Search

検索したいワードを入力してください

PS4におすすめのテレビ・FF14ができるもの|安い/小型

初回公開日:2017年12月13日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

テレビは今現在様々な種類のものがありますが、その中でPS4向けのテレビを購入する際に、どういったものを選べばいいのか、よく分からないという方もいるのではないでしょうか。ここでは、そんなPS4向けテレビの選び方や、おすすめのテレビを紹介します。

PS4におすすめのテレビ・FF14ができるもの|安い/小型

PS4におすすめのテレビ

PS4をプレーする場合、元々ある家のテレビにつなげることで遊ぶことができますが、テレビの中でもPS4に適しているものとそうでないものがあります。

ここではPS4を快適にプレーできるようなPS4向けのテレビの選び方についてや、おすすめのテレビやモニターについて紹介していきます。

PS4に向いているテレビの選び方のポイントとは?

PS4に向いているテレビの選び方のポイントとしては、主に入力速度・4Kに対応しているかどうか・プレーしやすいような大きさなどが挙げられます。

これらポイントを踏まえつつ後は価格や拡張性、細かな機能などを考慮して選んでいくと良いでしょう。

入力速度の速さ

PS4でFPSやシューティングゲームや格闘ゲームなど、フレーム単位での判断が重要になってくるような競技性の高いゲームでは、コマンドを入力してからなるべく速くそれが画面上に反映されるようなものを選ぶ必要性があります。

逆にここで入力してからコマンド操作が行われるまで遅延があったりするとゲーム上では相当不利になってくるので、競技性の高いゲームで勝ちたい場合はコマンド入力における応答速度の速さには徹底的にこだわっていきたいところです。

4Kに対応しているかどうか

PS4に適したテレビを選ぶ際には4Kに対応しているかどうかという点も抑えておきたいところです。4Kとは画面の横の解像度が約4000ドットあるという事で、これは従来のフルHD(横1920ドット)の約2倍に匹敵するという超高解像度です。

4Kの画面でゲームをするメリットは、映像がクリアでグラフィックの綺麗なタイトルならば余すことなく臨場感を体感できますし、動作が滑らかになって見やすくなる事から競技性の高いゲームにおいては入力速度の速さと同じく有利に戦えるようになるでしょう。

したがって、FPSなどのジャンルのゲームで結果を出していきたいのであれば、4kに対応しているという要素も外せません。

モニターの大きさについて

PS4で使うテレビのモニターのおすすめの大きさに関しては、快適にプレーしやすいような自分好みのものを選んでいくのが良いでしょう。自身にとって最適なサイズがいまいちはっきりと分からないという場合は、競技性のあるゲームであれば適しているとされる24インチ前後のものを選ぶとよいでしょう。

またそれ以外のRPGなどのジャンルのゲームであれば、迫力や臨場感を感じれるような、なるべく大きなサイズのものを選ぶのがおすすめです。

ゲーム・PS4におすすめの安いテレビは?

以下はなるべく値段は安く抑えながらも、画質や応答速度などの機能はそれなりのものが欲しいという方向けのPS4向けおすすめテレビになります。

maxzen J32SK03

価格が約23800円というようにとにかく安く、そして画質などの機能もそれなりで口コミでも評判の良い、PS4で使えるコストパフォーマンス最強クラスのおすすめテレビです。ゲーム以外でもUSBメモリ(別売り)を接続すれば番組録画できますし、連続ドラマを最終回まで追跡録画する「連ドラ予約」 機能がついていたりと録画機能も充実しています。

またMI入力端子は2系統(1080/60p、1080/24p)ある他、AV入力端子、USB端子、LAN端子、光デジタル音声出力端子というように多くの種類の接続に対応しています。安さで選ぶならまずこの製品がおすすめです。

24,000円弱で(2017/12/4現在)こんなにスペックの高いテレビがくるなんて驚きです。
コストパフォーマンスが高く大満足です♪

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R26QXHGGL7PL... |

大きさ別PS4におすすめのテレビ

大きさ別のPS4向けおすすめのテレビです。以下はすべて入力遅延を最小限に抑えられた、ゲームモード搭載のものになります。部屋の広さなどに応じて最適なものを選んでいくとよいでしょう。

小型でおすすめ!(東芝 REGZA 19S11)

設置する部屋が小さい場合や、省スペースを求める場合におすすめのPS4向きテレビになります。ゲームモード搭載でPS4でゲームをする場合にもおすすめな小型の液晶テレビです。

画素数は1366×768とそれなりですが、FPSやレーシングといったゲームにも十分使えます。また、同じサイズのものに比べて画面の外側の縁の黒い部分が薄いので、その分モニターが見やすくゲームに集中することができるのもおすすめできるポイントです。

6畳一間にはちょうどいいようです。後々は外付けハードデスクをつける予定のようです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2XJEVRU6ZOD... |

24などミドルサイズでおすすめ!(東芝 REGZA 24S11)

こちらは上記東芝REGZAの24インチバージョンのPS4向けおすすめ製品になります。これもゲームモード搭載により遅延を0.2フレーム(0.0025秒)まで短縮されており、競技性のあるゲームでも有利にプレーすることができるという点でおすすめです。

ちなみにFPSやレーシングゲーム、格闘ゲームといったジャンルのゲームをプレーする際は、
サイズ的にはこれくらいのが見やすくちょうどよいという意見も多数あるので、e-sportsなどで扱われているゲームで結果を出したいというような場合に最適です。

とにかく他の機種(24Vクラスの)よりも映像の表現がいい、きれいです。
ドットのばらつきも少なく、近くで見ても気にならない。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RZ8B6WLSIYV3... |

大画面 ソニー SONY 40V型 ブラビア KJ-40W730C

大画面高画質フルハイビジョンのPS4向けおすすめテレビです。ゲームモードを備えており、入力による遅延を0.1フレーム(0.0016秒)まで短縮しています。このことから競技性のあるゲーム向きですが、画面が大きすぎると感じる方は32型もあるのでそちらを選ぶとよいでしょう。

もちろん大画面でフルハイビジョンあることから映像は臨場感に溢れ、多様なジャンルのゲームでもエキサイティングできる他、テレビ番組やDVDや動画などの映像も質の高いものになるのでマルチに利用することができるでしょう。

画質が良く、どの方向からみてもきれいな画面で見ることができます。
ネットテレビはもちろん、メディアプレイヤー内蔵で写真やwmv動画などにも対応しています。
さらに、ミラーリング機能も内蔵されているので、スマホやタブレットの写真や動画を大画面で即見ることができます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RIJVVZWCF8JS... |

4K対応!機能性重視のPS4向けおすすめテレビ

こちらは値段は張るものの、4K対応で機能性重視のPS4向けおすすめテレビになります。

TOSHIBA REGZA M500X シリーズ

4K大画面テレビに「ゲームモード」が搭載され、遅延速度を限りなく抑えた製品になります。HDRにも対応しており、明るいところはより明るく、暗いところであっても良く見ることができます。

PS4PROの出力として選べば、FPSゲーム・レーシングゲーム・アクションゲームなどでなお一層操作がしやすくなり、こうしたゲームで有利にプレーしたい方におすすめです。また映像の質の高さはもちろん、レグザダイレクトオーディオシステムによるクリアな高音質で、オープンワールド型RPGなど多ジャンルのゲームにおいても楽しめます。

ちなみに、これの後継機にあたるM510Xはゲームのプレイとはあまり関係のない機能が追加されているだけで、その他の機能はこのM500Xシリーズとほとんど変わってません。

PS4用に購入しました。画質はVAパネルということもあり、コントラストがきっちり出ていて、色の濃淡も薄すぎず濃すぎず良いバランスです。
PS4PROでなくても相当画質はきれいですね。売りの低遅延も素晴らしく、反応速度が必要とされるレースゲームやアクションゲームはものすごくプレイしやすくなりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2PFEHBXW9RP... |

FF14をPS4でできるおすすめのテレビ

FF14でもグラフィックは極力綺麗なほうがいいという場合や、FF14以外にもFPSなどのゲームをするというのであれば、上記の4K対応の高性能大画面テレビなどを購入すると良いですが、FF14だけのプレーを考えた場合は流石にオーバースペックになります。

FF14はジャンルとしてはMMORPGになるので、画質や応答速度などの性能はそれなりで、かつなるべく安価であるようなものがおすすめです。

オリオン 32V型 液晶テレビ ブルーライトガード搭載 NHC-321B

3万円台前後で購入できる32インチ型のテレビです。ブルーライトガード機能搭載で、ブルーライト眼鏡をかけなくても目に優しく、就寝前にゲームをしたとしても睡眠の質を損ないたくないという方におすすめです。

しかも二重抄紙技術を採用した和紙素材のスピーカー搭載で、セリフやボーカルが聞き取りやすいクリアな音質が実現されています。

また必要に応じて余分な電気代をカットできる省エネモードも搭載されており、音量を大きく出せない場所や深夜でも便利に活用できる字幕表示機能も搭載されています。スリムベゼル採用でモニターの縁が薄く、画面が見やすくなるうえにそのような作りからデザイン性においても口コミでは好評です。

画素数は1366 x 768とフルHDよりも少し劣る程度で、FPSやレーシングゲームなどで使っても大して入力遅延も感じられないので、こうしたジャンルのゲームでもそれなりに楽しむことができるでしょう。

大変満足のいく商品で写りもよく値段も他のにくらべて良かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2KFUMO3I14M... |

選ぶ際は自分の要望に合わせて購入を!

今回はPS4でおすすめのテレビについて選び方も含めて紹介しました。PS4向けのテレビを求める場合は、遅延問題が気になるという方も多いと思われるので、そういう場合はとにかくゲーミングモードを搭載している東芝のREGZAかソニーのBRAVIAを選んでおけば間違いありません。

その他4Kに対応しているのかどうかや、サイズはどれくらいが良いのかなど、あくまで自分自身がどのようなものを求めているかに焦点を当てて選ぶようにしていきたいところです。

PS4の他にもPCでゲームを行う場合で、応答速度などの機能にこだわる場合は、専用のゲーミングモニターを購入するのもおすすめです。

Related