Search

検索したいワードを入力してください

カナブンの幼虫の特徴・駆除方法・飼育方法・見分け方|エサ

初回公開日:2018年02月07日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

果樹や野菜、花を育てているとどこからか飛んできてその土に卵を産み付けるカナブン。育てている植物が急に元気がなくなった時に植木鉢をひっくり返すと中から出てくる幼虫。植物の根や葉を食べているのは実はカナブンの幼虫じゃなかった!害虫の正体を紹介します。

カナブンの幼虫の特徴・駆除方法・飼育方法・見分け方|エサ

カナブンの幼虫を駆除する方法は?

プランターや植木鉢で花や野菜を育てている時、水も肥料もきちんとあげているのにだんだんと元気が無くなったり、枯れてしまったことはありませんか?枯れた花や野菜を処分しようと植木鉢やプランターをひっくり返してみると、小さな幼虫がたくさん出てくることがあります。

この小さな幼虫が、プランターや植木鉢の中で植物の根を食べてしまい、いくら水や肥料をあげても花や野菜が枯れてしまいます。プランターや植木鉢の中から見つかる幼虫はだいたいがカナブンやコガネムシの仲間です。プランターや植木鉢の中に住むカナブンやコガネムシの幼虫の駆除方法を紹介します。

プランター・植木鉢など

カナブンの幼虫の特徴・駆除方法・飼育方法・見分け方|エサ
※画像はイメージです

プランターや植木鉢に植えた植物がだんだんと元気がなくなった時や、一緒に生えていた雑草の元気もなくなった時、植木鉢の底から細かい土が出てきて植木鉢の中の土が減ってきた時などはカナブンやコガネムシなどの幼虫の被害にあっている可能性があります。

カナブンやコガネムシの幼虫による被害にあった時は早めに駆除をしましょう。一番簡単な方法は市販されている駆除剤を蒔くことです。あまり薬を使いたくない方は、すぐに植え替えをすることをおすすめします。その際、植物の根元や根に付いた土にカナブンやコガネムシの幼虫が付いていないかを十分に確認してください。

さらに、カナブンなどの被害に合う前に、成虫に卵を産み付けさせない対策も必要です。花や野菜を植えたプランターや植木鉢の土の表面を不織布などで覆い、土が出ないようにするのが効果的ですが、土の様子が見えにくく乾燥具合が確認しづらいなどのデメリットがあります。

カナブンの幼虫の飼育方法と育て方はどうするの?

プランターや植木鉢の中で見付けたカナブンの幼虫はどのように成長するのでしょうか。カナブンの幼虫のエサや飼育方法を紹介します。

カナブンの幼虫のエサは?

カナブンの幼虫のエサは主に腐葉土などの有機物です。植木鉢やプランターの中で見つかるカナブンの幼虫は腐葉土を食べて糞をし、植物の成長によい栄養たっぷりの土作りの手伝いをしています。

プランターや植木鉢からは一見してカナブンと見分けの付かない、コガネムシの幼虫も見付かります。コガネムシの幼虫のエサは木や植物の根です。つまりせっかく育てた植物を枯らせてしまう幼虫の正体はカナブンではなく、コガネムシの幼虫です。

カナブンの幼虫を飼うときはプラケースなどの容器に腐葉土を敷き、土が乾かないように一日一度は霧吹きで水を掛けます。腐葉土を食べますので時々新しい土を足してあげましょう。

一方、コガネムシの幼虫は植物の根を食べますので、昆虫マットなどを敷いたプラケースに木や草花の根や野菜くずなどを入れます。

成虫のエサは?

カナブンとコガネムシの幼虫の時のエサは、腐葉土と植物の根という違いがありましたが、成虫になってからのエサは何でしょうか。

カナブンはカブトムシなどと同じように樹液を吸います。飼育する時はバナナなどの果物や昆虫ゼリーを与えます。ただし、スイカなどの水分の多いエサを与えると尿が多くなって、結果的に昆虫マットなどを汚し不衛生になるので水分の多いエサは避けます。

コガネムシの成虫は桜やバラなどの広葉樹の葉を食べますが、他の植物も食べますので野菜くずなどをエサとして与えます。

カナブンとコガネムシの幼虫はよく似ていますが、カナブンは幼虫から成虫まで植物の葉や根は食べないのに対し、コガネムシは幼虫から成虫まで植物を食べて成長します。野菜や花を育てている人にとってコガネムシは害虫に当たります。

カナブンと他の幼虫の見分け方は?

カナブンとよく似た姿のコガネムシの幼虫と、クワガタやカブトムシの幼虫の見分け方を紹介します。

コガネムシ

色や形、大きさともにコガネムシの幼虫とカナブンの幼虫はとてもよく似ています。違いはカナブンの幼虫がコガネムシの幼虫よりも頭が小さく、体にはたくさん体毛が生えています。

さらに土から出した時に、コガネムシはすぐに体制を整えてお腹を下にし、6本の脚で体を引きずりながら移動するのに対して、カナブンの幼虫は背を下にしてひっくり返ったまま移動します。

クワガタ

クワガタの幼虫とカナブンの幼虫の見分け方は、カナブンの幼虫の顔が薄茶色をしているのに対し、クワガタはオレンジ色をしています。またカナブンの幼虫に比べて立派なアゴがあるなどの違いがあります。

Related