Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月19日

増築費用の相場・坪単価の増築費用|6畳/8畳/セキスイハイム

子供が増えた・親と同居するなどの理由から増築する家庭もありますよね。しかし、増築する家庭はそれほど多くないので、増築に関して相談できる友人も少ないです。そして増築の費用もわからない人が多いです。今回は、増築費用の相場や坪単価の費用についてご紹介します。

増築費用の相場・坪単価の増築費用|6畳/8畳/セキスイハイム

増築の基礎知識

新居を建てた当時はまだ子供も小さくそれほど部屋も小さく感じていなかったのが、子供が成長することで、部屋が狭く感じてしまう親御さんは多いです。特にリビングは、家族が揃う場所なので、部屋を増築して広い空間にしたいと感じる人が多いです。

しかし、増築と言ってもどんな風にすれば良いのかわからない人は多いでしょう。そもそも増築とは、どのような部屋にすることを言うのかご存知ですか。

増築は改築やリフォームと違うの?

増築とは、床面積を増やすことを言います。改築とは、床面積は変えずに間取りを変えることを言います。そして、改装は、間取りを変えずに内外装を改めることです。そして、増築や改築・改装などをトータルで呼ぶ総称がリフォームになります。

リフォームの中でも骨組みや構造から作り直したり、新たに部屋や2階を建て増しする増築は、他のリフォームと比べると期間も長く費用も高くなるケースが多いです。

一般的な増築方法

増築費用の相場・坪単価の増築費用|6畳/8畳/セキスイハイム

一階部分に増築する場合に一般的に使われる方法が、増築する部分を基礎から作って家を建て、現在住んでいる家とつなぎ合わせる方法です。繋ぎ合わせる部分は、現在住んでいる外壁を壊して接続部分に違和感がないように工夫されます。また、通路などを作って接続する場合もあります。自分が考えている接続方法がある場合は、設計する段階で伝えるようにしましょう。

2階部分に増築する場合は、増築部分の重さを支えるために一階部分を補強しなければいけないので、一階に増築するより費用は高くなります。また、元々の家の築年数が古いとさらに補強を十分にしなければいけないので、費用もさらに高くなります。

増築の費用の相場

増築費用の相場・坪単価の増築費用|6畳/8畳/セキスイハイム

増築する場合に一番気になるのが、増築にかかる費用です。新築のように初めから費用がわかっているのなら良いのですが、増築の場合は、各家庭で状況も異なり増築する場所にも違いがあるので、実際にかかる費用に大きな違いがあります。ここでは、あくまでも一般的な例としての増築の費用の相場をご紹介します。

今回紹介する増築の費用はあくまでも一般的な相場なので、実際増築を行う場合は、必ず数か所のハウスメーカーから見積を取るようにしましょう。

6畳

6畳の部屋を増築する場合にも1階に増築するのと2階に増築するのでは費用が変わってきます。一階部分の空いている空間に6畳の部屋を増築する場合は、新築同様に基礎工事から行っていきます。

木造住宅の場合の増築費用は約210万円からで、鉄筋コンクリート住宅の場合は約300万円からが相場になります。

2階部分に6畳の部屋を増築する場合は、補強工事が必要になってくるので、一階に増築するより割高です。補強工事を含めて、約400万円が2階の増築の相場になります。

8畳

8畳の部屋を増築する場合も6畳の部屋と同じような考えになります。一階に増築する場合は、木造で約280万円、鉄筋コンクリートで約400万円です。2階の場合も補強工事を含めて約480万円が相場になります。

10畳

10畳の部屋を増築する場合は、一階で木造住宅なら約350万円、鉄筋コンクリート住宅なら約500万円が相場になります。2階の場合も補強を含めて10畳の部屋の増築費用は、560万円が相場になります。

ただ、この費用は坪単価から計算されているので、増築する部屋が和室でも洋室でも増築費用は変わりませんが、内装に拘った場合は費用が大きく変わってくるので、その費用も頭に入れて計算するようにしましょう。

セキスイハイムでの増築の費用の相場

増築費用の相場・坪単価の増築費用|6畳/8畳/セキスイハイム

セキスイハイムと言うと、プレハブを組立てて作る「ユニット住宅」が有名ですが、他にも「あったかハイム」や「ゼロエネルギー住宅」などといった他のハウスメーカーではない新しい分野と合体させるという新しいハウスメーカーです。

セキスイハイムは基本的にはユニット住宅なので、自由設計に対しての対応力は低いです。間取りを取り壊してする場合も自由に設計できる部分は少なくなってしまいます。また、間取りを壊してする増築する場合は、ほかのハウスメーカーに比べると費用的にもかなり高くなってしまいます。

しかし、セキスイハイムには「ユニット増築」という方法で増築することもできます。現在住んでいる住居を壊さずに、現在住んでいる家と同じ工場で製造されたユニットを設置し増築する場合は、期間も短く費用もそれほど高くなく増築できます。

坪単価での増築費用

増築費用の相場・坪単価の増築費用|6畳/8畳/セキスイハイム

新築を建てる時に使われる単位が坪単価です。新築は坪単価を目安に購入を考える人が多いです。おなじ家屋なので増築する場合も坪単価で考えるのが一般的なのでしょうか。

増築の場合は、新築と違い家の増築場所によって工事内容が変わってくるので坪単価いくらという設定はできません。あくまでも目安としてご紹介していきます。

3坪

1坪は、3.30578512平方メートルです。増築ではわかりやすく畳で表示することが多いです。1坪は、畳2畳に相当します。覚えておくと増築するときに予算の計画が立てやすくなります。

3坪を畳にすると6畳になります。増築の坪単価の目安は、木造住宅で坪単価が約70万円、鉄筋コンクリート住宅で坪単価が約100万が相場です。したがって、3坪の増築の費用は、木造住宅で約210万円、鉄筋コンクリート住宅で約300万円が目安になります。

6坪

上記を踏まえて計算すると、6坪の増築費用の目安は木造住宅で約420万円、鉄筋コンクリート住宅で約600万円が相場となります。

10坪

10坪は、20畳になります。かなり大きな増築だと言えます。単純計算すると木造住宅で約700万円、鉄筋コンクリート住宅で約1,000万円になります。

しかし、大きな坪数増築する場合は、内装や外装も大掛かりになるケースが多いので、費用はかなり増えることになります。また20畳の大きさならトイレも必要になったりキッチンを増やすことも考えられるので、費用も嵩むケースが多いです。

増築費用が高くなる場合と安くなる場合

増築費用の相場・坪単価の増築費用|6畳/8畳/セキスイハイム

上記でもご紹介してきましたが、増築は行う部分によって費用に大きな違いがあります。ここでは、増築費用が高い場合と増築費用が安い場合の違いについて書いていきます。

増築が高くかかるにはそれなりの理由があります。一階部分を増築するよりも2階部分を増築するほうが、耐久性の工事や補強をしなくてはいけないので費用は高くなります。また、2階部分に台所やお風呂場など水回りの配置が必要な場合は、通常の増築の費用よりかなり割高です。

逆に、増築費用を安くできるのが、木造住宅で1階部分に増築する場合です。特にベランダやバルコニーなどは簡易的などで費用も安くすみます。

サンルームの増築の費用の相場

増築費用の相場・坪単価の増築費用|6畳/8畳/セキスイハイム

自宅にサンルームを増築したいと考えている人は多いです。サンルームで日光浴をしたり洗濯物を干したりと有意義な時間を楽しめます。

サンルームの増築は、約3m~9mの間口があれば付けることができます。三フームを増築にかかる費用は、サンルーム本体の費用約30万円とサンルームの組み立てと取り付けが約3万円・基礎工事が約4万円・防水工事が約3万円かかるので、合計約40万でサンルームは増築することができます。

増築プランは初めに決めよう!

増築費用の相場・坪単価の増築費用|6畳/8畳/セキスイハイム

新築の場合は、ハウスメーカーの人が設計を担当してくれたり、元々構図が設定されているので、購入するときは選ぶだけで済みますが、増築の場合は、リフォーム会社の人も相談に乗ってくれますが、ある程度の設計や構図は考えなければいけません。増築する前に「どの部分をどれだけ増築するのか」をしっかり決めた後でリフォーム会社に相談するようにしましょう。

また、増築する場合に安く仕上げるコツとしては、なるべく多くのリフォーム会社で見積もりを取ってもらい比較しながらどこに注文するのか決めるようにしましょう。

Related