Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月11日

一人暮らしの簡単晩御飯|晩御飯は外食が良い?晩御飯レシピ

一人暮らしを始めてみて、なんだかんだ大変なのが「晩御飯の準備」ではないでしょうか?疲れきっていて晩御飯の準備をするのは辛いけれど、毎回外食する金銭的余裕もないという人が多いはずです。今回は、一人暮らしにおすすめな簡単晩御飯について紹介します。

一人暮らしの簡単晩御飯|晩御飯は外食が良い?晩御飯レシピ

一人暮らしの簡単晩御飯

学生から社会人まで、一人暮らし世帯にとって晩御飯に頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか。
なぜなら、どんだけ疲れて帰ってきた日でも、一人暮らしの場合は晩御飯を自分で用意しなければならないからです。

晩御飯の材料はいつどこで買う

休日に予定がなければ一週間分ある程度まとめてスーパーなどで買い溜めておくと効率がよいでしょう。学校や仕事が忙しく平日に買いにいけなかった場合でも冷蔵庫にストックがあれば安心です。休日も予定がビッシリで忙しいという方は、コンビニでも最近は野菜、肉、魚などがが充実しています。帰り道にちょっと立ち寄って買うことで時間の節約ができます。

食材の選び方

まずは、日持ちするものを選ぶことをお勧めします。一人暮らしでは、食べる頭数が多い家族と異なり、食材の減りは驚くほど遅いです。例えば「うどん」ひとつ選ぶ場合でも、生めんやゆで麺を選ぶのではなく冷凍麺や乾麺を選ぶと格段に日持ちが伸びます。又、割高でも単位が小さいものを選ぶことをお勧めします。特に、腐敗が速い野菜類は小さく切られた単位のものを買うようにしましょう。結局消化できずに腐らせてしまっては元も子もありません。

一人暮らしの晩御飯は外食がよい?

一人暮らしの簡単晩御飯|晩御飯は外食が良い?晩御飯レシピ

外食にする利点

外食は準備やあとかたずけといった煩わしさが一切ありません。特に一人暮らしではたった一人分を作るのが面倒くさいというのが本音でしょう。手早く晩御飯を済ませたい人にとっては大変便利です。又、いつもの家の雰囲気とは異なり、気分がリフレッシュされるという利点もあります。こういった利点から一人暮らしの人は外食で済ませることが多い傾向があります。

外食にする難点

いくら値段を抑えた外食だとしても、家で作る晩御飯に比べるとコストがかかってしまいます。又、外食は食べやすいように味付けが濃いめになされていたり、油が多かったりする場合が多いです。特に、健康面を考える年代においては、毎日が外食となると、メタボリック症候群や成人病へのリスクなどが懸念されます。健康診断の結果を見てから後悔することのないように気をつけましょう。

作り置きの方法

一人暮らしにとって、作り置きするととても便利ですが、夏場は特に食材の保管には気をつけてください!

休みの日に常備菜をまとめて作る

休日に時間があればいくつか常備菜を作っておくことをお勧めします。きんぴらごぼうやひじき煮、切り干し大根や人参シリシリなど。少し味付けを濃くしておけば、1週間くらいは冷蔵庫保存で日持ちしてくれます。一食分づつ小さいタッパーにいれておけばそのまま晩御飯の一品になります。

塩麹や味噌で肉魚を長持ちさせる

生肉や生魚はそのままだと1日から長くて3日程度の賞味期限です。買ってきたらすぐに塩麹や味噌に漬けることで、その賞味期限を格段に延ばすことができます。例えば、生サーモンは味噌と砂糖とお酒を混ぜたものにつけておけば2日くらいはもってくれます。又、豚や牛の塊肉は塩麹につけておけば2~3日は日持ちします。麹の力で肉や魚が柔らかくなり、調理時間は短縮され調理法もとても簡単です。

一人暮らし向け晩御飯レシピ

一人暮らしの簡単晩御飯|晩御飯は外食が良い?晩御飯レシピ

一人暮らしの方向けのお手軽簡単なレシピをいくつか紹介します。

スタミナ豚肉キムチ丼

材料は豚肉、キムチ、ごま油、焼肉のたれ、これだけです。

①ごま油を熱したフライパンに豚肉をいれ炒めます。(ニラや人参や玉ねぎなどお好きな野菜も一緒に入れてもよいです。)
②ある程度炒めたらキムチを投入してさらに炒めます。
③焼肉のたれをお好みで少々

キムチと焼肉のたれでガツンとパンチのあるスタミナ豚肉キムチ丼の完成です。豚肉さえ手に入れればいつでも簡単に作れるうえ、食べ応えもあるので一人暮らし男子や、辛いもの好きにおすすめです。

塩麹漬け豚バラブロック

材料は豚バラブロック、塩麹、ステーキソースのたれです。

①豚バラブロックは生の状態で短ければ1日、長ければ3日ほど塩麹につけておきます。(冷蔵庫保存)
②鍋にいっぱいのお水をいれそこに豚バラブロックを投入します。
③蓋をして日にかけて沸騰したら20分間そのまま茹でます。
④蓋をしてお湯につけたままの状態でそのまま放置します。
⑤食べる直前に食べたい分だけ切りわけて、フライパンで焼く。
⑥ステーキソースやポン酢などお好みのソースをかけて食べる。

①~④は休日などに済ませておくとよいでしょう。平日の晩御飯時には⑤と⑥と実施するだけで簡単ながら豪華な一品です。塩麹はお肉を簡単に柔らかくまろやかにしてくれるので、塊肉の調理がとても楽になります。

鮭の塩麹焼き

材料は生鮭、塩麹です。

①生鮭は1日、長ければ3日ほど塩麹に漬けておきます。(冷蔵庫保存)
②食べる直前にグリルまたはフライパンで焼きば出来上がり。

鮭の種類は塩味のついていない、秋鮭やサーモンなどが適しています。まろやかな塩っ気がやみつきになります。お弁当の具材としても最適です。一人暮らしをすると、どうしてもお肉ばかり食べがちなので、たまにはお魚も取り入れましょう。

豚バラ肉とえのきとネギのホイル焼き

材料は豚肉、えのき、ネギ、塩コショウ、バターです。

①大きめのアルミホイルに豚肉、えのき、ネギを置いて上から塩コショウ各少々、バターを適量のせます。
②①をつつんでフライパンにのせて7~10分程火にかけます。
③お好みでポン酢やお醤油をかけてお召し上がりください。

フライパンを汚さないあとかたずけが超簡単な一品です。豚肉をサーモンや鶏肉で代用しても美味しいです。一人暮らしだとなかなか食べないお野菜ですが、このメニューはどんな野菜でも合います。好きなものを入れれば良いので、アレンジが無限に広がるメニューです。

ローストビーフ丼

材料は牛もも肉、塩麹、ニンニク、塩コショウです。

①牛もも肉は1日から長くて3日程度塩麹に漬けておきます。(冷蔵庫保存)
②牛もも肉にすりおろしにんにくと塩コショウ適量をすりこみます。
③そのまま常温で1時間くらいおいておきます。
④魚焼きグリルで10分程焼きます。
⑤アルミホイルで包み、さらに上からタオルでくるんで覚めるまで放置します。(こうすることでじっくり中まで火を通します)
⑥食べる直前に食べたい分だけ切り、お好みのたれをかければローストビーフ丼の出来上がり。

①~④は休日などに済ませておくとよいでしょう。一人暮らしでも、火を通しておけば3~4日は冷蔵庫保存できるので、心配ありません。忙しい平日の晩御飯には⑤と⑥の手順だけなので、時間がかけずにとても豪華な晩御飯になること間違いなしです。

人参シリシリ

材料は人参、シーチキン、ごま油、麵つゆ、すりごまです。

①人参は皮をむいた後、皮むき器で5センチくらいのそぎ切りにします。
②ごま油を引いたフライパンに①の人参とシーチキンを投入します。
③ある程度日が通ったら、麺つゆを適量入れます。
④汁がなくなってきたらすりごまをかけて出来上がりです。

これは休日につくっておけば1週間くらいは冷蔵庫保存でもちます。副菜としてメインに添えたい時はいい仕事をしてくれます。人参があまり好きではない人もこれならモリモリ人参が食べられて、栄養満点の一品です。一人暮らしならではの6品をご紹介しました。是非、次の週末にでも作ってみてください。

晩御飯を抜くとき

一人暮らしの簡単晩御飯|晩御飯は外食が良い?晩御飯レシピ

あまりにも仕事が忙しかったりして帰宅が遅くなってしまったら、晩御飯を作る時間も気力も残っていません。しかも、夜遅くに沢山食べてしまうことは、肥満にもつながり体によくありません。そういう時は早く歯磨きをして、速攻ベッドに入ってしまうのが得策です。

しかしながら、それでは1日のトータルとしての栄養分が不足してしまいます。そういう生活を送っている人は、朝食と昼食は意識的にしっかりとエネルギーと栄養のあるものを採るようにしましょう。又、晩御飯が食べられそうにもないと予めわかっているようなときは、作り置きしていた常備菜をごはんに挟んで学校や会社に持参しましょう。のりを巻けばおにぎらずになり、残業の合間にかじることができます。

一人暮らしの晩御飯事情は大変なことが多いですが、少しの知恵と工夫で健康を保つようにしたいものです。一人暮らしだからこそ、自分の身は自分で守らなければならないのです。

Related