Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

アパートとマンションの違い・一人暮らしする場合・経営する場合

今回の記事では、アパート・マンション・メゾン・集合住宅・一戸建ての違いという、いわゆる不動産物件全般に関しての内容になります。なるだけ出来得る限りの、様々な不動産の物件に関しての全ての概要を多くの方に理解しやすいよう、今回の記事で述べた文の流れとなっています。

アパートとマンションの違い・一人暮らしする場合・経営する場合

アパート・マンション・メゾン・集合住宅・一戸建ての違い

日本には、住居としてたくさんの建物があります。その種類はアパート・マンション・メゾン・集合住宅そして一戸建てと、どれも聞いたことのある言葉ではないでしょうか。多くの人が馴染みのある名前ばかりですが、その違いについてはご存知の方は案外少ないのではないでしょうか。

今回は、それらの種類について海外での違いなども含めて紹介していきます。

法律での違い

まずは、法律での違いです。ふだん深く触れることのない分野ですが、自分が住んでいる建物についてだけでもしっかりと把握しておきましょう。

どのような法律があるのか

不動産などの物件においては、購入によるマンション・集合住宅・一戸建てなどでの所有権の取得、アパート・マンション・メゾンなどの賃貸物件での賃貸借契約による賃借権の取得、等々の、権利取得の形の違いがあります。そして、それらの各種権利取得により、当然の事ながら法的な面においても、それらの各種権利により適用をされる法律や規則などの種類も違います。

こうしたこれらの所有権と賃借権による、によるアパート・マンション・メゾン・集合住宅・一戸建て、それぞれの物件の種類での適用をされる法律の違いがあります。それらの中でもマンションの場合だけ、各種賃借権関連法(借地借家法・マンション建て替え法等)と民法上の所有権・占有権などが適用をされる場合といった違いのあり方もあります。

また、マンション建て替え法などは、マンション類のみに適用をされる専門の法律ですので、この点も基本的な知識を理解をしておくと、大変役に立ちます。尚、建築基準法などは、全てのマンションその他の各種不動産物件全般に適用をされる法律です。

適用される物件仕様での違い

先述した建築基準法などは、同法の適用対象物である建物物件自体の高さや幅、敷地面積の限度設定について触れた基準法令にあたります。このため、この法律自体は地上に立地されている全ての建物や大規模な工作物施設などに、当然のところながら仕様面での違いの有無に関係が無く、適用がなされます。

しかし、先程も話したマンションの物件のみに適用がなされるマンション建て替え法などの場合には、その種類の物件にしか適用がなされませんので、アパートなどは適用対象外です。この点が他の法令との違いです。賃借権と所有権の両方を持つマンションのみの利便性に配慮をした、専門の法令です。

また、幾ら抵当権などが設定をされたりしている所有建物物件などではあっても、元の所有者の所有権・占有権などの権限は抵当権が実行されない限りは消滅しません。そのため、そうした物件での場合、借地借家法は抵当権実行後で賃貸借契約がなされなければ、実行されないようになっています。

以上ように、それぞれの仕様の建物物件毎により、適用をされる法律の違いが多くあります。

集合住宅と一戸建ての法適用面での違い

ここでいう集合住宅の場合、土地付きの一戸建ての物件が、一定の土地環境である場所に集合をしているような形である賃貸・購入物件の形になります。このため、それぞれの契約形態での法適用がなされていく違いがあります。

確かに賃貸借物件としての一戸建てや集合住宅仕様のものなどもありますが、あくまで借地借家あるいは借家の類です。よって、所有権が無い以上全て統一をして「借家物件」とされているのが一般的な解釈です。当然の事ながら、借地借家法が適用をされます。

そして、購入物件で出されている集合住宅などの場合には、土地自体が隣の方などとの共有などがある場合があります。ほかにも建物本体同士が距離的に至近規模の状態だったりするものなど、様々な違いもあります。この場合には、やはり隣近所同士の距離が近めなケースが多い事から、建築基準法による規制での権利平等化がなされる傾向があります。

一方、一戸建ての建物物件の場合には集合住宅の場合とは違い、隣近所同士での距離面での余裕がある傾向があります。そのため、建築基準法での規制などはあまりありません。しかしそれでも著しい景観面での影響などがある場合には、そこの自治体などからの景観条例などによる規制を受けたりするケースも稀にあります。

メゾンによる他の物件との法律適用の違い

基本的に物件仕様の面ではアパートなどと同じ、賃貸借物件の類に属するのがメゾンのあり方です。このため、借地借家法の適用がメインになります。この点で、アパートの場合との法適用面での度合いや規模の違いがあっても、あまり大きな違いは無いのが現状です。

ただ、このメゾンの場合には、どちらかと言うとアパートの場合とは異なり、隣近所同士や管理人である所有者の方との距離が近いといった点で言語上での扱いの違いがあります。アパートに比べてアットホームであり、責任面などにおいてもその役割分担などが明確である事からも、中々社会的にも評価が高いところがあります。

見ず知らずの他人同士ではあっても、助け合いながらそれぞれの責任分担を行う事が可能である賃貸物件です。加えて、そこの賃貸物件を利用している入居者の方、運営をしている所有者の大家さんにあたる方、それぞれの両者がそれなりの形で権限範囲の面での配分がなされているところが、アパートとは大きな違いです。

ペンションなどを思わせるような運営がされている点が、このメゾンならではの特徴であり、他の種類の物件との違いのあり方といえます。

借地借家法の適用の仕方の違い

その法律自体の名前の通り、借地借家法そのものは、あくまで賃貸物件であるアパートやマンション・メゾン・借家などのような、賃借権での建物をメインの対象にした法令です。しかし実際には、現場で適用をされる形そのものは個々のケースでの違いがあり、必ずしも一律ではない事は言うまでもありません。

アパートやメゾン、借家の場合には、やはりマンション程の物件規模の広大さなどはありませんので、同法の適用範囲などは、ある一定範囲での設定などが個々にある現状があります。部屋の仕様や日常生活面での動作範囲などは広くは無く、改造面などにおいても課題はあまり大きくは無い傾向がある点で安心です。

これに対して、賃借権と所有権が同時に成立をするマンションの場合には、借地借家法上にある造作買取請求権などが必要はありません。これは後でも詳しく触れますが、そのため、賃借人である住居者自身が大家さんの承諾無しで、賃借権の範囲内であれば自由に改造が可能な点がありがたい特徴です。

こうしたマンションならではの、アパートやメゾンなどとの違いが、社会的にも大変評価をされています。

アパートとマンションでの、所有権の有無とそれにによる法適用の違い

マンションの場合ではアパート及びメゾンとは違い、賃借権と所有権との両方が成立をする事については触れました。ただし、この事自体が決してメリットばかりがあるものとは言えません。これについて、アパート・メゾンのケースとの比較をしながら触れてみます。

賃借権と所有権の両方そして占有権の3つが同時にある点で、権限的にもマンションの場合には賃借人が強いようにも思えます。しかし、賃借人自体が破産宣告などをしたりした場合には、所有権がある以上、その際での処分財産の対象になりますので要注意です。

一方、アパートやメゾンなどの場合には賃借権と占有権しかありませんので、賃借人自身が破産宣告などをしたりしても財産ではありません。よって、その処分の対象物にはなりません。ただし、逆に賃貸人である大家さんが破産宣告をした場合には立派な財産になりますので、競売人によっては、入居者の方を不当な方法で追い出したりする事態も考えられます。

このような場合、入居者である方としては、前の大家さんである前所有者の方とのアパートを巡る、賃貸契約当事者である事を主張しながら法的に抗弁が可能です。

以上の点で、財産としての扱い方が法律上、マンションとアパート・メゾンの違いがあります。

集合住宅や一戸建てでの土地の有無による、法適用の形

ここでいう集合住宅や一戸建てなどは、今まで述べた借家や売られている購入物件の形であるものを指します。そのため、これも先に話したように借地借家法はアパートやメゾン、マンションなどと同じ賃借物件である借家の場合での適用がなされます。

そしてこれは大抵あるケースといえますが、集合住宅や一戸建ての購入物件の場合には、建築基準法やその物件がある諸都市の建物関連条例などによる法適用がなされたりする傾向が強いといえます。また、購入者である所有者本人が破産宣告などをしたりした場合には、当然の事ながらその物件は購入物件である限り、財産処分の対象物の1つになります。

ただ、この際に建物が建っている土地自体が借地の場合には、その賃借権のみが破産範囲の対象物になり、土地そのものは対象にはなりません。所有権が破産者本人である建物所有者にはありませんので、こうした感じになります。この違いを理解しておく事が大切です。

そして大都会の街中などにある物件の場合には、隣の物件との境界を巡るあり方で建築基準法やその場所の自治体の条例が関わってきますので、中々課題が多い現状があります。こうした点が、アパートやメゾン、マンションなどとの大きな違いでもあります。

エレベーターでの違い

次にエレベーターでの違いについてです。エレベーターはどこも同じと考えがちですが、掘り下げてみるといろいろな違いがみえてきます。

マンションでのエレベーターの仕様の違い

現在のところ、階数の高いマンションビルの物件ほどエレベーター設置されているのが常識です。これに対し、低めのマンションビルの場合には、エレベーターに加えて階段やエスカレーターなども設置をされているところもあります。アパートなどの場合も、同じような条件仕様である物件もあります。

しかし、実はこのエレベーター設置の仕様のあり方が、マンション運営面においての中々な課題でもあります。確かにここ何十年かの間、技術上での何らかの問題があり、マンションのエレベーターの環境仕様を巡る様々な事故が起きたりしてきた現状があります。

それでも、エレベーターメーカーによっては、入念に設置面においての安全上の配慮などをしっかりとしているマンション向きであるメーカーも必ずあります。信頼出来るメーカーのものを探し出していく価値は間違いなくあります。

また、最近では一括専門比較サイトなどもありますので、様々な仕様やシステムの違いがあるマンション用であるエレベーターメーカーなども見つけていく事も可能ですので、これを使わない手はありません。

アパートでのエレベーターの有無や仕様について

アパートでのエレベーターの有無やその仕様に関しての内容になります。基本的にマンション用のエレベーターの開発・製造などをやっているメーカーと同じところが製作をしている事が一般的です。

そして、それ程階数自体がアパートでの場合にはありませんので、マンションなどの場合よりは低コストです。ただ、それでもアパートでのエレベーターの種類や仕様の選び方といったものは、入居者や利用者の方が、如何に安全の確保が出来るかを考慮しながら行っていく事が大切です。

それでも、設置自体は我が国内での場合には3、4階建てで約15m以下のアパートの場合には、税込みで大体200万円から300万円台辺りの相場での価格コストになる傾向があります。決して安い価格とはいえませんが、それだけに安全面でのアフターメンテナンスサービスの仕様がしっかりしているので、見積もりだけでもしてみる価値は大いにあります。

また、やはり多くの不特定多数である入居者が存在している点を考えてみても、こうした安全面においての配慮は、大家さんである物件所有者側としての立場には善管注意義務が法律上あります。そのため、アパートでの設置を行う場合には、この点を留意しておく必要があります。

メゾンなどでのエレベーターの有無

中には高級メゾンなどのような物件もあったりしますが、ごく稀です。ごく普通のメゾンなどとの違いと言えば、やはりエレベーターやエスカレーターなどの有無の違いでしょう。アパートなどと比べて前にも紹介したように、物件規模などもペンション並みの小規模な大きさです。そのため、余程な高級物件で無ければエレベーターなどは必要は無い感じもするのではないでしょうか。

しかしながら、入居者の方などには心身障害者の方もおられたりする場合もありますので、そうした方による健常者の方との違いや、日常面での利便性も考える事は、アパートやメゾンその他の物件のあり方にも関わらず、とても大切な事です。

こうした点では、アパートやマンションなどの場合も同じといえます。建物の大きさ自体がそれらのものよりも小規模である点で、違うメゾン固有の設置仕様や環境などが必要になってきます。

メゾンの所有者であり責任者である大家さんである方は、そうした他の物件タイプとの違いを考えながら、設置面でのニーズや環境対応などを考えていく事が、とても需要です。

音についての違い

次に、社会問題にもなる「音」について、違いを紹介していきます。

防音面に優れたマンションならではの長所

マンションならではの、その他の仕様の各物件と大きく異なる点はと言えば、やはり防音面においての優秀さの違いが挙げられます。実はこの違いの特徴が、一番のマンションとしての防音システムでの固有のあり方です。

アパートやメゾン、中古の一戸建て住宅物件などには無い、それらとの明かな違いがある防音面でのマンションの一番挙げやすい良さといえます。しかし、こうした防音面での配慮は、単に近所トラブルの面のみに対応が可能であるというだけではありません。

防音面での優れた特徴であるゆえに漏音だけではなく、外界からの余計な騒音なども防げるといったメリットなども同時にあります。こうした点でも、その他の物件との大きな違いです。

そして、音楽などをされたりする方の場合も、余程のライブハウス並みの大音量などで無ければ大抵の音量は抑えられますので、とても安心です。ただし、マンションによっては、音楽業界の方や音楽を趣味にされたりしている方の入居を禁止したりしているところもありますので、注意が必要です。

以上のように、決して防音面では何の課題なども無いとは言えない現状が、このマンションといった物件にはあります。しかしそれでもやはり、このマンションならではの防音効果は、大いにそれなりの利用価値はあります。

防音に優れたアパートやメゾンは、家賃が割高

マンション以外のアパートやメゾンなどの場合でも、通常のそれらの物件とは違い、防音面において優れた物件なども、やはり存在します。こうした点を考えてみると、プライバシー面での配慮と照らし合わせてみて、こうしたアパートやメゾンなどへの入居価値が大いにあるといえます。

ただ、そうした通常でのアパートやマンション等よりも防音面で優れたものではあっても、必ずしも良い事ばかりとは言えないところが現実です。防音面での優秀さがあるゆえに、その分、家賃や維持費、光熱費などの相場が割高である物件なども多いので、この点での違いを、知識として心得ておく必要があります。

我が国内の場合、敷金礼金無しの物件でも、一番最初の入居費用で1LDKのもので、税込み1ヶ月分の家賃が約10万円台くらいもします。この相場だけを見ても、如何に通常の物件の家賃相場の設定との違いが違いが、明かにあります。

また、幾ら防音仕様が施工をされているアパートではあっても、先程のマンションの場合と同じく、音楽業界や音楽趣味がある方の入居などをお断りしているところなどもありますので、情報収集は欠かせません。

集合住宅での防音設備の有無や仕様面での違い

次に、集合住宅での防音設備の有無や、その仕様面での他の物件種類との違いについての内容になります。この場合、やはり、その住宅建物そのものの仕様や材質そのものによってもある程度異なってくる面がありますので、中々一律にこれについて触れる事は難しいといえます。

しかし、それでも現在の我が国内での集合住宅での、平均的な多くの防音仕様などは間違いなく存在しています。大抵の集合住宅で見られるものとしては、マンションでの仕様のものよりかは若干、防音効果の面での劣りなどはあるものの、アパートのものとは変わらない仕様のものです。

余程の高級集合住宅などといった種類の建売物件などで無ければ、防音面に優れたこの手の物件などは、中々見つからないものでしょう。自分自身で購入希望者本人がオーダーなどで優れた防音システムを採用したりしない限りは、このような面での優秀な物件を手に入れたりする事は集合住宅では難しい可能性もあります。

一戸建てでの防音設備の設置の有無について

この場合は、最初から防音設備が充実した建売物件や借家などでは無い限り、防音設備の設置の有無としては、やはり自身によるオーダーでの注文住宅では高額なコストが掛かる事が十分に考えられます。それだけに防音面での技術の導入が必要になりますので、必然的な事由といえます。

こうした点では、マンションや防音設備に優れたアパートなどの方がメリットがあるようにも思えます。しかしそれでも、それらの物件類での場合には、年間の家賃はやはり高額ですので、低所得である方にとっては大変な負担になります。

ただ、一戸建てでの物件の場合には、それ自体による他の物件のタイプとの設置条件の固有の違いといったものが、間違いなく存在します。大抵の一戸建ての物件の場合には、どうしても通常のものよりもある程度、特殊な構造になったりする場合も、決して珍しくはありません。

また、アパートやマンション、メゾンなどとも違い、建物自体が完全に敷地部分をも含めて、隣の物件との境界もはっきりとしている分、それだけに境界内を巡る所有者本人の責任は重い面があります。その点を留意しながら、設備設置に従事することが大切です。

そして以前の各段落でも話したように、一戸建ての場合は、法令だけではなく物件がある自治体の建物条例などの適用も受けたりします。この点にも注意をしておく必要があります。

広さでの違い

一人暮らしに向いた広さから大人数でシェアする広さまでさまざまですが、そこにはどのような違いがあるのでしょうか。

アパートやマンション、メゾンでの物件の広さの限界や違いについて

アパート・メゾンの場合には、一定程度の広さはあれど、マンション程の規模のものではありません。この違いはやはり、入居をするための入居希望者本人によるアパートやメゾン、マンションでの入居条件内容のニーズ毎により決まります。これらの点でのあり方を意識しながら、物件選びをしていく事がポイントといえます。

そしてアパートやメゾンの場合には、大抵は単身あるいは核家族単位で入居をされたりする方がほとんどです。そのため、マンションなどよりも物件規模が小さめなうえ、家賃なども低めです。

これに対して、マンションの場合には高額所得あるいはプライバシー上で入居をされる単身者や二世代世帯単位で入居をされる方が多い傾向があります。これらの入居仕様や条件による違いというものを意識をしながら、マンションへの入居を考えていく事がとても大切です。

これらの小規模なアパートやメゾン、大規模なマンションといった、これらの基本的な違いが確かにあります。ただ、最近に至っては、マンスリーマンションなどのように短期でアパートやメゾンなどとは変わらない賃料相場での利用が可能な物件とかもありますので、短期利用ではこれなども見逃せません。

敷地面積が関わる集合住宅や一戸建てでの広さの実質

集合住宅や一戸建ての場合は、借家及び購入物件の何れの場合でも、賃料や購入価格増場などもやはり、建物そのものや敷地内にある設置工作物などの社会的価値だけではなく、その時の地価に基付いた敷地面積なども、間違いなく関わってきたりします。この点が、アパートやメゾン、マンションなどとは異なります。

アパートやメゾン、マンションなどには無い、敷地と建物および設置工作物などを擁している住宅類や戸建て類としての特徴があり、それらとは異なる、法律上及び資産計算上での扱いがなされます。そして、敷地外との境界線のあり方なども関わってきますので、境界線を巡っての問題などを抱えている物件には注意が必要です。

公道との境を巡り、自治体や国などとの対立をしていた前所有者、隣近所と境界線を巡り何らかのトラブルを起こしたりしていた売主の方、それらの者が有していた物件などは、賃料や購入価格などが低めな傾向があります。しかしながら、賃貸契約後及び購入後において、トラブルに巻き込まれたりする可能性が大いにあります。

それらのような危険のあり方などもやはり、アパートやメゾン、マンションには無い特徴です。実際に物件を直接見て、周囲との敷地境界線を入念に確認をしながら、賃借や購入に関しての判断をしていく事がとても重要です。

空間を利用した、一戸建てならではの広さ調節の工夫

これはとくに、大都会内若しくはその郊外などにある一戸建ての物件類において多く見られる傾向があります。敷地面積が狭い物件などの場合、そこの地域の自治体が施行をしている景観条例などに反しない限り、建物本体の高さや階数などを増やして建物内の空間を利用した居住環境面でのスペースの余裕を増やす工夫をされているお宅や世帯なども、多く存在します。

こうした空間利用を重視した建築のあり方は、幾らかアパートやマンションなどの物件でも見られます。大抵の場合、階数が少なく大して高さがあまりないものの場合のみに見られます。

ただ、こうした一戸建ての物件がもう既に建っている場所の近くに、それと似たような建物本体の仕様である一戸建てタイプの建物を建てたりするような場合には、やはり注意が必要な場合もあります。

ある一定数、同じ場所あるいは距離が遠くない近辺に、ある程度の高さからなる一戸建ての物件が集中屹立などをしたりした場合には、法律上それらは全て、集合住宅として扱われる可能性があります。つまり、そこの自治体などの官庁からの、一律した条例上の建物としての扱いを受ける場合があり、景観上での是正指導などをされる事態も有り得ます。

そうした事もあり、ある程度似たような建物がある場所から離れたところに建てるといった工夫も大切です。

階数などの違い

次に、それぞれの「階数」などについての違いを紹介していきます。

階数が多い、アパートやマンションでの注意点

アパートやマンションの場合、階数などが多い割にはエレベーターなどの整備や点検などがきちんと行われていないようなケースが多く問題になっています。とくにこの点に関しての注意が必要です。

確かに物件である部屋内の仕様環境などがきちんとしてはいても、エレベーターなどの昇降手段である設置環境がきちんとしていなければ、とんでもない予測不可能な事態や事故などに見舞われたりする可能性は大いにあり得ます。こうした点は物件を選んでいくうえで、疎かには出来ないポイントです。

この点を留意をしながら、階数のニーズに合った昇降手段がきちんとなされているか否かを確かめたりする事も、アパートやマンションを選ぶ際にはとても大切です。しかしながら、不動産事業者などによっては、そうした責任に関して果たそうとしないところなども多い現状があります。

必ず事前確認などを行う事がベストですが、それでもあくまで自分達は、部屋の管理や紹介などが権限であり、エレベーターやエスカレーター、階段などに関しての管理責任などは無い、などと言った責任逃れをしたりするケースが多いので、決して油断が出来ません。

階数の多さならではの、マンションでの課題

アパートやメゾン、集合住宅、一戸建てなどの物件などとは違い、建物の大きさや敷地面積などが広大なマンション物件ですが、それなりにやはり、様々な課題があります。中には敷金・礼金などが無い状態で契約出来るものなどもありますが、その代わり賃料が通常の相場などよりも高額だったりしますので、注意が必要です。

そして、これはとくに階数が多いマンションの物件に関していえる事ですが、ベランダなどが設置をされていないタイプであるものなども多い現状があります。このような仕様のタイプもやはり、要注意です。その点はアパートでも同じです。

課題としてはやはり、あまりにもプライバシー保護などの面を管理会社や大家さんが重要視し過ぎて、肝心の隣近所のベランダ伝いに非常時の場合に避難をさせたりするシステムを設置したりないといった事情があります。火事などの場合には大変危険ですので、気を付けなくてはなりません。

また、駐車場スペースが少ない物件も非常時には大変危険ですので、アパートなどでも同じく購入の際には駐車場が広めで家賃計算の内容がはっきりとしている物件である事が、やはりベストです。

階数の多いアパートでの安全確認の必須条件

階数が多いうえに入居者が不特定大多数であるアパートの場合、とくに注意をしなくてはならない安全確認の必須条件についての内容になります。部屋数や建物の大きさ、階数などが限られている通常のアパートとの違いが顕著ですので、それなりに入居の際には確認をしておく事が多くあります。

階数が多く建物自体が大きなアパートでも、大都会部内には田舎並みに格安なアパートである物件も確かに存在します。しかしながら、そうしたアパート物件には必ず、何らかの瑕疵や建築年数などの限界による老朽化などがあったりするケースが多いので、これらの点に気をつける必要があります。

また、先程のマンションでの場合と同じく通常のアパートなどとは違い、回数や部屋数などが多いゆえに、管理権限がその他の管理会社へ分配配置をされたりしているアパート物件も少なくはありません。そのようなケースの場合には、イザ事故などが起きたりした場合にはアパート所有者などへ責任を問う事が難しいケースもありますので要注意です。

都会ならではの階数が多い集合住宅での課題

いわゆる、以前の段落でも話した空間を利用して階数を増やしながら居住空間を増やした物件でのケースの類でもあります。この場合は集合住宅であり、隣近所などにも似たような建物が多い場所でのケースですので、アパートやマンションでの場合とは異なる、様々な権利同士の衝突がある環境でもあります。

これは前の段落でも話した、景観条例などの話になりますが、一定の階数や建物本体の高さなどに関しての指定の基準を定めている内容です。景観維持の面での公共性などが目的とされたりしていますが、これ自体が実は厳しい内容になっているものが大半ですので、刑事罰などの規定もあるため要注意です。

そしてまた、やはり階数が多くて高さもある程度あるという事から、建築基本条例や建築基準法などでの指導を受けたりする事も、以前に述べたようにあります。大都会での住宅の階数としては2階程度くらいであり、高さ自体も10ⅿ以下がのぞましいといえます。

片田舎での集合住宅の場合には、ある程度住宅間の距離の余裕があります。そのうえ景観条例や建築条例での規制を受けたりする事も無いため、それ程気にしたりすることはありませんので、そうした点が、今話した大都会のものとの大きな違いです。

階数の心配の無い一戸建てならではの良い点

建物の高さがある程度あり、部屋数や階数などが多いアパート・マンション・メゾン、隣同士や公道などとの境界が気になる集合住宅などとは異なり、一戸建ての場合には、敷地面積に余裕があり、2階建てあるいは平屋造りなどのものが一般的です。

法的な面でも、条例や関係法令による規制なども受けにくく、しかも田舎であればある程に、隣近所同士などでの目などを気にしたりせずに過ごしやすい面もあります。これなどは、一戸建て物件ならではの、他の種類の物件との大きな違いであるメリットでもあります。

ただし、やはりこうした一戸建ての場合には、その敷地や建物の規模が大きければ大きい程に、破産宣告などを所有者本人がしたりした場合での損失が大きいケースなどもあります。そのため、債務整理などの際には名義を自分以外の親族や信頼出来る方に変更をしたりするなどの対応策も必須といえます。

そして、片田舎に建てた物件であればある程、大都会などとは違いがある愛着の強さがあります。これ自体を守るためにも、今話した債務整理の面での配慮の工夫が重要です。

一人暮らしする場合の賃貸アパートとマンションの違いを比較

一人暮らしという状況に絞って、アパートとマンションの違いを紹介していきます。

賃貸アパートでの一人暮らしをする際の心得

まずは賃貸アパートで一人暮らしをする際について、その注意点をみていきましょう。

一人暮らしで多いアパートでのトラブル

一人暮らしをアパートで行う際でのトラブルのケースは、本当に実に多種多様といえます。それらの中でもとくに多いのが、個々のアパート毎における、思いがけないトラブルのケースがやはり挙げられます。ここでは幾つかのものを、字数が許す限りで挙げてみます。

まずは、ただ「挨拶」をしただけで、隣近所の部屋の方から暴力行為を受けて事件になったケースです。そこのアパートへ入居したての当時20代半ばの年若い男性の方がお隣に挨拶をして、そこの40代半ばの男性からいきなり因縁をつけられて暴力行為による被害を受けた事例ですが、本当に油断がならない、その他の物件では考えられない不幸なケースといえます。

2つ目は、ゴミをきちんと分別をしたうえで、指定の日や場所にに欠かさず出していた当時30代の主婦の方が、勝手に何者かにゴミ袋を収集前に開披をわざとされる事態が続いたケースです。とくにお互いにトラブルなどが無いそこのアパートの50代の男性である大家さんが犯人だった、理由なき嫌がらせをしていた本当に怖いパターンです。

3つ目は、隣に住む当時30代後半の男性の部屋が約5年間もゴミ屋敷になっており、入居者本人がある日煙草に日を点けた途端、大爆発をしてその階の7部屋のうち4部屋が巻き込まれて、1つ隣の60代男性が爆発による大ケガを負う事故でした。本当にシャレになりません。

これらのものが、やはり代表的なその他の物件とのトラブルの違いの典型例として挙げられます。

物件毎により異なる、アパートでのマナーのあり方

先程の各トラブルでのケースにもあったりしたように、やはり、アパート毎によるマナーのあり方を考えていく努力や工夫が必須といえます。これをしなければやはり、完全にトラブルの回避などが出来ませんので、アパート毎のマナーの違いを探る勉強が必要になります。

当たり前の日常的な常識が通じない、アパートの物件やその大家さんである人物なども最近は増えてきている傾向があります。それを踏まえてやはり、まず、その物件やそれの周辺環境をを入念にようく探る配慮がベストといえます。

また、今まで住んでいたアパートで通用していたマナーや常識が通じるとは限らない事を頭に入れながら、新物件への入居面での工夫が当然の事ながら必要になります。そのため、まずは必ず、可能であれば新物件での大家さんに直接お会いする事がお勧めです。

物件によっては難しい場合もあります。しかし、これをやって話などを聞いてみるだけでも、今までのものや他のところとの違いがわかりますので、予想外のトラブル回避のためのベストな判断や行動といえます。

マンションでの一人暮らしをする際の心得

アパートに比べ、マンションでの一人暮らしにはどのような注意点があるのでしょうか。

物件の広さゆえに多い、マンションでの一人暮らしにおけるトラブル

先程話した、その他の物件との違いであるアパートでの最近多いトラブルに関しては既に述べましたが、今度は一人暮らしのマンションならではの多いトラブルのケースについて、今から触れていきます。

アパートやメゾンなどの入居賃借物件などとは異なり、安全面で優れているところからも、高所得であるある程度の経済的な余裕がある方が一人暮らしでの入居をされたりする傾向があります。そのため、先程のアパートでの最近のトラブルなどは起きにくいといえます。

しかしながら、設備面が良い分、何らかの自分自身による不慮の事故や重度の疾病などの際には誰も助けに来てくれない、あるいは来にくいなどといった、トラブルのケースが多い点が、その他の物件タイプとは大きく違いがあります。一人暮らしのマンションならではの、典型的なトラブルのパターンといえます。

また、20、30代あたりの年若い方に限らず、高齢者の方による転倒事故や疾病、老衰などによる孤独死なども、マンションでのトラブルケースにも挙げられています。その無くなられた方の遺骨や遺品を、その方の親族が受け取らない等のようなケースも少なくはありません。

あまり広めの物件を選ばない、マンション選びの原則

先程も話したように、不慮の事故や疾病、老後での孤独死の問題などは、その安全性が高いゆえに起きる、マンションならではの他の物件では考えられないトラブルパターンの違いがあります。そこでやはり、入居物件を探したりしている、つまり入居前の段階において一人暮らしでも困らないようなタイプの物件探しがベストです。

入居者自体は自分自身が一人のみですので、お仕事の事情などで荷物や貴重品類とかが余程多くは無い限りはやはり、小規模なスペースである物件を選んでいくのがまさにベストです。この方が、余計に広い広さの物件などよりも気軽に来客や知人・友人の方などを呼びやすいメリットが、雰囲気的にあります。

そのうえで小規模なマンション物件ながら、セキュリティシステムなどの面で優れているうえに、非常時でも外部へ助けを呼びやすい仕様のものを選んでいく事が、やはり原則です。一人暮らしであるゆえに、やはり日常動作面での限界がありますので、こうした探し方や選び方がベストといえます。

その他の物件とは異なる、独特の特徴

やはりマンションの場合には、先程の段落やそれ以前のところでも述べてきたように、アパートやメゾン・集合住宅・一戸建てなどに比べて、セキュリティシステムが大変充実をしているところで、大きな違いがあるのが一般的です。

さらにそうした基本的な違いに加えて、建物規模が大きく、部屋数などもアパートやメゾンに比べて、はるかに多く設定がなされているところも特徴の1つです。そのうえ、マンション内若しくは敷地内に、なんと、デパートやコンビニなども設置がなされたりしているなど、生活をしていけるのに十分な設備仕様面での配慮がされているところもあります。

挙句の果ては、1階部分に部外者の方でも利用が可能なレストランや契茶店、雑貨屋などがテナントで入店されたりしている物件のところもあります。それで家賃が通常のマンションの料金相場と変わらないとった、最先端のサービスの導入をされているところも存在します。

以上のような、マンションならではの、その他の物件種類とは大きな違いがある最近の特徴も、大いに注目です。

賃貸アパートではあくまで賃借権のみあり

今度は賃貸アパートでの、法的権限範囲の限界に関しての内容について、見てみます。本当に賃貸アパートには、我が国内だけでも様々なものがあり、賃料相場としては、最低額で月約1万2千円程度から、最高額は3LDKで月約10万円台というマンション並みの家賃の物件もあるというような現状です。

本当に物件毎による様々な違いからなる種類がありますが、そうしたアパートならではの賃借権を巡る契約物件というあり方の限界といった点では、大体ほとんど同じといえます。民法上の賃借権と借地借家法の2つが、その権限の限界範囲での基本法になっているのが現在です。

そうした2つの基本法を踏まえたうえで、賃貸アパートが運営を法律上されている事になります。ところが、我が国の大半の物件が現実的には、そうした法のあり方を無視した、大家さん側による一方的に有利な悪どい内容の契約がなされたりしているケースも、アパートの種類の違いを問わず少なくはありません。

一人暮らしでの所有権というマンションならではの良さ

先程の『マンションでの一人暮らしをする際の心得』のところでもある程度触れましたが、決して問題が無いという訳ではありませんが、マンションは一人暮らしに向いている物件なのは間違いがありません。この段落ではこの点について、詳しく見ていきます。

中古で格安の賃料であるものから、様々な設備面において充実性がある反面賃料が何十万円以上もの単位のもの、等々、マンションにも色々なものが確かに存在します。そして、その入居希望者本人(達)毎に合うものを、それらの中から探していくという形になります。

そうした、自分自身にふさわしいマンション物件の種類を探し出して選んでいく流れになりますが、居住ニーズの違いや入居家族人数の違い・仕事柄の違い・生活習慣の違いその他、様々な希望者本人(達)毎による、様々なあり方の違いを踏まえながら、選ぶ形が最終目標です。

それでも現実的には、その入居をしたい本人達がのぞむようなマンション物件というものは、なかなか簡単には見つかりません。それだけに、とくに一人暮らしをしている方などの場合には、それなりの見つけていく努力はやむを得ない面も現状です。

経営する場合のアパートとマンションの違い

では、住むのではなく「経営」する場合の、アパートとマンションにおける違いを紹介していきます。

不動産投資など

ここでは不動産投資での場合についての内容になりますが、基本的な点としては、現在は何処の不動産サポート業者のシステムも同じような感じです。ただ、これは後でも詳しく触れますが、大家さんである所有者本人の権限といった面で、アパートとマンションぞれぞれでの権限範囲の違いや強さの違いなどが、明かにあります。

さらに、それらの権限の範囲や法適用などの面での違いに加えて、元々本業としてアパートやマンションの経営をされている大家さんである方の場合とは違い、あくまで投資業ですので、通常の経営業としてのものとは異なる、法律上の扱いなどもあるケースも存在します。そうした面も基礎知識として、事業運営に従事をしていく心構えが大切です。

また、インターネット上などで不動産投資業として、公式ホームページなどを掲載したりした場合には、さらには金融商品取引法や商標法その他の各種関連法令などの適用を多く受けたりする場合もあります。ここが、通常の大家業としての物件経営などとの違いです。

我が国の法律上での、それぞれの扱いの違い

今度は経営する場合のアパートとマンションとの違いの内容になります。アパートとマンション、それぞれの物件は賃借権に基付きながら、貸主である大家さんが経営する物件を借主である入居希望者の方へ賃貸するという、賃貸借契約に基付く取引の類です。

こうした点ではどちらも同じですが、マンションでは入居者の方に契約成立の時点から、物件そのものに関しての所有権が成立をするという点で、アパートとの大きな違いがあります。そのマンション(入居)物件の範囲内であれば、大家さんの承諾を経ないで入居者の方による独断での造作(改造)行為なども可能になります。ここが大きな違いです。

また、アパートの場合には強制加入の団体保険などがありますが、マンションの場合には、入居者本人が加入をしている損害保険のみでの加入でOKを出したりしているところも存在しています。こうしたところから、大家さんの権限の強さ自体もやはり、マンションよりもアパートの場合の方が、法的に強い傾向があります。

アパートでは認められないマンションならではの長所

これについても以前にも触れましたが、アパートとの大きな違いとしてはやはり、入居者本人に物件についての、賃借権と所有権が同時に成立をするという点です。この点が両者の違いの大きなポイントとしてよく挙げられるところといえます。

とは言うものの、大家さんである賃貸人自身はその入居物件がある建物のみ、あるいは建物本体と敷地全体の所有権を有していますので、全体的な権限としては強い立場である事には変わりがありません。

ところが、マンションの場合には入居物件の施設内である限り、造作開始行為などへの介入は大家さんは出来ません。入居物件内では入居者の方に所有権があるので、そのためアパートのようにその範囲内での造作行為には法的に介入が出来ないようになっています。ここが、両者の違いの大きなポイントでもあります。

また、自家発電システムなどの設備設置の面においても、物件内でありさえすれば入居者の方が承諾なく自由に改造などを行えるような場合もありますので、そうした自由さといった面での長所は間違いなくあります。

経営者として、両者を同時経営する際の注意点

アパートとマンションの違い・一人暮らしする場合・経営する場合

これは、事業規模の範囲が大きい事業者であればある程、ありがちなケースです。アパートとマンションの両者を同時経営していく際には、必ずどちらか片方あるいは両方に、芳しくない運営状態になったりする事態が起きがちな場合があります。

これなどはやはり、アパートとマンションという、それぞれの同じ賃借権を巡る入居者である方との賃貸契約で運営する点では同じものの、掛かるコスト面においてははるかにマンションの方が運営コストが大きいのは確実です。物件建物の大きさや敷地の広さなどをはじめとする施設規模が基本的に異なりますので、このような現状に物理的になりがちです。

そこで、同時経営をされている方の立場のあり方についてですが、やはり、それらのアパートとマンション両者での収益の均等化を行い、支出を抑えていくという工夫が大切です。マンションをマンスリータイプにする、などといった、今までとは違いがある思い切りの良さなども、大変お勧めです。

アメリカや海外でのアパートとマンションの違い

英語などの言語上の問題

英語などがメインの海外の地域などは、アメリカやイギリスなどの一部の欧米諸国などを思い浮かべがちなところがありますが、決してそうではありません。なんと、中東諸国や北アフリカ地域・インド国内及び南部地域・東南アジア・南米南部のアルゼンチン地域その他、英語がある程度必要になる国や地域なども存在しています。

多少のニュアンスの違いなどもありますが、基本的にそれらの地域ではとくに、アメリカ英語(東部発音)が主流になっています。そのため、西部発音が主流であるカリフォルニアなどで英語を学んだりした方でもわからない場合がありますので、注意が必要です。

とくに低賃料であるアパートなどの場合には、英語などはその文法通りに話せる方が話してくるとは限りません。そのため、英語に自信がある程度ある方でも、最初は中々慣れないケースも多い事もあります。

入居はじめの最初は、今までの日本国内やその他の地域及び国などとの言語環境の違いで、誰もが悩まされる可能性があります。それらの違いに慣れさえすれば、アパートやマンションでの日常動作の面では不自由は無くなるので大丈夫です。

民族性や慣習その他の違い

これ自体もよくありがちな事ですが、民族性や慣習その他の違いは、必ず起きるカルチャーショックとしての現象ですので、互いの違いの表れである以上、やむを得ません。この点を留意しておく事も、アパートやマンションへの入居をしたりする際には、とても大切な事です。

肌の色や背の高さの違い、生活習慣や宗教儀礼などの違い、世の中への認識の違い、社会的なマナーの違いその他、本当に様々な今までとの「違い」というものに、数多くアパートやマンションで出会う可能性は大いにあります。そうした異世界ともいうべきものとして、最初は見える面がありますが、周囲にとってはそれが当たり前な日常です。

また、今までの全てとは異なる日常が始まるという面で、それなりのそこの物件がある都市や地域などの地理・環境のあり方についても、ある程度学習をしておく事が非常に大切です。まずは生きていく上において、様々な違いについての理解をしていくためのこうした学習は不可欠といえます。

日本には無い法制度などの面について

我が国日本では、民法上の賃借権法や借地借家法・マンション管理法・建築基準法などがアパートやメゾン、マンションなどでは適用をされる事については、前述した通りです。しかし、その他の国や地域では、信じられない内容や日本法には無い法内容からなる違いのある関連法令が、多く存在します。

例えば中東諸国の場合、イスラム宗教の文化が強い国々などの場合には、イスラム教のその国や都市などが属している宗派の教義を基本にした物権法や土地・建物関連法などが存在します。そして、我が国日本のような法治国家などのものとは大きな違いのある、信じられない内容の各種法令・条例などもあります。

また、北朝鮮やジブチ・シンガポール・ベラルーシその他の一部のいわゆる独裁国家などの場合には、直接そこの国の憲法が類推解釈で適用をされるものや、最初から不文法で全てをそこの地元の自治体の条例に丸投げをしているもの、等々、通常の国などとの違いが顕著なところなども多くあります。

所有権が無い国の場合での扱い

構造上の我が国の場合との違い

基本的に土地はそこの国に住んでいる全ての人民(国民では無い)のもの、などといった共産主義の国などの場合には、特殊なアパートやメゾン、マンションなどに関連する法令が多く存在しています。中でもそのような国の代表的なところといえば、やはり中国が挙げられます。

法治主義の立場を採る我が国日本とは大きく違い、中国共産党綱領に基付いた現在の憲法をベースにした、各種占有権法や特殊権利法なるものが存在しており、明かに法のあり方が異なります。また、都市や地域によっては、そこの自治会などへの強制加入などをも義務付けているところもありますが、それ自体が人権問題などにもなったりしています。

また、家賃をきちんと払わない外国人居住者の方などに対しては、中国人の入居者などよりも重い刑事罰で告発が可能な制度や賠償が起こせる民事関連法及び条例などがあったりするところがある点も、我が国との大きな違いです。

その他、まだまだ様々な形の共産主義や社会主義の思想に基付いた関連法令などがある国々もありますが、そうした所有権の観念が無いところの場合には、特殊な法制度が存在している事自体、我が国との大きな違いといえます。

それぞれのメリットを活かして考えよう

我が国日本の場合には、法治主義である国家体制の資本主義経済社会ですが、それでもやはり、他国の方から見ると、やはり独特な法制度がある違いがあるとの事です。基本的にアパートやマンションなどの扱いの面でも、入居者の方の権利よりも大家さんの方を重要視するといった傾向が強い面があり、それが他国との一番の違いであると指摘をされています。

これなどはやはり、元々我が国自体が古来から天皇制を中心にした国家制度としての歴史があり、それが家父長制の基となり、その名残が我が国の戸籍制度にあります。そしてそれをベースに、マンションやアパートなどでの賃貸契約関連、集合住宅や一戸建てでの購入及び注文契約のあり方にも現れています。

ただ、我が国の場合にはやはり、家父長制が長い間社会を支配してきたという時代背景などもあるせいもあり、基本的には男性の方の姓名を重要視する傾向が、どうしてもあります。そのため、現在まで30年以上も争われてきた戸籍別性問題なども、多くのアパートやマンションの所有権を巡る相続人問題とかで、紛糾をしてきた歴史的経緯があります。

それでも決して悪い事ばかりではなく、入居者に物件範囲で所有権があるマンションなどの相続の際には、それ自体が財産として扱われたりするなどといった、本人が亡くなったりした場合の遺族の方への配慮がなされている面もあります。その点を考えてみると、決して捨てたものでは無いと思えるところも窺えます。

まだまだこれからコンピューター技術による進展やそれによる新たなOS開発、ネット社会のさらなる充実、等々、様々な世の中の変化の可能性などもあります。これからのアパートやマンション・メゾン・集合住宅・一戸建ての将来的なあり方に期待してみましょう。

Related