Search

検索したいワードを入力してください

ちらし寿司に合う献立レシピ21選|ちらし寿司が合うイベント

初回公開日:2018年11月28日

更新日:2020年02月12日

記載されている内容は2018年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ちらし寿司は、どのような献立で作っていますか。いつもちらし寿司しか出さないという人は、おすすめの献立でさらに華やかな食卓にしてみましょう。ちらし寿司の献立にこだわれば、もっと雛祭りや七夕が楽しくなること間違いなしです。ぜひチャレンジしてみましょう。

ちらし寿司に合う献立レシピ21選|ちらし寿司が合うイベント

ちらし寿司の献立に悩む人が多い

あなたは、ちらし寿司を食べる時にどのような献立にしていますか。もしかすると何も献立が思いつかないので、ちらし寿司だけで食べていませんか。ちらし寿司の献立に悩むのは、ちらし寿司がメインの主役であるという意識が強いからです。ちらし寿司だけでお腹がいっぱいになるのではという考えからあえて献立を作らないという人も少なくありません。

しかし、ちらし寿司は献立にこだわるとさらに美味しく食べることができます。

どんなおかずが合うのかわからない

そもそもちらし寿司は、どのようなおかずと合うのかも分からないという人も多いです。ちらし寿司は特別な日に食べることが多いので、あまりそれに合う献立をじっくり考えたことが無いという人が多いのではないでしょうか。

しかし、ちらし寿司だけでは栄養のバランスも偏ってしまいがちです。特に一般的なちらし寿司は野菜が少ないので、献立で補っていく必要があるでしょう。

ちらし寿司に合う献立レシピ21選

ここでは、おすすめのちらし寿司に合う献立レシピを紹介していきます。ちらし寿司に合う献立に悩んでいる人は、参考にしてみて下さい。

ちらし寿司に合う献立は、ちらし寿司をメインとして引き立ててくれるレシピが多いです。ちらし寿司以外にも、寿司料理全般との相性が良いです。寿司料理をした時にも献立を悩んでしまう時にも応用していくと良いでしょう。ちらし寿司に合う献立を極めて、美味しくちらし寿司を食べましょう。

レシピ1:大根と大葉のマヨサラダ

このちらし寿司に合う献立レシピは、不足しがちな野菜分を取りたい人におすすめです。シャキシャキした食感なので、ちらし寿司の食感に飽きてしまった時にも美味しく食べることができます。

この献立を作るときのポイントは、ちらし寿司と食べる時にはマヨネーズの量を控えめにする事です。マヨネーズではちらし寿司の味を消してしまうのではと考える場合は、梅とポン酢を変わりに使うと良いでしょう。

大根・・・・・・・・・・10cmぐらい
大葉・・・・・・・・・・5枚ぐらい(お好きな量で)
マヨネーズ・・・・・・・・・・大さじ2ぐらい
にんにく醤油・・・・・・・・・・ひとたらし
塩・・・・・・・・・・小さじ2ぐらい
胡椒・・・・・・・・・・お好みで
大根を細切りにしてボウルに入れて塩を振っておく
20分ぐらい放置しておくと、大根から水分が抜けてしんなりしてくる
大根の水気を絞り、細切りにした大葉とマヨネーズ、にんにく醤油を混ぜ合わせる
仕上げに胡椒をかけて完成

出典: http://orecipe.hatenablog.com/entry/2013/12/13/080621 |

レシピ2:海藻サラダ

この献立レシピは、手軽に作れるサラダとちらし寿司を食べたいという時に便利です。包丁も使わないの献立レシピなので、誰でも簡単に作ることができます。

海藻は、お味噌汁などにしてしまいがちです。しかしあえてサラダで使うことによって、小さな子供や高齢者が参加するちらし寿司パーティーでも火傷などを心配することなく提供することができます。コスパのよいちらし寿司に合うレシピなので、お財布にも優しいです。

レタス 1~2枚
海藻サラダ(市販品) 10g
ノンオイルドレッシング 適量
1.レタスは手で小さくちぎる。
2.海藻サラダは水で戻しておく。
3.1と水けを切った2を混ぜ合わせて、食べる直前まで水けを切りながら冷蔵庫で冷やす。
4.器に盛り、好みのノンオイルドレッシングをかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1032286 |

レシピ3:切り干し大根とズッキーニのごま酢サラダ

この献立レシピは、胡麻酢が使われているのでちらし寿司にもぴったり合います。ズッキーニが用意できなかった場合は、キュウリで代用しても良いでしょう。

この献立レシピのポイントは、ズッキーニをしっかり塩もみすることです。ズッキーニが美味しくなるので、この献立に挑戦しようと考えた場合は事前にズッキーニを塩もみしておきましょう。味が濃いと感じた場合は、調味料で調整していきます。

切り干し大根 15グラム
ズッキーニ 70グラム
ロースハム 4枚
塩 ふたつまみ
☆白すりごま 大さじ1
☆お酢 大さじ1
☆醤油 小さじ1
☆ごま油 小さじ1
☆チューブ生姜 小さじ1/2
1.切り干し大根はすすり洗いをし
ぬるま湯に1分浸ける。
ギュッと水気を絞り、千切りにしたロースハムと共にボウルにいれる。
2.ズッキーニは千切りにして
ポリ袋に塩と共に加えて
揉み込み5分置く。
ギュッと水気を絞り、①のボウルに☆印と共に加え和える。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/276501/recipe/1302711 |

レシピ4:レンジde簡単♪ぷるぷるん茶碗蒸し

このちらし寿司に合うレシピは、電子レンジを使って簡単に作ることができる献立です。茶碗蒸しは難しいのではないかと考えている人も、気軽にチャレンジすることができます。

お気に入りの出汁パックがある人は、そちらを使えば絶品の茶碗蒸しができあがることでしょう。作り方のポイントとしては、火がしっかり通っているからどうかを確認することです。何度か確認してみて、加熱時間を調整していきましょう。

出汁 出来上がり500〜550cc
卵 4個
本だし 大さじ1と半
鳥もも、アナゴ、椎茸、銀杏、かまぼこ お好み
三つ葉、柚子皮 お好み
1.材料を準備する♪

ホタテ、アナゴ、鶏肉どれか一つ入れてね(*´꒳`*)
旨味がプラスされます♡
2.出汁ベース♡
ヤマキのこの出汁オススメです♪
イオンで購入できます。
詳しくはクックパッド【ももたくママ】に写真付きでUPしています。
3.600ccの水に出汁パックを入れて火にかけます。

沸騰したら3分煮ます。
本だし大さじ1と半入れてベースは完成!
粗熱をとります。
4.泡だてないように溶いた卵に出汁を少しずつ入れて優しく混ぜます。

煮詰めると500〜550ccくらいになってます。
5.お好きな具を入れた器に茶こしを通して流し込みます。
茶こしはセリアで購入しました(*´꒳`*)

表面に泡があるとすが入るので、スプーンで泡を取ると簡単です。
6.ラップをして爪楊枝で3箇所穴を開けてレンジ300Wで3分UPします。

器の大きさで変わるので、10秒ずつ調整してね
7.あっという間にぷるぷる茶碗蒸しの完成〜♡

鳥もも使用の際は器にお肉だけ入れて500Wで20秒UPしてから卵液をいれてね
8.濁った液が出る場合はまだ火が通っていないので、10秒ずつUPしてね。
透明になれば完成!

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/205259/recipe/1248590 |

レシピ5:舞茸と海老たっぷり茶碗蒸

この献立レシピは、ちらし寿司作りなどで海老が余ってしまった時につくることをおすすめする料理です。ゴージャス感が出るので、ちらし寿司パーティにもぴったりです。

この献立を作る場合は、火加減を大事にします。初めは強火で、その後は弱火で蒸していきます。蒸し器が無い人は、鍋などで代用しましょう。蒸している間はそのままにせず、目で状態を確認していきましょう。

卵Lサイズ 2個
白だし 50ml
水 350ml
海老1人に3尾 12尾
大和芋 5cm
インゲンや、きぬさや、 2本、4つ
小松菜か、ほうれん草 少し
鶏むね肉の挽肉 大さじ4
三つ葉か、フェンネルなど 少し
舞茸 適量
1.卵を割りほぐす。
水と白だしを加えて
切るように混ぜる。
網ザルでこす。
2.蒸し茶碗に
海老1人
海老は、1尾でも可❗️

大和芋皮剥いて、
輪切りにした大和芋、
長芋でも可。
鶏むね肉のひき肉
大さじ1杯
インゲンや小松菜を
先に入れてから
3.卵液を静かに
注ぐ。
泡が、出来てしまったら
チャッカマンライターの火を
泡に
当てると、泡が消せます。

蒸し器に湯を沸かし
始めは、強火
たっぷりの蒸気で、約2分蒸して
弱火にしたら

舞茸を乗せて

残り、12〜13分
ゆっくり
蒸すと
きれいな仕上がりです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241906/recipe/1227873 |

レシピ6:大豆たっぷり呉汁

このちらし寿司の献立は、手が込んでいる汁物を一緒に楽しみたい時におすすめです。呉汁は、日本の郷土料理として各地に広まっています。ちらし寿司との相性も抜群で、体が温まるでしょう。

この献立に挑戦する際には、大豆を前日から準備しておく必要があります。明日ちらし寿司をしようと考えている時は、早めに用意しておいましょう。大豆の用意さえできれば、後は煮込んでいけばOKです。

大豆 200g(一晩水につけて戻す)
煮干し 20g程
だし昆布 10cm程
水 6カップ程
油揚げ 1枚
長ネギ 1本
味噌 お好み加減(本日麦味噌)
前日に大豆を戻しておきます。
本当はすり鉢でするのでしょうけど、フードプロセッサーで簡単に。
粒が残る程度の粗めにします。
水・煮干し・だし昆布・大豆で、アクをとりながら15分程煮ます。
だし昆布は途中取り出すか、細かく切って加え食べちゃうか、お好みで(^^)
油抜きした油揚げもプラスして3〜4分グツグツ。
火を止めて、味噌をお好み加減加えます。
また軽く火を入れ、長ネギもプラス。
あったか大豆たっぷり呉汁の完成です。

出典: http://blog.livedoor.jp/nukupaku/archives/1018618686.html |

レシピ7:体に優しい♪冬瓜スープ

このちらし寿司のレシピは、体に優しい献立にしたいという人におすすめです。この献立レシピには、具がたっぷり入っています。ちらし寿司は好きだけど、ボリュームが足りないと感じている時に最適です。

このレシピのおすすめポイントは、材料を入れて煮込み味付けをしていくシンプルな料理と言う点です。とても簡単にできる料理なので、見た目はゴージャズがよいけどちょっと料理の手を抜きたい時にも最適です。

●冬瓜(食べやすく切る) 200g
●玉ねぎ(粗みじん切り) 50g
●人参(粗みじん切り) 50g
●豚肉(食べやすく切る) 50g
◎小松菜(食べやすく切る) 1株
◎えのきだけ 50g
◎鶏がらスープの素 大さじ2
塩 少量
粗挽き黒胡椒 少量
ミニトマト(皮をむく) 6~8個
水 5カップ
油 小さじ1
水溶き片栗粉 少量
1.●を油で炒めて塩コショウをふる。
2.1に水とトマトを加えて火をとおす。
3.煮えたら◎を加えて味を調え、水溶き片栗粉を入れたら全体に混ぜて出来上がり!

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/38421/recipe/645364 |

レシピ8:ガリ入りさっぱり!コールスロー

このちらし寿司に合う献立レシピは、さっぱりした味わいでおすすめです。ちらし寿司にボリュームがあるので、お口直しをしたい時にも最適です。

この献立のポイントは、鶏がらスープの素をプラスして味に深みを出すという点です。キャベツは、シャキシャキした新鮮なものを使うようにしましょう。和えるだけでできるレシピなので、突然副菜が欲しいと感じた時にも手軽に作ることができます。

キャベツ(千切り)・・・1/5個分(130g)
人参(千切り)・・・1/2本分
=A=
ガリ(千切り)・・・大さじ3
ガリの漬け汁・・・大さじ2
醤油・・・小さじ1
鶏がらスープの素・・・小さじ1/2
(下記の湯で溶く)
湯・・・小さじ1
1)キャベツと人参は塩(少々:分量外)をふりシンナリさせて、水気をしっかり絞る。
2)Aで和えて出来上がり。

出典: https://ameblo.jp/yomecafe3/entry-10676352546.html |

レシピ9:菜の花のおひたし

この献立レシピは、雛祭りなどでちらし寿司を食べる時におすすめです。春が来たことを教えてくれる菜の花を食べれば、季節の行事感が出て雰囲気が盛り上がるでしょう。

菜の花は、しっかり茹でることが大事です。苦味があまり好みではない人は、味付けをしっかりすると良いでしょう。市販の菜の花でも良いですが、菜の花摘みに出かけて、自分で摘み取ったものを使うこともおすすめです。

菜の花 適量
油揚げ 3枚程度
かつおだし(顆粒) 小さじ1
1.菜の花は、お湯で茹でる。茹で上がったら、食べやすい大きさに切り、絞る。
2.油揚げは、湯引きして、余分な油分を抜く。
絞って、千切りにしておく。
3.ボウルを用意し、(1)と(2)をいれ、かつおだしを加えて、菜箸でよく混ぜ合わせる。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241666/recipe/1322677 |

レシピ10:菜の花と海老の白だし煮

ちらし寿司にあうゴージャスな献立が良いのなら、菜の花とむきえびを使ったこちらのメニューがおすすめです。この献立では白だしが使われているので、ちらし寿司との相性も抜群です。

このレシピでは、むきえびの水分をしっかり取ることを意識しましょう。水分が残っている状態では、むきえびの臭みが残った献立になりかねません。面倒でも、丁寧に作業することがおすすめです。

菜の花 1/2束
むきえび 120g
☆白だし 大3
☆水 300cc
1.菜の花は根元を切り落とし、長さを半分に切る。
むきえびはキッチンペーパーで水分をとる。
2.鍋に☆をわかし、菜の花を入れてフタをし、中火で2分加熱。
3.2に海老を入れて1分半加熱して出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1267908 |

レシピ11:わかめと卵のおすまし

この献立は、冷蔵庫の中身で簡単にできるちらし寿司にあうレシピです。ちらし寿司をするために材料費がかかったから、献立はコスパを重視したいという時におすすめです。

この献立のポイントは、火加減です。溶き卵を入れた後も火加減を強火にしている卵が固くなってしまうことがあります。なるべく火加減を落として、作っていきましょう。シンプルな料理ですが、盛り付け皿を工夫すればゴージャスにも見えます。

わかめ 適量
溶き卵 1個半
だし汁 3カップ
薄口醤油 小さじ1
旨味調味料 小さじ1/2
1.ボウルに、卵を割りほぐしておく。
2.わかめは、流水で粗塩を洗い流し、適当な大きさに切っておく。
3.鍋にだし汁を入れ、わかめを入れて沸騰させる。
4.沸騰したら、さいばしを使って、卵液をゆっくりスープに流しいれる。
5.中火で3分程煮る。火を止めて、器に盛る。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241666/recipe/1286943 |

レシピ12:しょうがたっぷりイワシのつみれ汁

この献立レシピは、冬場ちらし寿司だけでは体が冷えてしまうという時におすすめのメニューです。しょうががはいっているので、体がぽかぽかすることでしょう。

このちらし寿司の献立レシピのポイントは、イワシのつみれを丁寧に作っていくことです。崩れやすいと、汁の中でイワシのつみれがバラバラになってしまう可能性も高いです。自分でイワシをさばく自信が無い人は、市販のイワシのつみれを購入しても良いでしょう。

いわし 20cm程度の大きさのもの3尾
・しょうが 20~30g
・大根 5cmくらい
・人参 1/3本くらい
・ねぎ 5cmくらい

<A>
・みそ 小さじ1/2
・酒 小さじ1
・片栗粉 小さじ1/2

<B>
・だし汁(昆布と鰹) 400cc
・塩 少々
・酒 大さじ1
・みりん 小さじ1~好みの量
・醤油 小さじ1~2

【作りかた】


イワシは頭と内臓を取り除く
3枚におろし皮をはぐ
(面倒だったら皮つきでもOK) 
腹骨を切り取る


しょうがを少量すりおろす
イワシの身を包丁で細かく叩く
しょうがのすりおろし、<A>を
加えて混ぜながらさらに叩く
(フードプロセッサでもOK) 


好みもありますが、あまり細かく
しない方がほろりと崩れて
私的にはおすすめです


大根と人参は皮をむき
いちょう切りにする
しょうがの残りを千切りにする


鍋に<B>と大根、人参を
入れて火にかける
沸騰したら弱火にして
大根と人参が柔らかくなるまで
煮る


つみれをスプーンですくうか
ポリ袋に入れて端を切り
ひと口大に出してスプーンで
すくい汁の中に加える
全部入れたらしょうがも加える


5分ほど煮て味見して薄ければ
塩や醤油を加えて味を調える
盛りつけ好みでねぎの小口切りを
添える

出典: http://superslowiegohan.blog.fc2.com/blog-entry-2433.html |

レシピ13:ズッキーニとミニトマトの煮びたし

この献立レシピは、和風の味わいでちらし寿司によく合います。色合いも綺麗なので、ちらし寿司パーティーにもおすすめです。

こレシピのポイントは、温かい内に調味料を染みこませることです。調味料の美味しさが染みわたりやすいで、冷めても美味しく食べることができます。見た目を重視したい人は、星型などにズッキーニをカットすると良いでしょう。七夕などにおおすすめのレシピです。

ズッキーニ 1本
ミニトマト 10コ
白だし 大さじ1/2
めんつゆ 大さじ1/2
しょうが 小さじ2
しょうゆ 適量
水 大さじ1
1.ズッキーニを輪切りに。ミニトマトはそのままでフライパンで焼く。丸ごと焼いたトマトは皮がはじけるので、だしにつける前に半分にカットする。
2.調味料を合わせ、熱々の野菜を漬け込む。
3.冷めて味が馴染むのを待つ。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/8236/recipe/139946 |

レシピ14:さっぱりキノコと焼鮭ほぐし身和え

この献立レシピは、ちらし寿司と共にさっぱりした副菜が食べたい時に便利なメニューです。とてもすっきりした味わいなので、食欲のない時にもおすすめです。冷蔵庫の整理にも繋がるので、使う野菜は余っている物で良いです。
 
このレシピのポイントは、盛り付け方です。綺麗に盛り付ければ、冷蔵庫の寄せ集めで作った副菜とは思われないでしょう。ポン酢が無い場合は、ちらし寿司で使った酢と醤油を混ぜても美味しいです。

とぶなしめじ(ブナピー) 1/4パック
焼鮭ほぐし身 大さじ1/2
きゅうり 5cm位
ゆずポン酢またはポン酢 大さじ1/2
1.キュウリ 5cmぐらい斜め切りして細切りにしておきます。。
2.しめじ、えのきは石突きを取りほぐして、耐熱容器に移し、ラップをしてレンジで500w 40~50秒ぐらい加熱します。
(レンジによって加熱時間が変わりますので、様子を見ながら加熱してくださいね。)
3.ボールに、ぶなしめじ(ブナピー)、焼鮭ほぐし身、きゅうり、ゆずポン酢を和えて器に盛って出来上がりです。

☆お好みで白ごまを振ってくださいね。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/88712/recipe/833300 |

レシピ15:大根とさんまの煮物

このちらし寿司の献立レシピは、さんまが旬の時におすすめのメニューです。さんまを柔らかく食べることができるので、年配の人がいる家庭でも提供しやすいでしょう。

この献立のポイントは、さんまのワタを丁寧に取ることです。しっかり取らないと、苦味が残ります。さらに時間をかけてしっかり煮込んでいくことが、ポイントです。焦らず、じっくりと鍋の中を確認しながら作っていきましょう。

大根            1/2本
さんま           2尾
しょう油          大さじ3
みりん           大さじ2
酒             大さじ2
砂糖            大さじ3
梅干            1個
*作り方
大根はざんぎりにし茹でる、さんまは頭を取りワタを抜くように取ります。3㎝位に輪きりにします。鍋に大根、さんまを入れ水を浸る位入れ調味料と梅干を入れ強火で、アクが出たらきれいに取り弱火で、ゆっくり煮ます、梅が入っているので、さんまの骨が柔らかくなります。簡単でさんまの旨味が大根にしみてとても美味しいです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/15502/blog/10493146 |

レシピ16:サツマイモと豚バラの蒸し物

このちらし寿司の献立レシピは、電子レンジで簡単に作ることができるメニューです。手軽にできるメニューが良いという人におすすめです。

作る際には、さつまいもの形をなるべくキープするように作っていくことです。見た目にも気を使えば、ちらし寿司パーティーにも使えるレシピです。時間があれば、サツマイモの形も凝ってみるとよいです。

豚バラ肉 140g
さつまいも 小1本
長ネギ 1本
大豆(水煮) 大さじ2
◆醤油 大さじ1
◆酒 大さじ1
◆砂糖 大さじ1
大葉 5枚
白ごま 適量
1.豚肉は小さい大きさにし、◆の調味料をもみこみ10~15分おいておく。
2.さつまいもはところどころ皮をむき、3㎝ほどの角切りにして、水につけておく。
長ネギは斜め薄切りにする。大葉を千切りにする。
3.耐熱のボールまたはお皿に長ネギ、大豆、さつまいもの順に乗せ、1のお肉を乗せる。
ラップをし電子レンジで7~10分熱する。
4.取り出し調味料がなじむように全体を混ぜ、再び電子レンジで3分ほど加熱し、10分蒸らす。器に盛り大葉と白ごまを散らし出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/95560/recipe/1106685 |

レシピ17:オクラの肉巻き

このちらし寿司の献立レシピは、お口直しに肉系のおかずが欲しい時にぴったりです。見た目もボリュームがあるので、誕生日パーティーなどでも重宝するでしょう。

このレシピのポイントは、肉がはがれにくいように作っていくことです。肉の巻き終わりから火をかけていくと、綺麗にでき上がります。オクラが無い場合は、アスパラガスなどで代用することもおすすめです。さらに、盛り付け方も気にしていきましょう。

オクラ 12本
豚肉 150g
☆焼き肉のたれ 大1
☆塩レモン 大1
☆ニンニクすりおろし 適量
塩コショウ 少々
1.オクラは下処理した後、軽く湯がきキッチンペーパーでしかっかり水気をふき取ります。
2.オクラに薄力粉(分量外)を軽くまぶして豚肉を巻き付けていきます。
3.温めたフライパンにごま油を引いてお肉を焼いていきます。
その間に☆を合わせておきます。
4.焼けたらお皿に盛り付けて上から☆をかけたら完成です!

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/52648/recipe/1052029 |

レシピ18:切り干し大根のかき揚げ

このちらし寿司に合う献立レシピは、かき揚げです。食物繊維がたっぷりなので、ちらし寿司では不足しがちな野菜分を取ることができます。

このレシピを作る際には、切り干し大根を戻し過ぎないようにします。水気をしっかり取るようにすれば、揚げやすいです。甘い天ぷらのかき揚げになるので、塩などで味を調節することがおすすめです。さらに、ちらし寿司の上にかけて食べることもできます。

食材-
切り干し大根 50g(乾燥時)
干しえび 10g
青のり 小さじ2

-調味料-
天ぷら粉 100g
水 150cc

①ボールにぬるま湯を入れ、切り干し大根を戻します。戻ったらよく水をしぼり5cm幅程度に切り分けておきます。
 ※少し固めに戻すのがポイントです。15分くらいでしょうか??
 ※水はしっかり絞りましょう!!

②天ぷら粉と水を合わせて衣を作ります。

③②の衣に①の切り干し大根と干しえび、青のりを混ぜてさっくりと混ぜて種をつくります。

④鍋に揚油(分量外)を入れて180〜190℃に熱し、そこへ③の種を入れてあげます。両面各1分くらいづつ揚げて、しっかりいい感じに揚がっていればOKです。

出典: http://danchigohan.blog.fc2.com/blog-entry-323.html |

レシピ19:鶏胸肉でふんわりとり天☆

この献立レシピは、鶏むね肉でちらし寿司の口直しをしたい時におすすめです。魚料理も好きだけど、鶏肉料理も出したいパーティーなどで大活躍することでしょう。

このレシピのポイントは、そぎ切りに鶏胸肉を切ることです。切り方に自信が無い人は、一口サイズの冷凍の鶏肉などを買うことがおすすめです。さらに揚げ油を入れる際には、2cm程にしておくと上手く行きます。

鶏胸肉 350g
★にんにく(すりおろし) 1かけ
★生姜(すりおろし) 1かけ
★醤油 大さじ2
★酒 大さじ1
★塩 少々
★胡椒 少々
☆小麦粉 大さじ3
☆片栗粉 大さじ3
☆卵 1個
☆水 大さじ4
揚げ油 適量
1.鶏胸肉は一口大にそぎ切りにし、★につけてよくもみこみ、冷蔵庫で約2時間ねかす。
☆を合わせて少し粉っぽさが残る程度に箸で軽く混ぜる。
2.鍋に揚げ油を深さ2cm程入れて熱し、鶏胸肉を1切れずつ☆につけて揚げる。
3.油をきってお皿に盛る。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/66737/recipe/1041443 |

レシピ20:じゃがバタコロッケ

この献立レシピは、揚げ物をちらし寿司と食べたいときにおすすめです。じゃがいもが安く手に入った時などに、作ってみましょう。小さめサイズに切っていけば、子供でも食べやすいです。

このレシピのポイントは、じゃがいもと調味料を混ぜる際に丁寧にマッシュしていくことです。子供や年配の人がいる時には、マッシュポテトを作る程度までマッシュしていくとよいでしょう。

じゃがいも 6個くらい
A.バター 10gくらい
A.塩 適量
A.粗挽き黒胡椒 好きなだけ
A.鶏ガラスープの素 適量
A.牛乳 50mlくらい
溶き卵 適量
小麦粉 適量
パン粉 適量
サラダ油 適量
1.じゃがいもは皮を良く洗い半分に軽く切れ目を入れて、ラップの上にキッチンペーパーを引いた上に乗せ包んで火が通るまでチン。
2.やわらかくなったじゃがいもの皮を冷水につけながら剥いて、Aとボウルに入れマッシュする。
3.好きな形にして、小麦粉→溶き卵→パン粉の順につけていく。
4.180℃の油で衣がきつね色になるまで揚げたら完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/284557/recipe/1313936 |

レシピ21:薩摩芋としいたけと小松菜の味噌汁

このおすすめの献立レシピは、栄養満点の汁物とちらし寿司を食べたい時におすすめです。先に材料をカットしておけば、時短で作ることが可能です。

このレシピのポイントは、さつまいもが柔らかくなったら他はあっさりと煮込むということです。時間が無い時は、電子レンジを使って先にさつまいもを柔らかくしておくこともおすすめです。にぼし粉末が味の決め手になるので、こだわりのものを使うとよいでしょう。

薩摩芋(小) 1個
しいたけ(小) 4枚
小松菜 1/4袋位
にぼし粉末 小さじ1
水 700cc
味噌 大さじ2
1.薩摩芋はよく洗って、皮ごと1cmの半月切りにして鍋へ。
2.しいたけは石づきを取って、軸ごと薄切りして鍋へ。
3.にぼし粉末と水を入れて、蓋をして中火にかける。
 沸騰したら弱火で薩摩芋が柔らかくなるまで煮る。
4.小松菜を入れて1分ほど煮たら味噌を入れる。
 お玉の上で煮汁と混ぜて、ペースト状にしてから全体に混ぜています。
 混ぜ終わったら火を止める。
5.盛りつけて完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/41845/recipe/1322724 |

ちらし寿司に興味がある人におすすめの本

この本は、寿司に興味のある人にぴったりな本です。この本を読めば、ちらし寿司だけでなく寿司というジャンルに強くなれるでしょう。魚のおろし方なども紹介されているので、寿司職人気分を味わってみたい人にもおすすめです。

さらにこの本には、写真も幅広く収録されています。見ているだけで、ちらし寿司が食べたくなるでしょう。

いろんな寿司の作り方、シャリの寿司酢から混ぜ方まで丁寧に解説してあります。写真も沢山使って解りやすいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%99%E3%81%97%E3%81%AE%E6%8... |

ちらし寿司が合うイベント

ここからは、ちらし寿司をどのようなシーンでたべればよいのかイベントを紹介していきます。このシーズンが来た時には、自宅でもちらし寿司を食べてみませんか。季節感が出て、楽しいイベントになります。

イベント1:ひな祭り

ひな祭りのイベントには、ちらし寿司は鉄板のメニューです。女の子らしくピンクの色合いを大事にした盛り付けにすると、とても美味しく食べることができるでしょう。家族でわいわい楽しみましょう。

イベント2:七夕

ひな祭りの次にちらし寿司が好まれるのが、七夕です。星の形をしたにんじんなどを盛り付けていけば、雰囲気が盛り上がります。七夕らしく、そうめんと一緒に食べることもおすすめです。

ちらし寿司の献立を楽しもう

皆が大好きなちらし寿司は、美味しい献立で華やかさをプラスしましょう。ぜひ今回紹介した献立とちらし寿司を楽しんで、素敵な時間を過ごしてみましょう。誕生日などにも、大活躍することでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう

この記事に興味がある人は、季節のイベントの食べ物をチェックしていきましょう。季節感のある食べ物のレシピを知っておくと、昔からの風習をさらに楽しむことができるでしょう。

Related