Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】

人気の唐揚げやチキンソテーがすぐに作れるおいしい鶏肉の漬け込みのレシピをご紹介します。鶏肉の漬け込みのレシピは調味料に一晩漬け込み置いておき、あとは焼くだけの簡単レシピです。漬け込みのおすすめのレシピや保存するときの方法など、詳しく説明していきます。

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】
目次
  1. 鶏肉を漬け込みすれば簡単に激ウマ料理が作れる!
  2. 漬け込みの鶏肉料理に含まれる栄養素
  3. 漬け込みした鶏肉の食べ方
  4. 漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理
  5. タレで漬け込みした鶏肉のおすすめ料理1:ローストチキン
  6. 塩で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理2:塩麴漬け込みチキン
  7. ハーブで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理3:アジアン風チキン
  8. にんにくで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理4:甘辛にんにくチキン
  9. 味噌で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理5:味噌漬けチキン
  10. しょうゆで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理6:チキンのにんにく醤油焼き
  11. トマトで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理7:チキンのトマトソース焼き
  12. レモンで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理8:レモンペッパーチキン
  13. しょうゆベースで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理9:鶏の竜田揚げ
  14. ハーブソルトなどで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理10:マリネ風鶏もも焼き
  15. ポン酢で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理11:鶏肉のポン酢煮
  16. オイスターソースで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理12:鶏肉のオイスター焼き
  17. ヨーグルトと香辛料で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理13:チキンティッカ
  18. カレー粉で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理14:カレー風味チキン焼き
  19. 柚子としょうゆで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理15:鶏肉の柚子照り焼き
  20. ハチミツなどで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理16:ハニーチキン
  21. ケース別:冷蔵庫で漬け込みする鶏肉を使ったおすすめ料理
  22. ケース別:冷凍庫で漬け込みする鶏肉を使ったおすすめ料理
  23. 冷凍した鶏肉の漬け込みを解凍するときのポイント2つ
  24. 漬け込みした鶏肉を加熱してから冷凍保存する方法
  25. 漬け込みに最適な鶏肉の選び方のポイント3つ
  26. 漬け込みした鶏肉の保存方法
  27. おすすめの鶏肉漬け込みレシピお試しあれ!

鶏肉を漬け込みすれば簡単に激ウマ料理が作れる!

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】

さっぱりあっさりしてて安い鶏むね肉、唐揚げにぴったりなコクがあってジューシーな鶏もも肉、タレで焼いて美味しい鶏手羽、カロリー控えめダイエットにおすすめのささみなど、部位によって美味しさや楽しみ方も色々あります。

今回は鶏肉を使った漬け込みのおすすめレシピをご紹介します。漬け込みレシピは時間のある時にちょっとだけ準備をしておけば、ぐっと夕食の支度が楽になります。

漬け込みの鶏肉料理に含まれる栄養素

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】

漬け込み料理に活用できる鶏肉に含まれる栄養素は、部位によって異なります。基本的に鶏肉には、ビタミンAやビタミンB1・B2、鉄や葉酸、ナイアシンなど栄養価は高いものばかりです。

鶏肉の中で最も栄養価が高い部位はもも肉ですが、他の部位より脂肪が高いです。栄養価が高くておすすめな部位は、レバーでビタミンAやB1、B2など多くのビタミンが含まれています。

鶏肉に含まれる栄養素

  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • 葉酸
  • ナイアシン

漬け込みした鶏肉の食べ方

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】

漬け込みした鶏肉の食べ方としては、焼くか煮るかの2択になるでしょう。漬け込みした出汁でそのまま焼く、煮るという食べ方なので、意外と楽に料理できるのがおすすめポイントです。

日々の料理にあまり時間がとれない、忙しいといった人におすすめの調理法なので、漬け込み料理を上手に活用して家事を少しでも楽させましょう。

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理としては、ローストチキンや甘辛にんにくチキンです。それ以外にも漬け込みレシピはたくさんあるので、漬け込みの味付けを変えて、複数の鶏肉の漬け込みを作っておきましょう。

節約にもなるし、下準備の済んだ鶏肉があれば忙しい毎日でも短い時間で夕食が作れます。

それに夕食の献立を考えるのは中々に大変なことで日々頭を悩ます方も多いですが、一品メインが決まってるだけで気分が楽になります。

タレで漬け込みした鶏肉のおすすめ料理1:ローストチキン

タレで漬け込みした鶏肉のおすすめ料理1つ目は、ローストチキンです。子供から大人まで老若男女に人気を集める大好評料理です。誕生日や記念日など、お祝いの日に作ることが多いでしょう。

手間がかかりそうですが、漬け込むことで簡単に本格的な味わいのローストチキンを作ることが出来るので是非真似して作ってみましょう。

ローストチキンの作り方のコツ・ポイント


ローストチキンの作り方のコツ、ポイントをご紹介します。ローストチキンを作る際は、フォーク等でお肉をまんべんなく刺し、味が染みやすいようにするのが美味しく作るコツです。

漬け込みの味付けする前に行うだけで、お肉の柔らかさや味わいが変わりますのでお試しください。

ローストチキンのレシピ1:めっちゃしっとり~鶏胸肉のローストチキン

焼肉のタレを使った手軽でおいしいローストチキンのレシピです。パサつきがちの鶏むね肉も漬け込みレシピでしっとりおいしいです。

鶏むね肉を焼肉のタレとヨーグルトに漬け込んで、魚焼きグリルで両面を焼いてでき上がりで、簡単なのでお弁当にもおすすめです。

材料としては、鶏の胸肉250g・ヨーグルト・エバラ黄金の味甘口をそれぞれ大さじ2・塩コショウ少々です。

1.ポリ袋に、フォークでグサグサ刺したお肉と@を加えモミモミして暫く置きます。
2.1を取り出し、塩胡椒をして魚焼きグリルに入れて皮目からこんがり焼きます。(お野菜はお好みで)
3.裏側も焼いて出来上がり★
4.3を取り出してお好みにカットしてお楽しみください。
5.お弁当にも★

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/57213/recipe/1051340 |

ローストチキンのレシピ2:漬け込んで焼くだけ♪ローストチキン

調味料が少し多いですが、漬け込むだけで簡単に本格的なローストチキンを作れるのでおすすめです。材料としては、骨付き鶏もも肉3本、オリーブオイル、玉ねぎ、ジャガイモです。

それ以外の細かい調味料は、おろしにんにく大さじ1・おろし生姜大さじ1・醤油大さじ3・みろん大さじ3・白ワインもしくは酒大さじ3・メイプルシロップ大さじ2・砂糖大さじ1・おろし玉ねぎ4分の1です。

1.肉は骨に沿って切込みを入れ、切り開き塩コショウをし、☆印を塗りこむ。
2. ★印を混ぜわせ、ポリ袋に1とたれを入れ手で揉み、口を縛り冷蔵庫で半日以上寝かす。
3.鉄板に2と◎印を並べ200度のオーブンで30分やき、160度で20分、仕上げに200度で5分焼く。
4.盛り付けて完成。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/9783/recipe/691500 |

塩で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理2:塩麴漬け込みチキン

塩で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理2つ目は、塩麴漬け込みチキンです。塩麴はお肉だけでなく、野菜も美味しくする万能調味料です。

塩麴と一緒に煮込むだけで、旨味が凝縮されたお肉に大変身します。上手に塩麴を活用して美味しい鶏肉の漬け込み料理を作りましょう。

塩麴漬け込みチキンの作り方のコツ・ポイント

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】

塩麴漬け込みチキンの作り方のコツ・ポイントは、料理をする1時間前くらいに袋に塩麴とお肉を入れて冷蔵庫に入れておきます。

事前に塩麴に漬け込むことで、柔らかくてジューシーなお肉に大変身します。冷蔵庫に入れた後は少し常温に戻してから焼くといいでしょう。

塩麴漬け込みチキンのレシピ1:鶏手羽中&軟骨を塩麹に漬けて♪

鶏手羽中と軟骨を塩麹に三日漬け込み、フライパンでネギとにんにくと一緒に焼けばでき上がりの簡単レシピです。

昨今、ブームになった塩麹は最近ではスーパーで売られています。塩麹を使うことで、旨みが引き出され、鶏肉が柔らかくなる効果があります。

塩麹がついた状態で焼くと、焦げやすいので注意が必要です。

三日ほど塩麹になじませた鶏手羽中を
皮目からフライパンで焼いて
(塩麹ついてると焦げやすいので中火)

ひっくり返してから
2~3cmの輪切りにしたネギ一本
厚めに切ったニンニク三かけ
入れて蓋をして

鶏手羽中に火が通ったら蓋をとって
ネギ・ニンニクに塩コショーして出来上がり

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/34836/blog/13906859 |

塩麴漬け込みチキンのレシピ2:塩麴漬け鶏もも肉のローズマリーグリル

塩麴を使って、本格的なローズマリーチキンを作れます。材料は、鶏もも肉、酒大さじ1、塩麴大さじ2、ローズマリー少々、米油大さじ1、大豆粉大さじ1です。

お子さんの弁当に入れても喜ばれる一品です。チキンの普通の料理に飽きたという方は、試してみて下さい。

<作り方>
①皮を取り除き、一口大にカットした鶏肉に酒と塩麴をよく揉み込んで
保存容器に入れ、ローズマリーの葉をちらして一晩漬けこむ。

②次の日に、漬け込んでおいたお肉に大豆粉をまぶし、米油を全体に絡める。
オーブンは180度に予熱しておく。(ご家庭のオーブンに合わせて温度は調整してください)

クッキングシートを敷いてお肉を並べ、予熱が出来たらオーブンへ。
20分ほど焼いたあと、200度に上げて5~10分仕上げ焼きして美味しそうな焼き色をつけて完成☆

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/68466/blog/17714482 |

ハーブで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理3:アジアン風チキン

ハーブで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理3つ目は、アジアン風チキンです。エスニック系の料理が好きという方におすすめのレシピです。

お好きなハーブやスパイスを使って、お好みの味わいにカスタムしながら作ってみましょう。

アジアン風チキンの作り方のコツ・ポイント

アジアン風チキンの作り方のコツ・ポイントは、手羽先に切り込みを入れることです。切り込みを入れることで早く火が通り、味が済み込んで美味しく仕上がります。

ちょっとしたひと手間で料理が効率的になるので、おすすめのコツです。

アジアン風チキンのレシピ1:漬けて焼くだけアジアン風手羽先

漬けて焼くだけでアジアン風手羽先を作れるレシピをご紹介します。

材料としては少なく、手羽先、オリーブオイル大さじ2、アジアンミックスの香りソルトを小さじ1入れて漬け込むだけです。

あとはオーブンに入れて焼けば出来上がりの簡単時短のレシピです。

1.手羽先の関節を折りきりおとし、皮面でない方に切り込みを入れる
(※味が染み込み、火の通りを良くする)
2.ジッパー付のビニール袋に入れ◎印を入れ、手で良く揉み、冷蔵庫で半日~1日おく
3.180度に熱したオーブンに入れ15分焼く

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/9783/recipe/1188628 |

アジアン風チキンのレシピ2:お手軽にアジアン風味✿塩レモンチキン2種

パクチーなどのアジアン料理が好きな人にピッタリなレシピです。材料としては、手羽元、塩レモン大さじ1、酒大さじ1、パクチー小さじ1、花椒塩小さじ2分の1です。

塩レモンとお酒で漬け込みをし、パクチーと花椒塩それぞれで味付けをすれば2種類の味わいが楽しめます。

<作り方>
①ビニール袋に手羽元を入れ、塩レモンと酒を加えてよく揉みこみ1晩漬けておく。

②オーブンを180度に予熱し、天板にはクッキングシートを敷く。
漬け込んでおいた手羽元を並べ、半分には香菜(パクチー)をふりかける。
半分には花椒塩<パウダー>をかける。

③180度のオーブンで約20分焼いて出来上がり!

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/68466/blog/16052571 |

にんにくで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理4:甘辛にんにくチキン

にんにくで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理4つ目は、甘辛にんにくチキンです。この料理は男性が大好きな味わいなので、息子さんや旦那さんに作ってあげると喜ばれるでしょう。

甘辛なチキンのレシピを2つご紹介するので、今晩の夜食の参考にしてみて下さい。

甘辛にんにくチキンの作り方のコツ・ポイント

甘辛にんにくチキンの作り方のコツ・ポイントは、甘めの味付け具合です。お子様向けならハチミツを大くすると、ほど良い甘さになるでしょう。

辛めの味付けが好きなら、ブラックペッパーや唐辛子系の辛さをプラスすれば、ピリッと美味しく仕上がります。

甘辛にんにくチキンのレシピ1:甘辛にんにくねぎチキン

鶏もも肉を使ったガッツリ系の食欲をそそる鶏肉漬け込みのレシピです。鶏もも肉に塩レモン、焼肉のたれ、にんにくを漬け込み、オーブントースターで焼けばでき上がりと簡単です。

たれに漬け込めばあとはトースターにおまかせなので楽々なのが嬉しいレシピです。甘辛ガーリック味でがっつり、ネギとの組み合わせも絶妙です。

 【作りかた】
①鶏もも肉は塩レモンを揉み込むようにしてなじませ、ポリ袋などに入れて焼き肉のたれ、にんにくを加え、また揉み込んで20~30分おきます。
②オーブントースターの受け皿にアルミホイルを敷き、四隅を折って立てて鶏肉をつけ汁ごと入れます。
③温度調節できれば250℃、できなければなるべく高温にして15分ほど、お肉がふっくらして焼き色がついてきたら取り出して盛り付けます。
④鶏肉の上にねぎをたっぷり乗せ、焼いたときに出た肉汁をソースの代わりにねぎの上からかけて出来上がり。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/50725/blog/14663476 |

甘辛にんにくチキンのレシピ2:鶏むね肉de超簡単♡韓国風甘辛チキン

料理に慣れていない人でも簡単に作れるレシピの紹介です。時短にもなり、節約にも繋がるので是非活用してみて下さい。

材料としては、鶏むね肉、マヨネーズ小さじ1、塩コショウ少々、片栗粉は適量、ごま油大さじ1、コチュジャン大さじ1、酒・醤油・はちみつ小さじ2、にんにくチューブ2cm、お好みでレタスと白ごまを用意しましょう。

1.鶏肉は1cm厚さの削ぎ切りにし、●を揉み込み片栗粉をまぶす。☆は合わせておく。

2.ごま油を中火で熱したフライパンで鶏肉を焼く。こんがりしたら裏返してフタをし、弱めの中火で2分半蒸し焼きにする。フタを外し、☆を加えて煮からめる。

4.レタスを太めの千切りにして器に盛り、3を乗せてごまを振る。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/91634/blog/17949254 |

味噌で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理5:味噌漬けチキン

味噌で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理5つ目は、味噌漬けチキンです。味噌を使った肉料理は、ご飯との相性がいいおかずなので、夜食にぴったりです。

味噌と一緒にごまを乗せるとまた美味しくなったりと、一味工夫するだけでバリエーションが広がります。晩御飯のメニューに困ったら是非試してみましょう。

味噌漬けチキンの作り方のコツ・ポイント

味噌漬けチキンの作り方のコツ・ポイントは、中火から弱火の間でじっくりと焼くことです。じっくりと焼きを入れることによって、しっかりと中まで火が通り、ジューシーに仕上がります。

パサつきがちの鶏むね肉がしっとり美味しく作れるので、安価な鶏むね肉をおいしく頂ける嬉しいレシピです。

味噌漬けチキンのレシピ1:鶏もも肉の味噌漬け

味噌とみりんときび砂糖で味噌床を作って、鶏もも肉を漬け込みます。

料理をする家庭にはだいたい常備してある味噌とみりんと砂糖でささっと作れる味噌床です。味噌に漬け込むことで、鶏肉の旨みが引き出され焼いても柔らかになります。

1.味噌床材料をボウルに入れて、よく混ぜ合わせます。
2.ラップに薄く味噌床をひき、その上に「クックアップ」をしいてから鶏もも肉をのせ、「クックアップ」をかぶせ、上からも味噌床を薄くひきます。
ラップで包み、冷蔵庫に入れて漬け込みます。
3.丸一日漬け込んでから取り出し、焼いていただきます。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/203984/recipe/1178417 |

味噌漬けチキンのレシピ2:味噌タンドリーチキン

味噌を使っているのに洋風に仕上がる激うまレシピです。一晩漬けこんでおくだけで本格的な味わいに仕上がります。

材料は、鶏もも肉、塩小さじ2分の1、ヨーグルト大さじ6、味噌大さじ2、すりおろしにんにく2かけ、生姜小さじ2、GABANパプリカ小さじ2、コリアンダーパウダー小さじ1です。

その他にもサラダを用意すれば、完璧な出来上がりになります。

*下準備*
鶏もも肉は塩を揉み込みペーパーに包みしばらく置きます。
(いつもわたしは冷蔵庫で一晩置きます)
☆をビニール袋に入れよく揉み混ぜてからペーパーを外した鶏肉を加えてよく揉み混ぜ、冷蔵庫で一晩漬け込みます。
*使う1〜2時間前に室温に出します。漬け汁を少しぬぐって鶏肉を取り出します。
*今回はグリルで焼きましたがオーブンやトースターで焼く場合は、天板にオーブンシートを敷いてもも肉を皮目上にのせ、焼いてください。
*グリルの場合はグリルパンに鶏肉を皮目上でのせ、熱した魚焼きグリルに入れて弱め中火で焼きます。
我が家は片面グリルなので表面に焼き色が付いたら取り出します。
(orここで裏返して裏もグリルで焼いても可)
取り出したグリルパンをコンロにのせ、下側を焼きます。
裏も焼けたら弱火にし、蓋をして中まで火を通します。
(トータルで15分ほど)
今回は途中で付け合わせのマッシュルームも加えて一緒に焼きました。
焼けたら取り出します。
少し冷ましてからカットします。
器に盛って付け合わせのお野菜を添えます。

出典: https://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/80478 |

しょうゆで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理6:チキンのにんにく醤油焼き

しょうゆで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理6つ目は、チキンのにんにく醤油焼きです。ジューシーでお酒のおつまみにもピッタリの1品なので、お父さんに作ってあげると喜ばれるでしょう。

しょうゆで漬け込みした鶏肉料理として2つのレシピをご紹介します。どちらもしっかりと下味を付けることが大切なので、注意して料理してみましょう。

チキンのにんにく醤油焼きの作り方のコツ・ポイント

チキンのにんにく醤油焼きの作り方のコツ・ポイントは、鶏皮部分をしっかりと焼くことでパリッとした触感になって美味しくなります。

また、鶏肉特有の臭みも消えるので、焼く時は意識して皮にしっかりと焼き目を入れるようにしましょう。

チキンのにんにく醤油焼きのレシピ1:ジューシー「鶏もも肉の照り焼き」

鶏もも肉を醤油、酒、みりんで漬け込み、長ネギ、大根おろしで仕上げる和食なメニューです。

作り方も簡単で、初心者にも嬉しいレシピなので覚えておくといいでしょう。オーブンも使わず、フライパンさえあれば作れるのも嬉しいポイントです。

<作り方>(調理時間:25分)
1.鶏もも肉の両面全体に、漬け込み液が浸みるようにフォークで刺しておく。

2.バットに、醤油・みりん・酒を入れる。
(1)のもも肉を漬け込み、冷蔵庫で1-2時間置く。

3.フライパンに、大さじ1の油を引く。
(2)で漬け込んだもも肉を、皮目をしたにしてふたをして中火で10分ほど焼く。

4.皿に盛り付ける。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/241666/recipe/1331194 |

チキンのにんにく醤油焼きのレシピ2:鶏もも肉のニンニク醤油焼

ジューシーな鶏もも肉をしょうゆに漬け込んだレシピです。しょうゆと酒、すりおろしたにんにくで作った調味液に鶏もも肉を漬け込み、グリルで焼きます。

お好みで一味唐辛子や七味唐辛子を加えてもおいしく、にんにくの香りが食欲をそそる1品です。

1.濃口醤油と酒に すったニンニク加え、鶏もも肉を漬け、グリルで焼く。
2.時々漬け汁を肉にからませ、再度グリルで焼く。
3.2.を繰り返し、焦がさないよう、丁寧に火を通せば出来上がり♪

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/14358/recipe/130806 |

トマトで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理7:チキンのトマトソース焼き

トマトで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理7つ目は、チキンのトマトソース焼きです。トマトで漬け込みした鶏肉は洋食のような味わいで、大人気です。

必要な調味料が多いので、家にある調味料で作れそうなレシピを参考にしてみて下さい。

チキンのトマトソース焼きの作り方のコツ・ポイント

チキンのトマトソース焼きの作り方のコツ・ポイントは、しっかりと時間を置いて漬け込むことです。漬け込む時間をしっかりと取ることで、ジューシーさが変わります。

トマトソースは、トマト缶だけでなく様々な調味料を入れ込むので、深い味わいがしっかりと鶏肉に沁み込むように時間を置いて漬け込みましょう。

チキンのトマトソース焼きのレシピ1:鶏むね肉と夏野菜のトマトソース焼き

鶏むね肉と夏野菜をトマトケチャップで漬け込み、オーブンで焼いた一品です。トマトの赤、枝豆の緑、コーンの黄色がとても色鮮やかで見た目も美味しそうです。

鶏むね肉を漬け込んでいるのでしっとりジューシー、お肉も柔らかです。ヘルシーな鶏むね肉と夏野菜の組み合わせはバランスが良くてとっても健康的です。

1.ナスは厚さ7~8mmに斜めスライスして塩水に5~10分さらしておく。ザルに挙げて水気をよく切っておく。
2.鶏むね肉はひと口大の厚さ7~8mmに斜めスライスして、厚手のビニール袋に鶏肉と●の漬け汁を入れ、空気を抜いて口をしっかりと縛り、30分以上漬け込む。
3.フライパンにオリーブ油を敷いて火をつけ、ナスをざっと炒め合わせ、油がなじんできたら白ワインを回し入れて蓋をし、蒸し焼きにする。
4.鍋に◇を入れて煮立たせ、トロッとするまで煮詰めて、簡単なトマトソースをつくる。(あればハーブを加えると香味アップ!)
5.耐熱皿に薄くバター(分量外)を塗り、ソテーしたナスと(2)の鶏肉を重ねて敷き詰める。
6.(4)のトマトソースを全体的にかけ、枝豆とトウモロコシを散らす。天板を入れて230度に予熱したオーブンで約18分こんがり焼いて出来上がり。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/22639/recipe/124318 |

チキンのトマトソース焼きのレシピ2:鶏肉のガーリックトマトカツレツ

にんにくとトマトジュースで漬け込んだ鶏肉をカリッと揚げて仕上げる1品です。漬け込むタレも簡単で、家にある調味料で作れるレシピなのでおすすめです。

ごはんのお供としてもピッタリですが、お酒のつまみに合うでしょう。手軽に作れるので、是非試してみてください。

1.鶏肉は一口サイズにカットし、にんにくはスライスする。
2.3〜7を密閉袋に入れ、鶏肉によく揉みこんで一晩寝かせる。
3.8〜10を合わせた衣をたっぷり塗し、オリーブオイルでじっくり揚げ焼きにする。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/4600/recipe/2415 |

レモンで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理8:レモンペッパーチキン

レモンで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理8つ目は、レモンペッパーチキンです。さっぱりとした料理なので食べやすく、女性に人気の漬け込みレシピです。

肉料理が苦手な人でも食べやすいレシピなので、軽めの夜ご飯を作りたいときにお試しください。

レモンペッパーチキンの作り方のコツ・ポイント

レモンペッパーチキンの作り方のコツ・ポイントは、下味と最後のトッピングでレモンをかけることです。下味は他の調味料と混じってしまうため、レモンの爽やかさが消えてしまう場合もあります。

焼き上げた最後にレモンをかけてあげると、より美味しく仕上がるのでポイントとして覚えておきましょう。

レモンペッパーチキンのレシピ1:鶏胸肉のレモンペッパー焼き

鶏むね肉をレモン汁に漬け込みフライパンでこんがりと焼いたレシピです。レモンの香りが爽やかな一品です。

見た目にスナップエンドウの緑が爽やかで、鶏むね肉とレモンでさっぱりな味わいが楽しめます。食欲がなくてもぺろりと食べられそうなレシピです。

① 鶏胸肉を食べやすい大きさに切り、レモン汁、酒、醤油に漬け込んでおく

② スナックエンドウの筋を取り、さっと茹でこぼす

③ フライパンにオリーブオイルを入れ、①をこんがりと焼き、火が通ったら②を加え、さらに炒める

④ ブラックペッパーで味をととのえる

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/33095/blog/13113677 |

レモンペッパーチキンのレシピ2:ローズマリー塩レモンでチキングリル

レモンと相性の良いローズマリーを一緒に漬け込んだ簡単洋風レシピです。オリーブオイルでカリッと焼き上げるので、さっぱりと美味しく食べられます。

ハーブの香りがほんのりするので、ワインやビールなどのお酒との相性がいいでしょう。

1.保存袋に一口大に切った鶏もも肉とローズマリー塩レモンを入れ、簡単に混ぜ合わせ、冷蔵庫で1日ほど置く。
2.ビニール袋に漬け込んだ鶏もも肉を入れ、胡椒をしたたと、米粉を入れ、鶏もも肉全体に米粉をまぶす。
3.Stab鍋(フライパンでもOK)を熱し、オリーブオイルを敷き、鶏もも肉の両面を軽く焼き目をつけ、鶏の周りにハーブを入れ、鶏肉にハーブの香りを移すようにしながら焼く。
4.鶏肉に火が通れば出来上がり。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/18529/recipe/929226 |

しょうゆベースで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理9:鶏の竜田揚げ

しょうゆベースで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理9つ目は、鶏の竜田揚げです。子供から大人まで大好きな揚げ物料理といえば竜田揚げです。

しょうゆがベースで簡単に作れるレシピを2つ厳選してご紹介します。

鶏の竜田揚げの作り方のコツ・ポイント

鶏の竜田揚げの作り方のコツ・ポイントは、鶏肉を玉ねぎに漬け込むと柔らかくてジューシーに仕上がります。朝に漬け込んでおけば、夜にはしっかりと味がしみ込んでいます。

下味が完成すれば、あとは揚げるだけなので意外に簡単です。

鶏の竜田揚げンのレシピ1:ビールにあう鶏胸肉のジューシー唐揚げ

鶏むね肉を切ってビニール袋に入れ、黒コショウ、すりおろした玉ねぎ・にんにく・しょうが、しょうゆを入れて揉み込みます。あとは下味が付いたら揚げれば完成です。

二度揚げすることで、鶏肉の中までしっかり火が通って周りはカラッと仕上がります。

<作り方>
①鶏むね肉は4cm角位の大きさに切り、ビニール袋にいれ、a)を上から順に1種類ずつ、しっかりもみ込みながら加え、冷蔵庫で1時間~漬けこむ。

②別のビニールに片栗粉(半量)と、①(半量)を水分を軽く除いて入れて片栗粉を全体にまぶす。揚げ油160~170℃位(低温~中温)で4分揚げ、揚げ網に残る。残りも同様に片栗粉をまぶして揚げ、10分置く。

③揚げ油を180℃(高温)に上げ、1度揚げた②を半量ずつ入れ、からりと擦るまで揚げ(30秒前後)、揚げ網に取り油をきる。皿にグリーンリーフを敷き、揚げた鶏肉を盛り、レモンを添える。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/170447/blog/16754855 |

鶏の竜田揚げンのレシピ2:旨粒しょうゆで 鶏竜田揚げ!

普通のしょうゆで下味をつけると数時間置いておかないといけませんが、旨粒しょうゆという調味料を使えば、短時間で下味を付けることができます。

旨粒しょうゆと片栗粉を入れてよく揉んであげれば、すぐに揚げられるので時間が作れない人でも時短で作れるのでおすすめレシピです。

【1】鶏肉は角切りにし、ビニール袋に入れて、
旨粒しょうゆと片栗粉をいれよくもんで万遍なく付ける。

【2】皮目のほうから多めの油で揚げ焼きにし、裏返して火を通したらできあがり!

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/11905/blog/12672047 |

ハーブソルトなどで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理10:マリネ風鶏もも焼き

ハーブソルトなどで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理10個目は、マリネ風鶏もも焼きです。レモンで漬け込んだ鶏肉に似た味付けでさっぱりとした味わいが好きな人におすすめなレシピです。

鶏肉の臭みをハーブ系が飛ばしてくれるので、鶏肉料理に苦手意識を持っている人でも安心して食べられる1品です。

マリネ風鶏もも焼きの作り方のコツ・ポイント

マリネ風鶏もも焼きの作り方のコツ・ポイントは、鶏肉を漬けたマリネ風のタレと一緒に野菜を炒めると、美味しく仕上がりになります。

野菜のうまみも含まれ、そして何より栄養バランスよく作れるので、健康に気を付けている人にピッタリです。

マリネ風鶏もも焼きのレシピ1:漬け込んでグリルで焼くだけ!鶏もも肉のマリネ焼き

必要な調味料も少なく、オリーブオイル、レモン汁、塩、砂糖があれば作れます。簡単で本格的な洋風料理が作れるのは魅力的です。

チキンと一緒に最後に水菜もタレで炒めることで、色合いが良くなります。他の野菜も混ぜるとなお綺麗に仕上がるでしょう。

【作り方】
1.ビニール袋に
 鶏もも肉(200グラム)
 オリーブオイル(大さじ2)
 レモン汁(大さじ1)
 塩(小さじ1/4)
 砂糖(小さじ1/2)
 を入れて一晩漬けておきます

2.漬けダレをしっかりとぬぐってからグリルで焼きます

3.表面に焦げ目がついて火が通るまで15分ほど焼きます
 片面グリルの場合は8分ぐらいでひっくり返してください

4.焼けたら食べやすい大きさに切ります

5.フライパンに漬けダレを入れて4センチ幅に切った水菜(100グラム)を入れて炒めます

6.しんなりしたらお皿に盛ります

7.上に鶏肉をのせたら出来上がり

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/174247/blog/17520627 |

マリネ風鶏もも焼きのレシピ2:鶏もも肉のマリネ焼き、オリーブたっぷりツナポテサラダ

たっぷりのオリーブオイルに鶏肉を浸けておくことで鶏肉が柔らかくなるのですが、その方法を活用したマリネ風の鶏肉漬け込みレシピです。

15分程度付けておくだけで大丈夫なので、時短料理に最適です。ちょっと洋風な料理に挑戦してみたいときに試してみて下さい。

鶏もも肉は食べやすいように切って、ちょっと塩・コショーし、
白ワインとオリーブオイルをたら~りとかけて、15分ほど漬け込んでおく。
マリネするのは長いほどおいしくて、一晩漬けると、肉がホロっとなる。
我が家の生協の鶏は、外で育てているのか、ちょっと硬いのだ。
今回はそこに、イタリアンハーブミックスと、ニンニクパウダーを振りかけた。

以前は、イタリアンハーブミックスを買っていたが、
何のことはない、自分でミックスすれば安上がり、と気づいて、
オレガノ、タイム、ローズマリー、セージ、バジルを適当に混ぜて瓶に入れている。
一度、「タイム」と「タラゴン」を見間違えて、代わりに入れてしまったら、
ちょっとクセが強かった。目が悪くなったら、気をつけましょう。

ころあいよくマリネできたら、あとはフライパンで焼くだけだ。
焼き目がついたら、茹でておいたブロッコリーを加えて軽くソテーする。
はい、これで出来上がり。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/16556/blog/11930395 |

ポン酢で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理11:鶏肉のポン酢煮

ポン酢で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理11個目は、鶏肉のポン酢煮です。どのお宅にもあるポン酢を活用した漬け込み料理です。

さっぱり爽やかな味わいで、白ご飯にもぴったりなおかずになります。調味料もそこまで必要ないので、自宅にポン酢が余っている方はお試しください。

鶏肉のポン酢煮の作り方のコツ・ポイント

鶏肉のポン酢煮の作り方のコツ・ポイントは、下味を付けた後はしっかりと冷蔵庫に入れて漬け込むことです。冷蔵庫に入れて漬け込むことで、お肉が柔らかくなり、味もしっかりとしみ込みます。

お弁当なんかにも最適なので、前日からしっかりと冷蔵漬け込みしましょう。

鶏肉のポン酢煮のレシピ1:漬け込んで焼くだけ♪鶏肉の蜂蜜ポン酢の照り焼き

鶏もも肉とポン酢、ハチミツとごま油があれば作れる大活躍レシピです。つけ汁を多めに作り、しっかりと漬け込めるように作っていきましょう。

甘みのあるタレなので、しっかりと味がしみ込むほど美味しく仕上がります。

(作り方)
(1)鶏肉を適当な大きさに切る。
(2)容器にポン酢と蜂蜜を入れて、よく合わせる。
(3)(2)の中に(1)の鶏肉を漬け込み、冷蔵庫で一晩以上漬け込む。
(4)フライパンに油をひき、火に掛ける。油が温まったら、(3)の鶏肉を皮目を下にして焼く。
(5)皮目に焼き色が付いたら、裏面も焼く。

(メモ)漬け汁が全体に絡むように、焼いて下さい♪

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/104235/blog/16125494 |

鶏肉のポン酢煮のレシピ2:チキンのポン酢DEグリル

こちらの料理も鶏手羽元、ポン酢、しょうゆ、小麦粉、卵と家にある材料で作れる簡単レシピです。時間が無い時は前の日に漬け込んでおけば、後はじっくりとグリルすれば出来上がりです。

しっかりと味がつけば、お弁当にも活用できます。白ご飯との相性も抜群なので、気になる方は挑戦してみてください。

1.鶏肉手羽元をビニール袋に入れる。
ポン酢醤油をカップ半分ほど入れ、しっかりと冷凍し漬け込む。
2.冷凍解凍をした後、小麦粉卵の衣を付けてオーブンにクッキングシートを敷き中段中火でじっくりと中まで火が通るようグリルする。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/37697/recipe/311659 |

オイスターソースで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理12:鶏肉のオイスター焼き

オイスターソースで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理12個目は、鶏肉のオイスター焼きです。オイスターソースの中には、さまざまな調味料が入っているので実は万能なのです。

オイスターソースにプラスして、にんにくやしょうがなどを入れて漬け込めば、しっかりとしたタレになります。

鶏肉のオイスター焼きの作り方のコツ・ポイント

鶏肉のオイスター焼きの作り方のコツ・ポイントは、余ったタレを二度塗りすることで、より旨味が凝縮された漬け込み料理に仕上がります。

一度焼き上げたあとに、再度漬け込みタレを塗りこみ、仲間でしっかりと火を通せば絶品鶏肉料理の出来上がりです。

鶏肉のオイスター焼きのレシピ1:ピリ辛オイマヨ☆ 鶏の漬け焼き

ピリ辛風味の鶏肉料理はいかがですか?必要な調味料も少なく、マヨネーズ、オイスターソース、にんにく、豆板醤のみで本格的な味わいに仕上がります。

漬け込みタレを作ったら、鶏肉を加えて冷蔵庫に入れて一晩漬け込みます。あとは焼き上げれば完成なので、前日から漬け込んでおけば簡単に作れます。

1.下準備:容器に●の材料を混ぜ合わせる。一口大に切った鶏肉加え、全体にソースを絡ませ、冷蔵庫で2時間〜一晩漬け込む。
2.テフロン加工のフライパンを温め、(1)の鶏肉を炒め焼きする。
3.レタスを敷いたお皿に盛る。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/21178/recipe/7400 |

鶏肉のオイスター焼きのレシピ2:中華風スタミナ手羽先グリル♪

お子さんにも大人気な中華風スタミナ手羽先グリルは、一度食べると虜になる味わいです。オイスターソース以外にも醤油や砂糖、にんにく、しょうがを付け足して作った特製タレに漬け込みます。

じっくりと焼き上げれば、完成するので手間かからずのレシピです。

材料
◯たっぷり4人前♪
・手羽先 ── 12~14本
・◯オイスターソース ── 大さじ4
・◯酒(紹興酒でも) ── 大さじ4
・◯醤油 ── 大さじ2
・◯砂糖 ── 大さじ1
・◯にんにくチューブ ── 5cm
・◯しょうがチューブ ── 5cm

詳しい作り方
01:手羽先と◯をビニール袋に入れもみもみ~
02:空気を抜いて冷蔵庫で30分~おいて味を染み込ませる。(前日に漬け込んでおいても❤️)
03:天板にクッキングシートをしいて、タレを切った手羽先を並べる。230度に余熱したオーブンで15分焼く♪
04:一度取り出しビニール袋に残ったタレを表面にたっぷり塗り、再度10~15分焼いたら出来上がり❤️(焦げそうなら表面にアルミホイルをかぶせて中までしっかり焼いて下さいね♪)もちろんトースターや魚焼きグリルで焼いても♪少量ずつ焦げないように気をつけながら15分ぐらい焼いてね♪

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/87274/blog/17682365 |

ヨーグルトと香辛料で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理13:チキンティッカ

ヨーグルトと香辛料で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理13個目は、チキンティッカです。チキンティッカとは、インド料理の1つでおつまみに最適な料理です。

基本的にヨーグルトと香辛料を用意し漬け込み、あとはオーブン等で焼き上げれば完成です。

チキンティッカの作り方のコツ・ポイント

チキンティッカの作り方のコツ・ポイントは、皮なしで作ればヘルシーに出来上がります。皮有りでもパリパリっとした触感が楽しめるので、お好みの方法で作ってみましょう。

熱いうちに食べた方がジューシーで美味しいので、冷めないうちに食べることをおすすめします。

チキンティッカのレシピ1:スパイス効いたチキンティッカ

チキンティッカのレシピ1つ目は、スパイスが効いている1品でさまざまな調味料・香辛料が必要になります。ただし香辛料が効いていてスパイシーなので、ヘルシーに仕上がります。

必要なものとしては、ガラムマサラ、クミンパウダー、パプリカパウダー、粉唐辛子などです。本格的なチキンティッカを作れるので、これを機会に挑戦してみて下さい。

1.鶏肉を一口大に切り、フォークで表面にまんべんなく穴をあける
2.1と1以外の全ての材料を混ぜ合わせ、ビニール袋に入れて、よく揉みこむ
3.2を冷蔵庫に入れて、1時間~半日寝かせる(時間をかけた方が美味しい!)
4.鶏肉を取りだし、串に刺してグリルで焼いたらできあがり(フライパンでもOK)

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/172018/recipe/941078 |

チキンティッカのレシピ2:簡単!漬け込んで焼くだけチキンティッカ

チキンティッカのレシピ2つ目は、お弁当に作りやすい簡単レシピです。ヨーグルトとスパイスの中に鶏肉を漬け込み、焼くだけで本場のチキンティッカが作れます。

オーブンだけでなく、トースターでも対応可能なのでお家で挑戦しやすい料理です。

鶏もも肉は食べやすく切り塩を揉み込んでしばらくおきます。ビニール袋等に入れヨーグルト、カレー粉、おろしにんにくを加えます。

袋の上からよく揉み混ぜ、このまま漬け込みます。漬け込みは室温で1〜2時間、時間があれば冷蔵庫で1〜2日置いて使う1〜2時間前に室温に出してください。

オーブンの天板にオーブンシートを敷いて鶏肉を皮目上で並べます。トースターでも魚焼きグリルでもOK!予熱したオーブン200度で20分ほど焼きます。

こんかりして、良い香りがしてきて、全体が一回り小さくなりぷっくりしてきたら出来上がり。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/147165/blog/17808520 |

カレー粉で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理14:カレー風味チキン焼き

カレー粉で漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理14個目は、カレー風味チキン焼きです。カレー風味は子供から大人まで大好きな味わいで、白ご飯が進むのでおすすめです。

カレーパウダー自体にしっかりと味が付いているので、買い揃える調味料もそこまで必要ないのも魅力的です。

カレー風味チキン焼きの作り方のコツ・ポイント

カレー風味チキン焼きの作り方のコツ・ポイントは、鶏肉の皮をしっかりと炒めてパリッと仕上げることです。焼くときはなるべく触らないのが、上手に仕上げるコツです。

パリッとした触感の方が香ばしく、カレー風味にピッタリです。

カレー風味チキン焼きのレシピ1:さっぱりカレーチキン乗せごはん

カレー粉以外の調味料も家にあるようなものが多く、誰でも挑戦しやすいレシピになっています。作り方のポイントとしては、中火で煮詰めるのがコツです。

ピーマンが入っているので、彩りよく綺麗に仕上がります。普通のカレーとはまた違った料理なので、気になる方は挑戦してみて下さい。

材料
鶏もも肉 大1枚(約200g)
A)プレーンヨーグルト 大さじ4
A)たまねぎ(すりおろし) 80g
A)にんにく(すりおろし) ひとかけ分
A)カレー粉 小さじ1+小さじ1/2
A)ケチャップ 大さじ1
A)砂糖 小さじ1
A)塩 小さじ1/2
A)こしょう 少々
ピーマン 4個(約100g)
にんじん 80g
サラダ油 大さじ1
塩 少々
(お好みで)カイエンペパー 適量

作り方
1.大きめのボウルに材料Aを入れて混ぜ合わせます。
鶏もも肉をひとくち大にカットして加え、
全体が馴染むまでよくかき混ぜ10分ほど置いておきます。

2.その間に野菜をカットして炒めます。にんじんは細切り、
ピーマンは縦半分にカットしてから斜め細切りにします。
(タネとワタも使いました。お好みでね)

フライパンにサラダ油を熱し、にんじんを軽く炒め、
ピーマンと塩少々を加えて軽く炒めて取り出します。

3.あいたフライパンに鶏肉を漬け汁ごと加えます。
フタをして弱めの中火で3分、
鶏肉を裏返して強めの弱火で3分蒸し焼きにします。
4.鶏肉に火が通ってふっくら膨らみ、
タレが煮詰まってきたらOKです。

5.にんじんとピーマンを戻して混ぜ合わせ、
1分ほど強めの中火で煮詰めて火を消します。

お皿にごはんをよそいカレーチキンを乗っけて
(お好みで)カイエンペパーを振りかけて完成です。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/129042/blog/15438687 |

カレー風味チキン焼きのレシピ2:お弁当に♪カレー風味の塩唐揚げ

普通のカレーに飽きたという人におすすめなレシピです。そこまで漬け込む時間も必要ないので、時間が取れない時でも凝った料理を作ることができます。

鶏肉に合わせてカレーチャーハンも一緒に作ると、がっつりお腹いっぱいになれるご飯の出来上がりです。

1.一口大に切った鶏肉と☆をビニール袋で合わせ得て揉み込む。
冷蔵庫で寝かせる(30分~)。
2.1の袋に片栗粉を入れて全体に行き渡らせる。
3.170度の揚げ油でじっくり丁寧に揚げる。
表面がきつね色になったらキッチンペーパーの上に出して油をきる。
4.1つを半分に割って中まで火が通っていることが確認出来たらOKです。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1236440 |

柚子としょうゆで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理15:鶏肉の柚子照り焼き

柚子としょうゆで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理15個目は、鶏肉の柚子照り焼きです。柚子でさっぱりとした仕上がりになり、和食メニューとしてご飯にも相性がいいです。

夜ご飯にはもちろん、ビールのおつまみとしてもおすすめです。しっかりと下味を付けて焼き上げましょう。

鶏肉の柚子照り焼きの作り方のコツ・ポイント

鶏肉の柚子照り焼きの作り方のコツ・ポイントは、鶏肉が温かいうちにダレに入れることです。また、焼き加減としては焼き過ぎに注意です。

ほんのりと焼き目が入ったくらいがちょうどいいので、しっかりと漬け込んで美味しく仕上げましょう。

鶏肉の柚子照り焼きのレシピ1:柚子こしょう香る~♪*手間なし手羽元*

鶏肉の柚子照り焼きのレシピ1つ目は、春の花見や運動会にピッタリな爽やかな味わいのレシピです。必要な調味料は柚子胡椒、しょうゆ、酒、マヨネーズなのでご自宅にある材料で作れます。

30分程度漬け込んでおけば、味は大体付くので後は焼き上げれば完成です。

【 作り方 】

1. 鶏の手羽元の両面にフォークで数か所穴をあける。

2. [A]の材料をよく混ぜ合わせる。

3.耐熱用のビニール袋に[A]と手羽元を入れ、よくなじませて常温で30分おく。

* 時間のある時は、冷蔵庫で長めに漬け込んで下さい。

4. ビニールの口をふんわりと縛り、皿の上にのせ、電子レンジで600Wで
  7分くらい加熱する。

     * 途中で一度引っくり返すこと。
       * 生の部分がなくなるまで加熱すること。 

5. オーブントースターのアルミ皿の上にアルミホイルを敷き、
  こんがりと焼けたら出来上がり。

     * 肉がくっつかないようにホイルにサラダ油を軽く塗っておく。     
* 柚子こしょうのピリリ感は、お子さんでも食べれる様にやや弱めのレシピです!
        [B]を添えて調節。
     *手羽先、手羽中でもお試しください。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/9256/blog/12033696 |

鶏肉の柚子照り焼きのレシピ2:漬け込みチキンたっぷりネギ乗せ

定食に出てくるような本格的な料理を作りたいという方におすすめなレシピです。ポン酢と柚子胡椒と最強コンビで仕上げるレシピなので、美味しいに決まっています。

ねぎを最後にたくさん乗せればより美味しく仕上がるでしょう。程よく焼き目を入れるのが上手に作るコツです。

作り方
1、深さのある大きめの器にAを入れておく。白髪ねぎを作って別の皿に取っておく。

2、フライパンを熱し、鶏もも肉を皮のほうから焼き、焦げ色がついたら裏返し、蓋をして弱火で中まで火を通し、1のたれの中に1時間以上漬け込む。

3、鶏肉を食べやすい大きさに切り、皿に盛り付けつけだれを上からかけて、最後に白髪ねぎを乗せて完成。

出典: https://elliottyy.exblog.jp/13626005/ |

ハチミツなどで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理16:ハニーチキン

ハチミツなどで漬け込みした鶏肉を使ったおすすめ料理16個目は、ハニーマスタードチキンです。なんとハチミツを隠し味で使った激うまレシピです。

ハチミツを使うことでお肉が柔らかくなるので、美味しく仕上がります。また、栄養価も高くなるので、体に気を遣っている人におすすめです。

ハニーチキンの作り方のコツ・ポイント

ハニーマスタードチキンの作り方のコツ・ポイントは、ハチミツと一緒にメイプルシロップを入れると香ばしさがプラスされて美味しく仕上がります。

メイプルシロップは、大さじ1程度を目安に入れると良いでしょう。子供が喜ぶ甘さなので、お子さんへの手料理におすすめです。

ハニーチキンのレシピ1:鶏肉のハチミツみそ漬け焼き

意外に感じる人も多いでしょうが、蜂蜜と味噌は相性がいいです。ほんのりと感じる甘みと、コクのある味噌がマッチして程よく仕上がります。

必要な調味料も少なく、ハチミツ、味噌、しょうゆ、塩コショウのみです。手軽に挑戦できるレシピなので試してみて下さい。

1.ビニール袋に軽く塩コショウをした鶏モモ肉とハチミツみそ、お醤油加えて揉み込み、2~3時間漬け込みます。
2.フライパンで焼き上げます。
蓋をしてじっくりと弱火で中に火が通るように!

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/2066/recipe/602258 |

ハニーチキンのレシピ2:ハチミツ梅チキン

ハチミツと味噌同様にハチミツと梅も相性抜群です。甘みの中に感じる酸味がマッチしててお弁当にもピッタリです。ちなみに、冷めた後でも美味しく頂けます。

必要な調味料は梅肉、ハチミツ、メイプルシロップ、しょうゆ、塩コショウのみです。

1.梅肉を叩き、ハチミツ・メープルシロップ・しょうゆ・塩・コショウと混ぜ合わせます
2.混ぜ合わせた調味料を、一口大に切った鶏肉に揉みこみ、30分ぐらい漬け込みます
3.フライパンに油をひかず、弱〜中火ぐらいで、じっくり焼きます両面に、こんがり焼き色が付いたら、出来上がりです

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/10730/recipe/1089 |

ケース別:冷蔵庫で漬け込みする鶏肉を使ったおすすめ料理

ケース別として、冷蔵庫で漬け込みする鶏肉を使ったおすすめ料理として「鶏肉のオーブン焼き」をご紹介していきます。

記念日や誕生日など、大切な日におすすめなレシピです。付けダレに最低10分程度漬け込みつつ、冷蔵庫で寝かします。簡単料理なので、手順と材料を覚えておくといいでしょう。

冷蔵庫で漬け込みするなら鶏肉のオーブン焼き

冷蔵庫で漬け込みするのにおすすめな鶏肉のオーブン焼きに、じゃがいもをプラスしたレシピです。材料を漬け込んで焼くだけなので、料理が苦手な人でも挑戦しやすいです。

お肉自体は1時間程度漬け込めばいいので、その日のうちに調理できます。漬け込んだ後はオーブンで焼き上げれば完成します。

材料
鶏もも肉 2枚
じゃがいも(新じゃが) 小さいものなら8個ほど
●にんにく(チューブも可) 2かけ(小さじ2)
●オリーブオイル 大さじ3
●塩・胡椒 適宜
●ローズマリー お好みの量(小さじ2)

作り方
1.鶏肉は一枚を2等分、じゃがいもは食べやすい大きさに切り、●の材料に1時間ほど漬ける。
2.220℃に予熱したオーブンで20分ほど焼き、中まで火が通ったら完成です。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/84102/recipe/1165720 |

ケース別:冷凍庫で漬け込みする鶏肉を使ったおすすめ料理

ケース別として次に冷蔵庫ではなく、冷凍庫で漬け込みする鶏肉を使ったおすすめ料理「チキンの生姜焼き」をご紹介していきます。

生姜焼きと同じで生姜の効いたタレに鶏肉を漬け込んでおけば、しっかりと美味しく仕上がります。では、実際の材料や作り方を見ていきましょう。

冷凍庫で漬け込みするならチキンの生姜焼き

冷凍庫で漬け込みするのにおすすめなチキンの生姜焼きは、生姜焼き同様にみりんや醤油、酒、砂糖などでタレを作ります。

今回はそこに梅ペーストを付け足して、さっぱりとした味わいに仕上げましょう。作り方は全部の調味料を袋に入れて肉に下味を付けて、焼き上げるというシンプルなレシピです。

★ 材料(2人分)

・鶏もも肉 400g
・付け合せ野菜(キャベツやレタスなど)適量

・みりん・酒・醤油 各大さじ2
・砂糖・おろし生姜 各大さじ1
・梅ペースト 小さじ1(市販のチューブの物、種を除いて包丁で叩いた梅干など)

★作り方

1.鶏もも肉は そぎ切りにする。

2.Aと1をポリ袋に入れて よく揉み込み、
  1時間程度 漬け込んでおく。

3.2を鶏肉だけフライパンに入れて中火で焼き、
  ある程度焼けたら、汁を加えてしっかりと煮詰める。
  器に盛り付け、付け合せ野菜を添える。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/30767/blog/17601682 |

冷凍した鶏肉の漬け込みを解凍するときのポイント2つ

ここからは、冷凍した鶏肉の漬け込みを解凍するときに気を付けるべきポイントを2つほどご紹介していきます。ポイント押さえて作ることで、より美味しく仕上がります。

初めて漬け込み料理を作るという人は、これを機会に学んでおくと料理をするときに役立つでしょう。また、失敗させないためにも知識として覚えておくといいでしょう。

冷凍した鶏肉の漬け込みを解凍するときのポイント1:衛生管理に気を付けよう

冷凍すると細菌が活動できなくなるので肉の保存できる期間は長くなりますが、細菌は死滅するわけではありません。解凍すると再び活動を始めますので、衛生管理には気を付けてください。

鶏肉には雑菌がつかないいようになるべく手で触ることは避け、菜箸などを使います。ラップもぴったりと肉に張り付くようにして包み、乾燥しないようにしましょう。

冷凍した鶏肉の漬け込みを解凍するときのポイント2:自然にゆっくりと解凍

おすすめなのは冷蔵庫での自然解凍です。電子レンジなどで急速に解凍するよりも、自然にゆっくりと解凍した方が肉の旨みを逃すことなく解凍できます。

夕食に鶏肉の漬け込みを使用したい場合は、半日ほど前に冷蔵庫に移して解凍します。朝に冷凍庫から冷蔵庫に移しておけば、夕食に丁度よい時間となります。

大変に急いでいる場合は電子レンジでも解凍できますが、ドリップが出たり解凍し過ぎたりすることもあるので、気を付けてください。

漬け込みした鶏肉を加熱してから冷凍保存する方法

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】

鶏肉を冷凍保存するときは下味をつけてから冷凍する方法がおすすめですが、もう一つおすすめの方法があります。それは過熱してからの冷凍保存です。

加熱した状態で冷凍保存をすると、細菌の繁殖を抑えることができるので傷みにくいということと、解凍してからの調理が簡単にできるというメリットがあります。

加熱しての冷凍保存の期間は、下味をつけての保存期間と同じくらいです。だいたい三週間~一か月くらいです。

漬け込みに最適な鶏肉の選び方のポイント3つ

ここからは、漬け込みに最適な鶏肉の選び方のポイント3つをご紹介していきます。

肉の選び方としては、透明感があって綺麗なピンク色、弾力がある、鳥皮の毛穴が鮮明に見えるの3つです。

何気なく肉を選んで買っているという人が多いと思いますが、しっかりと見極めて美味しい鶏肉を選んで料理するように心がけましょう。

漬け込みに最適な鶏肉の選び方のポイント1:透明感があって綺麗なピンク色

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】

漬け込みに最適な鶏肉の選び方のポイント1つ目は、透明感があって綺麗なピンク色です。

肉の色は、新鮮さを表す指標と言っても過言ではありません。ただし、鶏肉の部位によって元々の色合いが異なるので注意が必要です。

白く濁っているようなお肉は鮮度が悪い可能性が高いので、なるべく選ばないように心がけましょう。

漬け込みに最適な鶏肉の選び方のポイント2:弾力がある

漬け込みに最適な鶏肉の選び方のポイント2つ目は、弾力があることです。

なかなか買う前に弾力を調べるのは難しいですが、サランラップで包んである上からそっと軽く触ってみると良いでしょう。

お肉に直接触るのが難しい場合は表面に注目し、ハリがあるかどうかをチェックしましょう。しっかりとお肉の色と合わせて確認するようにしましょう。

漬け込みに最適な鶏肉の選び方のポイント3:鳥皮の毛穴が鮮明に見える

漬け込みに最適な鶏肉の選び方のポイント3つ目は、鳥皮の毛穴が鮮明に見えることです。

実は鶏皮が鮮明に見える方が新鮮とされています。鶏皮はパッと見で判断できるポイントなので覚えておきましょう。

毛穴が細かく盛り上がっているものであれば、新鮮でおいしいお肉だという証拠です。上記で紹介した色と弾力と一緒にチェックしましょう。

漬け込みした鶏肉の保存方法

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】

鶏肉は調味料に漬け込むことによって、味が染み込みおいしくなる効果や保存期間がのびる効果があります。

味付けをした方が楽ですが、味付けを極力しない状態で調味料に漬け込んでおくという手もあります。いざ料理をするときにその時の気分次第で味付けを決定できるのがいいところです。

鶏肉を漬け込む調味料はお酒と塩だけです。鶏肉に塩を振り、お酒をかけて揉み込んでから保存します。

おすすめの鶏肉漬け込みレシピお試しあれ!

漬け込みした鶏肉を使ったおすすめレシピ16選【保存方法】

基本的にこのレシピは鶏肉を調味液に漬け込み、焼くだけだから簡単に作ることができます。

鶏肉は胸肉、もも肉、手羽と色々な部位があり、味付けもしょうゆ、味噌、トマト、ハーブなどさまざまな味があります。鶏肉の部位と味付けを組み合わせたら、何とおりものいろいろな料理を楽しむことができます。

鶏肉が安いときにまとめ買いをして、下味を付けておけば節約の強い味方にもなります。ぜひ冷蔵庫や冷凍庫に鶏肉の漬け込みを常備しておきましょう。

Related