Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月28日

おすすめの宅飲みのおつまみ・簡単レシピ|スーパー/定番

宅飲みのおつまみを選ぶ際には味だけではなく、お酒やメインのお料理との相性、取り分けやすいかどうか、時間が経っても美味しいかどうか色々悩むポイントがあります。凝ったものを料理する時間がなくてもセンスの良いおつまみは意外と簡単に用意できます。

おすすめの宅飲みのおつまみ・簡単レシピ|スーパー/定番

スーパーで買えるおすすめの宅飲みのおつまみ

突然当日の夜は宅飲みにしようと決めた時に仕事帰りにスーパーで気軽に購入できるおすすめの宅飲み用のおつまみを紹介いたします。これらはスーパーに限らずコンビニでも同様に手に入れることができます。宅飲みでどんなお酒を飲むかによってそれに合うおつまみも変わります。

お菓子系のおつまみ

宅飲みでチューハイや麦焼酎を飲むのであればしょっぱい系のお菓子が合います。スナック系がお好みであれば、ポテトチップス、コーンスナックが良いでしょう。もう少し渋いタイプの宅飲みのおつまみですとしょっぱい梅干し、いかのするめ、さきいか、干しホタテ、ハバネロビアスティックがオススメとして挙げられます。からマヨジャイアントコーンもなかなか評判が良いです。

ワインであればチョコレート(できればビター系のダークチョコ)やナッツが合います。スーパーではカシューナッツとマカダミアやカシューナッツとアーモンドのようなナッツの組み合わせやナッツとドライフルーツを細かく切ったものが一緒のパッケージに詰められているものが売っていますが、これが1つ2つあれば宅飲みの仲間たちの好みも満足させることができ、味も飽きがこないでしょう。

おつまみとしてのチーズ

チーズはワインだけではなく、ビールやウィスキーなど色々なお酒との相性の良い宅飲みおつまみです。チーズはスーパーで手軽に購入できて、切って出すだけですから簡単に準備できます。シンプルなチーズでもおしゃれな組み合わせることで豪華な宅飲みおつまみに大変身できるます。

ウイスキーをロックを飲むのであれば、スモークチーズが大変おすすめです。キャンディチーズのどこか懐かしい味も宅飲みに好評です。キャンディチーズはプレーン味からブラックペッパーでアクセントづけられたものまで幅広くスーパーで見かけられます。

また丸い箱で売られている6Pチーズもなかなかシンプルでありながら人気の味です。例えばカマンベール入りの6Pチーズは値段の割に本格的な味です。クリームチーズを25%使っているチーズは口溶けも良くてクリーミィで女性に人気があります。

チーズとサラミの組み合わせ

チーズだけだと斬新さが足りないと感じる場合、それを一工夫した商品の存在はありがたいです。チーズとサラミの丸いスライズの組み合わせたパッケージもスーパーのチーズコーナーでよく見かけられます。こちらはワイン、ビール、ハイボールによく合います。既に綺麗な薄いスライスに切ってあるので買ってすぐに宅飲み開始できます。

おつまみとしての生ハム

上記のチーズと組み合わせることも多いのは生ハムです。スーパーでははハムやソーセージのコーナー以外にチーズと同じ場所に置かれている場合もあるほどです。プロシュートという生ハムのいとこも宅飲みにおすすめです。こちらは定義上「イタリア産の燻製しない生ハム」をさしています。生ハムを買ってきてそのままでも、メロンやイチジクやクリームチーズの周りに巻いて召し上げっても美味しいおしゃれな宅飲みおつまみになります。

宅飲みのおすすめのおつまみのレシピ

簡単にできるおつまみポテトサラダ

こちらの宅飲みおつまみレシピはコンロの火をつけずにじゃがいもを電子レンジでチンして時短にできます。じゃがいもを熱いうちにフォークで荒く潰してから炒めたベーコン・玉ねぎ・インゲンと合わせ、粒マスタードを好みで入れておつまみサラダに仕上がります。

アジの竜田揚げでご飯のおかずにもなるおつまみ

こちらの宅飲みおつまみはアジフライに一工夫つけることにより絶品に仕上げています。サクッとした食感が豪快であり、シャープな生姜の風味が口の中に広がりどんなお酒にもよく合います。宅飲みおつまみはもちろんいっぱい作れば、ご飯おかず、お弁当にも最適です。

持ち寄りの時のおすすめの宅飲みのおつまみ

おすすめの宅飲みのおつまみ・簡単レシピ|スーパー/定番

友人の自宅に宅飲みに誘われると大変嬉しいものです。お店での滞在時間を気にせずくつろぎながら皆でわいわいと楽しく飲めるのは宅飲みの良いところです。ところで、気の置けない友人でも相手のお家にお邪魔する時には手土産を携帯するのは最低限の礼儀です。

もちろん宅飲みのお酒やおつまみの材料を参加者全員で買い出しに行ったり、かかった金額を割り勘で分担することもあります。ただやはり家の場所を提供し主体となって準備や後片付けなどを行なっていただいている上で何かしらのお礼はすべきです。そんな時に皆さんに楽しんで頂けるおつまみを持ち寄りするのはいかがですか?

持ち寄り宅飲みおつまみの選び方

宅飲みの持ち寄りのおつまみは、参加者の好みをカバーできるか、おいしさ、見た目の良さ、色々と悩む要素があります。またおつまみのチョイスは宅飲みのお酒の種類がワイン、ビール、日本酒、などどんなお酒なのかによっても変わります。その時の雰囲気によって差し入れ系か手作り系にするかを決めましょう。

差し入れ

差し入れの宅飲みおつまみはメインのお料理とかぶらないことがマナーとして重要です。脇役上手なおつまみを差し入れるセンスを身につけていきましょう。 また定番ものは勿論喜ばれますが、他の宅飲みへの参加者が持ち寄るものとかぶらないと更に喜ばれます。例えばご自身のふるさとや旅行先のご当地ものは珍しい上にその場の話のタネにもなります。

またちょっと珍しい缶詰も良いチョイスです。缶詰のような保存が効くものだと万が一被っても別の日に召し上がって頂けます。

銘柄の差し入れ

少し値段が張っても有名品を差し入れするとやはり宅飲みに特別感が出ておすすめです。おつまみと言っても甘いものも意外とワインなどに合います。とてもおすすめの銘柄差し入れお土産は有名なチーズ菓子専門店「FORMA(フォルマ)」のチーズケーキやチーズクッキーです。

お店の人気の秘密は南蔵王の牛乳のみを使用した極上チーズをふんだんに使い、職人が丁寧に仕上げるところです。多彩なチーズケーキはどれも優しい味わいですが、特に一押しはパルミジャーノがメインのコクがあるベイクドタイプです。ワインにぴったりの大人の味わいです。

定番の宅飲みおつまみ

持ち寄りするおつまみは普通1人一品です。その時は決して失敗したくないのでやはり定番ものが無難でしょう。上では手作りレシピを色々紹介させていただきましたが、お料理に自信がない場合や時間が限られている場合は万人受けのおつまみを購入するのも良いです。

おつまみは取り分けやすい定番ものを

鉄則の1つとして持ち寄りおつまみは皆で取り分けしやすいものである必要があります。例えば、サラダであれば大きいお皿が自分のところに回ってきてもどのくらいの量を取ればいいかわからずついつい皆が遠慮してしまいます。この場合は野菜スティックとディップの方が取りやすいし食べやすいので大変おすすめです。

他にお寿司も取りやすいと人気の度合いからしておすすめの定番です。ネタが酢飯の上に乗っているお寿司よりも海苔巻き系が良いです。定番のお稲荷さんもなかなか良いアイデアです。更に焼き鳥も良いおつまみですが、冷めても美味しいつくね系やささみ、野菜系にすると良いです。

おしゃれな宅飲みおつまみ

持ち寄りする方々が多い中でご自身の一品を目立たせたい場合はおしゃれで勝負をかけましょう。ここではエンドウ豆を用いた美味しさと見た目の両方を満たす宅飲みおつまみのレシピを紹介いたします。このレシピはエンドウ豆を殻のまま茹でてから丁寧に開いてからお好みのチーズを挟むだけです。こんなにも簡単なのに見た目が大変可愛らしく、その発想も素敵です。

宅飲みを盛り上げるおつまみ

宅飲みは肝心のお酒がメインではあるが、お酒は単にお店から買ってくるのに対して、それを引き立てるおつまみは選ぶ人や作る人の心遣いによって多彩です。この記事では様々なシナリオに沿って購入するおつまみと手作りするおつまみを提案していただきました。ご参考にしながら楽しい時間を実現していきましょう。

Related