Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月30日

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

これから新しい住居を決めるという方はIHとガス、どちらのキッチンにしようか迷うでしょう。比較すると、どちらが良いか迷います。IHとガスのメリット・デメリットを挙げながら、光熱費や料理のしやすさ、卓上コンロ、炊飯器の種類まで、それぞれの特徴を比較します。

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

ガスとIHの料金はどのくらい違うのか比較します!

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

これから家を新築する方やアパートを借りる方は、キッチンをガスコンロかIHどちらにしようか迷うのではないでしょうか。ここでは、まず、ガスとIHの料金を比較します。

ガスコンロとIH、光熱費を比較!

IHとガスコンロの電気代とガス代を比較すると、IHの電気代の方がガスコンロのガス代よりも安いです。IHの方が、熱効率が良く、ガスコンロよりも少ないエネルギーで加熱やお湯を沸かすことができます。

ガスコンロでも、都市ガスかプロパンガスどちらを使用するかによっても、光熱費は異なります。ガスは契約する地域によっても値段が異なりますが、一般的に、キッチンで料理をすることだけを考えると、プロパンガス>IH>都市ガスの順に光熱費は安くなっていきます。

ただし、キッチンをIHにし、ボイラーを電気や灯油にすれば、ガスを契約する必要がなく、ガスの基本料金がかからないので、トータルでは、IHの方が安くなる場合があります。

一人暮らしでは、IHとガスコンロどちらがお得?

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

一人暮らしでも、キッチンだけでみれば、プロパンガス>IH>都市ガスの順に光熱費は安くなっていきます。

一人暮らしの方の特徴は、電力会社によっては時間帯によって電気料金が違うということです。夜間に電気代が安くなるプランや、昼間に電気代が安くなるプランがある電力会社もあります。自分の生活リズムに合わせた電気料金プランを選択することで、ガスと比較するとIHの方が安くなることがあります。

プロパンガスと都市ガスの違いとは?

プロパンガスとは、LPガスとも言います。ガスボンベを建物に設置してガスを送るシステムで、災害時の復旧が早いです。プロパンガスは都市ガスと比較すると、高いです。その理由は、ガスを運ぶ人件費であったり、地域での競争があるからです。

都市ガスは、街の地下に導管というものがあり、導管を経由してガスを送ります。その地域に住む世帯に導管を使ってガスを供給できるので、余計な人件費がかからず、都市ガスの会社は地域に1つで競走がなく、安く、大幅な値上げがないのが特徴です。しかし、都市ガスは新たに導入する場合、工事が必要で初期費用がかかることがあります。

IHとガスコンロのランニングコストとは?

そもそもランニングコストとは、設備を維持するために必要なコストのことで、IHやガスコンロの場合、光熱費や点検費、故障などによる部品交換などにかかる費用などを言います。

導入費としては、IHとガスコンロでを比較すると大きな差はありません。どちらも一度に使える鍋の数であったり、グリルの機能などによって値段が変わってきます。

光熱費では、プロパンガス>電気>都市ガスの順で安くなりますが、深夜や早朝にまとめて料理をすることが多い方は、電気で調理できるIHの方が光熱費はおさえられます。

ガスとIHの卓上コンロを比較します!

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

普段はキッチンのコンロを使っていても、鍋などをするときに活躍するのが卓上コンロです。また、アパートなどではコンロがついておらず、毎日は料理をしないという方は卓上コンロで足りるという方もいるでしょう。現在では、卓上コンロにも、IHとガスのタイプがあります。それぞれ、どのような特徴や違いがあるか比較してみます。

火力はどちらが優秀?

IHは、ガスと比較すると熱効率が良く、火力が強いため、調理するものに熱を通すのが早いです。お湯なども早く沸きます。また、火力の調整もボタンででき、どのくらいの火力かということが数字でわかるので、強火・中火・弱火・保温の調整を楽に行うことがてきます。

ガスは、火力などではIHに劣りますが、海苔やスルメを炙りたい方は、火が直接出てくるガスコンロがおススメです。

料理のしやすさはIH、ガスコンロのどちらが良い?

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

IHは、火を使わないので、テーブルで鍋をする際などは暑くなりにくく、周囲に物を置いても燃えたり溶けたりする心配が減ります。

ガスは、これまで使っていた鍋をそのまま使うことができます。今までガスを使っていた方や何気なく買ったりもらったりした鍋やフライパンがIHでは使えないということが多いです。

メンテナンスや安全性は?

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

IHは、機械全体が平らで滑りが良い素材でできているので、汚れたときの掃除がとても楽です。火がでないので、お子さんがいる家庭では、ガスコンロと比較すると使用時の火傷などの心配がかなり減ります。ただし、加熱後は表面が熱くなっているので、手で直接触らないことなど、注意が必要です。

ガスは、加熱部分に部品があるので、掃除をする場合は、取らなければいけなかったり、素材の特徴上、拭いても汚れがなかなかとれない場合があります。火を直接使用するので、小さいお子さんがいる場合は心配もありますが、火が直接見えることで、火の危険さなどを学ぶこともできます。

ガスの卓上コンロが一台あると役に立つ!

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

最近ではガスと比較して何かと便利なIHが好まれることもありますが、普段はIHでもガスの卓上コンロが一台あると便利です。

ガスの卓上コンロは、ホームセンターなどで売っているカセットボンベを使用します。停電時は、ガスの卓上コンロとカセットボンベがあれば、お湯を沸かしたり、簡単な調理が可能です。非常食などもお湯で温めることができます。IH用の鍋ややかんでもガスコンロで使用することができます。

新築の家ではIHとガスどちらがいいのか比較!

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

これから新築の家をお考えの方はキッチンをIHにするかガスにするかは大きな問題でしょう。IHとガスのメリットをあげて、どちらが良いのか比較していきます。

新築でIHを使ったキッチンにするメリット

ガスと比較して、新築の家でIHのキッチンにする良い点は、オール電化にできることです。オール電化にすると、ガスを契約しなくて良いので、基本料金がかからずに済みます。

ガスはガスでも、プロパンは高いから都市ガスを頼みたいと思っていても、都市ガスに対応していない地域もあります。そうすると、プロパンガスにするしかないのですが、そうなると、電気で動くIHと比較して、光熱費が高くついてしまいます。

新築でガスを使ったキッチンにするメリット

IHと比較して、ガスのメリットはやはり、災害時のライフラインが2つになることです。ガスであれば、停電時に使えます。特にプロパンガスは家の外にボンベがあるので、ガス管の破損に関わらず使うことができます。

「IHからガスへ変更する工事」と「ガスからIHへ変更する工事」を比較すると、後者の「ガスからIHへ変更する工事」の方が安く、簡単です。最初はガスにしておいて、老後などに火の取り扱いの心配がでてきたら変更するということもできます。

炊飯器はIHとガスのどちらが良いか比較!

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

IH炊飯器のメリットとは?

安全性でIHとガスを比較すると、IH炊飯器の方が安全です。細かな温度調整ができたり、保温機能がついているところも良い特徴です。

IH炊飯器とガス炊飯器を比較すると、IH炊飯器は種類が豊富です。最近では、いろいろな機能がついているIH炊飯器が増えてきており、お米の種類で炊き上げてくれるものや煮込み料理やケーキを作れるものもあります。

ガス炊飯器のメリットとは?

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

ガス炊飯器とは、ガス栓につないで使用するものなので、ガス栓がある家で使うことができます。お米の炊き上がり時間でIHとガスを比較すると、ガス炊飯器の方が早いです。ですので、IH炊飯器と比較して、ガスでは光熱費をおさえることができます。炊き上がりが早いので、仕事から帰って急いで炊きたい人には良いでしょう。

お米の味をIHとガスで比較すると、ガス炊飯器で炊いたお米の方が美味しいです。IH炊飯器に比べて、高火力で炊き上げるためです。

IHとガスはそれぞれのメリット・デメリットを理解して使用を!

ガスとIHの料金比較・新築ではどちらがいいのか|光熱費/ランニングコスト

IHとガスを比較すると、どちらも優劣がつけがたいメリット・デメリットがあります。光熱費は生活する限り、必要なものですので、これからアパートや貸家、中古の住宅、マンションに住む場合は、自分や家族にとってどちらが良いのか考えましょう。

これから家を新築する場合は、将来的な買い替えや工事なども念頭にIHとガス、どちらにするかを選択する必要があります。IHは火がでないという安全性や掃除がしやすく、温度調整などがしやすい点がメリットといえるでしょう。ガスは、子どもに火の危険性を教えられたり、災害時でも使うことのできるという点がメリットでしょう。

ご自身や家族のライフスタイルに合わせて、楽しいキッチンライフを送れるよう、IHとガスのメリットとデメリットをご紹介しました。

Related