Search

検索したいワードを入力してください

白いバラの花言葉4つ|本数別の意味・シチュエーション別の本数

初回公開日:2018年11月14日

更新日:2020年02月12日

記載されている内容は2018年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

結婚式で花嫁のブーケなどに使われている花といえば「白いバラ」です。白いバラの花言葉には「純潔」「尊敬」などの意味があります。白いバラは本数によっても愛情の深さや意味が異なります。今回は白いバラの花言葉と意味についてくわしくご紹介いたします。

白いバラの花言葉4つ|本数別の意味・シチュエーション別の本数

白いバラとは

白いバラの花言葉4つ|本数別の意味・シチュエーション別の本数
※画像はイメージです

白いバラといえば結婚式の花嫁がもっているブーケを連想する方も多い傾向にあります。白いバラには、純粋な愛という意味は込められており、永遠の愛を誓う合う結婚式にぴったりの花だといえるでしょう。

白い花は全般的に色の意味合いから「純潔」という意味があります。白い花といっても花の種類によって色々意味が異なり、マイナスの意味を持つ花も存在します。まずは白いバラの特徴についてくわしく見ていきましょう。

花の特徴

バラというと「赤色のバラ」をイメージする方も多いでしょう。バラは、赤や白、ピンク、黄色などのさまざまなカラーのものが存在します。

バラの花びらは何枚も重なっているのが特徴的で、花の直径は小さなミニバラで2㎝程度、大きなものだと15㎝ぐらいのものまであります。
バラは華やかなイメージを与える花なので、結婚式やパーティー、記念日などによく選ばれる花の1つでもあります。

由来

白いバラの花言葉4つ|本数別の意味・シチュエーション別の本数
※画像はイメージです

古くは古代ローマの時代は愛の女神といわれているヴィーナスに関連した花ということから「愛情」や「愛」を象徴する花として愛されてきました。

世界3大美女と呼ばれるクレオパトラもバラを愛した一人で、宗教や国によっては花の解釈や意味も異なります。中世ヨーロッパでは、美しいバラの花は人を惑わす力があるとしてタブー視されることもありましたが、現代では広く一般的に販売されている花の1つです。

原産地

バラは主に北半球の熱帯や亜熱帯地域で栽培されており、ヨーロッパや西アジア、中国などにおける生産が盛んな花です。バラの種類は交配された品種が数多くあり、現在は100種類以上もの種類があるともいわれています。

バラの起源は古くは7000万年以上も前ともいわれており、時代とともに形や色を少しずつ変えながら多くの人に愛され、現在にいたるといえるでしょう。

開花時期

バラの開花時期は、春と秋の季節といわれています。バラの開花時期は品種によっても異なりますが、もともとの原種に近い品種ほど春に咲くといわれています。

バラはつる科の植物なので、葉や茎などにとげがあるのも特徴的です。ブーケやプレゼントでバラを贈る場合はとげをあらかじめ取り除き、怪我をしないような状態にしています。

白いバラの花言葉

白いバラの花言葉4つ|本数別の意味・シチュエーション別の本数
※画像はイメージです

白い花には「純潔」という花言葉の意味があり、花の種類によっても意味が異なります。白いバラにも「純潔」という意味がありますが、その他にも「尊敬」や「相思相愛」などという意味があります。

白いバラは自分の愛情を表現するときなどに使用される花の1つで、花の本数によっても意味が異なるので事前に理解しておく必要があります。誰かに白いバラを贈る場合は、白いバラの花言葉を正しく理解してから贈るといいでしょう。

白いバラの花言葉4つ

バラという花の花言葉は「愛情」を意味します。白いバラにはまだ色が染まっていない色という観点から「純潔」「純粋」「無垢」という意味も含まれています。白いバラはその他にも、「深い尊敬」「あなたにふさわしい」という意味があります。

相手に白いバラを贈る場合は、自分がどのような気持ちを相手に伝えたいかを理解した上で白いバラを選び贈るようにするといいでしょう。

花言葉1:純潔

白いバラの1つ目の意味は「純潔」です。純潔とは、汚れていない無垢な状態のことを意味する言葉です。結婚式の花嫁に白いバラのブーケを持たせるのも、花婿の元へ汚れのない清い状態で嫁ぐという意味が込められています。

白いバラは聖母マリアを象徴する花とされ、キリスト教以外の宗教でも「純潔」を表す花言葉として広く一般的に使用されています。

花言葉2:私はあなたにふさわしい

白いバラの花言葉の2つ目は「わたしはあなたにふさわしい」という意味です。たとえば、自分の好きな人や愛する人に白いバラを贈る場合は、白いバラのようにあなたの色に染まることができるという意思表示となります。

白という色は何色に染まっていないことから、どんな色にも染められるという意味が「あなた色に染められる=あなたにふさわしい」という意味に解釈されたものとなります。

花言葉3:深い尊敬

白いバラの3つ目の花言葉は「深い尊敬」という意味が込められています。キリスト教では聖母マリアの象徴的な花とされているように、白いバラには崇高なイメージがある花ともいえるでしょう。

いつもお世話になっている上司や尊敬する方への贈り物に白いバラを贈るのもおすすめです。言葉ではなかなか言い表せないことだからこそ、花言葉の力をかりて相手に伝えるのもいいでしょう。

花言葉4:相思相愛

白いバラの4つ目の花言葉は「相思相愛」です。白いバラには「誓い」「約束」という意味も込められており、相手に対する愛情の印、お互いがこれからも仲良くいられるようにという願いを込めて白いバラを贈ります。

片思い中の相手や長年付き合っている相手に対して白いバラを贈り、今後も長く付き合っていきたいという気持ちを伝えるのもいいでしょう。

白いバラの本数別の花言葉3つ

白いバラには「純潔」「あなたにふさわしい」「相思相愛」などの花言葉がありますが、相手に贈る本数によっても花言葉の意味が異なります。

相手にプロポーズをする場合は100本のバラの花束が有名ですが、100本のバラには愛情を100%込めたメッセージが込められています。自分が愛する人や大切な人に白いバラの花束を贈る場合は本数が持つ花言葉を理解した上で贈るようにしましょう。

花言葉1:1本

白いバラの花言葉4つ|本数別の意味・シチュエーション別の本数
※画像はイメージです

白いバラを1輪贈る花言葉は、「一目惚れ」という意味がありますバラの花が1輪ということは、あなたに対して一途な思いを寄せていますという意味があり、相手に告白する際などに渡すといいでしょう。

自分が相手を思うまっすぐな気持ちを伝えるという意味ではプロポーズなどの愛の告白にも適しています。白いバラはどちらかというとはじめて相手に自分の本当の気持ちを伝えるときに贈るのがおすすめです。

花言葉2:99本

99本の白いバラを贈る花言葉は「永遠の愛」という意味です。ずっと好きでいる相手に対して改めて愛する気持ちを伝えるときなどに99本のバラを贈ることが多い傾向にあります。

99本の白いバラとなると花束のボリュームもかなりあるので、贈られた相手もあなたの深い愛を理解してくれることでしょう。相手に気持ちを伝えたあとに99本の白いバラの花言葉の意味を伝えるのもおしゃれなのでおすすめです。

花言葉3:108本

108本の白いバラの花束の花言葉は、「結婚してください」という意味です。プロポーズの場合は100本の花束とイメージもありますが、なぜ108本なのでしょうか。

108本にした理由は、語呂合わせに意味を込めたと言われています。108の10を「ト」、8を「ワ」と読み、永遠に続く愛という意味込められています。バラを贈られた側は花言葉の意味を知らないこともあるので、渡した後にそっと教えてあげましょう。

バラを飾るのにおすすめの花瓶

バラの花束をもらってもキレイに部屋に飾る花瓶がないという方も少なくありません。バラを贈った相手と一緒に暮らしている場合などはシンプルな花瓶を別で用意しておくとのもいいでしょう。一緒に生活を共にしていない相手の場合は、その日に別れる去り際に渡したり、自宅まで見送る際にさりげなく渡すのもいいでしょう。

贈った花が部屋できれいに飾られれば、その花を見るたびにあなたのことを思い出すきっかけになります。

白いバラのシチュエーション別の送る数

白いバラの花言葉4つ|本数別の意味・シチュエーション別の本数
※画像はイメージです

バラという花言葉は「愛情」を表し、白いという言葉には「純白」という意味があります。「純潔」という花言葉を持つ白いバラは、どんな相手にどんな気持ちを伝えるかによってもバラの本数を考慮する必要があります。

単純に自分の気持ちを伝えたいから1輪の白いバラを贈るということではなく、相手により気持ちを伝えるツールとしてしっかりと花言葉の意味や相手の気持ちを汲み取って贈ることが大切です。

好きな人に告白する

バラの持つ花言葉では、1本や4本といった本数の花言葉があります。1本は「一目惚れ」という意味を持ち、運命的な出会いと感じた場合に贈るといいでしょう。

3本は「愛している」、4本は「永遠に愛し続けます」という意味がありますが、バラを数本だけ贈るのは少々ボリュームが足りないと感じるでしょう。ボリュームが少ない場合は他の花やカスミ草などをプラスし、少しボリュームのある可愛いサイズにアレンジしましょう。

夫婦間のプレゼント

夫婦間で白いバラの花束を贈りたい場合は、11本のバラの花束がおすすめです。11本のバラの花言葉は、「もっとも愛している」という意味になります。

夫婦間であれば花言葉よりも気持ちを伝えることが大切です。二人に馴染みのある数字にちなんで本数を決めたり、これまでの感謝の気持ちを込めて100本のバラの花束を贈るのもいいでしょう。女性にとって花束はうれしいと感じるプレゼントなので自信を持って贈りましょう。

プロポーズする

人生で一度きりのプロポーズをする場合は、100本のバラの花束がおすすめです。100本のバラの花束の意味は、「あなたのことを100%愛しています」という意味が込められています。

100本以上のバラを贈る場合は、101本や108本など花言葉のある本数を選ぶとおしゃれなのでおすすめです。101本は「100本を超えるほどの愛」、108本は「永遠に愛を誓う」という意味があります。

花言葉に詳しくなろう!

白いバラの花言葉4つ|本数別の意味・シチュエーション別の本数
※画像はイメージです

白いバラには「純潔」という花言葉があり、バラの花が持つ「愛情」という意味から相手に自分の気持ちを伝える場面で贈られる花の1つです。白いバラは贈る本数によっても意味が異なります。

白いバラを1本贈る場合は「一目惚れ」、100本の場合は「100%の愛」を表します。相手にプロポーズするなどの大事な場面では、100本以上のバラの花束を贈る効果的です。花束とともに自分の気持ちを花言葉にのせて伝えましょう。

他の花の花言葉も調べてみよう!

白いバラには「純潔」や「尊敬」、「深い尊敬」などの花言葉があるように、花にはそれぞれ花言葉があります。バラのように愛情を表すものもあれば、別れや悲しさを表す花言葉もあります。

誰かに花束をプレゼントする場合は、花言葉の意味を知っているとより相手に気持ちを込めた花束を贈ることができます。色々な花言葉の意味や本数が持つメッセージを理解した上で、上手に花言葉を利用しながら相手に気持ちを伝えましょう。

Related