Search

検索したいワードを入力してください

マットレスカバー20選|カバーの選び方も解説

初回公開日:2018年12月05日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年12月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

あなたはどんなマットレスカバーを使っていますか。肌触りの良いもの、季節にあったもの、部屋にあった色など人によって選ぶ観点は異なることでしょう。この記事では、マットレスカバーやマットレスカバーの選び方を紹介していきます。

Noimg

マットレスカバーはベッドの必需品|選び方4つ

あなたはどんなマットレスカバーを使っていますか。肌触りの良いもの、季節にあったもの、部屋にあった色など人によって選ぶ観点は異なることでしょう。この記事では、マットレスカバーやマットレスカバーの選び方を紹介していきます。

マットレスカバーはベッドを使うにあたって必需品です。快適な睡眠をするためにもマットレスカバーは自分にあったものを選びましょう。

1:ベッドのサイズで選ぶ

1つ目のマットレスカバーの選び方は「ベッドのサイズで選ぶ」です。ベッドのサイズを確認してベッドのマットレスを覆える大きさのマットレスカバーを選びましょう。

ベッドにはシングル、ダブル、クイーン、キングなどといったサイズ展開があります。このベッドのサイズに合わせてマットレスカバーのサイズも展開されています。

2:素材で選ぶ

2つ目のマットレスカバーの選び方は「素材で選ぶ」です。実際に触ってみて、自分の好むマットレスカバーを選びましょう。

マットレスカバーには綿やタオル地など物によって多様な素材が使われています。マットレスカバーを使う季節や自分の好みに合わせて、肌触りのいい素材を選びましょう。

3:季節で選ぶ

3つ目のマットレスカバーの選び方は「季節で選ぶ」です。夏は通気性の良いもの、冬は保温性の高いものなど季節に合わせてマットレスカバーを選びましょう。

季節が変わるごとにマットレスカバーを変えたいという人も多いでしょう。自分が快眠できるように機能性の高いものを選ぶことをします。

4:コーディネートで選ぶ

4つ目のマットレスカバーの選び方は「コーディネートで選ぶ」です。部屋の雰囲気に合わせて、マットレスカバーのデザインを選びましょう。

ベッドは家具の中でも大きいので部屋の大部分を締めます。そのベッドに装着されるマットレスカバーの色は大きく部屋の雰囲気を左右します。

マットレスカバー20選

マットレスカバーを紹介していきます。20個紹介していくので、自分にあったマットレスカバーを見つけていきましょう。

選び方として紹介したサイズ、素材、季節、コーディネートの要素の中で最も重視するものを決めましょう。また日常の生活をイメージしてどんなマットレスカバーが自分に適しているのか考えましょう。

1:エムールボックスシーツ

1つ目にするマットレスカバーは「エムールのボックスシーツ」です。エムールのボックスシーツは、安心の国内生産品でダニやニオイ予防もバッチリです。

18色という豊富なカラー展開が特徴で、部屋の雰囲気にあった色を選ぶことができます。肌触りもよく寝心地も抜群です。値段は高めですが、毎日使うベッドシーツと考えるといいものを選びたいという人も多いのではないでしょうか。

2:リコメン堂 コットンパイルカバーリング

2つ目にするマットレスカバーは「リコメン堂 コットンパイルカバーリング」です。リコメン堂のコットンパイルカバーリングは、タオル素材の敷きパッドと一体型になったボックスシーツです。

ボックスシーツの四隅は装着後のズレを防ぐためにゴムでできています。タオル素材の表面は触り心地がよく快適な睡眠を促してくれる要因となっています。

3:メリーナイトベッドシーツ

3つ目にするマットレスカバーは「メリーナイトベッドシーツ」です。メリーナイトベッドシーツは綿100%のしっかりとした素材で、低価格で入手できるマットレスカバーです。

シンプルでベーシック、かつ低価格でベッドシーツがほしいと考えている方にはぴったりのアイテムです。安いので複数購入して、予備としておいておくこともします。

4:キング スリーププラス アレルガード

4つ目にするマットレスカバーは「キング スリーププラス アレルガード」です。キング スリーププラス アレルガードの特徴は、ダニの発生を防ぐ効果が抜群であるところです。

ベッドシーツにはダニが発生しやすく、これを防ぐためによく天日干しにするという人も多いのではないでしょうか。このベットシーツはダニやホコリがつきにくい素材で作られているため、常に清潔な状態を保つことができます。

Related