合う美味しいおつまみ」「スーパーで買える白ワインによく合う美味しいおつまみ」「お取り寄せで買える白ワインによく合う美味しいおつまみ」この三点をご紹介します。さっそく、今夜の晩酌にでも試してみてください。

白ワインに合うコンビニのおつまみは「ポテトサラダ」

白いワインには白いおつまみをということで、ポテトサラダはとてもよく合うおつまみです。ジャガイモの甘みとマヨネーズの酸味、加えて少しの塩っ気、実はこれ、全部白ワインに合う要素です。黒胡椒をかるく振って、マスタードを少々効かせたポテトサラダは、軽くて飲みやすくてスッキリとした、白ワインとの相性抜群の美味しいおつまみです。

白ワインに合うスーパーのおつまみは「天ぷら」

最近はスーパーやデパ地下などでも売っている「天ぷら」。実は天ぷらも白ワインに良く合う美味しいおつまみなんです。レンコン、たらの芽、野菜のかき揚げ、キス天、イカ天やエビ天など、どれでも相性抜群のおつまみです。白ワインは油っこい天ぷらをスッキリとさせてくれ、白ワインの酸っぱさを天ぷらがまろやかにしてくれるので、とても良くお互いを引き立て合ってます。

白ワインとのオススメおつまみとして、天つゆも良いが、ココでは塩で食べること。他には抹茶塩を選んだり、山椒やカレー粉と塩を合わせたりすると、これまた新しい世界を覗けるので試してみてください。

白ワインに合う取り寄せのおつまみは「牡蠣」

牡蠣で有名な、広島の牡蠣をお取り寄せして、白ワインとともに美味しいおつまみを楽しみます。なぜ、広島のお取り寄せ牡蠣をおつまみにしたいかと言うと、鮮度抜群の牡蠣が届くこともそうですが、安全な牡蠣造りへの取り組みをしているからです。中国地方では、諸大学が連携して瀬戸内海での水産の取り組みをしているので、産学連携がシッカリ行われている、牡蠣育成のプロが育つ学術の土壌でもあります。

牡蠣の管理は、牡蠣の専門家しかできないと言っても過言では無いほど難しいです。微妙な牡蠣の状態を見ることができる、熟練のプロフェッショナルが育て、管理している牡蠣だからこそ、その味は最高を保証してくれるし、その最高の環境が中国地方には整っています。これはぜひ、美味しい白ワインと一緒に味わいたい、絶品おつまみです。

白ワインに合うおつまみ簡単レシピ

【おすすめ】白ワインに合うおつまみ|市販/簡単レシピ/条件別

美味しい白ワインを飲んでると、美味しいおつまみも欲しくなります。そこで、ココでは手が掛からずに簡単にできる白ワインによく合う美味しいおつまみの、簡単レシピ15品をご紹介してみます。さっそく、今夜の晩酌にでも作ってみてください。

チーズ編 簡単♡フルーツリースのチーズフォンデュ

美味しい白ワインと最高の組み合わせな、美味しいおつまみ。ワインと組み合わせるには、チーズは代表格なおつまみです。今回は、チーズフォンデュをご紹介しました。火を使用せずに、5分以内でできてしまうので、恋人同士やご夫婦同士、忙しい中でも、ちょっとしたおしゃれな時間を演出できるので、簡単で最高のおつまみをお試しください。

クリームチーズ編 クリームチーズとツナのパスタ

もともとパスタと白ワインは鉄板コンビです。ロングパスタだけでも、こんなにあるのご存知でしたか。スパゲッティ(イタリア語の紐を意味するspagoが語源)、スパゲッティーニ、ヴェルミチェッリ、カペリーニ、カペッリ・ダンジェロ、パッパルデッレ、タッリアテッレ、フェットチーネ、ツィーテ、ブカティーニ、リングイーネ、ラザニェッテ・リッチェ、ラザーニェ、キタッラなど、たくさんあります。

それぞれ、楽しみ方も茹で方も違ってきますので、シチュエーションとソースの味によって使い分けましょう。今回は、スパゲッティーニと、クリームチーズのパスタですが、魚介系のパスタやニンニク系のパスタも、白ワインにピッタリな絶品おつまみです。

きゅうり編 やみつき梅きゅうり

白ワインのおつまみを考えた時に、梅肉ときゅうりは定番のおつまみのひとつでしょう。食欲の落ちる、夏場なんかは特に、サッパリとした白ワインに、梅肉の酸っぱさと、きゅうりの食感とが、食欲をそそる組み合わせになっています。後は、それをどう料理するかですが、今回は梅きゅうをご紹介します。

なす編 なすの白だし和え

出汁の効いたなすと青じその和え物は、白ワインにも本当によく合う最適なおつまみです。当然、白ワインだけではなく、他のお酒にも合う万能おつまみです。忙しい中でも、サッと作ることができて、晩酌に、豊かさを加えてくれる、そんな一品です。

サラダ編 トマトとアンチョビのサラダ

白ワインを飲んでいる最中に、なんかおつまみを足そうかな、って思った時にでもサッとできるほど、簡単でとても美味しいおつまみでです。トマトの酸味とアンチョビの塩気、白ワインのフルーティーな味が、絶妙に絡み合います。

マリネ編 タコと夏野菜のマリネ

彩の良い野菜をたっぷりと、マリネの王様、タコです。2〜3人分のおつまみですが、白ワインのおつまみにこれが出てきたら、全員で釘付けになってしまう程、手が込んでるように見えるけど、簡単にできてしまうひと品です。

サーモン編 サーモンのクリームチーズタルト

パーティーの時、ウェルカムドリンクの、シャンパンや白ワインのお供として、サーモンのクリームチーズタルトを添えると、それだけでパーティーの格が上がります。手間もかからず、簡単に作れる上に、ひとつ上の演出をかけられるので、魔法の様なおつまみではないでしょうか。

ツナ編 簡単☆タコと水菜のツナわかめ

疲れて帰ってきた時には、簡単に作れて美味しいおつまみ、と思いませんか。白ワイン片手に、晩酌のお供には、こんな時にツナとタコとちょっと野菜があれば、簡単で贅沢な、白ワインにピッタリな、サラダおつまみが最適です。

ハム編 薔薇の生ハムおにぎり

こちらも、先ほどのサーモンと同じく、パーティーの時、ウェルカムドリンクの、シャンパンや白ワインのお供として、薔薇の生ハムおにぎりを添えると、それだけでパーティーの格が、おしゃれな上がり方をすること、間違いなしです。手間もかからず、簡単に作れる上に、ひとつ上のおしゃれな演出をかけられるので、魔法の様なおつまみではないでしょうか。

ソーセージ編 ソーセージマフィン〜自慢のソーセージパテ

このソーセージマフィンは、少々手間がかかりますが、ソーセージパテを、自分の好みのソーセージから作ることで、途端に自分にとっては、お店で出てくる以上のひと品になります。手間をかけても食べたくなる、白ワインとよく合う、とても美味しいおつまみです。ぜひ、おためしください。

砂肝編 炊飯器保温で柔らかふっくら砂肝のハーブソルト

炊飯器保温で、柔らかふっくらに仕上がる砂肝のおつまみです。このひと品も、少々手間がかかりますが、砂肝から、自分の好みのものを選び、手間ひまかけて下処理をすることで、途端に自分にとっては、お店で出てくる以上のひと品になります。手間をかけても食べたくなる、白ワインとよく合う、とても美味しいおつまみです。ぜひ、おためしください。

そうめん編 残り物アレンジそうめんチャンプルー

白ワインのおつまみも、いろいろ合うものがありますが、なかでも、麺類は具材によってはピカイチの相性です。そうめんといえば、出汁つゆで食べることが、まずは第一に思い浮かびますが、そうめんチャンプルーも、全く負けてません。ごま油の香ばしい香りが、鰹だしの効いた味付けを引き立てていて、そうめんの革命です。

このそうめんチャンプルーと、白ワインの合うことと言ったら、どうしてこの組み合わせに、今まで出逢わなかったのかと、新鮮な初体験が待っています。

トースト編 生ハムとクレソンのビスマルク風ピザトースト

朝食やブランチ、美味しい白ワインのおつまみにも、最適なひと品。朝から白ワインを飲んで、おつまみにトーストなんて、とても贅沢な気がしますが、簡単に作ることができて、たいした手間もかからないので、ぜひ、旦那さまから奥さまに対して、普段のお礼として作ってあげてください。家族のために、一生懸命やってくれている、奥さまへ感謝の気持ちを込めて作りましょう。

こんな日常のちょっとしたことが、夫婦や家族にとって、大切な時間になります。たまには、そんな休日があっても良いでしょう。

マフィン編 ふわふわ♡しっとり♪万能マフィン

美味しい白ワインを飲みながら、ブランチの楽しいひと時を演出してくれる、美味しいおつまみです。作り方も簡単で、手間がかからず、家事のあい間に作ることができてしまうほどなので、今日は白ワインを飲むと決めているならば、ぜひ、作ってみてください。

チョコ編 豆腐de生チョコケーキ

生クリームを使わずにお豆腐を代用とした生チョコケーキはヘルシーなうえに、実は白ワインと非常によく合う組み合わせなんです。先述したようにワイン業界では「同じ風味や特徴を持つもの同士の相性は良い」とされています。これにのっとり考えると「甘いチョコレートは、甘いワイン」に良く合いますし「ビターなチョコレートは、ビターなワイン」によく合うということです。

チョコレートの味によく合う甘い白ワインやビターな白ワインをその日の気分で選んで帰る、そんな贅沢な晩酌もたまには良いのではないでしょうか。

白ワインに合う条件別オススメおつまみ

【おすすめ】白ワインに合うおつまみ|市販/簡単レシピ/条件別

美味しい白ワインには美味しいおつまみを合わせていただきたいものです。そこで、ここでは低カロリーなのに白ワインによく合う美味しいおつまみや夏場に食べたい、白ワインによく合う美味しいおつまみについてご紹介します。さっそく、今夜の晩酌にでもいかがでしょうか。

白ワインに合う低カロリーなおつまみ「冷ややっこ」

醤油は白ワインと合わない、と言われていますが、実は冷奴の場合だと少し事情が違ってきます。この組み合わせは、醤油と白ワインとの仲を豆腐のまろやかさが取り持ってくれることで、途端に魔法がかかってしまうんです。冷奴は低カロリーなおつまみにもかかわらず、お腹がいっぱいになるので、冷蔵庫に常備しておいても良いでしょう。

白ワインと冷奴を合わせるとき、ぜひ試してみてほしいのが「塩&生姜」という組み合わせです。醤油のときとはまた違った、白ワインによく合うおつまみを堪能することができるでしょう。

白ワインに合う夏に食べたいおつまみ「タコス」

世界の定番おつまみとして親しまれているメキシコ発祥の料理にタコスがあります。タコベルが渋谷に再出店したりと、メキシカンフードは日本でも着々と定番フードになってきています。タコスはその辛さから、やはり夏に食べたくなる人が多いのではないでしょうか。タコスに合わせたミートソースのスパイシーさが、白ワインとの絶妙な相性のフードとなるのです。

また、タコスにはどちらかと言えばフルーティーなだけの白ワインよりも、スパイシーさも兼ね備えた個性派白ワインの方が良く合います。そんなタコス×白ワインといった個性的な味わいを楽しんでみるのもオススメです。

あなたの白ワインと美味しいおつまみを見つけましょう

【おすすめ】白ワインに合うおつまみ|市販/簡単レシピ/条件別

今回は白ワインにあうおつまみについて場面別にご紹介いたしました。白ワインというのは熟成させることで葡萄本来のうま味をグッと引き出し、そして芳醇な香りと、口当たりといったワイン好きにはたまらない深みが引き出されていきます。白ワインは口当たりの軽さや、透き通った色味から、おつまみに選ぶのであれば淡泊な料理がおすすめです。もちろん好みもありますが、魚貝系であったり、豆腐やチーズといったものも合うので手軽に準備することができます。

白ワインにも飲み頃があるため、その飲み頃や熟成期間によって味わいは大きく変化します。だからこそ自分の好きな白ワインを見つけて、美味しいおつまみと味わいを存分に楽しみましょう。口当たりが軽い白ワインは飲みやすいので、苦手意識がある人は、白ワインにピッタリなおつまみとともに甘口から挑戦してみてはいかがでしょうか。

Related