Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

身近にある野菜として親しまれているブロッコリーですが、生でも食べられることをご存知でしょうか。加熱調理によって失われてしまう栄養素も多く、ブロッコリーの栄養価をそのまま摂取するためには生食がおすすめです。また、冷凍する保存方法もご紹介していきます。

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーとは?

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

スーパーなので必ずといっていいほど見かけるブロッコリーは、食卓にも並ぶことも多い身近な食材です。彩りを添えるのに役立てている方も多いのではないでしょうか。

ブロッコリーとは、キャベツの変種であり、花のつぼみを食用とする野菜です。ふさふさとした花の部分だけでなく、葉っぱや茎も食べることができます。また、最近は食べやすいスティックタイプのブロッコリーなど、色々の種類があります。

ブロッコリーに含まれる栄養素

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーには、「ビタミンB」「ビタミンC」「カロテン」「鉄分」「カリウム」などの栄養素が豊富に含まれています。茹でたまま食べることの他、スープやシチューの具、炒め物、天ぷら、糠漬けなどさまざまな料理に対応が可能です。

保存温度は低い方が良く、野菜室の温度では花蕾が育ち花が咲くこともあります。その場合にも食用は可能ですが、味と食感は劣るでしょう。茎の外皮は繊維質で硬いため、外側を切り取ってから調理することをお勧めします。

  1. ビタミンB
  2. ビタミンC
  3. カロテン
  4. 鉄分
  5. カリウム

ブロッコリーの種類

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーの種類には「カリフラワー」「ロマネスコ」「スティックセニョール」といったものがあります。どれもキャベツや白菜といった菜の花の一種です。

見た目も違いカリフラワーは葉のところが白色と特徴的で、ロマネスコはつぼみのところが尖った形をしているのが印象的な野菜です。

どれもブロッコリーの仲間であり、煮ても焼いても美味しくいただけます。

ブロッコリーの種類1:カリフラワー

ブロッコリーとよく似ているといえば、カリフラワーが一番最初に思いつくでしょう。カリフラワーは、ブロッコリーと同じ仲間でキャベツや白菜といった菜の花の一種です。

特徴の違いとしては、ブロッコリーは緑黄色ですが、カロフラワーは淡色をしています。しかし、近年では紫色をした「バイオレットクイーン」やオレンジ色の「オレンジブーケ」などもスーパーで見かけるようになってきました。

ブロッコリーの種類2:ロマネスコ

ロマネスコとは、ブロッコリー同様に花蕾を食用とする野菜です。ブロッコリーが丸い形であるのに対し、ロマネスコは尖った形をしています。味はブロッコリーに近く、食感はカリフラワーのようにコリコリしており、両者の中間に位置すると言えます。

珍しい見た目をしていますが調理方法は簡単で、ブロッコリーと同様に調理しても問題ありません。煮ても焼いても、また炒めても美味しく、さまざまな料理に使えます

ブロッコリーの種類3:スティックセニョール

スティックセニョールとは、別名「茎ブロッコリー」と呼ばれ、その名の通り茎の長いブロッコリーのような見た目をした野菜です。茎は約20cm程あり、その先に房が付いているのが特徴的です。

茎はアスパラのような感覚とも評価されますが、全体的にブロッコリーとほぼ同じであると考えて良いでしょう。調理方法もブロッコリーと同様に考えて間違いありません。煮ても焼いても美味しく食べることができます。

ブロッコリーの食べ方

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーの食べ方には様々ありますが、一般的には「茹でる」「生で食べる」などが多いのではないのでしょうか。日本ではあまり知られていませんが、海外では普段から生で食べられており、サラダやスムージーなどにして食べられています。

日本などでは「炒め」たり「天ぷら」などにして食べられることも多いです。それでは、ブロッコリーの食べ方について説明していきます。

ブロッコリーの食べ方1:茹でる

ブロッコリーの食べ方でも一番ポピュラーな食べ方でしょう。茹でることでブロッコリーが柔らかくなり、生では食べにくい茎の部分も柔らかくなり、抵抗なく食べることが出来ます。

ただ、生で食べた時と比べて栄養化が少し下がることが難点とも言えます。100グラム当たり茹でることで27カロリーと抑えることは出来ますが、他の栄養素は下がってしまいます。

ブロッコリーの食べ方2:炒める

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーの食べ方の一つとして炒めるです。ブロッコリーを炒めることで全体的に食べやすくなり、他の野菜やお肉類と合わせても相性がとても良いです。

ブロッコリーを炒めることで「ビタミンB1 」「ビタミンC」「酵素」などといった栄養素は多少下がってしましますが、すべての栄養素が下がるわけではありません。むしろブロッコリーを油と炒めることで、体内の吸収率がアップしてます。

ブロッコリーの食べ方3:天ぷら

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーの食感を楽しみたいという方は、天ぷらにしてみると良いでしょう。炒めるや茹でると比べても食感が良く、茎の部分も非常に柔らかくなるため人気の高い食べ方です。

ブロッコリーを天ぷらにした時のカロリーは、100グラム当たり169カロリーとなり、茹でたり炒めたときと比べても非常に高いことが分かります。

ブロッコリーの食べ方4:生

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーの食べ方で一番多いと言えるのが、生でブロッコリーを食べることでしょう。生で食べることで、ブロッコリーの栄養素を損なうことなく食べることが出来ます。

しかし、ブロッコリーの独特の味が苦手な方は、そのまま食べるというよりかは、何かにつけて食べることの方が多いでしょう。ブロッコリーを生で摂取した時のカロリーは、100グラム当たり33カロリーです。

ブロッコリーを茹でた時と生で食べた時の栄養素の違い

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーを茹でた時と生で食べた時の栄養素の違いはどれぐらいあるのでしょうか。ブロッコリーをそのまま摂取した場合は、100グラム当たり30カロリーで、茹でた場合は100グラム当たり27カロリーです。

カロリーの面では、茹でる方が良いと言えるでしょう。しかし、他の栄養素は茹でるより生で食べた方が良く、ビタミンCなどは半分以上の差があります。

ブロッコリーを茹でた時の栄養素

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーを茹でた時の栄養素は、100グラム当たり27カロリーと生で食べるより低いといえます。他の栄養素としては「カリウム180mg」「カルシウム33mg」「ビタミンA770mcg」「ビタミンC54mg」「葉酸120mcg」「食物繊維3.7g」などです。

生で食べる時と比べて、食べやすくなりますが栄養素は多少下がってしまいます。

ブロッコリーを生で食べた時の栄養素

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーを生でた時の栄養素についてですが、カロリーは100グラム当たり30カロリーとと茹でた時と比べて少しカロリーが高いと言えます。

その他の栄養素についてですが「カリウム360mg」「カルシウム38mg」「ビタミンA800mcg」「ビタミンC120mg」「葉酸210mcg」「食物繊維4.4g」となります。

ブロッコリーを生で食べた時のメリット4つ

ブロッコリーにはさまざまな栄養素が多く含まれており栄養価が高い野菜です。中でもビタミンCの含有量はキャベツの約3倍と言われており、その栄養価は高く評価されています。

また、ブロッコリーには体内の有害物質を取り除いてくれる成分も含まれていますが、熱に弱いため加熱調理よりも生で食べる方が栄養摂取面では効率が良いと言えます。

ブロッコリーを生で食べた時のメリット1:ビタミン

ブロッコリーには、「ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK」といった多くのビタミンが含まれています。特にビタミンCは、一日分の必要量を摂取す
ることができ、30gで足りると評価される程です。

花のつぼみを中心に食べる野菜ですが、茎や葉にも同様の栄養価があり、当然食べることができます。また、茎には食物繊維も含んでいるためダイエット効果も期待できるでしょう。

ブロッコリーを生で食べた時のメリット2:イソチオシアネート

イソチオシアネートとは、アブラナ科の野菜に含まれる栄養素で、辛味成分の一つです。がん予防効果や殺菌作用、ダイエット効果などがあるとされています。熱に弱い性質を持っており、加熱によって生の状態の含有量に比べ半分以下まで低下してしまうと言われています。

加熱時間が長くなるほど減ってしまうため、イソチオシアネートを摂取したいのであれば極力加熱を避けるようにしましょう

ブロッコリーを生で食べた時のメリット3:クロム

クロムとは、人間の体に必要なミネラルの一つです。血糖値を調節するホルモンの働きを助け、血糖値や血圧、コレステロール値を下げてくれる作用があるとされいます。

ビタミンCと一緒に摂ることで吸収率があがるため、効率的に摂取する方法のひとつとしてブロッコリーを食べることがよいとされています。

ブロッコリーを生で食べた時のメリット4:ポリフェノール

ポリフェノールとは、植物の苦味や渋味、色素の成分となっている化合物の総称であり、抗酸化物質です。自然界に5000以上の種類が存在し、すべてのポリフェノールに強力な抗酸化作用があります。さまざまな病気に対抗する力やアンチエイジング効果を発揮する栄養素です。

摂取することによって得られる効果は、比較的早く発揮されますが長期間持続することができません。そのため、毎日継続的に摂取することが推奨されています。

ブロッコリーを使ったおすすめ料理

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーの調理方法には「生」「炒める「揚げる」「茹でる」があります。どの調理方法もブロッコリーを美味しくさせることが出来ます。

ブロッコリーは栄養価が高い野菜であり、組み合わせしだいではさらに栄養価もよくなってきます。それでは、ブロッコリーを使ったおすすめの料理を6つご紹介していきますので、是非参考にして見てください。

ブロッコリーを使ったおすすめ料理1:ブロッコリーシュウマイ

レンジで楽々と出来てしまうこちらのシューマイは、「ブロッコリー」「木綿豆腐」「おから」を混ぜて作った料理になります。大豆から出来てることもあり健康的でヘルシーな料理になっています。

また、味付けにはおこのみで「マヨネーズ」「オイスターソース」などと一緒につけて食べると、さらに美味しさが際立ちます。

<2人分>
おから 1カップ強
木綿豆腐 200g
ブロッコリー 100g
マヨネーズ 大さじ1.5
オイスターソース 小さじ1/2
醤油 小さじ1/2
片栗粉 大さじ1.5
玉子 1こ

出典: https://ameblo.jp/hanachandape/entry-12036643337.html |

ブロッコリーシュウマイの作り方のコツ・ポイント

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

こちらのブロッコリーシュウマイの作り方のコツですが、レンジに入れる時間を長くしないことが大切です。

レンジにかけている時間が短いと半生になってしまいますし、長くレンジにかけておくと水分が蒸発してしまいパサパになってしまいますのでサ、4~5分の間を目安にするようにしましょう。

ブロッコリーを使ったおすすめ料理2:ブロッコリーの天ぷら

おすすめの料理の2つ目は、ブロッコリーの天ぷらです。ブロッコリーを揚げることで食感が良くなり歯ごたえが良くなります。また、味付けにソルト(塩)などを振って食べるとさらに美味しさを増します。

作り方はとても簡単で、天ぷら粉に水を入れソルトを加えて混ぜます。180度に熱した油にてんぷら粉を付けたブロッコリーを入れれば、出来上がりです。

材料
ブロッコリー 1房
マジックソルト 小1
天ぷら粉+水 60g+100cc
揚げ油 適量

作り方
ブロッコリーは洗って小房にわけ、水気をきっておく。
2.天ぷら粉に水を入れてよく混ぜ、マジックソルトを追加して混ぜ合わせる。
3.180度の揚げ油に、2にくぐらせた1を入れ、カラッと揚げる。(約3分)
4.仕上げにマジックソルトを軽くふりかけて食べても美味しいです♪

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1193120 |

ブロッコリー天ぷらの作り方のコツ・ポイント

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

天ぷら粉に水を加えて混ぜますが、ポイントとしてマジックソルトを加えるようにしましょう。マジックソルトを加えることで味がしっかりします。

次にブロッコリーを天ぷら粉を着ける際は、軽く2回ほどくぐらせることがコツとなります。天ぷら粉をつけすぎると、食感がなくなってしまします。

ブロッコリーを使ったおすすめ料理3:牛肉とブロッコリーの炒め物

ブロッコリーと牛肉の相性はとてもよく味に深みが増します。作り方もとても簡単で、薄切りにした牛肉とブロッコリーを炒めていきます。その際に味付けとして、塩・湖陵を適量入れて行き、炒めれば出来上がりです。

材料
牛薄切り肉 250g
ブロッコリー 1房
塩 適量
黒胡椒 適量
サラダ油 大さじ1杯

作り方

1.ブロッコリーは、食べやすい大きさに切り、
電子レンジで加熱しておく。
2.フライパンを熱し、サラダ油を入れ牛肉を炒める。肉の表面が色づいてきたら、1のブロッコリーを加えて、さらに炒める。塩、黒胡椒で味を調える。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/241666/recipe/1322492 |

牛肉とブロッコリーの炒め物の作り方のコツ・ポイント

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

牛肉とブロッコリーの炒め物の作り方のポイントは、熱したフライパンに牛肉を先に入れずにブロッコリーから先に炒めるようにしていきましょう。

ブロッコリーを先に炒めることで柔らかくすることができ、食べた時の食感が違ってきます。

ブロッコリーを使ったおすすめ料理4:ブロッコリーのスープ

ブロッコリーを使った定番料理と言ってもよいのが、ブロッコリーのスープです。お鍋に牛乳・酒・白だしを入れ煮立たせていき、湯がいたブロッコリーを入れて行きます。最後に味を調えるためにバター・塩・乾燥バジルなどを加えれば出来上がりです。

材料
ブロッコリー 1株
玉ねぎ(薄くスライス) 1個
牛乳 600cc
酒 100cc
白だし 小さじ2
塩コショー 適量
バター 10〜20g
乾燥バジル 適量

作り方

1.ブロッコリーを小房に分けて無水調理で柔めに湯がく
2.玉ねぎ、酒を大ソースパンに入れ煮て、最後に牛乳を加えて一煮立ち
3.②とブロッコリーをFPメタルブレードでペーストにする
4.バター、塩コショー、白だしを加え、味を調える

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/284394/recipe/1312019 |

ブロッコリーのスープの作り方のコツ・ポイント

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリースープの作り方のポイントですが、牛乳をあまり温め過ぎないことです。牛乳を温めすぎると、分離してしまうので気を付ける必要があります。

また、玉ねぎを入れる際は大きく切るよりかは、薄く切って入れると食べやすくなりブロッコリーと一緒に食すことが出来ます。

ブロッコリーを使ったおすすめ料理5:玉子とブロッコリーのマヨサラダ

外国ではブロッコリーをサラダにして食べられることが多いです。この玉子とブロッコリーのマヨサラダの作り方はとても簡単で、卵を茹で卵の状態にしておき、ボールに茹で卵と茹でたブロッコリーを入れ、マッシャーなどでつぶして味付けにマヨネーズ・塩コショウと混ぜれば出来あがりです。

材料
ゆで卵 1個
冷凍ブロッコリー 5〜6個
マヨネーズ 大さじ1
塩 ひとつまみ
コショウ 少々
ピンクペッパー 適量(お好みで)

作り方

1.卵はたっぷりのお湯で8分ほどゆで、ゆで卵にしておく。
2.ブロッコリーは解凍しておく。
生のものをつかうときは大体1/6株分くらいのブロッコリーをたっぷりのお湯で3分ゆでておく。
3.ボウルにゆで卵とブロッコリーを入れ、マッシャーでつぶす。
8割程度つぶれたらOK★
4.塩、コショウ、マヨネーズを入れてよく和え、お皿に盛る。
お好みでピンクペッパーをかけたら完成

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/284573/recipe/1307155 |

玉子とブロッコリーのマヨサラダの作り方・コツ

玉子とブロッコリーのマヨサラダの作り方のポイントですが、ブロッコリーを出来るだけ柔らかくすることです。ブロッコリーに芯がある状態だと食べずらさがありますが、柔らかくすることで、お子さんにも食べやすくなります。

ブロッコリーを使ったおすすめ料理6:フルーティーなブロッコリースムージー

こちらも外国では定番の食べ方でもある、ブロッコリースムージーです。作り方はとても簡単で、ブロッコリー・サラダ菜などを入れます。

このままミキサーしても良いのですが、青臭くて飲みずらいので、パイン・バナナ・ヤクルトなどを入れ、ミキサーをするこどフルティーナでとても美味しくなります。

材料
生ブロッコリー 60g
サラダ菜 20g
半冷凍パイン 60g
半冷凍バナナ 100g
ヤクルト 2本

作り方
1.こんな材料です!
2.コンテナに入れて、低速から高速にします。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/93093/recipe/1048724 |

フルーティーなブロッコリースムージーの作り方・コツ

フルーティーなブロッコリースムージーの作り方のコツですが、フルーツをブロッコリーよりも多く入れることです。ブロッコリーやサラダ菜を入れすぎると飲みずらさが出てきてしまいます。慣れるまでは、フルーツを多めにして作ってみると良いでしょう。

ケース別ブロッコリーを使ったおすすめ料理

簡単にできてしまうブロッコリー料理ですが、それでも時間はそれなりに掛かってしまいます。例えば、朝食や夕食などにもう一品加えたいけど、忙しくて作れない方もいるでしょう。

そんな時にすぐにできてしまう料理があると、食卓が彩られて食欲も増してきます。それでは、ケース別のブロッコリーを使った料理をご紹介していきます。

ケース別ブロッコリーを使ったおすすめ料理1:忙しい時でも簡単にできてしまうピリ辛ナムル

忙しい時や作り置きをしたい時などにおすすめしたい料理が、ブロッコリーのピリ辛ナムルです。

作り方はいたって簡単で、ブロッコリーを茹でたものをボールに入れ、ゴマ油・醬油・豆板醬・にんにくチューブ・白炒りゴマを入れて、混ぜれば出来上がりです。ピリ辛でとても美味しい料理です。

材料
ブロッコリー       1房
---------------------------------------------------------------
◎ゴマ油          大さじ2
---------------------------------------------------------------
◎醤油、豆板醤、ウェイパー 各小さじ1
-------------------------------------------------------------
◎にんにくチューブ     2〜3cm
---------------------------------------------------------------
◎白炒りゴマ        大さじ1

作り方
①小鍋にお湯を沸騰させ、ブロッコリーをサッと塩茹でする。緑色が鮮やかになったら、ザルにあげ、水気をよく切る。

②◎が入った容器に①を入れ、よく混ぜ合わせたら、出来上がり。

③保存容器に入れ、冷蔵庫で保存して下さい。

出典: http://yuu-stylish-bar.blog.jp/archives/1057051953.html |

ケース別ブロッコリーを使ったおすすめ料理2:お弁当に持っていきたいブロッコリーのガーリックソテー

イタリアン風でとても美味しいロッコリーのガーリックソテーは、お弁当なんかに持っていくのにも最適でしょう。

作り方も簡単で、オリーブオイルを引いたフライパンに魚の切り身をいれ焼きます。次に軽く湯がいたブロッコリーを加えます。味付けに塩コショウを振りかけ焼き目が出てきたら出来あがりです。

材料
鯛(刺身用ブロック) 2切れ
ブロッコリー 1房
にんにく(チューブ) 小1
オリーブオイル 大1+1
塩胡椒 少々

作り方
1.ブロッコリーは小房に分けて熱湯で1分茹でてザルにあげ、冷水にとった後しっかり水気をきる。
鯛は食べやすい大きさに切る。
2.フライパンにオリーブオイル大1とにんにくを熱し、鯛を両面焼き付けて塩胡椒をふり、いったんお皿に取り出す。
3.2のフライパンにオリーブオイル大1を足し、ブロッコリーを軽く炒めて焼き目をつけて塩胡椒をふる。
4.3に2を戻し入れて軽く炒め合わせて出来上がり。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1270103 |

ブロッコリーを生で食べる時の注意点

ブロッコリーを生で食べるデメリットについてご説明します。

まず一つに、「胃腸に負担をかけ、栄養素の吸収を妨げてしまうこと」が挙げられます。せっかく栄養価の高い生ブロッコリーをたべても、その栄養が吸収されないのでは意味がありません。

また、「ゴイトロゲン」と言う成分が悪影響をもたらします。全身のエネルギー代謝を促すホルモンの分泌を減らす作用があります。

ブロッコリーの選び方のポイント

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーに含まれている栄養素を効率よく摂取するには、状態の良いものを選ぶ必要があります。同じ場所に並べられたブロッコリーの中から最良のものを選ぶためには、どういったことに注意して選べばよいのでしょうか。

ポイントとして「つぼみをチェック」「色をチェック」「茎をチェック」を気を付けて見る必要があります。それでは、詳しく説明していきます。

ブロッコリーの選び方のポイント1:つぼみチェック

まずはブロッコリーのつぼみに目を向けて見ましょう。つぼみの先がキュッと硬く締まっているものが良いブロッコリーです。また、全体的に見てつぼみが密集しているもの、横からのシルエットがこんもりと盛り上がっているものが美味しい物です。

小さいつぼみの集合体であり、意識して見なければ分からないような違いですが、味や栄養面では大きく差が出ます。一度見てみるとその違いは一目瞭然なので、まずは実際に見てみるのが良いでしょう。

ブロッコリーの選び方のポイント2:色をチェック

ブロッコリーの選び方の基本ともいえるのが、色で見分けるです。全体が青々と濃い緑色になっているものが良いブロッコリーです。さらにブロッコリーが紫がかっているものは、鮮度が高く、栄養も豊富に含まれています。

ブロッコリーの色は鮮度を表しており、最も新鮮なものから「紫→濃緑→緑→黄色」と変化します。色の濃いものの方が甘味もあり、美味しく食べることができるでしょう。

ブロッコリーの選び方のポイント3:茎をチェック

ブロッコリーの選び方の3つ目が、茎全体がツヤがあり、傷や変色がないものが良いブロッコリーです。茎にスが立っているものや空洞のあるものは鮮度が落ちてしまっています。手に持ったときにずっしりと重みのあるものが美味しいブロッコリーです。

ブロッコリーは鮮度が落ちやすい野菜なので、劣化を防ぐためにもしっかり茎の残ったものを選ぶと良いでしょう。

ブロッコリーの保存方法

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーは生のままでも、茹でてからでも冷凍保存することが可能です。熱を加えていない状態で冷凍すると、「ビタミンCなどブロッコリーに含まれる栄養素が抜けにくいこと」をメリットとして挙げることができます。

生食をしない場合には解凍後そのまま使用できないというデメリットもありますが、解凍時に利用方法を選択できるという点においては、生の状態で冷凍したほうが使いやすいと言えるでしょう。

ブロッコリーの保存方法1:小さく小房にわける

ブロッコリーを冷凍保存する場合は、まずはブロッコリーを小分けに切り分けます。小分けにすることで、解凍時にブロッコリーを切る手間を省けるだけではなく、冷凍庫の場所を取らずに済むといったメリットがあります。

また、小分けにすることで使いたい分だけ解凍することが出来るので、手間と時間を省くことが出来ます。

ブロッコリーの保存方法2:フリーザーバッグにいれる

ブロッコリーを冷凍保存する際に役立つ物があります。それがフリーザーバッグです。ブロッコリーをフリーザーバッグに入れる際は、切ったブロッコリーを一つ一つ丁寧にラップで包み、密封出来るタイプのフリーザーバックに入れて冷凍保存しましょう。

急速に冷凍させたい場合には、ラップの上からアルミホイルで包むようにするといでしょう。もしくは、金属トレーに並べて冷凍するといった方法もあります。

生でも食べれるブロッコリー

ブロッコリーは生でも食べられる?冷凍・保存方法とは?おすすめの食べ方とレシピ

ブロッコリーは生で食べても大丈夫な野菜です。栄養価も高く健康にもよいと言われていますが、やはり食べ過ぎには注意が必要です。

また、生で食べるのに抵抗があるかたは「茹でる」「炒める」「揚げる」などといった調理方法を使うことで、食べやすくすることが出来ます。そして、新鮮なブロッコリーを選ぶためには「つぼみ」「色」「茎」を見て選ぶようにしましょう。

Related