Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月27日

引越しでの断捨離のコツ・梱包・掃除・荷造りのコツ|自力

引越しは断捨離や普段できない部分の掃除をする良いきっかけになります。断捨離や掃除のコツ、梱包のコツ、見積もりのコツなどを押さえておけば引越しまでスムーズに事が運べます。今回は引っ越しにまつわるさまざまなコツをご紹介していきます。

引越しでの断捨離のコツ・梱包・掃除・荷造りのコツ|自力

引越しのタイミングでできること

「引越し」と聞くと大変そうなイメージを持たれている方が多いでしょう。確かに、今まで住んでいたところから別の場所へ移り住むわけなので、多かれ少なかれ何かしらの準備が必要です。しかし、その準備をしていたら、引越し先で心機一転、スムーズに新しい生活をスタートすることができます。

引越し準備のコツや、断捨離や掃除のコツ、見積もりのとり方のコツなどをご紹介していきます。

引越しでの断捨離のコツ

引越しは、今まで溜めていた不用品を一掃する良い機会です。買って数年経つけれども数回しか使ってない物や服、いつか使うかなと押し入れに片づけているものなど、引越しを機に思い切って断捨離しましょう。引越しは断捨離をするちょうど良いきっかけになります。

「断捨離するぞ」と意気込んで押し入れやクローゼットを開けるのは良いのですが、アルバムや本などの懐かしい思い出系のものに気を取られてしまい、気付けば何もせずに時間が経つ、ということもよくあります。

では、どうすればスムーズに断捨離が行えるのでしょうか。

断捨離で思い出に気を取られないコツ

断捨離はまず、あまり思い入れの無い部類のものから始めるのがコツです。人それぞれ思い入れのあるものは違うでしょうが、冷蔵庫や食品庫から始めると「懐かしさ」を理由に手が止まる人は少ないでしょう。これが思い出に気をとられないためのコツです。

冷蔵庫や食品庫で賞味期限が切れてしまったもの、食味期限が近いものを整理しながら、引越しまでの日程で何をいつごろ消費するか、という計画も立てることができます。引越しが近づくと調理器具も片づけてしまうので、調理器具を片づけたあとで「もったいなけど捨ててしまおう」ということが減ります。

食品系で勢いがついたら、洗面所やキッチンなどの水周りで不要なものを捨て、捨てることのコツをつかんできたら、洋服の仕分けをしましょう。洋服の仕分けまでができれば断捨離のコツをつかめているので、思い出系が出てきても思い出に引っかかって時間だけが経つということは少なくなります。

気を付けないといけないのが、引越しまでのごみの日です。引越しまでのごみの日をチェックし、いつまでに何を捨てないといけないのかをきちんと把握しておきましょう。二週に一度や一カ月に一度のごみの日もあるので、前もってしっかりごみ出し計画を立てておいてください。

引越しでの梱包のコツ

引越しで一番大変なのが梱包です。自分で梱包する場合、何をどこに入れたかわからなくなったり、引越しをする前にまだ使うものを梱包してしまったりすることも多いでしょう。梱包のコツは、梱包する順番をきちんと決めておくことです。

もう一つのコツはすべての場所でそれぞれ一軍と二軍に分類することです。一軍は生活する上で欠かせないもの、二軍は引越しの日まで使わない物です。二軍だと思うものはどんどん梱包していきます。そして、それぞれの場所の箱で一箱は封をせずに置いておきます。二軍の中でも「もしかしたら使うかな」と思うものはとりあえず封をしない箱の中へ入れます。

引越しまでの期間に無くても困らないけれど、量の多いものから始めるのがコツです。本やCD、DVDといった趣味のものがおすすめです。そして、物が多いキッチン周りも梱包していきます。キッチンの次は水回りです。

小さなお子さんがいらっしゃる家庭であれば、ごちゃごちゃした子どものおもちゃをまず最初に片付けたくなるでしょうが、おもちゃは一番最後です。引越し前夜でもよいくらいです。

箱詰め方法

箱詰めのコツですが、必ず細かくに何が入っているかを明記することです。「キッチン、小物」では何が入っているのか分かりません。「包丁、箸、ハサミ、まな板」など入っているものは細かく書くことがコツです。特にキッチンは箱の数も多くなります。細かく書いておけば、引越し先で開封するのにとてもラクです。

引越しでの掃除のコツ

引越しは普段できない部分を掃除するチャンスです。一番のおすすめは冷蔵庫の掃除です。冷蔵庫は引越し前日には電源を抜かないといけないので、冷蔵庫の中身がなくなったら中をしっかり洗いましょう。

冷蔵庫

冷蔵庫の中を洗うだけならいつでもできるのですが、実は電源を抜いているタイミングでしかできないことがあります。引越しでの冷蔵庫掃除のコツは冷蔵庫の臭いの掃除です。冷蔵庫の中は意外と臭いがあります。冷蔵庫の中を洗ったら、ドアを閉じずに開けっ放しにしておくことがコツです。そうすると中にたまっていた臭いが翌日には薄くなっています。

雑巾の準備

引越し当日には雑巾を準備しておくこともコツです。大きなものは動かさないと拭くことができない部分もあります。引越し業者さんが動かしてくれるタイミングをみはからって邪魔にならない程度に掃除しましょう。

冷蔵庫の裏の部分は結構ほこりが溜まっています。親切な引越し業者さんだと雑巾を用意しておけばササっと拭いてくれる場合もあります。そんな方に当たればラッキーですが、そうでない場合は動かしてもらったタイミングで一言声をかけて拭かせてもらいましょう。

引越しの荷造りのコツ

引越し先が遠方の場合は荷出しから荷入れまでが、数日かかる場合もあります。そんなときは引越しの荷物とは別に、荷造りをしなければなりません。

荷造りのコツは荷物を二つに分けておくことです。かばんは一つで構いませんが、荷物の中身は分けておいた方がバタバタしません。

ひとつは貴重品や書類一式です。引越しは引越し当日に現金で支払いをすることも多いです。また、引越しの荷物に貴重品を入れることはできません。お財布、通帳、印鑑、パスポート、宝飾品など、絶対になくしてはいけないものをまとめておきます。また、引越しに関する書類も手荷物で持って行きましょう。

もうひとつは生活用品です。ホテルに宿泊する場合、その間の荷物が必要になります。

この二つを一つにまとめてしまうと、かなりの量になります。ただでさえバタバタする引越しなので、かばんは一つでも、貴重品は目視で確認できるようにひとまとめにしておきましょう。

一人暮らし

実家からでて新たに一人暮らしをする場合の引越し意外とラクです。電化製品などは購入する際に引越し日に搬入してもらうように手配をします。洋服や生活に必要なものなどは宅配便で送ることもできます。

引越しの見積もりの時のコツ

引越しにも繁忙期と閑散期があります。引越し業者さんのホームページを見てみると、カレンダーに割引できる日を書いてくれている会社もあります。

引越しの見積もりの時のコツは、一社の見積もりだけで決めない、ということです。そして、どこの引越し業者さんも最初に提示される見積もり金額から必ずいくらか割引をしてくれます。時期や引越しの距離にもよりますが、最初に提示された金額の半額以下になることもあります。

割引をしてもらうコツとしては、他社でも見積もりをとるということをはっきりと伝える事です。そうすると営業担当者さんは他社に負けないような見積金額をできる限りで提示してくれます。

それを何社か繰り返していくと、「最初の金額は何だったんだろう」と思うくらい金額が下がることがあります。早々に業者さんを決めないという点がコツです。

引越しを自力でするコツ

自力での引越しを検討されている方もいらっしゃるでしょうが、あまりおすすめはできません。冷蔵庫や洗濯機などの電化製品はうまく運ばないと壊れてしまいますし、何よりも引越し先で壁などに傷をつけてしまう恐れもあります。ご友人にお願いして何かが壊れてしまっても文句は言えません。

それでも自力でする、と言われる方は毛布などの少し厚めの布を上手く利用することがコツです。大きいものを上手く包めば家を傷つけずに済みます。

準備を頑張ったら引越し先がラク!

引越しの準備は大きいものから細かいものまで全部をまとめないといけないので本当に大変です。しかし、順序立てて考えて進めていくと、思っていたよりも意外と早く終わります。

そして、ひとつひとつを丁寧にしておけば、荷ほどきするときが本当にラクです。荷ほどきが簡単にすめば部屋も早くきれいになるので、新しい生活をスタートするにあたって気分もいいですね。

断捨離や掃除など、普段しないことができる良いきっかけだと考えて、引越し準備を楽しんでみてください。面倒だと思ていた引越し作業も少しずつ楽しくなってきます。

Related