Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

生牡蠣の美味しい食べ方・マナー|殻付き/洗う/レンジ

殻付き生牡蠣は、自宅で気軽に生でも楽しめます。また、むき身のパックになった生牡蠣も生食ようなら、生でおいしいでしょう。ここでは、生牡蠣の食べ方、おすすめのレシピなどをご紹介します。自宅での酒の肴にもぴったりでおすすめです。

生牡蠣の美味しい食べ方・マナー|殻付き/洗う/レンジ

殻付き生牡蠣の美味しい食べ方とは?

最近、一気に種類の増えた牡蠣は、やっぱり生で食べる方が好きという人も多いでしょう。海のミルクとも呼ばれる、栄養も満点なのが牡蠣です。通販などで新鮮な生牡蠣を手に入れるのも、比較的簡単になりました。スーパーでも、生牡蠣が手に入ります。オイスターバーなどで牡蠣を楽しむのもいいですが、自宅でもゆっくりとおいしく、また安全に牡蠣を食べてみましょう。

まずは、殻付きの牡蠣を自宅でも生で楽しむ食べ方をご紹介します。

生食用の殻付き牡蠣を自宅で楽しむ贅沢!

お取り寄せやスーパーマーケットなどで手に入れられる殻付き牡蠣は、自宅で楽しむと見栄えもよく、ちょっとゴージャスな食べ方になるでしょう。殻付き生牡蠣でも、生で食べるときには「生食用」と書いてあることを確認しましょう。

まずは、牡蠣の殻を洗います。その際には、軍手やタオルなどをうまく活用しましょう。牡蠣の殻の表面には、鋭い刃物のような殻になっている部分もあります。

たわしやブラシなどを使って、表面をさっと洗い流しましょう。

手ごわい殻はどう開く?

蒸したりすれば、すぐに口を開ける牡蠣の殻ですが、生の食べ方にこだわり、一切加熱したくないなら、自分で牡蠣の殻を開けなければなりません。ケガをしないように十分注意しながら、牡蠣をあけましょう。

牡蠣の平らな方を上に向けて、キッチンバサミなどで殻の端を少し砕きます。牡蠣の平らな方を上にしていれば、牡蠣の身は下側にあります。砕いてできた割れ目から、小さめのナイフを入れて、上の殻の内側にある貝柱を切断しましょう。ナイフをそのままにして、上の殻の内側から押し上げると殻が開きます。

上の殻を外すと、オイスターバーで出てくる殻付き生牡蠣のようになります。そして、忘れずにしたの殻にもナイフを入れて、貝柱を切断しておかないとするっと牡蠣の身を外せないでしょう

レンジを使って殻をあけるのもアリ!

牡蠣の殻の処理が面倒だったり、ケガが怖かったりするなら、生で食べるときでも電子レンジの力を借りて殻をあけるのもいいでしょう。手軽な食べ方が一番です。

耐熱皿などに牡蠣の平らな方を上にして並べ、軽くふんわりとラップをします。平らな方を上にしておくのは、牡蠣をあける作業をしやすくするためもありますが、蒸した時に牡蠣から出てくるうまみスープをしっかり受け止めるためもあります。スープを少しでも逃さないのが、牡蠣の正しい食べ方でしょう。

目安としては、5個で600W3分ほどです。牡蠣があかない場合には、様子を見ながら30秒ずつ追加していきましょう。生で味わいたい牡蠣は、一気に加熱しない、加熱しすぎないように気をつけましょう。

レンジから出した後には、少し冷めるのを待ちます。それから、ケガ防止の軍手などをはめて、小さめのナイフやバターナイフなどであけましょう。

まずはそのまま食べてみては?

自宅で自分であけた生の牡蠣は、殻に口をつけてつるっと食べる食べ方はあまりおすすめできません。殻でケガをしてしまうこともあるからです。面倒でも、ひとつひとつの牡蠣の殻の状態を確認して、安全なようなら口をつけてもいいでしょう。

食べ方としては、まずはひとつの身をそのまま食べてみましょう。海水の塩でほのかに味がついています。

その後の牡蠣は、定番の食べ方でレモンをしぼったり、ポン酢で食べるのもいいでしょう。ちょっと洋風に食べたければ、いくつかの牡蠣をさらに並べ、オリーブオイルとクレイジーソルトをかける食べ方もおすすめです。また、他の食べ方も、あとからご紹介します。

通販でも買えるおすすめの殻付き牡蠣!

牡蠣の種類が知らないうちに増えていて、驚く人も多いのではないでしょうか?牡蠣は、基本的には真牡蠣(マガキ)と岩牡蠣(イワガキ)の2種類に分けられます。そして、牡蠣の旬といわれるのは、牡蠣の産卵期です。産卵期の牡蠣は、栄養を蓄えてクリーミー、濃厚になります。

真牡蠣の旬は、秋から冬、11月~4月でしょう。そして、岩牡蠣が春から夏の7月~9月に旬を迎えます。種類の違う牡蠣を楽しめは、ほぼ1年中おいしい牡蠣を楽しめる食べ方です。

たくさんの牡蠣から、今の時期においしい真牡蠣の中から、殻付きで生食OKのおすすめ牡蠣を、産地にこだわっていくつかご紹介します。

北海道・活牡蠣(カキ)(殻付き 生食)牡蠣・厚岸西岸 仙鳳趾【牡蛎】 特大サイズ10個

北海道仙鳳趾は、(せんぽうし)と読む北海道の地名です。牡蠣で有名な厚岸(あっけし)や釧路に近いところに位置する街です。仙鳳趾の牡蠣は、その大きさと味の濃厚さが特徴です。あまり出回っていない牡蠣なので、評判の牡蠣の食べ方は生でいきましょう。

敬老の日のギフト、季節の変わり目なので栄養たっぷりの牡蠣は
どうかな、と思ってチェックしたら滅多に出品されない特大サイズ!
速攻で購入しました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RJ814YYQAOB1... |

三陸ブランド牡蠣! 岩手三陸大船渡産 殻付生かき 【赤崎オイスター】Lサイズ 10個

身入りがとてもよく太平洋でうまみをたっぷり蓄えた牡蠣として、人気が出ているのが大崎産です。牡蠣らしいうまみはさっぱりとしていて、おすすめです。生食でも、オリーブオイルやごま油などと合わせる食べ方も合います。

室津牡蠣 殻付き牡蠣2kg 漁師直送!朝取れ牡蠣 【幸永丸水産】 かき カキ 牡蠣

まるまるとした牡蠣の身が特徴の室津産も、最近は人気の種類です。大きな牡蠣は蒸す食べ方もいいでしょう。海水からの塩気も程よいので、殻つきのまま焼くのもおすすめです。生で食べるなら、タバスコとレモンのW使いもおすすめの食べ方です。

購入日の翌日に発送で、その次の日に到着しました。

発泡スチロールの箱に牡蠣が25個ぐらい入っていました。サイズはばらつきがありましたが、やや大きめの牡蠣だと思います。
中身に関してはスーパーで販売されているものより大きめ。

一部を殻をむいて炊き込みご飯に。残りは蒸し焼きにしました。非常に美味しい牡蠣でした。

牡蠣のシーズンも終わりに近いので小ぶりの牡蠣が来るのではないかと心配していましたが、問題なかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2KTY86K9NO6... |

スーパーのむき身生牡蠣の食べ方は?

スーパーでは、生食用の牡蠣として殻から牡蠣の身を外しむき身にし、減菌処理・殺菌洗浄したものがパックで売っていることもあります。もっとも手に入りやすい、生食の牡蠣でしょう。

加熱用の牡蠣に比べて、身が小さかったり、水に入っているので水っぽくなっていることもあります。しかし、生での食べ方でも安全なように加工してあるので、生での食べ方も大丈夫です。加熱用として売られている牡蠣は、生での食べ方はやめましょう。

洗浄されているけど自宅でも洗う!

パックされたむき身の生牡蠣は、基本的にはそのまま食べても問題はありません。しかし、よごれやヌメリが気になることもあるでしょう。より安全に臭いなくおいしく食べるためには、自宅では生牡蠣を水洗いする食べ方がおすすめです。

パックの牡蠣をザルにあけて、適当に塩をまぶします。気持ち多めの塩でも、洗ってから流すので問題ないでしょう。

やわらかい生牡蠣の身をつぶさないように、塩が全体にいきわたるようにもみ洗いをします。塩でヌメリも落とせます。

最後は、流水で塩を洗い流しましょう。暑い季節には、たっぷりの氷を入れた水で、牡蠣をしめるのもおすすめです。それだけで食感も変わります。そのまま食べても、何かをかけて食べてもおいしいでしょう。牡蠣にかけるとおいしいシーズニングは、後ほどご紹介します。

気になるならレンジで蒸してしまおう!

生牡蠣は新鮮でなければ、生食用と書いてあっても、生食は危険な食べ方です。賞味期限内でも、なんとなく不安に思うなら、生食用の生牡蠣でも蒸してしまう食べ方がおすすめです。

塩でもみ洗いして流した牡蠣300gほどを耐熱容器に入れて、ふんわりとラップをかけて600Wで4分ほどチンします。途中、はじけてしまう生牡蠣もあるので、ラップは忘れないようにしましょう。

牡蠣は焼くのもおすすめ!

牡蠣は世界中で楽しまれる食材で、和風の調味料以外にもよく合います。生食用でも生牡蠣は焼くと、うまみがギュッと凝縮されておいしいです。フライパンやホットプレートでさっと焼くときには、オリーブオイルやバターとの相性もいいでしょう。加熱用の牡蠣のように、しっかりと過熱しないほうがおいしい食べ方といえます。

味付けには、オイスターソースや豆板醤なども様々な調味料と合わせてもおいしくいただけます。チーズとの相性もいいでしょう。

生食用はどんな食べ方もOK!

加熱用の牡蠣は生では食べられませんが、生食用ならどんな調理でも食べ方は自由です。食の安全のためにも、生食用の生牡蠣だけ生の食べ方がOKなのを忘れないようにしましょう。また、加熱用の牡蠣にはしっかり火を通すのも意識しましょう。生食用の生牡蠣は、生食が一番おいしいのも事実です。火の通しすぎには注意しましょう。

牡蠣から起こる食あたりには、腸炎ビブリオ菌の可能性が高いといわれています。熱に弱い菌なので、加熱すれば避けられるでしょう、また、一般的に牡蠣がおいしいといわれる寒い季節には、ノロウイルスの発生も多いでしょう。ノロウイルスも熱に弱いので、85℃以上で1分以上の加熱が必須です。

生牡蠣の食べ方のマナー

レストランなどで殻付きの生牡蠣が出てくることがあります。オイスターバーであれば、カジュアルにいつもの食べ方をすればいいですが、フォークとナイフのコース料理では戸惑うこともあるでしょう。

コース料理などの生牡蠣の食べ方は、2ステップで簡単です。

まずは片手で牡蠣の殻をおさえて、フォークで牡蠣の貝柱を切り離しましょう。フォークの先をうまく使い、引っ掛けて貝柱を切るイメージです。フォークで引っ掛けて切れなければ、ナイフを使いましょう。

それから添えてあるレモンを絞ります。周りにレモンの果汁が飛び散らないように、手で覆ってかけるといいでしょう。

ひとくちで食べるのが正しいマナーの食べ方

牡蠣は、フォークですくって一口で食べるのが基本です。殻に残ったスープは、カジュアルなレストランなら、殻を手に持って口をつけて味わってもいいでしょう。音には気をつけて、吸うのではなく、流し込むようなイメージでいただきます。高級なレストランであれば、スープは小さめのスプーンがあれば、すくって味わうか、パンがあればパンにスープを含ませましょう。

また、生牡蠣が複数個ある場合には、一度にすべての生牡蠣にレモンをかけるのは正しいマナーではありません。面倒でも、食べるたびに生牡蠣にレモンを絞りかけるのが正しい食べ方です。

生牡蠣の食べ方でおすすめのシーズニング

生牡蠣に欠かせないのは、シーズニング、つまりソースなどの牡蠣にかけるもののことです。

定番はフレッシュレモンを絞り入れる!

まず思いつく生牡蠣の食べ方は、レモンでしょう。ほとんどの場合に、生牡蠣にはレモンが添えてあります。酸味は、生牡蠣のえぐみを消してくれるので、欠かせない味と言えます。

和風であれば、お酢を使うと酸味で牡蠣のえぐみを消すことができます。酢だけでなく、甘酢も意外と相性がいいでしょう。また、手軽に楽しめるものには、ポン酢もあります。

♡牡蠣酢(レモン風味)♡

ただレモンを絞るだけでは物足りないなら、レモン、酢、醤油で合わせ酢をつくりましょう。レモンだけよりも、若干味が濃い目になるので、酒の肴にもおすすめです。

タバスコは生牡蠣のためのソース?

海外では、レモンとともに生牡蠣の定番のシーズニングとしてタバスコが出されます。タバスコは酸味もあり、辛みがまた生牡蠣の甘さを引き立てます。

もともとタバスコが誕生したのは、アメリカのルイジアナです。ルイジアナでは生牡蠣が人気で、発売当初のタバスコの広告で生牡蠣と一緒にポスターにされたことで、牡蠣とタバスコの組み合わる食べ方が一気に広がっていったといわれています。

タバスコとレモン、またはワインビネガーなど、タバスコにさらに酸味を足して食べるのもメジャーな食べ方です。

他に生牡蠣に合うシーズニングは?

生牡蠣を提供するレストランや居酒屋などでみられるシーズニングには、さまざまなものがあります。

海外でも人気なのは、ワインビネガーです。生牡蠣ときりっと冷やした白ワインを一緒に楽しむなら、ワインビネガーをかける食べ方もぜひ試してみてください。

タバスコを生牡蠣に使うように、辛みも海のミルクである牡蠣との相性がいいです。それを和食に置き換えると、おすすめはポン酢にもみじおろしを少し入れるのがいいでしょう。もみじおろしとは、大根おろしに一味唐辛子を混ぜるだけです。

また、うまみだけでなく意外と酸味もあるとろろ昆布も、牡蠣に合います。ごま油と塩の組み合わせは、ごま油の香りと風味が牡蠣のえぐみを抑えてくれます。

他にも牡蠣にあう手作りソースがある?

生牡蠣に合わるソースは、酸味がポイントです。いくつかの調味料を合わせて、自宅で生牡蠣のいつもと違う食べ方のカクテルソースをつくってみましょう。

最速の生牡蠣(カクテルソース)

ケチャップの酸味を活かした生牡蠣のカクテルソースは、ウスターソースを合わせるのが定番です。しかし、牡蠣=オイスターだからこそ、オイスターソースも合います。酸味にコクをプラスしたカクテルソースを試してみてください。

簡単に料亭の味☆牡蠣の酢醤油和え

白だしを使った合わせ酢は、上品な生牡蠣の食べ方です。白だしを常備している人は、ぜひ試してみて下さい。お好みで、すだちやゆずで風味をつけるのもいいでしょう。

ソースで生牡蠣をあえてしまう

人数が多い時には、殻付きの生牡蠣だけでテーブルがいっぱいになってしまうこともあります。そんな時には、あえて殻から外してソースであえてからテーブルに出すのもいいでしょう。ここでは、人数多めでも出しやすい、パーティーなどに向く先にあえるレシピをご紹介します。

生牡蠣のジェノベーゼみぞれ風

ジェノベーゼであえた生牡蠣は、白ワインやスパークリングワインとの相性が抜群です。大根おろしでちょっと和風でボリュームアップもできるレシピです。

簡単おもてなし♬お洒落な生牡蠣のカクテル

女子会向きのアボカドを使ったレシピは、タバスコの辛みとケチャップのさわやかな酸味がやみつきになります。キッチンペーパーなどでしっかりと生牡蠣の水分を取るのが、おいしく作れるコツです。

殻付き牡蠣を楽しむ食べ方は生食だけじゃない!

殻付きの生牡蠣は見た目がゴージャスなので、そのままさっと火を通して殻を器がわりにするのもいいでしょう。グラタンも簡単にできるし、他の味でも楽しめます。殻をいかした食べ方のレシピもいくつかご紹介します。

簡単☆殻付き牡蠣グラタン

電子レンジでグラタンのホワイトソースを作る、簡単レシピです。魚グリルを使うと、こんがりチーズに仕上げられます。焼いたことで牡蠣から濃厚スープが出るので、こぼさないように気をつけましょう。

殻つき牡蠣のタルタルソース焼き◆

タルタルソースと牡蠣の意外なマッチングは、子供でも食べやすいでしょう。電子レンジで蒸して、トースターで焦げ目をつけるので、それほど時間をかけなくてもできる、おいしい一品です。白ワインなどのお酒のおともにもおすすめです。

殻付き牡蠣で簡単!味噌マヨでパン粉焼き

こちらも、電子レンジとトースターを活用した簡単レシピです。みそでしっかりした味にするので、おかずにもなるし、日本酒などとの相性もバツグンです。マヨネーズを使っているので、ボリュームもあります。いつものポン酢にあきたら、ぜひ挑戦してみてください。

こんな本もある!牡蠣の本:おいしい牡蠣の本

意外に、牡蠣が好きな人は多いのでしょう。牡蠣だけを扱った本があります。Kindle版で楽しめる気軽な本ですが、内容は、充実しています。

牡蠣の基本の構造からはじまり、種類や産地別牡蠣の紹介、生態や牡蠣の一生まで知ることができます。また、牡蠣の生食で一番気になる、ノロウイルスをはじめ、各種菌を徹底解説も知りたい情報でしょう。

生牡蠣を楽しむための8種類のソースや、生にこだわらない牡蠣料理の漁師レシピ、美味しい牡蠣料理が食べられるお店や有名店シェフの家庭での牡蠣レシピと、外でも自宅でも牡蠣を楽しむための情報も満載です。

牡蠣マニアなら、欲しくなってしまう一冊でしょう。

ここに書かれている事は知っておきたい。牡蠣好き必須情報満載。
これを読めばあなたも今日から真の牡蠣好き。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3GGDT2I4XD5... |

自宅でもおいしい食べ方の生牡蠣でテンションがあげましょう!

生牡蠣は、安全においしい食べ方で自宅でも楽しめます。特に、生牡蠣は酒の肴としても人気です。殻付き牡蠣の食べ方、パックされたむき身の牡蠣の食べ方を押さえておくと、気軽に牡蠣を食べられます。

また、いつものレモンやポン酢での生牡蠣の食べ方を別なソースに変えたり、ちょっとした手間で、ぐっとおいしくできます。殻付きのまま味をつけてチーズで焼くのもおすすめの生牡蠣の食べ方です。

ご紹介した牡蠣の食べ方やレシピを参考に、自宅のメニューに栄養豊富な海のミルク、牡蠣を取り入れましょう。

Related