Search

検索したいワードを入力してください

ルーターの収納アイデア|diy/100均/おしゃれ/おすすめ

初回公開日:2017年11月26日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2017年11月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

家の中で、無機質で雑然とした雰囲気をかもしだしてしまうルーター設置場所を、なんとかできないかと考えている人は多いでしょう。本記事では、ルーターを収納し、配線の整理もできる、収納アイテムの、選定の仕方、DIYによる作り方などをご紹介します。

ルーターの収納アイデア|diy/100均/おしゃれ/おすすめ

おすすめのルーター収納ボックス

ルーターは、機械的で、そのままではインテリアに馴染みません。パソコンなどと一緒に置いておけば、統一感が得られますが、リビングや玄関などにルーターだけ置くような場合は、ルーターだけが景色から浮いてしまいます。

ルーターをもっと部屋に馴染む、すっきりした形で収納するには、ルーター収納ボックスと呼ばれるものが便利です。ここでは、おすすめのルーター収納ボックスと、その収納ボックスを選んだポイントをご紹介します。

ルーター収納ボックス コンパクトタイプ (RB-36U)

ひとめでルーター収納ボックスとはわからないタイプのものなので、色々なインテリアに馴染みやすい製品です。

ルーター収納を考える際には、ルーターの大きさや数を考慮して、ルーター収納ボックスを検討する必要があります。大は小を兼ねるということもありますが、隙間があり過ぎて、スペースが無駄になるというケースもあります。自宅のルーターのサイズ、もしくは、これから購入しようとしているルーターのサイズ、数をしっかり押さえて、収納ボックス選定しましょう。

既成のルーター収納ボックスは、外形サイズと一緒に、ルーターを収めるためのスペースサイズも表示されているはずです。ご自宅のルーター類が、しっかり収まるサイズの、ルーター収納ボックスを選びましょう。

サンワダイレクト ケーブルボックス 木製 電源タップ / ルーター 収納 スマホスタンド ダークブラウン 200-CB005

既成のルーター収納ボックスには、ただ単にルーターを収めるだけのものから、配線の工夫がされているもの、モバイル機器の充電機能が備えられているものなど、多様です。既成品に関しては、予算次第ということもありますが、自分に必要な機能はできるだけ備えてくれていた方が、便利です。

この製品は、ルーターの収納・配線について考えられているのは当然ですが、スマホスタンドとしての機能もあります。木目調の部屋に、馴染みやすいデザインである点もおすすめです。

商品やメーカー、ブランドなどでの機能性の違いがある程度ありますが、それらの中から自分の日常に、一番便利だと思うものを選びましょう。デザイン含め、自分にとって必要十分な機能を備えた収納を選択しましょう。

ルーターのDIY収納方法

ルーターを収納するものは、必ずしも、既成の専用ボックスでなくても構いません。インテリアにマッチし、ルーターを覆ってホコリよけになるものであれば、カラーボックスなどの転用でも良いでしょう。DIYで手を加えれば、使いやすいものができるでしょう。

DIYが得意ではないが、自分の好みに合ったものを作りたいという人は、市販の ボックス類を購入し、少し手を加えて自分なりのカスタマイズを行ってみましょう。ルーター収納ボックスの仕様として必要な要件をピックアップしてみます。この要件を満たすことを考えて、カスタマイズに使う既成の棚や箱を探してみましょう。

また、手作りで対応する場合は、この要件を満たすデザインを設計し、それに合うサイズの材料を購入しましょう

ルーター収納ボックスの仕様

①自宅ルーターのサイズに合っている
②ホコリよけの機能を果たせる
③ルーター周りの配線を整理できる
④電源収納ができる
⑤ルーター周りの機器の収納が可能

①〜③は、ルーター収納という目的からして、必須の要件となります。④に関しては、収納する対象が、ルーター1台の想定であれば、ボックスから電源ケーブルが出ている状態で、電源の近くに配置する前提ならば、不要の要件です。

⑤に関しては、自宅のルーター設置環境に応じて、何か一緒に収納したい機器があるか、考えてみましょう。例えば、固定電話の近くに置くのであれば、電話台としての機能も欲しいでしょうし、逆に一人暮らしのワンルームに置く前提であれば、電子機器すべて一つの場所にまとめられれば便利でしょう。

手作りのメリット

手作りの場合、自分の部屋の雰囲気に馴染む素材を、自由に選んで、収納ボックスに仕立てられるというメリットがあります。DIYの初心者であれば、初心者でも加工しやすい素材を選ぶということもできます。初心者の場合は、設計・材料とも、無理をせずに、初心者に向いたものを選びましょう。腕があがってから、自分の好みの素材、複雑なデザインを試すようにしましょう。

手作りは、自分の自由な発想で、設計や加工がし易いということが、メリットです。たとえ、いびつなできであろうと、自分が満足できれば、それで良いのです。自由な発想で、自分にとって使いやすいものを、考えてみましょう。デザインなどの見た目ばかりに重点をおかず、強度、耐用性を考えることも忘れないように、注意が必要です。

DIY?ちょっとした工夫でルーターを目隠し

本格的なDIYができなくても、ちょっとした工夫で、安価にルーターの目隠しをする方法があります。100均ショップでも売っている「スノコ」で、ルーター周囲を囲みます。ボックスとなるように、釘やボンドでスノコとスノコを接合させます。ルーターの出し入れを行うために、背面は開けておくか、短いスノコを使って半面あけておくなど、工夫してみましょう。

スノコには、もともと隙間がたくさん開いているので、配線コードをこの隙間から外に出したり、まとめて整理するのに利用することもできます。

スノコには隙間があるので、そのまま天板として使うと、ルーターにはホコリがたまりやすくなります。ホコリよけを重視するのであれば、天板はベニヤ板などを使いましょう。

カラーボックスも利用できる

ルーター収納ボックスとして、カラーボックスも利用できます。カラーボックスを利用する場合は、サイズを自在に変えることはできないので、サイズに関しては手作りながら、制限事項となります。ルーターボックスの目隠しという観点であれば、扉付きのカラーボックスを使うか、カラーボックスに布カーテンなどをつけて、目隠しをします。

ルーターのコードを整理するために、カラーボックスの背面に少し穴を開けます。この部分が「手作り加工」ということになります。カラーボックスの背面のベニヤは、少し穴を開けても、大きく強度を下げることにはなりませんが、念のため、一番上の段をルーター用とし、天板の上には、他のものを置かないようにしましょう。

100均の商品でできるルーターの収納方法

100均の商品を使って、ルーター収納ボックスを作る方法は、たくさんあります。たとえば、ここまでにご紹介した「スノコを利用したルーター収納ボックス」です。その他、自宅にあるシューズケース(靴購入時に靴が入っている箱)を加工する方法もあります。

シューズケースを利用する場合、靴の代わりにルーターを収めるわけですが、シューズケースはあくまでも箱なので、ケーブル類を外に出す穴を開ける必要があります。穴を開けたままで、加工終了とするなら、100均グッズも不要です。

しかし、見た目があまりにもみすぼらしい出来栄えになります。穴を開けた部分や、ボックス自体を、100均のクラフトグッズで加工してみましょう。全く違った出来栄えになることでしょう。

モバイルルーターの収納

モバイルルーターとは、簡単に言えば、持ち運び可能なルーターです。モバイルルーターを持っていれば、家の外でも、複数のネットワーク機器を接続させて、インターネット利用ができます。出張の多いサラリーマンの中には、モバイルルーターを持ち歩いている人も多いのですが、このモバイルルーターを保護しながらも、そのまま使えるケースを100均で探してみましょう。

100均大手のショップには、100円という価格にもかかわらず、良質なモバイル機器専用のケースや、専用ではないものの、モバイル機器のケースとして活用できる商品が多くあります。自分のモバイルルーターを持っていくか、サイズを計測して、100均でフィットするケースがあるか、探してみましょう。

モデムルーターの収納

ここまで、ルーターの収納方法についてご紹介してきましたが、そもそも、インターネット接続機器の種類について、どのくらい理解されているでしょうか?ご自宅の「ここにインターネット接続機器があります」という場所をみてみましょう。ボックス状の機器が何台あるでしょうか。

ルーターとは、簡単に言えば、家の中のパソコンなどがネットワークにつながるように設定している機器です。実際にこのネットワークに接続した機器を、世界とつながるインターネットに接続させるのは、モデムという機器です。このモデムと機器が別々の機械で設置されている場合と、同じ機械の中に、モデムの機能とルーターの機能を併せ持っているものがあります。

何台収納する必要があるか

モデムとルーター一体型であれば、収納ボックスも小さな箱ですみます。100均ショップには、おしゃれな木箱が売られていますが、この木箱を複数組み合わせることで、モデムルーターの収納ボックスに仕上げることができます。

モデムとルーターは別機器の場合は、収納ボックスには、それぞれを収納し、配線する必要があります。1台分の大きさのものを2個用意したのでは、配線までまとめて整理することができないので、少なくとも2台一緒に収納できる大きさが必要になります。

モデムとか、ルーターについての、機能をきちんと理解しておく必要はありませんが、ルーター周辺機器をまとめて整理する、という観点で、何台分の収納が必要か、確認しましょう。

ルーターのおしゃれな収納方法

無機質な電子機器として置いておくのではなく、部屋の雰囲気にマッチさせたいという目的で、ルーター収納ボックスを取り入れるのであれば、「隠す」から一歩進んで、インテリアのひとつとして意識してみましょう。

家具として、部屋のインテリアの一部にしようとする収納のほかに、部屋のオブジェクトの中にルーターを収納してしまう方法もあります。既存のオブジェクトに、ルーターを収納するスペースがあれば、そのまま利用できますが、自分でルーター収納用のオブジェクト作って飾るという方法もあります。

家具仕様のルーター収納ボックス

市販のルーター専用収納ボックスは、「ルーターを隠す・ホコリよけ・配線整理」を目的としたものが多いのですが、なかには家具調のものもあります。家具調というよりは、家具の一部をルーター用に空けてある、という説明が妥当でしょう。

こういったルーター収納は、もともとが家具なので、部屋に置いて全く違和感がなく調和します。もちろん、家具としての機能があるので、スペースの無駄にもなりません。家具として、部屋に馴染むので、機械の無機質感、部屋から浮いた感じ、配線がごちゃごちゃした雑然とした様子も改善できます。

ルーターが収納されているとは思えない収納方法

Amazonのダンボールで、ケーキボックスを作り、ルーターを収納するという方法があります。Amazonのダンボールで工作せず、普通のケーキボックスを使っても良いのですが、材質が弱いため、耐久性はほとんどありません。Amazonのダンボールで作れば、耐久性も期待でき、みかんのダンボールよりおしゃれ感があります。

その他、レゴブロックでボックスを作成して、部屋の片隅に置いておくのもおしゃれです。ブロックであれば、ブロックの凸凹を配線に利用することもできます。この場合、レゴブロックだけでなく、レゴの人形も配置しておくことで、「ルーターが収納されている」とは、誰も思わないでしょう。

レゴの人形は、細いコードであれば持つことができるので、ケーブルの整理に使え、機能するインテリアとなります。

おすすめのルーター収納方法

ここでは、ルーター専用収納を使わず、今ある家具やインテリアを利用して、ルーターを収納する方法をご紹介します。ルーターを収納する目的を、「無機質な機器を隠す」「ホコリをよける」「配線を整理する」「部屋になじませる」として、収納方法を考えてみます。

棚への収納

既存の棚へ収納することを考えた場合、単に置いただけでは、「無機質な機器を隠す」「ホコリをよける」「配線を整理する」「部屋になじませる」という目的が、いずれも達成できません。ひと工夫してみましょう。

ひと工夫

・無機質な機器を隠す

ルーターの前に写真立てを置いたり、絵本を飾ることで、おしゃれに隠すことができます。

・ホコリをよける

棚の上の方に置くことで改善されます。できれば、最上段に置きましょう。それでも、まったくホコリが溜まらないわけではないので、掃除は必要です。

・配線を整理する

配線を棚の後方に行います。背面がむき出しでない場合は、背面に穴をあけ、配線できるようにします。背面に穴をあけることができない場合は、棚のかど伝いに線を這わせます。線の色が棚の色から浮いてしまうようであれば、マスキングテープや布で覆って隠すようにします。これで、「部屋になじませる」も達成できます。

電話台への収納

電話台は、配線を考慮した作りになっている場合が多いので、ルーター収納として、そのまま利用できる可能性が高い家具です。電話の配線のために空けられた穴を利用して、配線を整理しましょう。

部屋になじまない機械の無機質感は、棚への収納の場合と同じように、写真立てを置いて隠したり、100均の木製ボックスで目隠しをして、解消しましょう。

電話台に収納してしまえば、ホコリを防ぐことはできますが、まったくホコリがつかないわけではありません。頻繁である必要はありませんが、定期的に掃除はしましょう。

キャビネットへの収納も大丈夫?

キャビネットは金属製の棚・引き出しなどで構成されていて、基本的に外気から遮断されているものを想定しています。キャビネットの場合は、配線するための穴が開いている、または、スペースがあるものでないと、ルーターの収納に適しません。

キャビネットを、ルーターの収納場所として考える場合は、「電源などのケーブル類の配線が可能な作りとなっていること」と「電波が届くこと(Wi-Fiの場合)」が必須条件となります。

日陰・低温・乾燥している場所

気にする人は、あまり多くありませんが、ルーターは精密機器なので、高温多湿の日本においては、置き場所の環境を考慮すべきです。日本の気候を考えたときに、ルーター本体の保管場所に向いている環境は、季節を問わず、日陰で低温、かつ、乾燥をしている場所が望ましいということになります。

直射日光は、ルーターの保管や収納場所として大敵であり、本体内部の回路系統へ悪影響をもたらす可能性があります。このようなリスクを回避する意味で、日陰でルーター本体の保管をすることが最適といえます。

良い場所を選んでも、収納した家具などが、湿度を逃さない作りになっていては、本末転倒となります。通気性の良い収納アイテムを選ぶよう、心がけましょう。

モバイルルータの持ち運び

モバイルルータを持ち歩いている場合は、モバイルルータの収納についても、きちんと考えておきましょう。あまり物音を気にしない人は、モバイルルーターをそのままカバンに放り込んでいる場合もあります。パソコンバッグのように、きちんと機器を整理して入れることができるものであれば、問題ありませんが、書類バッグに放り込むのは感心できません。

先にご紹介した、100均のモバイル機器収納に転用できるアイテムを使ったり、パソコンを扱う家電量販店で売られている、モバイル機器収納グッズを購入して、精密機器であるモバイルルータを、衝撃などから守る収納を心がけます。この際、熱・湿度についても、考慮してください。

ルーターの収納の際は発熱に注意

ルーターは、パソコンのように作業に応じて熱量が変わるものではなく、だいたい平均した熱を発しています。基本的に、発火するほどの高音になることはありませんが、収納環境などによっては、発火の可能性がないとは言えません。

長時間使用では、必ず熱が発生する

これは、ほとんどの電化製品について言えることですが、長時間使用したり、あるいは一度に多くの端末機器類で使用したりした場合には、その分だけ熱が発生します。ルーターの収納についても、この点をよく理解をしたうえで、検討する必要があります。

気をつけなければならないのは、小さなサイズのルーターほど、長時間使用したときに熱が高くなる傾向があります。自宅に据え置くタイプのルーターよりは、モバイルルーターの方が暑くなります。モバイルルーターだけ考えても、大きめのものより、小さめのものの方が発熱する傾向にあります。温度が高くなっていないか、定期的にルーターに触れて、確認するようにしましょう。

耐熱性のある収納アイテムを選択しましょう

ルーター専用の収納アイテムであれば、ルーター本体からの発熱について、考慮されています。しかし、通常の家具を利用したり、100均アイテムを利用する場合は、ルーター専用ではないので、ルーターの熱に対応できるとは限りません。ある程度の耐熱性を備えているか、商品の仕様を確認して、購入しましょう。

ルーターの製品説明書があれば、想定される温度も仕様として記載されています。ルーターとして、想定されている発熱温度と、ルーターを収納しようとしている棚などの、耐熱仕様を確認し、収納場所として決定する必要があります。

収納しようとしている場所(棚など)の耐熱性がない場合は、耐熱シートを敷く・貼るというひと工夫により、収納することもできます。

DIYで使うルーターの熱に耐用できる素材

自作で収納アイテムを作る際に、ルーターの熱に耐えられる素材をご紹介します。熱可塑性プラスチックと熱硬化性プラスチックというものがあります。

熱硬化性プラスチックの場合、ユリア樹脂・フェノール樹脂・メラミン樹脂・シリコン樹脂・エポキシ樹の5種類の樹脂類からなり、最高で270℃までの耐熱度。熱可塑性プラスチックの場合、スーパーエンプラが380℃まで、エンプラが150℃まで、という各耐熱度になっています。

何れのプラスチック類も耐熱面に優れていますが、100均ショップでは手に入らないので、ホームセンターなどで購入します。本格的にDIYで収納を作りたい、高温度が心配、という人にはおすすめです。

安くて耐熱効果に優れた素材

熱可塑性プラスチック・熱硬化プラスチックのいずれも、100均ショップではほぼ売られていないプラスチック素材です。ルーターは、日常的に高温になってしまう機器、というわけでもないので、一般的な棚や箱に収納し、耐熱のひと工夫する方が、安価に収納ができます。

密閉されていない場所であれば、特別な耐熱対策を行わなくても、ほぼ問題はありませんが、熱を発したときに発火しないか、心配で仕方がないという人は、耐火・耐熱シートやプレートを敷いておくと良いでしょう。

耐火・耐熱シートや、プレートで覆ってしまうと、通気性に欠ける収納となってしまうので、おすすめできません。下の設置部分が発熱しないルーターであれば、耐火・耐熱シートやプレートを敷く必要もありません。

耐火シート

仏壇やストーブの下、バーベキューなどで使う耐火シートなどを、ルーターの下に敷いておくのも良いでしょう。万が一、ルーターが高温に達して発火しても、延焼を防ぐことができます。延焼を防ぐと言っても、敷いてあるところへの延焼が防げるだけなので、ルーター周辺に燃えやすいものが置いてあれば、延焼は免れません。

耐熱プレート

耐熱プレートは、キッチングッズとして売られています。通常の用途は、鍋敷きとして使われることが多いものです。熱を遮るので、万が一ルーターが高温に達しても、木製品にルーターの熱が直接伝わらないので、木が発火するリスクは低くなります。

キッチングッズなので、シンプルなデザインもおしゃれなデザインも用意されており、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

ルーター収納のポイント

ルーター収納は、専用の収納ボックス・家具も、多種販売されており、自分の目的や好みにあったものを選ぶことができます。それでも、自分の好みにぴったり合う製品が見つからない場合は、単純な構造のものであれば、自分で簡単に作ることもできます。

市販品の購入を検討するのであれば、おすすめできる製品とその選定ポイントをご紹介しました。選定ポイントは、本来は、「自分がこんなものが欲しい」という要求を明確にしたものです。ルーターを収納することを検討し始めるなら、なぜ、ルーターを収納したいのかを明確にしてみましょう。

ホコリが気になる、というのなら、防塵を一番の目的として、ルーター収納アイテムを選定しましょう。部屋から浮いているというのなら、インテリア性に重点を置いて選定しましょう。

Related