Search

検索したいワードを入力してください

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる

初回公開日:2017年12月20日

更新日:2020年02月11日

記載されている内容は2017年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

おしゃれ着を家庭で洗うためのに生活用品を広く取り扱っている花王から販売されているホームクリーニング『エマール』。最近はおしゃれな洋服を着るかたが多いので、おしゃれ着洗剤の出番も増えています。今回はエマールを使った洗い方や、柔軟剤の使用についてご紹介していきます

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる

エマールってなに?

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる
※画像はイメージです

エマールはおしゃれ着専用の洗剤として花王社から販売されています。そして、3つの特徴があります。1つ目は、ヨレ・縮み・毛玉・色あせなどの洗濯ダメージを防いで洗ってくれる。2つ目は、ニオイ、汚れをすっきり落としてくれる。3つ目は2つの香りから選べること。

インテージSRIおしゃれ着用洗剤市場(2016年9月~2017年9月)金額シェアによると、おしゃれ着用洗剤売上有数ブランドです。普通に洗濯するとどうしても、繊維がダメージを受けてしまい毛玉ができてしまいます。それは洗濯時の摩擦によるもの。エマールは摩擦ケア処方がされているので、ニット、シャツ、ワンピ、下着・などのデリケートな素材も安心して家庭洗濯できます。また、柔軟剤なしでもふんわり仕上げてくれます。

エマールの洗剤と使うと相性のいい組み合わせ

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる
※画像はイメージです

エマールはウールやニット、ワンピースや下着などのデリケートな素材を家庭で洗うために販売されています。ヨレ、縮みや毛玉を防いで汚れや気になる臭いを落とせるおしゃれ着専用の洗剤ですが、柔軟剤や漂白剤など一緒に使うとさらにお洗濯効果を上げてくれるものを紹介していきます。

エマールで洗濯するとき、漂白剤を入れてもいい?

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる
※画像はイメージです

家庭でおしゃれ着を洗うとき、まずは取り扱い表示の『家庭で洗濯できるか』を確認しましょう。もし、家庭洗濯ができるようでしたら、同社から販売されている『ワイドハイター』や『ワイドハイターEXパワー』など液体の酸素系漂白剤を一緒に入れて洗えます。これらは色ものや柄物にも安心して使用できる『酸素系』や『塩素系』の液体漂白剤です。

例外も!毛・絹などの繊維製品は注意が必要

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる
※画像はイメージです

漂白剤の中には『弱アルカリ性』のものがあります。弱アルカリ性の漂白剤は、毛・絹などの繊維製品や中性洗剤指定がある場合、使用できません。

理由は毛・絹はタンパク質でできているため、漂白剤に含まれるアルカリ性とあうと変形して固まってしまうからです。典型的な症状は黄ばみやゴワゴワです。いくら柔軟剤を使用してもこれは防げません。

けれど、液体系の酸素系漂白剤なら弱酸性ですので使用することができます。ただし、液体は粉タイプよりやや効果は落ちます。もし、シミなどを落としたい場合は酸素系の漂白剤を使用するか、エマールの原液をシミやがんこな汚れに直接付けて、指やタオルなどで優しく押さえておくとスッキリ落ちます。

エリ・そで・すそなどは特に汚れが気になるところです。もし毛(ウール)や絹が使用されていて、漂白剤の使用をためらう場合は、そのように活用するとよいでしょう。

エマールは柔軟剤がいらない?

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる
※画像はイメージです

エマールで洗った後、柔軟剤仕上げも必要なのでしょうか。答えからいうと、『柔軟剤は必要ない』です。エマールで洗うだけでも柔らかい肌ざわりに仕上がります。おしゃれ着洗いの洗剤の主成分は『非イオン系の界面活性剤』が使用されていてプラスマイナスのどちらにも帯電しないので、通常の洗濯剤で洗ったときのようにゴワゴワしません。

エマールに柔軟剤が入ってる?

柔軟剤は入っていません。柔軟剤が入っているかのように、肌ざわり柔らかに仕上がりますがこれは非イオン系の洗浄成分によるもの。非イオン系の洗剤は繊維をほぼ痛めることなく洗浄できて、油汚れなどをスッキリ落としてくれます。また、柔軟剤なしでも洗い上がりの風合いがとてもよいという特徴があります。

非イオン系の洗剤は中性洗剤に分類されます。通常の洗濯洗剤は弱アルカリ性ですので、中性洗剤に比べるとやや色落ちしやすかったり、毛や絹などの動物性繊維の生地を縮めてしまうので、毛玉ができやすい特徴があります。おしゃれ着は中性洗剤のエマールを使用して、タオルやシーツなどは弱アルカリの性質をもつ通常の洗濯洗剤を使用するとよいでしょう。

柔軟剤は必要?

結論として柔軟剤は必要ありません。けれど、さらに香りづけしたいという方やふんわり感をアップさせたい、または静電気をより抑えたいという方は柔軟剤を使用するとよいでしょう。その場合は最終のすすぎのさいに柔軟剤を使用します。同ブランドですと、「ハミングNeo」や「フレアフレグランス」 などの、すべての柔軟仕上げ剤が使用できます。

エマールの匂いの種類

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる
※画像はイメージです

洗濯をする時の一つの楽しみが良い香りの洗剤を選ぶことです。エマール洗剤からは、二つの香りが販売されています。

フレッシュグリーン

一つは、香りほのかな『フレッシュグリーン』のミドリのボトル。瑞々しいグリーンの香りにグリーンアップルの爽やかな香りが気分を明るく、スッキリとしてくれます。

アロマティックブーケ

もうひとつは、香りが続く『アロマティックブーケ』のピンクのボトル。ローズやミュゲなどの花々の香りを基調に上質なサボンの香りをブレンド。女性らしい華やかな気分にしてくれて香りが長時間続きます。

エマールと合う柔軟剤の成分

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる
※画像はイメージです

花王社からはおしゃれ着洗いのエマールと、柔軟剤のハミングが販売されています。もし、エマールと一緒の柔軟剤を使用する場合、こちらのハミングを一緒に使用すると相乗効果が期待できます。

ハミングからは乾燥しがちな肌にも優しい使い心地のふんわり感を出してくれるもの。または、汗ばむ肌にもサラッと気持ちよく仕上げてくれるものなど。抗菌加工がされていたり、赤ちゃんの肌にも安心して使用できるラインナップです。

服別エマールと柔軟剤の使い方

おしゃれ着とひとくくりにいっても素材や形状はさまざまです。代表的なおしゃれ着の種類と洗い方をみていきましょう。

ニット・カーディガン

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる
※画像はイメージです

素材は毛・ウール100%のものがほとんどです。取り扱い表示を確認します。エマールで洗濯、柔軟剤は最後のすすぎのときに投入。脱水後すぐに取り出して、手で軽く叩いてシワを伸ばします。伸びを防ぐために竿にふたつ折りにして干すか、ピンチハンガーに平干しします。ウール製品は黄ばみを防ぐために陰干しします。

ウールは洗濯方法によって特に肌ざわりが左右される素材です。エマールのみでも、柔らかく仕上がりますが、柔軟剤を使用するとよりふんわりとなり、毛玉の原因となる静電気を防げます。

カットソー・ワンピース・ドレス

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる
※画像はイメージです

素材はレーヨン、絹、綿やポリエステルなど化学繊維と天然繊維の合わせものが多いです。飾りやレースなども追加されるので、そのぶん取り扱いも注意を払いましょう。取り扱い表示で家庭洗濯が可能か確認。洗濯機を使用の場合はネットに入れるとよいです。

洗濯、脱水後すぐに取り出し手で軽く叩いてシワを伸ばします。そでのドレープや飾りの部分を整えてきれいに仕上げます。ポリエステルなどの化学繊維が主の洋服はエマールのみ。綿などの素材感が出るものは柔軟剤を使用するとさらにふんわり感をだせます。

浴衣

夏に活躍する浴衣だってエマールで家庭洗濯できるんです。素材は綿。『そでだたみ』したあと、見頃を4つに『びょうぶだたみ』をして裾の汚れが目立つ部位が一番外側にくるようにてネットに入れます。

洗濯機に入れてもよいですが、色移りや品質が損なう恐れのある場合は手洗いにします。漂白剤の使用は避け、脱水も手で押して絞る場合は弱く、脱水機械を使う場合は遠心脱水で短時間で絞ります。脱水後すぐに取り出して、シワを伸ばします。縫い目を軽く引き伸ばして形を整えます。

エマールの公式ホームページに詳しい洗い方、干し方の方法が図と一緒に公開されているので参考にしてみてください。

エマールは柔軟剤なしでも肌ざわり柔らか!

エマールの柔軟剤と相性のいい組み合わせ方・匂い|入ってる
※画像はイメージです

今回はエマールのおしゃれ着洗剤についてご紹介しましたがいかがでしたか。2つの違う香りから選べて、大事な洋服をスッキリと優しく洗い上げてくれます。エマールは柔軟剤は含まれていませんが非イオン系の洗浄成分のおかげで肌触り柔らかに仕上がります。大切なおしゃれ着を家庭で洗濯する場合はエマールのような中性洗剤で洗うようにしましょう。

また、柔軟剤の使用でさらにふんわり感を出してくれて、摩擦による毛玉の発生を防いでくれます。特に冬場は静電気が起きやすいので、積極的に使用するのもよいです。洗濯物の香りをより強く香らせたり、長持ちさせたいときにも柔軟剤は最適です。

Related