Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

おつまみの人気レシピ52選|おすすめのレシピ本3選

お酒を飲むときにおつまみは欠かせません。良いおつまみがあると、お酒が進みます。しかし、いつも似たようなおつまみだと飽きてしまうこともあります。なので、おつまみに飽きが来ないように、いろいろなおつまみの人気レシピを知っておくと良いでしょう。

おつまみの人気レシピ52選|おすすめのレシピ本3選

毎日の献立で悩む方に朗報です!



栄養バランスを考えながら毎日の献立を考えるのは難しい・・・。
おかずを何品も作るのは地味に時間がかかります。

そんな毎日の献立で悩む方におすすめなのが「 わんまいる 」!
1食平均400kcal以下、塩分3.5g以下 の健康的なお惣菜セットが勢揃い!
冷凍状態で届いて、食べるときは解凍するだけ。

今ならお得なお試しセットもあります★

初回限定価格で販売中

おつまみをつくるコツ

お酒を楽しむ人は多くいます。しかし、お酒を楽しむ場合には、居酒屋など利用するという人もいますが、帰りのことや、予算などを理由に宅飲みをするという方も多いです。

宅飲みをする場合には、おつまみを用意する必要があります。ですが、家で作るおつまみはどうしても居酒屋などで食べるおつまみと比べると、見劣りしてしまうということもよくあります。居酒屋に負けないおつまみを作るためには、いくつかのコツがあります。

おつまみの人気のレシピ52選

味が濃い物はどのような種類のお酒にも合いやすいため、おつまみになりやすいです。ですが、中には味の濃い物よりも、さっぱりとした物がおつまみに適しているお酒もあります。

なので、美味しいおつまみを作るコツとして、お酒に合わせたおつまみを作ることが重要となります。お酒の品種や銘柄などに合わせることが理想ですが、宅飲みでは手軽さも重要です。しかし、おつまみはお酒の種類には合わせた方が良いでしょう。

日本酒に合うおつまみ

日本酒と言っても、吟醸酒や本醸造酒、長期熟成酒や純米酒など、いろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。細かいことを気にせずに、日本酒という大きな枠で見た場合はおつまみに適する範囲は広めになります。

日本酒にはビールのような苦味ではなく、辛味があったり、フルーティーでスッキリしていたり、濃厚で旨味を感じる物などがあります。そのため、日本酒はあっさりからこってりまで幅広いおつまみと相性が良いです。

1:冷奴☆めかぶとおじゃこのみぞれがけ

おつまみの定番の1つは冷奴です。手間もかからず、居酒屋などでもすぐに出てくるため、とりあえず頼むという人は多いです。

しかし、冷奴はさっぱりした味のため、おつまみとして物足りなく感じてしまう人もいます。ですが、冷奴は本醸造酒や熟成酒などの旨味の強い日本酒と合わせることで、味のバランスを取ることができます。

冷奴だけで物足りない人は、ネギやじゃこ、梅などのトッピングに工夫をすると良いでしょう。

材料
豆腐(絹) 1パック90g×4個
☆大根おろし 7センチ分
☆めかぶ お好みの量(50g×4人分くらい)
☆ちりめんじゃこ(しらす) 15g
☆めんつゆ お好みの量

作り方

1.☆を粘りが出るまでよく混ぜる。
おじゃこの塩気などによってめんつゆの量を調整したいので最初は控えめに。
2.器に盛った豆腐一人分に1の1/4量をたっぷりかけて出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1329901 |

2:簡単で美味しい★揚げ出し豆腐

豆腐を使ったおつまみは冷奴が定番ですが、豆腐は好きだか、おつまみとしてもう少し味が欲しいと思う人や、温かいおつまみが良いという人には、揚げだし豆腐がおすすめです。

適度に味があり、豆腐がさっぱりしているので、どのような種類の日本酒と合わせても相性が良いです。

揚げ出し豆腐は作ることが手間と思う人もいますが、めんつゆを活用することで手軽に作ることができます。

材料
絹ごし豆腐 1/2丁
片栗粉 大さじ1〜2
サラダ油 大さじ3
水 200cc
めんつゆ(2倍濃縮) 40cc
ネギ お好みで
生姜すりおろし お好みで

作り方
1.木綿豆腐はリードなどで水気をよくふきとっておく。
1/2丁を半分に切る。
2.1の表面に片栗粉をたっぷりまぶしつける。
3.フライパンにサラダ油をしき、中火にかけて2の豆腐をじっくり焼いていく。
4.全部の面に焦げ目がつくようじっくりと丁寧に♪
5.焼けたら、水とめんつゆを入れて一煮立ちさせる。
★お使いのめんつゆで味の濃さがかわってくるので、味見をしながら調整を★
6.器に盛り付け、お好みで生姜のすりおろしとネギを添えたら完成*

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/284573/recipe/1343714 |

3:豆腐のから揚げ

味が濃い物をおつまみにしたけど、あまりに味が濃い物を食べすぎることに罪悪感を感じてしまうという人には豆腐を唐揚げにしてみることをおすすめします。

当然ながら、豆腐は肉よりもヘルシーです。また、衣に味付けをしておくことで、ある程度の濃い味付けをすることができます。

少し手間がかかるため、揚げ物をする際に、おつまみ用としてついでにいくつか揚げておくと良いでしょう。

材料
豆腐(もめん) 1丁
しょうゆ 大さじ1
酒 小さじ1
みりん 小さじ1
にんにく(チューブ) 小さじ1
しょうが(チューブ) 小さじ1
揚げ油 適量
薄力粉 適量
片栗粉 適量

作り方
1.豆腐はキッチンペーパーに包んで、レンジで2分加熱し、さらにキッチンペーパーに包んでしぼって、十分に水気を切る。
2.1を大きめの角切りに。
3.2にしょうゆ、酒、みりん、にんにく、しょうがと一緒に漬ける。
4.3に薄力粉、片栗粉の衣をまぶす。
5.170℃に熱した揚げ油に4を入れてきつね色になるまで揚げる。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1340761 |

4:豆腐ステーキ

豆腐を唐揚げにするほどの手間をかけたくないが、おつまみは適度に味が濃く、ヘルシーにしたいという人は、豆腐ステーキもおすすめです。

味付けも甘辛ダレを作ったり、市販の焼肉のタレなど、幅広く対応できるため、好みの味付けにすることができます。

ただし、少しでもヘルシーにしたいという場合には、あまり濃い味付けをしてしまうと、結局はお肉を食べていることとあまり変わらなくなってしまうので注意が必要です。

材料
木綿豆腐 1丁
片栗粉 適量
✱醤油 大さじ2
✱みりん 大さじ2

作り方
1.木綿豆腐をキッチンペーパーでくるみ
水気を取ります
2.お好みのサイズにカットします
(6等分にすると食べやすいです)
3.片栗粉をまぶし、多めの油で揚げ焼きにします
(全面をカリカリにするように焼きます)
4.お豆腐がカリカリになったら
✱を合わせてフライパンに流し入れます
5.少し煮詰めて、とろみがついたら完成です

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/290713/recipe/1334652 |

5:ミニトマトとクリームチーズのおつまみ

チーズが合うお酒といえば、ワインが定番です。しかし、日本酒とチーズも相性は非常に良いです。そのため。海外でも日本酒とチーズを合わせる飲み方が人気となっています。

チーズには多くの種類がありますが、日本酒に合いやすいのはクセの少ないクリームチーズです。そのままクリームチーズだけでも日本酒のおつまみになりますが、チーズだけでは口の中が重たくなってしまうと感じる人は、トマトも合わせて食べると良いでしょう。

材料
ミニトマト 8個
クリームチーズ(個包装タイプ) 4個
【フレンチドレッシング】 ★
オリーブオイル 100ml
粒マスタード 小さじ1
黒オリーブ(みじん切り) 4粒
白ワインビネガー(または酢) 50ml
三温糖 小さじ2
ロックソルト(塩) 小さじ1/3
すりおろしにんにく 小さじ1/3
【仕上げ】 ★
ドライバジル 2ふり
黒こしょう 3ふり

作り方
1.トマトの皮を湯むきします。鍋にお湯を沸かしトマトを20~30秒茹で、氷水に移します。
2.トマトの皮が自然とはがれるのでするりとむき、ヘタを取って 冷蔵庫で食べるまで冷やします。
3.クリームチーズを小さく、さいの目切りにします。
4.フレンチドレッシングの材料を混ぜ合わせます。
5.皿にクリームチーズと、冷やしておいたミニトマトを並べ、ドレッシング、仕上げのドライバジル、黒こしょうをふったら完成です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/101043/recipe/1054836 |

6:塩レモンでイカの塩辛

日本酒のおつまみの定番となっているのがイカの塩辛です。イカの塩辛は日本酒好きにとって人気のおつまみです。

イカの塩辛には独特な匂いがあります。その匂いが好きという人もいれば、苦手という人もいます。イカの塩辛の匂いが好きな人は、その匂いを気にせずに日本酒のおつまみにすることができます。

ですが、イカの塩辛の匂いが苦手という人も、日本酒と合わせて匂いを抑えることで、食べられるようになるという人もいます。

材料
烏賊 2はい
塩 12g
塩えもん ペースト 小さじ1
酒 少々
水 鍋に半分
塩 少々

作り方
1.イカの肝を丁寧に取り出します。
2.墨は取り除きます。この時慎重に取り除いてください。
3.肝に塩レモンと塩を振り 3時間くらい冷蔵庫で寝かせる。
4.身とゲソは煮切った酒と水 分量外の塩少々の中に入れ2時間くらい冷蔵庫で寝かせ 水気を取り除く。
5.塩レモンと塩を洗い流し 茶こしで肝をこす。
6.いかトげそを適当な大きさに千切りをして⑤と混ぜ合わせ冷蔵庫で3・4日寝かせる。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/38254/recipe/1047888 |

7:キャベツのアンチョビ焼きすだち添え

イカの塩辛と同様に、独特な匂いがあり、味の濃いおつまみとしてアンチョビがあります。アンチョビはワインのような海外のお酒に合わせるイメージが強いです。

しかし、イカの塩辛と特徴が似ているため、アンチョビは日本酒とも相性が良いです。そのため、居酒屋などではなく、バーやバルなどで日本酒を楽しむ人から、アンチョビは人気のあるおつまみとなっています。

材料
キャベツ 半個
アンチョビフィレ 5枚
すだち 1個
オリーブオイル 大さじ2
にんにく 1片

作り方
1.キャベツは1/8に切り、ダッチオーブンい入れる。
2.アンチョビとにんにくはみじん切りにし、1の上にのせ、オリーブオイルをたらして20分焼き、10分放置する。
3.食べるときに、すだちスライスを添え、搾っていただく。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/13260/recipe/1049495 |

8:じゃがいもを蒸して作@肉じゃが

日本酒に合わせるおつまみは、焼き物でも良いですが、お肉料理であれば、煮た物の方が適度に脂が落ちるので適しています。なので、お肉の煮物系統をおつまみにする場合には、肉じゃがやすき煮などが良いでしょう。

煮物系統の料理であれば、お肉だけに偏らずに野菜なども一緒に食べることができます。また、煮物に日本酒を使うことで、おつまみにした際に味が喧嘩しにくくすることもできます。

材料
じゃがいも 6個
人参 1/2本
椎茸 2個
ウズラの卵 6個〜8個
インゲン 5〜6本
銀杏 10粒
豚バラ肉 200g
日本酒 100ml
水 100ml
醤油 45ml
味醂 60ml
塩、胡椒 適量

作り方
1.じゃがいもを皮ごと
蒸し煮にします。
2.じゃがいもの皮を剥いて
1/4にカット
3.フライパンで
豚バラ肉を炒めます
塩、胡椒、適量
4.人参
じゃがいも
椎茸
ウズラの卵
銀杏
など加えて
調味料
日本酒100ml
水100ml
醤油45ml
味醂60ml
中火〜弱火
5〜3分、蓋して
煮ます
5.途中で上下混ぜて
味が全体に染みる様に
6.最後にインゲンを加えて
出来あがり

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241906/recipe/1248901 |

9:薄皮丸なすの漬物

日本酒を飲む人の中には、あっさりした味を重視したという人もいます。そのような人は漬物がおすすめです。漬物には種類が多くありますが、きゅうりやなすの漬物がおつまみとして人気が高いです。

また、漬物であれば手間をかけることなく、すぐにおつまみとして準備することができるため、とりあえずのおつまみとしても人気が高いです。

材料
薄皮丸なす(ヘタを取った状態) 400グラム
水 300cc
塩 30グラム
砂糖 36グラム
焼きみょうばん 大匙1/3
りんご酢 大匙1杯

作り方
1.鍋に水と塩、砂糖を加え火にかける。沸騰したら焼きみょうばんを加え、そのまま冷ます。
2.丸なすのヘタをとる。
3.ヘタをとった丸なすを保存瓶にぎゅうぎゅうに詰め込む。これが重しの代わりになりますので、ポイントです。
4.保存瓶に1の調味液のりんご酢を加えたものを注ぐ。お好みで青唐辛子を入れます。
5.常温に置き半日程度で食べられます。一口大のなすなので、そのまま箸休めや日本酒のおつまみとしていただきます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/36089/recipe/1055206 |

10:まぐろの竜田揚げ

日本酒のおつまみとして、刺身も人気が高いです。日本酒は魚の匂いを抑えてくれるため、味を引き立ててくれます。

さっぱりとした刺身は日本酒に適したおつまみですが、もう少し食べ応えや味の濃い物が良い場合には、魚を竜田揚げにしても良いでしょう。衣にしっかりと味付けをすることで、刺身にはない味と食べ応えを作ることができます。

材料
びんちょうまぐろ(一口大にカット) 200g
片栗粉 適量
揚げ油 適量
漬け汁:みりん 30cc
     日本酒 60cc
     醤油 100cc
     すりおろし生姜 小さじ1
     すりおろしニンニク 小さじ2

作り方
1.漬け汁を混ぜ合わせて、まぐろを漬けて冷蔵庫で2時間くらい置いておきます。
2.まぐろに片栗粉を塗して、170℃の揚げ油で色が付く程度に揚げて完成!

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/22379/recipe/863290 |

ワインに合うおつまみ

家でワインを楽しむという人も増えています。しかし、ワインに合わせるおつまみは海外の料理や食材を中心となることが多いため、何を用意して良いかわからずに、結局はクラッカーやチーズなどの簡単な物しか用意できないという人も多いです。

しかし、ワインに合わせられるおつまみの幅は意外と広いです。また、凝ったおつまみではなく、手軽に準備できるおつまみレシピが人気で、種類も多くあります。

11:ワイン用チーズせんべい

ワインの定番のおつまみはチーズです。ワインにも赤や白などの色や、フルやライトなどのボディなど、種類や銘柄が多くあります。

しかし、どのワインにもチーズはおつまみとして合いやすく、手軽におつまみにすることができるため、人気が高いです。また、チーズを使ったお手軽レシピも人気があります。

チーズせんべいはチーズを加熱するだけのため、人気の高いレシピです。レンジで作るレシピも手軽で人気のあるレシピとなります。

材料
ピザ用チーズ 100g~
バジルの葉 8枚
にんにく(薄切り) 1かけ分

作り方
1.ピザ用チーズを少し温まったフライパンに敷き詰める。(弱火)
この時、隙間があった方がパリパリ感を楽しめます。
2.お好みの具材をのせる。
3.底がきつね色になったら、ひっくり返し弱火で3分ほど焼き上げ完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201665/recipe/1029546 |

12:ワインのおつまみに海鮮チーズクラッカー

クラッカーは手軽に食べることができ、ワインとの相性が良い物が多いため、人気があります。また、クラッカーにいろいろな物を乗せておつまみにすることも人気です。好きな物をおつまみにすることができ、食べやすいため、ワインを楽しむ人から人気が高いです。

クラッカーに乗せる具材は海鮮やチーズなどが手軽で適しています。他にも野菜や肉なども調理することでクラッカーと相性を良くすることができます。

材料
リッツ 24枚
ブリ 適量
生ハム 適量
クリームチーズ 適量
キュウリ 適量
いくら 適量

作り方
1.リッツにクリームチーズを塗ります。
キュウリをピーラーで切ります。
2.その上にブリ、生ハム、いくら、キュウリをトッピングしたら完成です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/182187/recipe/1085331 |

13:りんごとチーズとワインのスティックパン

ワインのおつまみとして、フルーツも人気が高いです。ドライフルーツであれば多くのワインと合わせやすいです。

フレッシュなフルーツを使う場合には、そのフルーツの酸味を引き出してあげるとワインとの相性が良くなります。

フルーツの酸味を引き出すためによく使われるのはチーズです。チーズの塩気はフルーツの酸味と甘みを引き立ててくれます。また、チーズ自体もワインと相性が良いです。

材料
食パン(8枚切り) 1枚
カマンベールチーズ(6p入) 3個
りんご 1/4個
ピスタチオ 6粒
A マーマレード 大さじ1
A バルサミコクリーム 小さじ2
A 赤ワイン 小さじ2
A タイム(フレッシュ) お好みで
オリーブオイル 小さじ1

作り方
1.パンにカマンベールをのせトースターで焼きめが軽くつく程度焼き、溶けたカマンベールを熱いうちに全体に伸ばし3等分に切る
2.パンを焼いている間に、リンゴを3ミリほどに薄くスライスしておく
3.オイルを塗り中火で熱したフライパンにAの材料を入れ混ぜ、泡立ってきたら弱火にし、リンゴとピスタチオを入れる
4.煮詰まりとろみが出てきたらりんごによく絡め、1の上に乗せる

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/84505/recipe/1055429 |

14:ミニトマトと舞茸のアヒージョ

ワインには酸味の合うおつまみと相性が良いです。そのため、ワインはフルーツをおつまみにすることもできます。

酸味のある食べ物はフルーツだけではありません。トマトも日常でよく使う酸味の強い食べ物のため、ワインのおつまみとして相性が良く、人気が高いです。

トマトもフルーツと同様に、チーズで塩気を足しても良いでしょう。また、トマトを使った料理も人気があります。

15:牛肉のトマトワイン煮

先に述べた通り、少し酸味があるとワインとの相性は合いやすいです。そのため、トマトを使ったお肉料理はワインと合いやすくなります。また、ワインを使って煮込むタイプのレシピであれば、ワインと味の喧嘩が起こりにくくなります。

ワインを楽しむ人の中には、おつまみを作ることも楽しむ人もいるため、多少の手間がかかるレシピでも、美味しい物ができるのであれば手間をかける人もいます。

材料
牛肉(肩肉、すね肉など) 500g
玉ねぎ 1個
人参 1本
茄子 1本
ピーマン 1、2個
セロリ 1本
赤ワイン 1カップ
カットトマト缶 1缶
オリーブオイル 100cc
ニンニク 1片
塩 少々
黒胡椒 少々
顆粒コンソメ 小1
ローリエ 2枚

作り方
1.野菜は全てフープロで細かくしておく。
2.フライパンで牛肉に焼き色を付けておく。
3.鍋にオリーブオイルをとみじん切りにしたニンニクを熱し、1の野菜を全て加え炒める。
4.牛肉とワインを加え5分程置き、トマト缶を加えたら一煮立ちさせる。
5.ローリエと塩少々、黒胡椒とコンソメを加え、圧力鍋で1時間煮込んだら完成♪

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/68489/recipe/747016 |

16:水切りヨーグルトとフレッシュハーブのワインにあうヘルシーおつまみ

ワインには酸味のある食べ物が合いやすいです。そのため、ヨーグルトも使い方によってはワインのおつまみにすることができます。

ヨーグルトをおつまみにする場合には水切りをすると、クリーミーになり、おつまみとして使いやすくなります。また、ヨーグルトを使ってソースを作り、サラダなどにかけても良いでしょう。

材料
無糖ヨーグルト 適量
バジル・ミントの葉 適量
胡椒・蜂蜜 適量

作り方
1.水切りヨーグルトを作ります。
2.出来上がった水切りヨーグルトを半量分けて
1つには、バジルと胡椒
もう1つには、ミントと蜂蜜を混ぜ合わせます。
3.クラッカーなどにトッピングして完成です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/36560/recipe/674770 |

17:トマトとオリーブ 生ハムのサラダ

ワインはトマトやフルーツのような酸味のある食べ物と相性が良いです。しかし、チーズなどのような塩気の強い食べ物とも相性が良いです。

チーズと並んで、手軽で人気のある食べ物がハムやソーセージ、サラミなどです。これらはサラダや炒め物などのいろいろなレシピで頻繁に使われているため、自分の好みに合ったレシピを探してみても良いでしょう。

材料
トマト 適量
ブラックオリーブ 適量
生ハム 適量
貝割れ菜 適量
赤玉ねぎ 適量
レモン果汁 適量
オリーブオイル 適量
フランス七味 適量

作り方
切って盛ってかけるだけ

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224323/recipe/1339228 |

18:ササミのマヨワイン味噌チーズ

ワインのおつまみにお肉を使う場合には、牛肉や豚肉などの脂の多いお肉も良いですが、ささみのように脂の少ないお肉を使うとワインに合わせやすいです。

ささみは味噌やチーズなど、ワインとの相性の良い食材や調味料との相性が良いです。また、食べ応えもありながら、適度にヘルシーなため、ささみを使ったレシピは人気があります。

材料
鶏のささみ(どの部位でも) 350g
@マヨ:白ワイン 大さじ1:2
@オレンジジュース(100%) 40ml
オリーブオイル(サラダ油) 大さじ2
塩胡椒、小麦粉(打ち粉) 少々
#チェダーチーズ:白みそ 各大さじ2強
*白ワイン(蒸し焼き用) 大さじ2

作り方
1.ポリ袋にササミと@を入れて揉み込んで暫く置きます。
2.1を取り出し塩胡椒を軽くし、片面にまぶし、油を熱したフライパンでソテーします。
3.2に*を加え蓋をし、蒸し焼きにして#を塗り再び蓋をします。
4.3で出来上がりですが、あれば炙って香ばしい香りもお楽しみ下さい★

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/57213/recipe/1051289 |

19:ビターチョコのフィグ包み

フルーツはその酸味や甘みによって、ワインのおつまみにすることができます。なので、チョコレートのような甘い物もワインのおつまみにすることができます。

ただし、甘すぎるとワインの味が負けてしまうため、チョコレートをおつまみにする場合には、ビタータイプの物が人気となっています。また、ビタータイプチョコレートにフルーツを合わせた物は甘みと酸味の両方が味わえるため、人気があります。

材料
ドライイチジク  8個
ビターチョコレート  1枚
赤ワイン   200ml

作り方
1.ドライイチジクは赤ワインに漬けて少しふやかしておく。

2.板チョコを細かく刻み、ボウルに入れて電子レンジにかけ柔らかくする。

3.1を2の中でくるくるっと回しコーティングしたら、アルミホイルの上にそっと乗せ冷蔵庫で冷やし固める。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/37505/recipe/268783 |

20:白身魚の蒸し煮「アクアパッツァ」

ワインのおつまみに海鮮系のレシピは人気が高いです。特に、身の柔らかい白身魚を使ったレシピが人気が高いです。

アクアパッツァであれば、白身魚だけでなく、エビや貝などの別の海鮮系の具材や野菜なども一緒に調理できます。アクアパッツァは本格的に作ろうとすると大変ですが、フライパンだけで作るお手軽レシピなどもあります。

材料
タラの切り身 8切れ
あさり 200g
ズッキーニ 1本
ミニトマト 20個
オリーブ 20個
オリーブオイル 大さじ3
白ワイン 大さじ3
刻みニンニク 小さじ1
ハーブソルト 少々
ローリエ 2枚
水 200ml

作り方
1.あさりの砂抜きをしておきます。
2.ズッキーニは1.5cm幅に切り、トマトはヘタを取っておきます。
3.あさり以外の全ての材料を加えて蓋をし、中火でじっくり煮込みます。
4.沸騰したらあさりを入れ、貝が開くまで火を通したら完成です‼︎

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/290634/recipe/1324498 |

ビールに合うおつまみ

お酒を楽しむ人で、ビールが好きという人は非常に多いです。ビールは苦味が強いため、その苦味に合うおつまみは基本的に濃い味の物や塩気の強い物が多くなります。

なので、ビールに合うおつまみを用意する際には、お酒の勢いで食べ過ぎないように注意する必要があります。また、ビールに合うおつまみの中にも、あっさりとした物もあるので、手軽であっさりしたレシピの人気が高まってきています。

21:皮パリチキンソテー 柚子胡椒ソース

ビールのおつまみとして相性が良い物には味が濃い物が多いです。そのため、ビールのおつまみにはお肉料理が人気です。

ビールは牛肉や豚肉も良く合いますが、焼き鳥がビールに良く合うことから鶏肉も相性が良いことがわかります。

鶏肉はその身も良くビールに合いますが、鶏皮も多くの脂を含んでいるため、相性が良いです。皮はパリパリにすることで、味だけでなく食感までもビールに良く合うようになります。

材料
鶏もも肉 適量
柚子胡椒 適量
塩 適量
白胡椒 適量
米粉 適量
酒 適量
みりん 適量
米油 適量

作り方
1.筋切りし キッチンペーパーで水気を取った鶏肉に軽く塩 胡椒し 皮面に米粉をまぶす
2.フライパンに少量の油を熱し ①を皮面から焼く
時々ヘラで押し付けながら皮パリに

裏面も焼き 器に盛り付ける
3.同じフライパンに 酒 みりん 柚子胡椒をひと煮立ちさせ ソテーのまわりにかける

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224323/recipe/1341465 |

22:チキンカツレツ

ビールのおつまみの定番といえば揚げ物という人も多いです。揚げ物は人気ですが、家で作るにはレシピが手間なため、居酒屋などで頼んだり、スーパーの惣菜コーナーなどで購入するということも多いです。

しかし、家で揚げ物をする際には、良いおつまみとなるため、少し多めに揚げておくという人も多いです。

揚げ物にはいろいろな種類がありますが、上記で述べた通り、鶏肉とビールの相性は良いため、チキンカツなどがおすすめです。

材料<2人前>
鶏もも肉・・・200g
小麦粉・・・適量
パン粉(粗めのパン粉)・・・適量
塩・こしょう・・・少々
卵・・・1個分
調理用油・・・適量

<作り方>
1.鶏もも肉は、全体の厚さが均一になるように、切れ目を入れる。肉の両面に、塩こしょうをすり込んでおく。

2.バットに、適量の小麦粉・割りほぐした卵液・パン粉を入れておく。(1)のもも肉に小麦粉をつけ、卵液にくぐらせ、パン粉を両面にしっかり付けておく。

3.フライパンに適量の調理用油を入れ、熱する。(2)の衣をつけたもも肉を入れ、
両面が狐色になるまでじっくりと揚げる。

4.適当な大きさに切り、付け合せの野菜と共に、盛り付ける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241666/recipe/1330602 |

23:鶏もも肉の明太子マヨ唐揚げ

鶏肉の揚げ物は非常にビールと相性が良いため、人気が高いです。チキンカツもビールと良く合うので人気がありますが、鶏肉の揚げ物の定番といえば唐揚げと答える人は多いです。唐揚げはビールに限らず、お酒全般でおつまみとして人気が高いです。

ビールのおつまみで鶏の唐揚げを作る際には、鶏肉と衣にしっかりと下味をつけた方が良いでしょう。また、マヨネーズやレモンなどの食べる際に用意しても良いでしょう。

材料
鶏もも肉(唐揚げ用) 500~600g
☆明太子(皮をとり、中身を取りだしたもの) 1腹(2本)
☆マヨネーズ 大1
☆にんにくチューブ、めんつゆ 各小1
片栗粉 大4
揚げ油 適量

作り方
1.ビニール袋に鶏もも肉と☆を入れて揉み込み、冷蔵庫で30分置く。
2.揚げる直前、1に片栗粉を追加して揉み込み、170度の揚げ油で鶏肉に火が通るまでじっくり揚げる。
3.キッチンペーパーの上に取り出し、しっかり油をきる。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1344635 |

24:イカゲソの唐揚げ

唐揚げにはいくつも種類があります。どの唐揚げもビールと相性は非常に良いですが、鳥の唐揚げと並んで人気なのはイカゲソの唐揚げです。

イカゲソの唐揚にレモンを絞ることでさっぱりとしたイカの旨味を味わうことができます。また、ゲソ以外の胴の部分も弾力があって唐揚げに適しています。

イカの唐揚げをレシピを参考にして作る場合には、イカにしっかりと下味をつけているレシピを参考にすると良いでしょう。

材料
イカの足とエンペラ 1杯分
濃口醤油 大1/2
酒 小1
砂糖 小1/4
おろしニンニク 小1/2
おろし生姜 小1/2
片栗粉 大1
薄力粉 大1
揚げ油 適量

作り方
1.イカは下処理をし、足とエンペラは食べやすい大きさに切り、濃口醤油・酒・砂糖・おろしニンニク・おろし生姜で下味をつけて30分おく。
2.1のイカの余分な水分(調味料)をキッチンペーパーでしっかりとふいて、ビニール袋に片栗粉・薄力粉・イカを入れて粉類をまんべんなく付ける。
3.170度の油にイカを入れて、きつね色になるまで約2分くらい揚げる。(最初は油がはねるので、充分注意して下さいネ)

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/19958/recipe/8747 |

25:イカ焼き

イカは唐揚げでなくても、イカ自体がビールとの相性が良いため、他の料理でも良いおつまみになります。

祭りの屋台などでよく見かけるイカ焼きもビールのおつまみになります。そのまま食べても十分美味しいですが、マヨネーズを添えるとさらにビールとの相性が良くなります。

イカ焼きには手間のかかるレシピもありますが、トースターを使って手軽にイカ焼きを作るレシピもあります。

材料
イカ 1杯
醤油 大さじ1
料理酒 大さじ2
おろしショウガチューブ 3cm
マヨネーズ 適量
ピーマン 飾り

作り方
1.イカのハラワタを取り 胴体を1cm幅に切る
2.耐熱皿にイカをキレイに並べ 醤油・料理酒・ショウガを混ぜ合わせたのをイカにかける
3.マヨネーズをかけ、ピーマンを乗せトースターで10分くらい焼いて出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/157037/recipe/876919 |

26:マグロのづけ

魚はビールにとっても相性の良いおつまみとなってくれます。刺身でも美味しいおつまみになりますが、ビールには濃い味つけの物が基本的に相性が良いため、魚は漬けにしても良いでしょう。

魚の漬けはレシピによって、甘い味に寄ったり、辛い味に寄ったりする物があるので、このみの味付けのレシピを参考にすると良いでしょう。

材料
マグロのサク 150g
醤油 大さじ2杯1/2
酒 大さじ1/2
すりごま 適量
青じそ 2枚

作り方
1.子鍋にみりん、酒を入れて、弱火の火にかけて煮きる。醤油を加えてタレをつくる。完全に冷めたら、ボウルに移しておく。
2.マグロのサクを食べやすい大きさに切り揃えておく。
3.冷ましておいた(1) のボウルに、(2)の切り身を漬け込み、30分~1時間冷蔵庫で寝かせる。
4.食べる直前に、(3)にすりゴマを加え、よく混ぜ合わせ、皿に青葉とともに盛り付ける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241666/recipe/1320901 |

27:マグロのアラで竜田揚げ

先に述べた通り、揚げ物はビールと非常に相性が良いです。また、魚も非常にビールと相性が良いです。なので、魚を竜田揚げやカツなどにしても、良いビールのおつまみとなります。

白身魚のフライや天ぷらなどもビールのおつまみになりますが、竜田揚げやカツにするのであればマグロやカツオなどの歯応えや食べ応えがあるため適しています。また、魚の中でもアラを使ったレシピを参考にすると安く、無駄なく作ることができます。

材料
マグロのアラ 200g
玉ねぎ 2分の1
豚ひき肉 50g
片栗粉 大さじ1
小麦粉 大さじ1
すりおろし生姜 少し
ニンニク 少し
お酒 80cc
塩胡椒 少し
お醤油 少し
グレープシードオイル 多目

作り方
1.マグロのアラを
骨がないか指で確認しながら
大きく切ります。
2.それをお酒に浸し流水で洗います。
コレを2回繰り返し
ボールに移します。
3.2.に刻んだ玉ねぎをいれ
豚ひき肉と調味料も入れ
しっかり手で捏ねます。
4.形にしたら
周りに片栗粉をまぶしつけ
揚げます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/288805/recipe/1315963 |

28:枝豆の蒸し煮

枝豆はビールのおつまみの定番の1つです。枝豆は手軽なため、他のおつまみができるまでに食べるため、居酒屋などではとりあえず注文したり、家でもとりあえず用意しておいたりすることが多いです。

その枝豆はレシピに差が出ないと思っている人は多くいます。しかし、枝豆は茹でるだけでなく、蒸すというレシピもあります。また、煎るというレシピもあります。これらはレシピによって、枝豆の味わいが変わってきます。

材料
枝豆 適量
水 適量
塩 適量

作り方
1.①枝豆を洗う。
2.②フライパンに枝豆と塩をひとつまみ入れて弱火で1-2分程蒸し煮します。(蒸し煮は野菜の水分と蒸気で野菜の旨みを引き出します。フライパンに蓋をし、蓋についた蒸気もフライパンに入れて火を通します。)
3.③②に水を入れて5分ほど蓋をして火を入れ、水分が無くなったら出来上がりです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/198119/recipe/1330248 |

29:3分おつまみ☆枝豆チーズ焼き

枝豆はそのまま食べてもビールの良いおつまみになりますが、料理の材料として使うこともできます。

家でおつまみを作る際には、手軽さ重要となります。なので、簡単なレシピであるほど、作る人にとっては嬉しいです。

枝豆チーズは餃子の皮で包んで焼くだけなので、3分ほどで仕上がってしまうレシピです。枝豆が手軽がといつもおつまみを枝豆にしていて、飽きてきてしまった人におすすめのレシピです。

材料
☆スティック 6本分
枝豆 15さや程度
スライスチーズ 1枚
餃子の皮 6枚
塩コショウ 適量

作り方
1.餃子の皮の上に枝豆とスライスを細く切ったものを乗せて軽く塩コショウする
2.巻いて、巻き終わりに水をつけて固定する
3.オーブンで焦げ目がつく程度まで焼く

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/286346/recipe/1312229 |

30:ブラックペッパーがポイント♪やみつきキャベツ

上記で述べた通り、家でおつまみを作る際には手軽さが非常に重要となります。なので、具材と調味料を混ぜ合わせるだけでできてしまうレシピのやみつきキャベツは宅飲みのおつまみとして人気の高いです。

また、ブラックペッパーを加えることで、ビールとの相性をさらに高めることができます。

材料
キャベツ 2~3枚
胡麻油 大さじ2
鶏ガラスープの素 小さじ2
ブラックペッパー 適量

作り方
1.キャベツを手で食べやすい大きさに千切り、ボウルに入れる。
2.胡麻油、鶏ガラスープの素を加えよく混ぜ合わせる。
3.最後にブラックペッパーをかけて出来上がり♪

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/190831/recipe/1095523 |

31:ササミと大根のカレー炒め

カレー味の料理も、味と辛味によって良いビールのおつまみとなってくれるため人気です。野菜炒めではおつまみとして物足りないと感じてしまう人も、カレー味にすることで野菜炒めもおつまみにすることができるようになります。

また、食べ応えを追加するために、ササミなどのお肉を少し加えると良いでしょう。

材料
鶏ささみ肉 3本
大根 15cm
にんじん 1本
小ねぎ 10本
にんにく(すりおろし) 小さじ1
サラダ油 大さじ1/2
★醤油 大さじ1
★酒 大さじ1
★鶏ガラスープの素 小さじ1
★蜂蜜 小さじ1
★水 1カップ
カレー粉 小さじ2
胡椒 適量

作り方
1.ささみ肉は筋をとり、斜め薄切りにする。
大根とにんじんは皮をむいて5mm幅のいちょう切り、小ねぎは5cm長さに切る。
2.フライパンにサラダ油とにんにくを入れて熱し、ささみ肉を入れて色が変わるまで中火で炒める。
3.大根・にんじん・小ねぎを加えて全体がなじむまで炒め、★を加えてたまに混ぜながら5分程煮る。
4.カレー粉と胡椒を加えて味をととのえる。
5.器に盛る。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/66737/recipe/1017593 |

32:簡単で最高◎味噌焼きおにぎり

お酒を飲んでいると、お米を少し食べたくなるという人もいます。シメであればお茶漬けなどが適していますが、お酒を飲んでいる途中に欲しくなることもあります。

そのような場合には、焼きおにぎりが手軽で人気です。焼きおにぎりは味噌や醤油などで香ばしく焼きあげると、良いビールのおつまみにもなってくれるため人気です。また、おつまみとして焼きおにぎりを作る場合には、トースターを使った手軽なレシピが人気です。

材料
ごはん 約1合
●赤味噌(合わせ味噌でも可) 大さじ1弱
●マヨネーズ 大さじ3

作り方
1.温かいごはんでおにぎりを4個つくる。
両面焼き色がつくまで中火にかけたフライパンで焼く。
2.マヨネーズと赤味噌をよく混ぜ合わせておく。味噌の種類によって濃さが変わるのでマヨネーズの量は味見をして加減してください★
3.焼きおにぎりの表面に2の味噌マヨネーズを塗り、トースターで3分ほど焼く。
4.こんがりしていい香りがしてきたらOK♡♡
温かいうちに召し上がれ╰(*´︶`*)╯♡

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/284573/recipe/1303928 |

カクテルに合うおつまみ

カクテルと言ってもその種類は非常に多く、甘いリキュールをベースにした飲みやすいカクテルや、ウォッカやテキーラ、ウイスキーなどをベースにしたアルコールの強いカクテルもあります。

そのため、カクテルの場合は、お酒に合わせたおつまみを用意することが重要となります。

33:アボカドサラダ

カクテルにはレモンやライム、オレンジなどの柑橘系を使った物が多くあります。このような柑橘系の風味が強めに出るカクテルの場合は、意外とサラダがおつまみになります。

ただし、葉物野菜だけのサラダではなく、アボカドやエビ、卵などのメインとなる食べ応えのある食材が入ったサラダが良く合います。甘酸っぱいカクテルとヘルシーなサラダの組み合わせは女性に人気となっています。

材料
トマト 2個
アボカド(大きいもの) 1個
カマンベールチーズ 100g
レモン汁 1個分
オリーブオイル 大さじ1
粗挽き胡椒 少々
パセリ 5枝

作り方
1.トマトはざく切りにする。
アボカドは皮と種を除いて1センチ角に切り、レモン汁をふりかける。
カマンベールチーズは1センチ角に切る。
2.ボウルに1、粗く刻んだパセリ、オリーブオイル、粗挽き胡椒を入れて良く混ぜて出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/292149/recipe/1327923 |

34:ガトーショコラ風 チョコレートケーキ

ウイスキーやブランデーのような香りの強いお酒がベースとなっているカクテルには、その香りを強めるため、甘いチョコレートをおつまみにする人もいます。

甘すぎる物が苦手という人は、ビタータイプのケーキなどをおつまみにすると良いでしょう。逆に、ウイスキーやブランデー、ラムなどがケーキに使われることもあります。これらはお酒も甘い物も好きという男性に人気のある組み合わせとなっています。

材料
板チョコレート【ブラック】 1枚
マーガリン 40g
A.砂糖 大さじ2
A.溶き卵 1個分
A.ラムエッセンス 小さじ¹/₂
B.薄力粉 大さじ3
B.ベーキングパウダー 小さじ¹/₂

作り方
1.断熱コンテナに細かく割った板チョコとマーガリンを入れ、ラップをかけずに電子レンジで1分30秒加熱して溶かす。
2.A.を加えて泡立て器でよく混ぜ、B.を加えてゴムベラなければ木ベラで混ぜる。
3.オーブン用シートなければクッキングシートを敷いた断熱コンテナに流し、ラップをかけずに電子レンジで2分30秒加熱する。粗熱がとれたら食べやすく切る。で完成です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/244621/recipe/1191190 |

35:ぱりぱり、ポテトチップス!!

カルーアやベイリーズなどの甘さ強いカクテルの場合には、そのカクテルとは対照的に、塩気の強い物がおつまみとして良く合います。

ただし、焼き鳥などのようなジューシーな物よりも、ポテトチップスやサラミなどの、いわゆる乾き物が相性が良いでしょう。家でも簡単に用意できるので、甘いリキュールと乾き物の組み合わせは安定して人気が高いです。

材料
じゃがいも 3個
サラダ油 適量
塩 少々

作り方
1.スライスしたじゃがいもを水につけて10分置き、あくぬきをします。
2.水を切って、ペーパーで水気をしっかり取ります。
3.フライパンの底から4cm程度油を入れ、170~180℃くらいになったらじゃがいもを入れます。
4.箸で触って硬くなれば、油から出します。
5.5が冷めれば塩をまぶして完成です!

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/289161/recipe/1325825 |

36:ドライフルーツとナッツの田舎パン

ジンやカンパリなどのような苦味が強めなお酒がベースとなっているカクテルの場合は、その苦味を適度に緩和させるために、ドライフルーツがおすすめです。

いろいろな種類のドライフルーツを用意しておくと、カクテルを飲むたびに違った風味を楽しむことができます。強めのお酒が好きでビールの苦味が苦手という人に人気のある組み合わせとなっています。

材料
小麦全粒粉 150g
強力粉 150g
ドライイースト 小さじ2
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1
40℃程度のぬるま湯 190ml−210m
太白胡麻油 大さじ2
オレンジピール 大さじ山盛り1
レモンピール 大さじ山盛り1
ペカンナッツ 20g

作り方
1.ぬるま湯50mlに砂糖とドライイーストを入れて混ぜておく
2.ペカンナッツは砕いて、オレンジピールとレモンピールと合わせておく。
3.小麦全粒粉と強力粉をボウルにいれてまぜ、塩を加える。
4.3に1をいれてよく混ぜる。さらに、残っているぬるま湯を加えてまとまったら太白胡麻油を加えてよく混ぜる。
5.粉っぽさがなくなり、ひとまとまりになったらこね台の上にだしてよくこねる。
6.弾力とつやがでてきたら、20cm程度の四角形に生地を広げ、2で用意しておいたナッツとピールを均一になるように広げる。
7.下から上にくるくると具材がこぼれないように巻いていく。
8.巻き終わりをとじたら、さらに右からひだりへ巻いていき、巻き終わりをとじて全体に丸く形成する。
9.ボウルにいれて40℃25分で一次発酵させる。
10.フィンガーテストをしてOKだったら生地を台の上にだして丸め直す。
11.10分間生地をやすませる。このとき、コルプ型に強力粉をかけて全体にまぶしておく。
12.生地を丸め直し、コルプ型に入れる。
13.コルプ型にいれたまま、40℃で25分間二次発酵させる。この間にオーブンを200℃に予熱する。
14.クッキングシートを敷いた天板の上でコルプ型をひっくり返して生地を取り出す。
15.200℃16分で焼く
16.余熱がとれたら、お好みの大きさにカットして皿に盛付ける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201911/recipe/1033861 |

37:春キャベツのあさり蒸し

海鮮系の旨味は洋酒と相性が良いです。特に、白ワインなどで酒蒸しにした場合は、カクテルの味とおつまみの味が喧嘩しにくいので食べやすくなります。

また、野菜を一緒に蒸すことで、海鮮系の旨味が移るため、箸休めのおつまみにすることもできます。

材料
あさり 1パック
キャベツ 1/3玉
にんにく 1カケ
オリーブオイル 大さじ1
水または、白ワイン 大さじ5
塩コショウ 少々

作り方
1.キャベツは、ざっくりと食べやすい大きさに切っておきます。
にんにくは、芯を外して潰しておきます。あさりは、砂抜きを事前にしておいて下さい。
2.フライパンへオリーブオイルを入れにんにくも入れ弱火で香り出しをしたらあさりとキャベツ、水を入れ軽く塩、コショウして中火で蒸し煮します。
3.あさりの口が開いたら器へ移して出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/34881/recipe/1157238 |

38:トマトとオリーブ 生ハムのサラダ

生ハムの適度な塩気は甘いカクテルにも、アルコールの強いカクテルにも合いやすいです。ただし、甘いカクテルの場合は、生ハムだけだと味が強すぎるため、サラダなどと合わせると良いでしょう。

材料
トマト 適量
ブラックオリーブ 適量
生ハム 適量
貝割れ菜 適量
赤玉ねぎ 適量
レモン果汁 適量
オリーブオイル 適量
フランス七味 適量

作り方
1.切って盛ってかけるだけ

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224323/recipe/1339228 |

39:ベイクドチーズケーキ

コーヒーリキュールやチョコレートリキュールなどがベースの甘いカクテルであれば、甘いお菓子もおつまみとなります。

ただし、あまりに甘すぎると、甘いカクテルと合わさって、甘みしか感じなくなってしまう恐れがあります。なので、甘い物をおつまみにする場合には、フルーツやチーズなどの甘すぎない材料を使ったお菓子が人気となります。

材料
クリームチーズ  200g
砂糖  70g
溶き卵  2個分
生クリーム  200g
小麦粉  30g
*クッキーを粉々に  80g
*溶かしバター  50g

作り方
1.オーブン予熱180度40分。*を混ぜ、型の底にギュッと敷き詰める。クリチはレンジで軽く柔くしボウルに。
2.泡立て器で砂糖を混ぜ、卵を混ぜ、小麦粉を振るい入れゴムベラで混ぜ、生クリームも混ぜ型に流し焼く。
3.更に中段で15分前後焼く。竹串を刺しどろっと付かなければ出す。そのまま冷まし、ラップし冷蔵庫で冷やす☆

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/202403/recipe/1037669 |

40:簡単☆茄子とベーコンのオリーブオイル炒め

カクテルには甘いものや苦いものなど、カクテル自体にしっかりと味がついた物も多いです。なので、味がしっかりしたカクテルに合わせるおつまみには、味の濃い物よりも、香りが楽しめる物が人気です。

そのため、お肉料理よりも海鮮系の具材の方が人気が高いこともあります。また、お肉料理などではオリーブオイルや香辛料などで香りづけした物が人気です。

材料
茄子 2本
ベーコン 2枚
ガーリックパウダー 適量
塩胡椒 少々
オリーブオイル 大1+1

作り方
1.茄子は乱切り、ベーコンは7ミリ幅に切る。
2.フライパンにオリーブオイル大1を熱し、中火でベーコンを炒める。
3.少し焼き目がついたら茄子とオリーブオイル大1を足し、あまり動かさず焼き付けるように炒める。
4.ガーリックパウダーと塩胡椒で味を調えて出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1280989 |

41:赤エビの中華風カルパッチョ

先に述べた通り、カクテルに合わせるおつまみには香りが良い物が人気です。香りが強い食材は海鮮系に多くあります。特にエビは料理によって強い香りを放つものもあります。

エビそのものの香りを楽しむのであればカルパッチョが良いでしょう。食べ応えが欲しい場合には、唐揚げなども良いでしょう。

材料
赤エビ生食用 2〜3尾
★ハーブソルト・黒コショウ 少々
★ゴマ油 大さじ1/2
青ネギ 適量

作り方
1.赤エビの殻をむき、腹に切り込みを入れて開く。
2.湯引きする。
3.★を混ぜ合わせる。
4.【3】に【2】を漬け込む。
5.お皿に盛り付け刻んだ青ネギを散らす。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1282362 |

42:キャベツとソーセージの煮込み セージ風味

カクテルにはステーキのように肉汁が溢れるような料理が合う物もありますが、できれば脂が少ない食材の方が合いやすいです。それでも、カクテルのおつまみに少し食べ応えが欲しいという場合には、ソーセージが人気です。

また、ソーセージは焼くよりも茹でたり、煮込んだりした方が脂が落ちて食べやすいので人気があります。

材料
キャベツ 1/2個
ソーセージ 4〜5本
セージ 3枝
☆白ワイン 1/2カップ
☆粒マスタード 大さじ1
☆塩 小さじ1
☆ブラックペッパー 少々
白ワインビネガー 大さじ2〜
オリーブオイル 大さじ2

作り方
1.キャベツは粗めのせんぎりにする。
2.鍋にオリーブオイルを熱し、1を炒める。しんなりとしたら、ソーセージ、セージ、☆印の物を入れ、柔らかになるまで煮込む。(途中で焦げそうならば、水を足す。)
3.白ワインビネガーを入れ、味をととのえる。仕上げにセージを飾っても良い。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/278885/recipe/1337547 |

焼酎に合うおつまみ

焼酎には米や、芋、麦など、いろいろな種類があります。それぞれ種類によって、特徴が違うため、おつまみも焼酎に合わせる必要があります。

しかし、焼酎の場合は、基本的に香りを楽しむ物が多いため、あまり匂いの強いレシピと合わせない方が、よりお酒を楽しみやすいでしょう。

43:簡単★プリプリっイカと里芋の煮物

焼酎のおつまみには、あまり食材の香りが強すぎない物が人気です。なので、香りが主張しすぎない煮物系は焼酎のおつまみとして人気が高いです。

おつまみ用として煮物を作るのであれば、少し濃い目の味付けをしているレシピを参考にしたり、イカやお肉が入っているレシピを参考にすると良いでしょう。

材料
イカ 3杯
●酒 大さじ3
●しょうゆ 大さじ2
●砂糖 大さじ1
●おろし生姜 小さじ2
芋里芋 約600g(正味)
◇だし汁 2と1/2カップ(250ml)
◇しょうゆ 大さじ2と1/2
◇みりん 大さじ2
◇砂糖 大さじ1

作り方
1.里芋は厚めに皮を剥いてボウルにはった水できれいに洗い、塩(分量外)をふりかけてもみこみ、流水で洗ってぬめりを落とす。鍋に入れたっぷりと水を注ぎ、中強火で約10分加熱して吹きこぼすことで下茹でとする。
2.イカは胴体から脚を抜いて中をきれいに洗い流し、水気をしっかり拭き取り、胴体は7~8mm幅の輪切り、脚は包丁の背でこそいで吸盤を丁寧に除いて2~3つに切って食べやすい大きさにしておく。
3.鍋に●の調味料を入れて煮立たせ、下ごしらえした(2)のイカを入れて、全体に色が変わるまでサッと煮る。火を止めて、煮汁ごと皿に取り上げておく。
4.里芋を(3)の鍋に入れ、◇のだし汁と調味料を加え、はじめは強火、煮立ったら中火にして落し蓋をし、里芋がやわらかくなるまで約30~40分煮る。(3)のイカを煮汁ごと戻し入れ、鍋をかえしながら2~3分サッと煮付ける。火を止めて、鍋のまま放置して味をなじませ、皿に盛って出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/22639/recipe/127711 |

44:簡単なんちゃってぱぱっと菜の花の芥子和え

焼酎にはあまり香りの強くないおつまみが人気です。そのため、和え物やおひたしなども人気があります。おつまみの和え物やおひたしの場合、カラシなどで少し味にアクセントをつけたレシピを参考にすると良いでしょう。

材料
菜の花 1/2束
A.だし醤油 大匙1
A.からし 小匙1強

作り方
1.菜の花を茹でて、食べやすい長さに切ります
2.Aを混ぜ合わせて、菜の花を和えて器に盛り付けて出来上がり

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/8241/recipe/1333910 |

45:鯖の大根おろし煮

焼酎にのおつまみには、あっさりした物が合いやすいです。しかし、魚やお肉などのしっかりした物をおつまみにしたいという人もいます。そのような場合には、大根おろしを使ったレシピを参考にすると良いでしょう。

大根おろしは料理をさっぱりとしてくれるため、焼酎のおつまみによく合います。

材料
鯖(二枚おろし) 一尾
めんつゆ(4倍濃縮) 50cc
水 150cc
サラダ油 大さじ2
片栗粉 適量
豆苗 適量

作り方
1.鯖を食べやすい大きさに切る。
片栗粉をまぶす。
2.大根をおろす。水気を切る。
めんつゆと水を合わせる。
豆苗を2センチくらいの長さに切る。
3.フライパンにサラダ油を入れ、中火にする。
鯖を入れて両面をこんがりと焼く。
4.余分な油をキッチンペーパーで拭く。フライパンに、めんつゆと水を入れる。ぐつぐつとしてきたら、大根おろしを加える。一煮立ちしたら、火を止める。
5.お皿に鯖を盛り付ける。大根、豆苗をトッピングする。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/10954/recipe/1183941 |

46:大根の味噌煮

焼酎のおつまみには匂いの強くない物の方が合わせやすいです。しかし、芋焼酎であれば、多少匂いのきついおつまみであっても香り負けしません。

そのため、味噌煮込みなども良いおつまみとなります。お肉系統の味噌煮込みも焼酎のおつまみとして人気ですが、大根などの野菜の味噌煮込みも焼酎のおつまみとして人気があります。

材料
大根 1本
水 500cc
牛すじ肉 1パック
しょうが(千切り) 5cmほど
いりこだし(顆粒) 大さじ3
砂糖 大さじ3
酒、みりん 100cc
味噌 大さじ3

作り方
1.大根は皮を剥き2cm幅切りさらに
1/4に切る
2.牛すじ肉は一口大に切る
3.鍋に大根、牛すじ肉、水、砂糖
いりこだし、酒、みりん
しょうがを入れ大根色のが
変わるまで煮る

4.大根の色が変わるまで煮たら
味噌を入れ落としぶたをして10分
くらい煮詰めたら完成~!

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/281759/recipe/1340017 |

47:すだちの寄せ鍋

焼酎にはあっさりとしたおつまみが人気です。また、煮込み系統の料理もよく合います。なので、お鍋も焼酎のおつまみの定番となります。お鍋の種類はお肉がメインの物でも良いですが、魚介系やさっぱりとしたレシピの鍋が人気となっています。

48:タコときゅうりの酢の物

焼酎にはあっさりしたおつまみが人気です。なので、手軽な冷奴も焼酎の定番おつまみの1つです。冷奴のレシピには差がないと思っている人もいますが、意外とトッピングや味付けの種類は多いです。なので、冷奴も自分の好みのレシピを探してみても良いでしょう。

材料
醤油麹 約大さじ1
大葉 5枚ほど

作り方
1.#大葉 を細かく刻んで #醤油麹 と混ぜる。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/88452/recipe/1286307 |

49:しめ鯖

焼酎と刺身は相性が良いです。焼酎は魚の匂いを緩和してくれます。また、しめ鯖のように味がしっかりした魚も焼酎にはよく合います。

しめ鯖は買ってくるという人も多いですが、家でも作れるレシピはあります。作りやすいレシピを探してしめ鯖に挑戦しても良いでしょう。

材料
真鯖  1匹(3枚におろした
塩麹   重量の10%
酢  鯖がひたひたになる量
昆布  1枚(5センチ程)

作り方
1.鯖は3枚におろす。
2.①に塩麹を両面塗って、冷蔵庫で3~4時間漬けておく。
3.鯖から水分がでているので、違う容器に変え、塩麹は洗い流さずに、酢をひたひたにかけて昆布と一緒に漬ける。

4.出来上がったら、キッチンペーパーなどで酢を軽く拭き取り、中骨を抜き、皮をはぎお好みの厚さに切ったら完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201917/recipe/1033960 |

50:ストリングチーズともやしの辛子和え

ワインやカクテルと同様に、焼酎にもチーズは合います。特に香りの強い芋焼酎と相性が良いです。また、チーズには胃の粘膜を守ってくれる効果もあります。

さらに、チーズは単体で食べることもできれば、チーズをつかったレシピも多くあります。その汎用性の高さも人気の理由となっています。

材料
ストリングチーズ 適量
もやし 適量
三つ葉 適量
辛子 適量
だし醤油 適量

作り方
1.もやし 三つ葉は茹でて絞り チーズは割く
辛子醤油で和えるだけ

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224323/recipe/1335399 |

51:春キャベツと魚肉ソーセージの塩ぽん炒め

焼酎を飲むときは香りを楽しむという人もいます。なので、匂いが強い肉料理よりも少しあっさりとした香りのおつまみの方が合いやすく、人気もあります。

なので、焼酎のおつまみにはお肉を使ったレシピよりも、魚肉ソーセージを使ったレシピの方が合いやすいでしょう。また、お肉を使ったレシピを魚肉ソーセージに置き換えても良いでしょう。

材料
キャベツ 3枚
しめじ 1/4
魚肉ソーセージ 小2本
塩 ひとつまみ
コショウ 適量
ぽん酢 小さじ2

作り方
1.キャベツは手でちぎって洗っておきます。
しめじは小房に分けます。
ソーセージは斜め切りにします。
2.フライパンに油(分量外)をひき、しめじ、ソーセージを炒めます。
3.しんなりしてきたら、弱火にし、塩、コショウをします。
その上にふたをするように、きゃべつで覆います。
4.2分程したら全体をさっと混ぜ、ぽん酢を入れ強火でさっと炒めたら完成です☆

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/259663/recipe/1284882 |

52:ゴーヤとチーズとアーモンドのマヨ和え

芋焼酎の場合は焼酎の香りだけでなく、芋の甘みも楽しむことができるため、人気があります。ゴーヤの苦みはその芋の甘みを引き出してくれます。

ゴーヤだけでは苦みが強いので、チャンプルーや、チーズなどと合わせて苦みを抑えているレシピを参考にすると良いでしょう。

材料
ゴーヤ 1本
6Pチーズ 2個
☆アーモンド 12~14粒
☆マヨネーズ 大1
七味 好みの量

作り方
1.ゴーヤは縦半分に切り、種とワタを取り除いて塩(分量外)をし、汗をかくまで放置する。
2.①のゴーヤを厚さ7mm~1cmくらいにスライスする。
3.耐熱容器に②と、ゴーヤがかぶるくらいの水を入れ、ふわっとラップをして電子レンジ(600W)で3分チンする。
4.③の水気を、キッチンペーパーなどで拭き取り、ボウルに入れ、大きめに切ったチーズと☆をよく和えたら完成。好みで七味をふる。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/233145/recipe/1306117 |

缶詰をおつまみにする

手軽に作れるおつまみレシピは人気があります。しかし、どれだけ手軽なレシピであっても、料理をしない人にとっては、大変なレシピとなってしまう場合もあります。

全く料理をしない人にとって、おつまみの強い味方となってくれるのが缶詰です。缶詰には非常に多くの種類があるため、自分の好みの缶詰を探せる楽しみがあることも人気の理由となっています。

これまで独りで簡単な食事をする際に缶詰を利用したり、甘いものを食べたくなった時にフルーツの缶詰を買ったりするなど、比較的愛用していたこともあって、それなりに詳しいという自負があった。
本書を一読してから自分の知識が全く足りなかったことを痛感。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E7%BC%B6%E8%A9%B0%E5%8D%9A%E5%A... |

おつまみの人気のレシピ本3選

今は宅飲みでお酒を楽しむ人が増えています。お酒を楽しむうえで、おつまみは外すことができません。家でおつまみを作るということは、自分でおつまみを作らないといけないということでもあります。

人によって、手軽さを重視したレシピや、ダイエットを考慮したレシピなど、それぞれ求めているものは異なります。ですが、おつまみのレシピ本はいろいろとあるので、自分の求めるレシピに特化したレシピ本を探してみましょう。

1:女ひとりの夜つまみ

居酒屋などに行けば、おつまみとして人気のある唐揚げや枝豆などはたいていあります。このような定番で人気のあるおつまみも良いですが、女性が望むおつまみとは少し異なることもよくあります。

「女ひとりの夜つまみ」には、女性がよく望むおつまみのレシピがまとめられているため、人気のあるレシピ本の1つとなています。

ハナコ本2冊目。春巻き、グラタン、柿とかぶのサラダを作ってみました。材料が少なくて簡単なレシピが多く、チャレンジし易い。飲兵衛じゃなくても楽しめる料理本です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%A5%B3%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%8... |

2:家飲みおつまみレシピ

家でおつまみを作る際に、手軽さを重視するという人は多いです。また、冷蔵庫に残っている物でおつまみを作りたいと思うことも多いです。

「家飲みおつまみレシピ」は、材料の素材や目的からレシピを探せたり、手軽なレシピも載っているため、この両方の欲求を満たしてくれるレシピ本となっています。

つまみメニューですが夕食の1品に使えそうなレシピもあってけっこう役立つ一冊です。
各メニューにカロリーが表示されているのもプラスポイントです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%B6%E9%A3%B2%E3%81%BF%E3%8... |

3:やせつまみ100

お酒を楽しむ際に、カロリーや脂の摂りすぎが気になってしまうという人は多いです。「やせつまみ100」では低カロリーおつまみレシピがまとまっているため、ダイエットや健康に注意している人におすすめのレシピ本です。

ワンパターン化になりがちな食材でも少しいじっただけなのに目新しく感じられて良かったです。おつまみよりも我家では、プラス1品としてテーブルに登場します。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%84%E3%81%9B%E3%81%A4%E3%8... |

人気のおつまみレシピを作ろう

今は宅飲みを楽しむ人が増えてきています。お酒を楽しむためにはおつまみを外すことはできません。おつまみには多くのレシピがあるので、人気のレシピから自分の好みのレシピを見つけて、いろいろと作ってみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

お酒にはいろいろな種類があります。そのお酒の種類によって、適したおつまみの内容は変わってきます。お酒をより楽しむために、お酒に合ったおつまみを探してみましょう。

Related